エアコンの分解クリーニングってやっぱり難しいですか?

冬の間大活躍してくれたエアコン、よく見るとフィルターの奥やカバーの裏には黒くこびりついた汚れがありませんか。この汚れにはカビも含まれています。 掃除をしてきれいにしたいですよね。しかしエアコンの奥には手が届かく掃除できないなんてことはありませんか。エアコンクリーニング業者に頼むしかないのでしょうか。できればお金をかけずに掃除したいですよね。 エアコンの分解クリーニング、実は、ある程度までご家庭でも出来るのです。では、梅雨に入る前に試してみましょう。

エアコンの分解クリーニングってやっぱり難しいですか?

特別な用具は必要ありません

業者は、高圧スプレーを使って一気に汚れを落としていきますが、ご家庭で掃除する場合、高価な高圧スプレーはいりません。

カバーの取り外しに必要なのは、プラスドライバーです。

クリーニングで周りが汚れてしまわないように、広めのビニール、養生テープ、ホースとバケツを用意しましょう。

掃除用具類として、エアコン専用洗浄剤、中性洗剤、スプレー、ブラシを用意しましょう。

エアコン専用洗浄剤はドラッグストアで購入できます。

養生が大事です

エアコンカバー等を外した後、養生をしましょう。

エアコンの電気系統に水がかかると故障してしまいます。

エアコンの右側、電気系統部分にタオルをかぶせ、さらにその上をビニールで覆って養生テープを張り、完全に水をシャットアウトしましょう。

エアコンの周囲もビニールで覆い、壁やカーテンを排水で汚さないようにしましょう。

いよいよクリーニングです

フィルターの奥に隠れているのが、熱交換器。

ここの汚れが一番気になりますね。

専用のエアコン洗浄剤の説明書どおりにスプレーしましょう。

汚れは排水管の方に流れていくので、汚水が部屋に入る心配はありませんよ。

それ以外の場所は、中性洗剤を10倍に薄めてスプレーで汚れに吹き付けブラシで丁寧に磨き、すすぎましょう。

後は組み立てれば終わりです。

準備を含めると掃除終了まで数時間かかりますが、難しくはありませんね。

最後に【分解クリーニングは自己責任で】

エアコンは精密機械です。

電気系統部分の水濡れは厳禁です。

また、壊れやすい部分も含まれますので、分解や洗浄の過程で異常が出る可能性はゼロではありません。

クリーニングは1年に1回程度で十分なので、無理せず専門のクリーニング業者に頼んでみてもいいかもしれません。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms