エアコンの処分って自分でできますか?

エアコンの処分って自分でできますか?

2017/06/20更新:古くなって動かなくなったエアコンの処分って自分でできるのでしょうか?業者を呼ばなくてもいいなら試してみたいという方は多いのではないでしょうか? 今回は、エアコンの処分が自分で出来るのかについてご紹介します。

エアコンを処分するには

エアコンは一般ゴミでは処分できません。

家電品のうち、エアコンやテレビ、冷蔵庫など「リサイクル法」という決まりがあるので一般ゴミで処分することができないのです。

もし、捨ててしまうと違法になり罰金などといったトラブルになるので止めましょう。

処分するには粗大ゴミなどの時にしておきましょう。

不用品回収業者に依頼するのもも一つの手ですね。

どちらにしても料金は発生します。

エアコンを取外し方は?

エアコンを取外しするには、まずコンセントの電源を外しましょう。

エアコンは外の室外機と繋がっています。

室外機との繋がっている配管などを切断すれば室内のエアコンを外すことができます。

ただし、エアコンの大きさによって重さが違うので外す時は二人程の人数で外すようにしましょう。

また、エアコンの配管は短く切断しておくと外す時に楽です。

自信がない場合に

ちょっと自分では無理かな?と思った方は無理にエアコンを外すのは止めましょう。

ここは専門業者に依頼するのも一つの手です。

無理をして外して怪我などしては、もともこうもありあせんよね。

最後に【ちょっとした裏技】

実はエアコンは買い取ってもらえることはご存じでしょうか?特に室外機の方を買い取ってもらえます。

一般に「鉄くず屋」といった鉄類を集めている専門業者があります。

買い取り金額は室外機の大きさやその時々で変動するので確認してから買い取りしてもらいましょう。

エアコンクリーニングをプロに依頼するなら

エアコンクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエアコンクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインを活用すれば、料金やクチコミなど、サービス選びに必要な情報がすぐに確認できます

「◯◯円~」などの不明瞭な料金表示はなく、追加料金や手数料などもありません。会員登録なしで詳細が見られるので、スタッフ写真や口コミも事前に確認できます。

予約前に聞きたいことがある場合も安心。予約ページ内の「予約の前に出店者に質問する」から担当者に直接質問することができます。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ スタッフ写真や口コミが確認できる
  • ◎ 24時間365日オンライン予約可能
  • ◎ 営業電話なし
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms