【帯揚げの種類】着物をおしゃれに着こなす帯揚げの使い方を知ろう!

帯揚げとは、帯枕を包む和装小物です。着物を着る時の必須アイテムというわけではありませんが、あるとおしゃれのアクセントやワンポイントになります。今回は、帯揚げの種類(素材、色)、選び方、本結びと一文字結びの手順、購入する時のポイントについて紹介します。

出張着付け
更新
【帯揚げの種類】着物をおしゃれに着こなす帯揚げの使い方を知ろう!

たまには和服を着て、周りの人を驚かせてみたいと思いませんか?

あらたまった席や、ちょっとしたお出かけの時に、思い切って和服にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

周囲の人は、いつもと違う雰囲気のあなたを見て目をみはることでしょう。

和装には、主役の着物や帯以外に脇役ともいえるさまざまな和装小物があります。

半襟や、帯揚げなどがそれにあたります。

そういった装飾小物は、洋服でいうスカーフやベルトなどの役割と似ています。

着るのに必須アイテムというわけではありませんが、あるとおしゃれのアクセントやワンポイントになります。

そこで今回は、帯揚げの種類や、帯揚げの使い方や、購入する時のポイントについて紹介します。

>>プロの出張着付け業者の一覧

【帯揚げの特徴】帯揚げとは帯枕を包む和装小物です!

【帯揚げの特徴】帯揚げとは帯枕を包む和装小物です!

「帯揚げ」とは、帯枕を包む和装小物です。

帯枕は帯の背中にお太鼓をつくる時の土台として使う、枕のような形をした道具です。

帯枕には楕円形のお太鼓用の帯枕や、大きくて丸みのある変わり結び用の帯枕があります。

どちらの帯枕も使う時は、帯揚げに包んで使います。

帯枕には固定するための紐がついているのですが、帯揚げはこの紐を隠す役割も果たしています。

帯揚げが登場したのは江戸時代末期だと言われています。

深川芸者が太鼓結びを発案したとき、帯枕と帯揚げを発明したのが起源ではないかと考えられています。

帯揚げが大衆化されたのは明治10年頃、さらに商品化されたのは明治40年頃です。

当時は三越や白木屋百貨店などが売り出していたそうです。

帯揚げがなくても着物を着ることはできますが、帯揚げがあるほうが着物姿をキレイに見せられます。

そして、帯揚げの色や柄や素材や結び方を変えると、同じ着物でも印象が変わります。

例えば、成人式に着た着物を少し違う着こなしに変えたいとき、祖母や母にもらった大人っぽい着物を若々しくかわいらしい印象に変えたい時など、帯揚げを工夫してコーディネートしてみましょう。

【帯揚げの種類】帯揚げの種類と使い方を知ろう!

【帯揚げの種類】帯揚げの種類と使い方を知ろう!

帯揚げの種類について、素材と色に分けて紹介します。

帯揚げの素材は、大きく分けて4種類あります。

【帯揚げの種類】縮緬(ちりめん)

縮緬(ちりめん)は、表面がでこぼこしており、重量感のある布で作られた帯揚げです。

普段着用やカジュアルな着物を着るときに使います。

【帯揚げの種類】綸子(りんず)

綸子(りんず)は、表面がツルツルして光沢がある布の帯揚げです。

フォーマルな着物を着るときに使います。

【帯揚げの種類】絞り(しぼり)

絞り(しぼり)は、くしゅっとしている布です。

部分絞りはカジュアルな着物を着る時きに、総絞りはフォーマルな着物を着る時に使います。

しかし、総絞りは訪問着や、留袖といった礼装用には使えません。

パーティーなどで、振袖や小紋に合わせて使います。

【帯揚げの種類】絽(ろ)、紗(しゃ)

絽(ろ)、紗(しゃ)は、夏の普段着用に使われる素材です。

【帯揚げの種類】帯揚げの色と使い方を知ろう!

【帯揚げの種類】帯揚げの色と使い方を知ろう!

帯揚げの色は、大きく分けて3種類あります。

シーンに合わせて選びましょう。

【帯揚げの種類】白

白色の帯揚げは、結婚式などの慶事に用います。

【帯揚げの種類】黒

黒色の帯揚げは、葬式などの弔事に用います。

【帯揚げの種類】色柄物

色柄物の帯揚げは、派手で華やかなものは振袖を着る時に適しています。

普段着用には淡い色の帯揚げを一つ持っていると、さまざまな着物に合わせられるので便利です。

【帯揚げの選び方】帯揚げを上手に選ぶ4つのポイント

【帯揚げの選び方】帯揚げを上手に選ぶ4つのポイント

帯揚げの選び方について、迷った時は以下を参考にしてみて下さい。

慣れてくると、色々な着こなしを楽しめるようになりますよ。

【帯揚げの選び方】着物や帯と同系色の帯揚げを選ぶ!

「着物や帯と同系色の帯揚げを選ぶ」のが、一番無難な選び方です。

特にいい着物やいい帯の時は、同じ色の帯揚げを選ぶと間違いありません。

【帯揚げの選び方】着物や帯と違う色の帯揚げを選ぶ!

着物の雰囲気を変えたい時は、あえて着物や帯に使われていない色の帯揚げを選んでみましょう。

【帯揚げの選び方】帯締めや半襟の色に合わせて選ぶ!

着物や帯の色を基準にするのではなく、帯締めや半襟の色を基準にして選ぶのも一つの選び方です。

同系色の帯揚げを選べば、しっくりとして安定感があります。

違う色の帯揚げを選ぶと、着物のアクセントとして引き立てる効果があります。

【帯揚げの選び方】TPOに合わせて選ぶ!

礼装用には、金糸や銀糸がほどこされている帯揚げを使います。

パーティーには濃い色の帯揚げや、蝶など華やかな柄の入った帯揚げが向いています。

夏物の着物に合わせるときは、青などすっきりした色の帯揚げを使うと涼しげに見えます。

かわいらしく見せたいときは、ピンクや花の部分絞りの帯揚げを使うといいでしょう。

【帯揚げの結び方】「本結び」と「一文字結び」

【帯揚げの結び方】「本結び」と「一文字結び」

帯揚げにはいろいろな結び方があります。

結び方を変えることで、さらに和装が楽しくなります。

今回は、本結びと一文字結びの結び方について紹介します。

【帯揚げの結び方】本結び

帯の中央に帯揚げの結び目がくる結び方で、最も一般的な結び方です。

1

帯揚げを前に回して真ん中で結ぶ

帯揚げを前に回して真ん中で結びます。このとき帯揚げの左右の端は同じ長さにしておきます。

2

右手に持った帯揚げが上にくるようにする

右手に持った帯揚げが上にくるようにします。

3

下側の帯揚げを、帯と並行に折り曲げて輪にする

下側の帯揚げを、帯と並行に折り曲げて輪にします。上からおろした2の端を通します。

4

両端を帯と着物の間に入れ込み整える

結び目と余った帯揚げの両端を帯と着物の間に入れ込み、整えて完成です。

【帯揚げの結び方】一文字結び

帯揚げを「一」の字のように横に伸ばして帯の上を飾る結び方です。

1

帯揚げの下前(右)側を短めにする

帯揚げの下前(右)側を短めに、上前(左)側を長めにします。この時、まず下前側を左脇までの長さにしてから、残りを上前側にするイメージで行うと作業しやすくなります。下前側を三つ折りにし帯の上辺に乗せ、左脇で帯の中に差し込みます。

2

前側の帯揚げも三つ折りにする

前側の帯揚げも三つ折りにして、右脇の後ろの帯に差し込み完成です。

帯揚げの結び方には他にも「入組山飾りや「変わり結び」があります。

「入組山飾り」は帯揚げで帯の上になだらかな山を作るように飾る結び方、「変わり結び」は帯揚げで花や蝶などの形を作る結び方です。

まずは本結びをマスターして、他の結び方も楽しんでみて下さい。

【帯揚げの購入】帯揚げを購入する時の3つのポイント

【帯揚げの購入】帯揚げを購入する時の3つのポイント

帯揚げはインターネットでも気軽に購入できます。

お店に行くと和装の知識をもった店員さんがアドバイスしてくれますが、ネット通販の場合はどれを買ったらいいか迷いますね。

【帯揚げの購入】カラーバリエーションが豊富なものを選ぶ!

Amazonなどで検索すると、30色の中から好きな色を選べる商品が販売されています。

ちりめん生地で無地のものが2,000円など、良心的な価格で高品質のものがありますので、ぜひ調べてみて下さい。

【帯揚げの購入】セットになっているものを選ぶ!

夏用の帯揚げと帯締めのセットや、礼装用がセットになっているものがあります。

セットにしてくれていると、組み合わせに悩むこともなくコーディネートを楽しめます。

礼装用のセットは、普段は使わないものなのでとても助かりますね。

帯締め、帯揚げ、金銀扇子が揃っているものなどがあります。

【帯揚げの購入】価格と品質か確認する!

セットになっていて3,000円~というお手頃価格のものから、高級帯揚げ単品で6,000円以上するものまであります。

価格が安いものは少々生地が薄く、高級感には欠けるかもしれませんが、帯揚げも末広も帯からチラっと見せるだけですから、気にならないという人もいるでしょう。

お手頃価格でもパッと見の高見え効果が抜群という口コミの商品もあるので、探してみて下さい。

もちろん高級感が欲しい人は「さすがの高品質!」と納得できるものを選んで下さいね。

帯揚げを上手に使いこなして和装を楽しもう!

今回は、帯揚げの種類や、帯揚げの使い方や、購入する時のポイントについて紹介しました。

帯揚げとは帯をきれいに見せる役割だけでなく、着物や帯とコーディネートして自分なりのおしゃれを表現できるアクセサリーの役割も果たしています。

和服を着るときに必ず必要だというわけではありませんが、ぜひ使うことをオススメします。

自分好みの帯揚げを選んで楽しんでみてください。

普段着ない和服の着付けについては、プロに依頼すると安心ですよ。

まとめ

  1. 帯揚げとは帯をきれいに見せ、着物や帯とコーディネートして自分なりのおしゃれを表現できるアクセサリーの役割がある和装小物のことです
  2. 帯揚げを上手に選ぶポイントは4つある。TPOや着物との合性を考えてコーディネートしよう
  3. 帯揚げの結び方はいくつかあるので、まずは本結びからマスターしてみよう
  4. 帯揚げを購入する時は、カラーバリエーションの豊富さ、セット販売、価格と品質の中から自分が優先したいものをよく検討しよう

出張着付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張着付けをプロに依頼するなら

出張着付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張着付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事