【バラを剪定する方法】バラの剪定時期や方法をまとめて紹介します!

バラの剪定は、夏と冬の2回行うのが基本です。成長を促したり、枝や葉っぱが絡み合って風が通りづらくなり、病気にかかったり害虫被害に合わないようにするのが目的です。適切なバラの剪定時期にポイントをおさえて作業すれば、キレイなバラを楽しめますよ。

庭木の剪定(手作業)
更新
【バラを剪定する方法】バラの剪定時期や方法をまとめて紹介します!

見た目がキレイで、香りも楽しめるバラを自分の庭で育てられたら嬉しいですよね?

しかし「バラを育てるのは大変そう…」と思われている人も多いです。

バラを育てるのは難しそうなイメージがありますが、正しい方法で剪定すると、すくすく成長します。

適した時期に剪定したり、バラの種類に合わせた剪定をすると、よりキレイにバラの花が咲くようになりますよ。

そこで今回は、バラを剪定する時期や、バラを剪定する方法について紹介します。

すでにバラを育てている人や、バラを育てるのに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>プロの庭木(バラ)の剪定(手作業)業者の一覧

【バラの剪定】バラの剪定が必要な理由と剪定する時期

【バラの剪定】バラの剪定が必要な理由と剪定する時期

バラの剪定は、バラの花を毎年キレイに咲かせるために必要です。

古い枝や枯れてしまった枝を伸ばしたままにすると、新たな芽が出にくくなります。

また、枝や葉っぱが絡み合って風が通りづらくなり、病気にかかったり、害虫被害に空いやすくなります。

少しお手入れするだけでも、バラの育ちが全然違いますよ。

【バラの剪定】バラを剪定する適切な時期

バラの種類にもよりますが、基本的にバラの剪定は夏と冬のするのがいいと言われています。

夏の剪定(9月頃)秋にバラを咲かせる目的でします。

冬の剪定(1~2月頃)春に花をたくさん咲かせる目的でします。

しかし、弱っている株、小さい株、比較的新しい株の剪定はできるだけ避けましょう。

弱っている株、小さい株、比較的新しい株を剪定してしまうと、株の元気がなくなる可能性があります。

バラを剪定する時は、元気な株だけにしましょう。

【バラの剪定】バラを剪定するために準備しておくこと

【バラの剪定】バラを剪定するために準備しておくこと

【バラの剪定】切れ味がいいハサミを準備する!

バラを剪定する時だけでなく、植物を剪定する時は、切れ味がいいハサミを準備することが大切です。

切れ味がよくなかったら、事前に砥石などで手入れしておきましょう。

切れ味が悪いとうまく剪定できず、バラに負担がかかったり、手を怪我したりする可能性があります。

ハサミの傷みがひどい場合は、新しく買い替えてもいいかもしれません。

【バラの剪定】剪定用のハサミを消毒する!

バラの病気を引き起こすウイルスが付着していると、剪定時にウイルスを広げてしまう可能性があります。

病気を予防するためにも、ハサミは事前に消毒しておきましょう。

消毒する方法は2通りあります。

【バラの剪定】剪定用のハサミの煮沸消毒する

  • の煮沸消毒は高い殺菌効果がある
  • ハサミを煮るだけで、特別な道具を準備する必要がない
  • 51℃以上のお湯であれば、お湯をかけるだけでも大丈夫です

【バラの剪定】剪定用のハサミのアルコール消毒する

  • ハサミにアルコールをかけるだけで、高い殺菌効果がある
  • アルコールでは殺菌できないウイルスもいるので、しっかり殺菌したい時は煮沸消毒がいい

【バラの剪定】剪定をする数日前から乾燥気味にさせる!

剪定の数日前から水やりは控えて、バラの枝を乾燥気味にさせておきましょう。

枝の水分を少なくすることで、剪定時に流出してしまう水分が少なくなり、バラへの負担を軽減できます。

【バラの剪定】夏の剪定方法と品種別のポイント

【バラの剪定】夏の剪定方法と品種別のポイント

夏のバラの剪定は、基本的に外芽の上を切っていきます。

秋にキレイな花を咲かせるために、「新しい枝を切り落とさないこと」「剪定しすぎないこと」の2点に気を付けて剪定しましょう。

【バラの剪定】夏の剪定に適した時期

  • 9月上旬頃(できれば9月10日頃まで)
1

バラの花と蕾を剪定バサミで摘み取る

バラの花、蕾を剪定ハサミで摘み取る。

2

剪定バサミに丸みをつけながら枝を切る

丸みをつけながら、全体の2/3の高さになるように枝を切る。

3

切り落とすべき枝を切り落とす

枯れている枝、細かったり弱かったりする枝を切り落とす。

4

黄色や枯れている葉っぱを取り除く

黄色になった葉っぱや、枯れている葉っぱを取り除く。

5月以降に病害虫が発生し、葉の量が少なくなってしまう場合があります。

そういう場合は、高さを低くするというよりも、葉を多く残すことを優先して剪定してください。

その方が、バラの成長や開花のためにいいといわれています。

【夏のバラの剪定】品種別のポイント

  • ミニバラ…しっかり剪定をする必要はない。全体を整えて、弱った枝を切り取るだけで十分
  • ツルバラ…四季咲きの場合、夏の剪定はしなくていい。一季咲きの場合は7月~8月に剪定する
  • その年の春に植えた新苗…地植え、鉢植えともに少し枝を切る程度にする

バラの種類により、剪定時期や方法は少しずつ違ってきます。

自宅にあるバラに合わせた方法で剪定してください。

【バラの剪定】冬の剪定方法と品種別のポイント

【バラの剪定】冬の剪定方法と品種別のポイント

バラの品種にもよりますが、冬の剪定は思い切ってすることがポイントです。

しっかり剪定して、春の開花をよりよくしていきましょう。

【バラの剪定】冬の剪定に適した時期

  • 1月上旬~2月下旬
1

剪定バサミを使ってバラの枝を切り落とす

四季咲き大輪(ハイブリッド系)の場合、細い枝を切り取る。四季咲き中輪(フロリバンダ系)、ミニバラの場合は細い枝を残す。

2

バラの蕾を剪定バサミで摘み取る

バラの蕾を剪定バサミで摘み取る。

3

剪定バサミを使ってバラの枝を切り落とす

全体の1/2~1/3の高さになるように枝を切る。昨年の枝、それ以前の枝は残し、その他の枝を切る。

4

剪定バサミを使ってバラの枝を切り落とす

枯れている枝、細かったり弱かったりする枝を切り落とす。鉛筆より太い枝だけを残すといい。

【冬のバラの剪定】品種別のポイント

  • ミニバラ…芽を気にせず、刈り込むように切る。見た目をよくしたいなら、中心が高くなるように剪定する
  • ツルバラ…剪定時期は若干早い方がいいので、12月下旬~1月下旬にする。剪定というより、枯れた枝や弱った枝、短い枝を間引き、麻紐などを使ってアーチやフェンスなどに誘引する

夏、冬以外の時期に病気になった枝を見つけた時は、すぐに切るようにしましょう。

花が咲いていたり、剪定時期でなかったりしても、直ちに切り取ることが大切です。

日病気はすぐに広がってしまうので、早めに対応して下さいね。

【バラの剪定】バラがかかりやすい病気と害虫の予防方法

【バラの剪定】バラがかかりやすい病気と害虫の予防方法

バラの花を毎年キレイに咲かせるためには、病害虫の予防も大切です。

剪定時期に関わらず、定期的にお手入れをしましょう。

【バラの剪定】バラがかかりやすい病気

  • うどんこ病…白い粉のようなものが、葉や花首などに発生する
  • 黒星病(黒点病)…葉に黒い斑点ができる病気で、最後には落葉する

うどんこ病は、日頃から風通しをよくしたり、病気になる前に薬剤を散布することで予防できます。

黒星病(黒点病)は、雨水や水やりの跳ね返りで感染するため、マルチングをしておくといいでしょう。

【バラの剪定】バラに発生する害虫

  • アブラムシ…緑色や褐色のとても小さな虫で、バラの養分を吸う
  • カミキリムシ…成虫は幹の中に産卵し、幼虫は1~2年樹木の中にいながら枝や幹を食べつくす
  • チュウレンジハバチ…成虫は傷付けたバラの枝に産卵し、幼虫は葉を食べる

アブラムシを予防するのは難しいので、見つけ次第手でつぶしたり、セロテープで除去しましょう。

カミキリムシの成虫は見つけたらすぐに捕殺して、幹や株元にいた様子があれば薬剤を散布します。

チュウレンジハバチは、初期の幼虫であれば薬剤を散布し、成虫や卵は見つけ次第すぐにつぶすようにしましょう。

バラの剪定に自信がない時は業者に相談しよう!

今回は、バラを剪定する時期や、バラを剪定する方法について紹介しました。

適切な時期に、ポイントを理解して剪定すれば、綺麗なバラを楽しめますよ。

しかし、自分で剪定をする自信がない時、仕事や家事で忙しくて時間がない時もあると思います。

植物を育てるのには、時間的にも気持ち的にも余裕がないと難しいですよね。

そんな時は、専門業者に剪定をお願いするといいでしょう。

専門業者はその道のプロなので、細かい部分まで丁寧に、そして確実に作業してもらえますよ。

まとめ

  1. バラの剪定はキレイな花を楽しむために必要です。年2回(夏と冬)
  2. 使いやすいハサミと枝を乾燥気味にさせて、バラの剪定の準備をしてから作業しよう
  3. 夏と冬で剪定のポイントが違うため、手順を頭に入れておこう
  4. 綺麗なバラを楽しむには、病気と害虫の予防も大切です

関連記事

庭木の剪定(手作業)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の剪定(手作業)をプロに依頼するなら

庭木の剪定(手作業)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に庭木の剪定(手作業)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事