電子レンジの不衛生な汚れには重曹!3分レンチンではじめる簡単お掃除方法

キッチンクリーニング
更新

最近は冷凍商品が増えて、電子レンジで料理することが多いと思います。便利ですが電子レンジの掃除していますか?電化製品なので丸洗いもできません。そこで今回は、電子レンジの掃除方法や、汚れる原因について紹介します。

電子レンジの不衛生な汚れには重曹!3分レンチンではじめる簡単お掃除方法

電子レンジの掃除、どのくらいの頻度で行っていますか?

ターンテーブルの隙間に落ちた食べ物のカスや、飛び散ったソース、油汚れ、水垢などをそのままにしていませんか?汚れを放置すると臭いの元となる菌が発生したり、電子レンジの性能を落としてしまう原因にもなるんです。

面倒で後回しになりがちな電子レンジの掃除ですが、コツさえ掴めば手軽に習慣化できるんです。そこで今回は、頑固な汚れも手軽に落とせる電子レンジのお掃除方法について紹介します。

>>プロの電子レンジ(キッチン)クリーニング業者の一覧

電子レンジの汚れは「油分」「水垢」「焦げ付き」など複合的な汚れが原因

電子レンジの汚れは「油分」「水垢」「焦げ付き」など複合的な汚れが原因

実際のお掃除の手順をご紹介する前に、まずは汚れの正体を知ることからはじめましょう。これから紹介するお掃除方法のどこが重要なポイントなのか分かるので、ぜひ読んでみてください。

電子レンジの汚れを放置しておくと、3つの汚れが室内に溜まっていきます。

  • 油分
  • 水垢
  • 焦げ付き

1つめは「油分」です。食べ物から油やたんぱく質が飛び散って固まったものです。汚れが積もり積もって固くなり、落としにくい酸性の汚れなんです。

2つめは「水垢」です。水垢は水が主成分で、ニオイの元となるアンモニアを含んでいるアルカリ性の汚れです。カビは電子レンジ内に残った水滴をそのままにしておくとカビが繁殖します。

3つめは「焦げ付き」です。温められた料理が膨張したり油が跳ねたりすることで、ターンテーブルから溢れてしまいます。その汚れを加熱し続けることで焦げになってしまいます。

こんな環境の中に食材を入れて、温めるなんて…!ものすごい不衛生ですよね。

電子レンジの汚れが軽い場合は重曹水を3分間レンチン加熱するだけ

電子レンジの汚れが軽い場合は重曹水を3分間レンチン加熱するだけ

電子レンジの汚れは焦げや油を含む、酸性の性質をもつ汚れ。重曹水がもつ「アルカリ性」の性質で、油汚れを溶かして落ちやすくすれば実は簡単に落とせます。

重曹水を使って庫内を蒸気で高温にしましょう。蒸気により、電子レンジの庫内にこびりついた汚れはゆるみやすくなります。水をふくませた布巾でも構いませんが、重曹入りの水をレンジで温めるとより効果的です。

重曹水の作り方はコップ一杯の水に重曹を大さじ一杯ほど溶かし込みます。その後、汚れの度合いにより3分~5分程電子レンジで加熱してください。

重曹は自然由来の成分なので、口に入れても害がありません。食品を扱う電子レンジ内でも安心して使えますよ。重曹は電子レンジの汚れも落とし、ニオイを取ってくれます

扉を閉じたままで20分くらい放置すると庫内に重曹を含んだ水蒸気がいきわたって、庫内の汚れをやわらかくし拭き取りやすくしてくれます。汚れが酷い場合は、次に紹介する掃除方法を試してください。

電子レンジの油汚れと焦げがひどい場合は重曹とメラミンスポンジで剥がし取る

電子レンジの油汚れと焦げがひどい場合は重曹とメラミンスポンジで剥がし取る

準備物

  • 重曹
  • メラミンスポンジ
  • タオル
  • 電子レンジ対応の容器

手順

1

電子レンジ対応の容器に重曹(粉末)と水を入れてかき混ぜる

電子レンジ対応の容器に、水200mlと、重曹(粉末)大さじ1杯を入れてかき混ぜる。

2

電子レンジを使って電子レンジ対応の容器を温める

電子レンジ対応の容器を、電子レンジで3~5分程度温める。加熱後は扉を開けずに20~30分放置する。

3

メラミンスポンジを濡らして汚れをこすり取る

メラミンスポンジの細かい繊維を使って電子レンジ内の汚れをこすり取ります。水に濡らして使うだけなので洗剤いらず。100均などでも簡単に手に入ります。重曹同様、電子レンジの掃除に安心です。

4

タオルを使って電子レンジ内部の汚れを拭き取る

時間が経ったら耐熱容器を取り出し、先ほど加熱した重曹水にタオルに染み込ませて、電子レンジ内部の汚れを拭き取る。電子レンジの外側の側面や裏側、下の汚れも拭き取る。

5

乾いたタオルを使って電子レンジ内の水分を拭き取る

乾いたタオルで、電子レンジ内に水分が残らないように拭き取り完了。

重曹水、メラミンスポンジでも落とせないガンコな汚れには、最後の手段「重曹ペースト」を使います。重曹の粉が水に溶けにくい性質を活かし、少量の水と重曹でペーストを作る方法です。

この方法は重曹水とメラミンスポンジのいいとこ取り。適度にアルカリの力で汚れをゆるめながら、重曹の粒がメラミンスポンジのように研磨の効果も発揮する掃除法です。

中性洗剤を使って電子レンジ室内の頑固な汚れを掃除する方法

中性洗剤を使って電子レンジ室内の頑固な汚れを掃除する方法

準備物

  • 電子レンジ対応の容器
  • 中性洗剤
  • キッチンペーパー
  • タオル
1

電子レンジ対応の容器に水入れて電子レンジで温める

電子レンジ対応の容器に水200ml入れ、電子レンジで3~5分程度温める。水の中に重曹を入れても、もちろん大丈夫です。

2

中性洗剤をキッチンペーパーに染み込ませて掃除する

中性洗剤をキッチンペーパーに染み込ませて、電子レンジの内部を拭き取る。拭き取るときはタワシなどは使用せず、優しくキッチンペーパーや、タオルで拭き取りましょう。

3

数回キッチンペーパーに中性洗剤を染み込ませて拭き取る

1回だけでは汚れが落ちない場合があります。中性洗剤をキッチンペーパーに染み込ませて、汚れを拭き取りましょう。

4

濡れたタオルを使って電子レンジ内を拭く

電子レンジ内の汚れがある程度落ちたら、タオルを濡らし固く絞り電子レンジを拭く。

5

乾いたタオルで電子レンジは内の水分を拭き取る

乾いたタオルで電子レンジ内の水分が残らないように拭き取り完了。

おすすめ

頑固な汚れは、基本的に油汚れが多いです。なので、油汚れを落とすのが得意な、中性洗剤を使って掃除するのがオススメです。

電子レンジの掃除は週1回の頻度が理想

電子レンジの掃除は週1回の頻度が理想

電子レンジは、毎日使用することがほとんどです。なので、油や水などが電子レンジの中に、毎日のように飛び散っているということになります。しかし、電子レンジを毎日掃除するのは大変ですよね…?毎日掃除しなくても、1週間に1度の掃除で大丈夫です。1週間に1度、重曹水を加熱し、ふき取るだけでもだいぶ違います。

加熱時間や加熱したあとに、汚れを浮かび上がらせる時間などは洗濯したり、別なことをしておけば時間も有効活用できます。拭き掃除だけであれば、5分もあれば終わります。

また、それだけでは「汚れが目立ってきたな~」という場合は、中性洗剤を使用して拭き掃除するといいでしょう。掃除後に電子レンジ内を汚してしまった場合は、すぐにふき取りすれば、汚れが付着することもないので、まずはカンタンな掃除方法から試してみましょう。

電子レンジを掃除しても汚れが落ちないなら業者に依頼しよう

今回は、電子レンジが汚れる原因や、電子レンジを掃除する方法について紹介しました。キレイに見えていても、電子レンジは汚れている事が多いです。特に見えにくい場所などは、汚れている場合があります。その場合は、重曹水を使って簡単掃除するといいでしょう。

簡単掃除であれば、加熱時間などを省くと5分程度でできます。それでも取れない汚れがある場合は、中性洗剤を使って掃除してみましょう。

長年汚れを放置すれば、汚れが積み重なりたまっていきます。そうなると、「なかなか汚れが取れない!」っという事になります。汚れが取れないから「そのままでいいや!」では、衛生面などによくありません。

そこで電子レンジの汚れに悩んでいるという人は、業者にお任せしましょう。業者であれば専用の洗剤などを使用して、キレイにしてくれます。電子レンジを新しいものに交換するのではなく、まずは掃除してもらうといいでしょう。

まとめ

  1. 電子レンジの汚れを放置すると、余計な電気代がかかる、不衛生、発火する危険性があるので、週に1度は掃除しよう
  2. 電子レンジの掃除は、重曹・耐熱で電子レンジ対応の容器・タオル2枚があればできる
  3. 頑固な汚れは、中性洗剤を使って掃除してみよう

キッチンクリーニングをプロに依頼するなら

キッチンクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にキッチンクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

この記事のキーワード

関連記事