【珪藻土の手入れ】珪藻土のカビを取る方法と長持ちさせるポイント

吸水性に優れ、バスマットやコースターとして人気の高い珪藻土の手入れは、日陰干しをしてしっかり乾かすことが基本です。表面にカビが生えたりくすんできた時は、カビの除去や気になる部分を削ってキレイにします。今回は、珪藻土の手入れや、長持ちさせるポイントについて紹介します。

片付け・家事代行
更新
【珪藻土の手入れ】珪藻土のカビを取る方法と長持ちさせるポイント

吸水性抜群の「珪藻土」は、100円ショップでも手に入るほど、身近なアイテムになりました。

しかし、使っていると吸水力が悪くなり「買い替えが必要?」と悩んでいる人もいるのでははないでしょうか?

古くなった珪藻土バスマットや、コースターは、お手入れ次第で復活します。

珪藻土は、カビを取ったり、定期的にやすりで剤ったりすることで長く使えますよ。

そこで今回は、珪藻土の手入れ方法や、珪藻土バスマットに生えたカビを取る方法について紹介します。

>>プロの片付け・家事代行業者の一覧

【珪藻土の手入れ】日頃の珪藻土の手入れ方法を知ろう!

【珪藻土の手入れ】日頃の珪藻土の手入れ方法を知ろう!

珪藻土は、藻の一種である珪藻が化石化したものです。

シンプルでインテリアとしての見た目もよく、難しい手入れを必要としないので、仕事で忙しい人にも人気があります。

バスマットやコースターなど、よく雑誌やテレビでも紹介されていますね。

特にバスマットで、その効力を目の当たりにした人が多いかもしれません。

お風呂のあと、濡れた足を置いてもすぐに乾いてくれる快適な便利グッズです。

珪藻土の寿命は約2年と言われていますが、手入れをこまめにしていないと、いつの間にか水を吸わなくなってしまいます。

日頃の手入れ方法を覚えて、珪藻土を長持ちさせましょう。

【珪藻土の手入れ】使ったあとは日陰干しする!

珪藻土の日頃の手入れで1番大切なことは、使ったあとは日陰干しをして乾かすことです。

乾かさずに使い続けると、水分を放出しきれなくなってしまいます。

珪藻土の表面にはすごく小さな穴がたくさんあいていて、そこから湿気を出します。

この穴が呼吸をするかのように、水分を発散するため、すぐに乾燥してくれます。

しかし、穴がつまると珪藻土バスマットは、水を吸い込みにくくなり、コースターはカビが生えてしまう原因になります。

【珪藻土の手入れ】水で洗い流す(軽く水拭き)

珪藻土の基本手入れは、以下のとおりです。

  • 珪藻土バスマットを使用した後は、立てかけて乾燥させる
  • 珪藻土コースターはお茶などをこぼしたら、軽く水洗いをして乾かす。

とてもシンプルで簡単ですね。

珪藻土のバスマットは、お風呂上りに立てかけて日陰で干しましょう。

基本これだけでいいですが、水洗いできるものはサッと水で洗い流して、できないものは軽く水拭きをするとより効果的です。

このように日頃のお手入れをしても、カビを発見してしまった時の対処方法については次で紹介します。

【珪藻土のカビ】珪藻土に生えたカビを除去する方法

【珪藻土のカビ】珪藻土に生えたカビを除去する方法

珪藻土のお手入れの頻度は、「表面が黒いと感じたり」「カビを見つけたら」ということになります。

基本的に珪藻土は湿気を放出するため、カビにはなりにくいと言われていますが、表面が黒くなっているなどの時は、市販のカビ取りスプレーを吹きかけてみましょう。

漂泊成分のため、使用可能か確認してから使用しましょう。

用意するもの

必須
マスク
ゴム手袋
カビ取りスプレー
1

部屋を換気するか、屋外で作業する

塩素系のカビ取りスプレーを使うため、換気のいい場所や外で行いましょう。

2

マスクとゴム手袋を装着する

吸い込んでしまったり、手に着かないようにマスクとゴム手袋をします。

3

珪藻土にカビ取りスプレーを吹きかける

珪藻土にカビ取りスプレーを吹きかけて、しっかり水で洗い流すか拭き取る。

4

珪藻土を陰干しして乾燥させる

珪藻土を日陰に干して、乾かします。

スプレーの泡が中まで染みわたる前に、洗い流すのがポイントです。

表面の穴の汚れを落とすのが目的のためです。

コースターなら水洗い、バスマットならタオルで拭きとり、日陰干しをします。

それでも汚れが取れず、吸水力が復活しないときは、次に紹介する紙やすりで表面を削る方法を試してみて下さい。

【珪藻土の吸収力】珪藻土の吸水力が落ちた時の対処方法

【珪藻土の吸収力】珪藻土の吸水力が落ちた時の対処方法

珪藻土バスマットの吸水力が落ちた時や、手入れをしても汚れが落ちない時は、紙やすりを使って吸水力を復活させましょう。

これは、意外なほど効果が抜群ですので、試してみる価値はあると思います。

用意するもの

必須
細目の紙やすり(#280~#400)
中目の紙やすり(#120~#240)
マスク
新聞紙
刷毛または、タオル
1

珪藻土バスマットを削る準備する

粉が飛んで汚れないように新聞紙を敷き、マスクをつける。

2

珪藻土バスマット全体にやすりをかける

細目の紙やすり(#280~#400)を使ってみて、ダメなら中目(#120~#240)で削ってから細目のもので削るのがオススメです。凹凸にならないように、バランスを考えながらしましょう。

3

刷毛やタオルを使って粉を取り除く

刷毛やタオルを使って粉を取り除きます。

有害というわけではありませんが、粉が出るのでマスクは着用しましょう。

紙やすりが使いづらい時は、小さな木材などに紙やすりを巻いて使用すると、やりやすいです。

水を吸わなくなってきたり、表面がくすんできた珪藻土もこの作業で蘇ります。

安かったから「すぐにダメになったのかも…」と諦めず、お手入れして長く使いたいですね。

【珪藻土の長持ち】珪藻土を長持ちさせる4つのポイント

【珪藻土の長持ち】珪藻土を長持ちさせる4つのポイント

珪藻土の寿命をより長くするため、お手入れ以外で長持ちさせるポイントを紹介します。

珪藻土のデメリットとも言える部分ですが、寿命を延ばすためにもおさえておきましょう。

【珪藻土の長持ち】珪藻土の長持ちさせるには日干しはやめよう!

珪藻土のお手入れで、日干しは基本NGです。

お日様に当てたくなる気持ちもわかりますが、直射日光にあてると反ってしまうので注意しましょう。

【珪藻土の長持ち】珪藻土の長持ちさせるには石鹸を使わない!

洗うことのできる珪藻土であっても、石鹸は使わないようにしましょう。

珪藻土の穴に石けんが詰まってしまい、発散性が落ちてしまうので気をつけましょう。

洗ったのに、吸水性が悪くなってしまったら残念ですよね。

【珪藻土の長持ち】珪藻土の長持ちさせるには平面に置く!

珪藻土バスマットは石なので、脱衣所の素材によっては床が傷つくこともあります。

また、珪藻土は割れやすいため、段差があるところではなく平面に置きましょう。

使用後は、バスマットスタンドに立てかけるなどして管理しましょう。

【珪藻土の長持ち】珪藻土の長持ちさせるにはサイズ選びが重要!

珪藻土バスマットなどは、置く場所にあったサイズを購入することも重要です。

サイズの小さいものが多いので、間違えて踏んでしまい割れてしまったなど、よくあることだと思います。

なるべくスペースを確保してほったらかしにしない、雑に使わないことが、やはり長持ちさせるのに1番と言えるかもしれません。

【珪藻土の再利用】割れた珪藻バスマットを再利用する方法

【珪藻土の再利用】割れた珪藻バスマットを再利用する方法

珪藻土バスマットが割れてしまった時は、割れた部分をカッターなどでキレイにカットします。

カットした部分は、紙やすりでこすって角を削りましょう。

カットの仕方でオシャレに見せられるのも、嬉しいところですね。

それでもバスマットとして使えないくらい割れた場合は、有効活用する方法を紹介します。

  • トイレの隅
  • 押し入れやタンスに収納
  • 靴箱

珪藻土は、湿度を調整する効果や消臭効果が期待できるので、湿気や匂いが気になる場所に置くのがオススメです。

割れてしまった珪藻土のかけらも捨てずに、暮らしに役立てられるのが嬉しいですね。

また、ペットを飼っている人には、ペットのトイレの近くに置いておくと効果的です。

場所も取らず消臭や、湿気を吸収する効果が期待できるためうってつけです。

他には、キッチンの水切りマットにも使用できます。

食器やスプーンなどを置くのに重宝します。

使用後は立てかけるだけで乾燥するので、こちらも使い勝手がいいですね。

最後に、珪藻土バスマットは陶器などと同じ扱いのため、捨てる時はお住まいの地区のルールを守って処分してくださいね。

珪藻土は手入れ次第で長持ち!割れても再利用しよう!

今回は、珪藻土の手入れ方法や、珪藻土バスマットに生えたカビを取る方法について紹介しました。

まとめ

  1. 珪藻土の手入れで一番大切なことは、日陰干しでしっかり乾かす
  2. 珪藻土のカビ、くすみの手入れをしてもダメな時は、やすりで削って蘇らせよう
  3. 珪藻土は手入れや使い方によって長持ちさせられる
  4. 珪藻土が割れても、捨てずに再利用しよう

珪藻土はお手入れ次第で長く使える上、再利用もしやすく、毎日を快適に過ごせるアイテムです。

バスマットをいちいち洗わなくてもいいのは、とても嬉しいですよね。

ぜひ、日々の暮らしに取り入れてみてくださいね。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

片付け・家事代行をプロに依頼するなら

片付け・家事代行を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に片付け・家事代行の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事