【蛇口の交換】自分でできる?できない?蛇口を交換する方法を紹介

皆さんは、どのような理由で蛇口交換したいと思いますか?水漏れしたり、レバーの動きが悪くなったり、汚れが取れなかったり、錆びたり、理由は様々だと思います。今回は、蛇口の種類や、自分で交換する方法や、業者に依頼する料金相場について紹介します。

水回りの水漏れ修理
更新
【蛇口の交換】自分でできる?できない?蛇口を交換する方法を紹介

皆さんは、どのような理由で蛇口交換したいですか?

蛇口から水漏れしたり、蛇口のレバーの動きが悪くなったり、汚れが取れなかったり、蛇口が錆びたり、理由は様々だと思います。

蛇口の交換は、業者に依頼しないとできないのでしょうか?

DIYが好きな方は自分で、蛇口交換できますよ。

そこで今回は、蛇口の種類や、自分で蛇口交換する方法や、業者に依頼する料金相場について紹介します。

>>プロの水回りの水漏れ修理業者の一覧

【蛇口の交換】蛇口を交換する判断基準を知ろう!

【蛇口の交換】蛇口を交換する判断基準を知ろう!

蛇口を交換したい理由は、「水漏れする…」「レバーの動きが悪い…」「蛇口の汚れが取れない…」「蛇口が錆びた…」などがあります。

水漏れ以外は、蛇口の交換が無難な選択肢になると思います。

水漏れを直したい場合は、蛇口を交換する必要はありません。

蛇口内部には水漏れを防ぐパッキンや、カートリッジが付いています。

この部分の劣化が、水漏れ原因であることが多いです。

パッキン交換するだけで、水漏れが直ることが多いです。

水漏れ=交換がすべてではないという事を覚えておきましょう。

【蛇口の種類】蛇口の「単水栓」「混合栓」の特徴

【蛇口の種類】蛇口の「単水栓」「混合栓」の特徴

一般的なご家庭の蛇口は「台所」「お風呂場」「洗面所」にあります。

【蛇口の種類】単水栓について知ろう!

また、庭先やバルコニーにも水栓が付いているご家庭も多いと思います。

一般的に、屋外やバルコニーにお湯配管しているご家庭は少なく、水のみが出る「単水栓」がほとんどです。

【蛇口の種類】混合栓について知ろう!

一方、台所、お風呂場、洗面所で使われている蛇口は、お湯と水が出る「混合栓」がほとんどです。

お湯と水が出る「混合栓」の蛇口には種類があります。

【ツーバルブ混合栓】
お湯と水のハンドルが別々になっているツーバルブ混合栓は、ハンドルの頭に青や赤の止ねじが付いている見慣れた水栓です。

【シングルレバー混合栓】
台所の流し台や洗面化粧台についている、水栓のレバー1本を左右に回すことで温度調整ができるシングルレバー混合栓も、よく見る水栓のひとつです。

【サーモスタット付き混合栓】
お風呂場には、ツーバルブ混合栓が付いているご家庭と、お湯の温度を調整するダイヤル状のつまみと水栓が別々になっている「サーモスタット付き混合栓」が付いているご家庭が多いようです。

【ワンホールタイプ、壁付けタイプ】
蛇口からお湯と水が出るタイプでも、給水給湯の配管の取り出しが台所の流し台から別々に出ている「ツーホールタイプ」と、一つの穴から給水給湯のホースが出ている「ワンホールタイプ」、台所やお風呂場の壁から給水給湯の取り出しが出ている「壁付けタイプ」があります。

価格は、蛇口の種類や機能により多少異なる点はありますが、水を出すだけの単水栓はホームセンターなどで、500~600円程度で販売されています。

お湯や水を出す混合栓や、ツーバルブ混合栓は比較的安価でものによっては10,000円程度で販売されています。

シングルレバー混合栓や、サーモスタット付き混合栓は、それなりにお値段も張り、高いものだと100,000円程度する製品まであります。

【蛇口の交換】自分で蛇口(水栓)を交換する方法

【蛇口の交換】自分で蛇口(水栓)を交換する方法

蛇口交換を「自分ででやってみたい!」そういう方が結構多いようです。

コロナ禍のステイホーム期間中に「チャレンジしてみた」というお父さんもかなりいたみたいです。

蛇口交換は、手順さえ間違えずにすれば、自分でも交換可能です。

壁から給水給湯の取り出しがあるワンホールタイプの混合栓を交換する方法につて紹介します。

用意するもの

必須
パイプレンチまたは、モンキーレンチ(最低でも32mm以上開くもの)
水栓スパナ
プラスドライバー
マイナスドライバー
六角レンチ
バケツ
雑巾
バスタオル
懐中電灯
1

止水栓を閉めて水とお湯を止める

水栓を交換中に、水が噴き出してしまわないように、まずは水を止めます。流し台の下に伸びている給水管、給湯管に止水栓があればそこを閉めます。流し台の下に止水栓が見当たらない場合は、背板を外すと止水栓がある場合が一般的です(ねじ止めが多いです)。ハンドルが付いていれば止水栓を回し、付いていない場合は大体マイナスドライバで回せば水が止まります。給水管、給湯管に止水栓が無い時は、面倒でも元栓を止めましょう。

2

既設の配管部分を取り外す

水栓が取り付けられている流し台の下には、水栓から出た2本のホースが、それぞれ給水管、給湯管につながっている部分があります。止水栓から上の部分です。どちらもナットでつながっているので、モンキーレンチで回して取り外しましょう。ホースを外すときに、ホース内に残っていた水が出てくるので、バケツと雑巾を用意しておきましょう。ワンホール水栓には通常、逆止弁という部品がついています。給水ホース取り付けのアダプタのようなもので、この逆止弁までが蛇口の付属部品です。新しい蛇口にも付属しているものなので、逆止弁まで含めて取り外します。

3

蛇口本体をモンキーレンチなどで取り外す

蛇口本体の裏側(根本)は六角ナットなどで固定されています。これをモンキーレンチなどで取り外します。狭い場所での作業になるため、この作業が一番大変かもしれません。手持ちの工具が使えるスペースがあるか、事前に確認しておきましょう。少しでも緩められたら、あとは手でまわして外せます。レンチでネジ部に傷を付けると六角ナットを外すことが困難になるので、注意しましょう。

4

ナットを外して古い蛇口を引き抜く

ナットを外して蛇口がフリーの状態になったら、本体を上からゆっくりと引き抜きます。給水管、給湯管ホースごと、蛇口全体を取り外す。しかし、ホースが金属製のフレキ(ジャバラ管)でできている場合は、ホースが穴に引っ掛かりなかなか抜けないことがあります。この場合は、2本のホースを手でまっすぐに直し、穴を通るようにして、蛇口を引き抜きましょう。蛇口本体を外すと、通常は33φ(mm)から39φ程度の穴が空いています。この穴の直径が新たに付け替える蛇口の取付穴サイズです。蛇口本体の直径が取付穴ではありませんので注意しましょう。新しい蛇口を購入する時は、この取付穴のサイズが商品選定の一つの目安です。

5

ネジを使って新しい蛇口を固定する

通常は、蛇口を取り付けるための上面施工用アダプターが、新しく購入した蛇口に付属しています。これを取付穴に取り付けます。上面施工用アダプターには、上に来る部分と下に来る部分がありますので、まずは施工説明書を読み込んでください。最近の上面施工用アダプターは、取付穴の上から本体の取付が可能なものがほとんどです。取付穴に上面施工用アダプターを取り付けたら、蛇口本体を金具にはめ込んで、ネジで本体を固定します。方向が正しいことを確認して、上面施工用アダプターのねじを締め、取り付け部分の板を挟み込むように固定します。このとき、蛇口の方向に注意しながら、本体が浮いていないことを確認し、本体を固定します。ねじの形状によって、プラスドライバーと六角レンチを使い分けましょう。

6

逆止弁の取り付けと給水ホースを接続する

新しい蛇口の付属品である逆止弁(アダプター)を取り付けます。逆止弁に新しいパッキンがついているか、元の給水管に古いパッキンが付いたままになっていないか確認する。古いパッキンをそのまま使用すると、水漏れが発生しやすくなります。給水、給湯ホースを逆止弁に差し込みます。差し込む時にホースを強く曲げてしまうと破損することがあります。カチッと音がするまで、奥まで差し込みましょう。最後に、止水栓を開き、水とお湯が出るか?水漏れがないか?を確認して作業完了。

【蛇口の交換】蛇口を交換する料金相場を知ろう!

【蛇口の交換】蛇口を交換する料金相場を知ろう!

蛇口交換は、商品や交換する場所によって、料金が大きく変わります。

一概には言えませんが、料金相場について紹介します。

【蛇口の交換】部品代のみ

  • ツーバルブ混合栓…6,000~10,000円程度(風呂場に使うシャワー付きは値段が+1,000~2,000円程度)
  • シングルレバー混合栓…10,000円~30,000円程度(浄水カートリッジが付いていると+5,000~10,000円程度)
  • サーモスタット付混合栓…10,000~30,000円程度(シャワー付き、メタル調加飾パーツ付だと+10,000円~

【蛇口の交換】交換工事込

  • シングルレバー混合栓…25,000円~40,000円程度(浄水カートリッジなし)
  • サーモスタット付混合栓…30,000円~50,000円程度

【蛇口の交換】業者に依頼する時の注意点を知っておこう!

【蛇口の交換】業者に依頼する時の注意点を知っておこう!

自分で蛇口を交換する自信もなく、やはり業者に依頼しようという場合、どこに依頼するか悩みますよね。

家を建てた工務店に紹介してもらった設備屋、街の便利屋、テレビCMで聞き覚えのある業者など、数多くの選択肢があります。

工事代金自体は、普通の業者なら大差ありません。(中には悪徳業者がいて、通常価格の倍近い値段を平気で提示するところもあるようです…)

金額より重視したいのが、業者との信頼と実績です。

水回りの工事は、単純なように見えて結構繊細な仕事でもあり、経験豊富な業者の方が安心できます。

メンテナンスのフランチャイズ加盟店もかなり数多く存在しますが、本職の設備屋が加盟している場合と、全くの異業種から新規事業として始めた人が存在します。

全国チェーン店でも、全国〇〇万件の実績よりも、その店舗の施工実績をホームページ等で調べて、安心できるところに依頼するのが間違いないでしょう。

蛇口につてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、蛇口の種類や、自分で蛇口交換する方法や、業者に依頼する料金相場について紹介しました。

蛇口交換の理由が水漏れである場合は、蛇口ではなく部品交換すれば直ることが多いです。

業者に依頼する場合は、工事金額の安さのみならず、施工実績や品質等をトータルで判断する必要があります。

最低でも3社以上の相見積もりを取りましょう。

まとめ

  1. 蛇口からの水漏れはパッキンの交換で直ることが多いです
  2. 蛇口の種類は「単水栓」「混合栓」がある
  3. 業者に蛇口交換を依頼する時は、安心できる業者を選ぼう

水回りの水漏れ修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

水回りの水漏れ修理をプロに依頼するなら

水回りの水漏れ修理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に水回りの水漏れ修理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事