最終更新日:

新洗濯表示の見方を覚えて洗濯しよう!新洗濯表示のオススメのアプリも紹介

洗濯表示は平成28年12月から新しくなりました。未だによくわかっていないという人に正しい見方や、これだけ覚えれば正しい洗濯ができる基本のマークについて紹介します。スマホで簡単に見られるアプリも紹介します。洋服は洗濯表示に従って正しく扱うことで長持ちします。

新洗濯表示の見方を覚えて洗濯しよう!新洗濯表示のオススメのアプリも紹介

基本の5つの新しい洗濯表示を覚えよう

基本の5つの新しい洗濯表示を覚えよう
基本の5つの新しい洗濯表示を覚えよう

洋服を洗濯しようとしてタグを見たら、洗濯表示が様変わりしていてビックリしませんでしたか?

平成28年12月以降の生産分の衣服から、洗濯表示が変更になりました。新しい洗濯表示はISO(国際規格)に合わせた、新JIS(日本規格)表示になりました。世界共通になり便利ですが、理解しやすかった日本語表記もなくなりました。

旧洗濯表示は22種類だったのに対し、新洗濯表示は41種類に増えました。新しい洗濯表示は「基本の5つの洗濯表示」があります。

まずはこの表示を理解すれば、洗濯方法について直感的に判断できるようになります。それではここで「基本の5つの洗濯表示」について知っておきましょう。

洗濯(洗い方)

洗濯(洗い方)についての基本のマークです。

旧洗濯表示は洗濯機と手洗いが別の表示でしたが、新洗濯表示は波打つ水が入った桶のマークに統一されました。

漂白

旧洗濯表示はフラスコのマークに使用可能な漂白剤が表示されていましたが、シンプルな三角のマークに変更になりました。

乾燥

乾燥は正方形のシンプルなマークです。自然乾燥かタンブル乾燥が可能か記載されているためひと目で分かります。

アイロン仕上げ

旧洗濯表示はアイロンのマークの中に高温、中温、低温の文字が表記されていました。新洗濯表示はアイロンのマークの中に点(・)で温度が示されます。

クリーニング

丸の中に英字が表記されドライクリーニング(石油)かウエットクリーニング(水洗い)かどうかがわかります。

>>【参考】消費者庁ホームページ

新しい洗濯表示の「禁止」「強さ」「温度」

新しい洗濯表示の「禁止」「強さ」「温度」
新しい洗濯表示の「禁止」「強さ」「温度」

基本の5つの洗濯表示の中に数字、線、点(・)、バツマークなどの付加記号が付き、洗濯についての詳細が示されます。

禁止は基本の記号の上に「☓」印が記載されていてわかりやすいですが、強さと温度は以下のように表示されます。

「強さ」は基本記号の下に付加

  • 線なし…通常の強さ
  • 一本線…弱い
  • 二本線…非常に弱い
  • 線が増えるほど弱くなる

「温度」基本記号の下に付加

  • 洗い方マークの中など…数字で記載
  • タンブル乾燥やアイロンの温度…点(・)で表示。点(・)の数が増えるほど高温となる

新しい洗濯表示の「洗濯」「乾燥」「漂白編」

新しい洗濯表示の「洗濯」「乾燥」「漂白編」
新しい洗濯表示の「洗濯」「乾燥」「漂白編」

新しい洗濯表示の基本の5つの記号を紹介しましたが、さらに詳しく洗濯表示を紹介します。

洗濯(洗い方)マークの見方

波打つ水が入った桶のマークの中に数字が表記されます。例えば「95」は「液温は95℃が限度、洗濯機で洗濯ができる」という意味になります。

桶マークの下に棒線が入っている場合は「洗濯の強さ」を示しています。棒1本で「弱い洗濯」2本で「非常に弱い洗濯」という意味です。

手のマークがある場合は「液温は40℃を限度、手洗いができる」という意味です。

桶全体にバツが示されている場合は「家庭での洗濯禁止」を示しますので、洗濯したい場合はクリーニング専門店に相談しましょう。

漂白マークの見方

漂白は三角のマークの中に「斜線なし」「斜線あり」で示されます。斜線なしは塩素系、酸素系の漂白剤どちらも使用できますが、斜線ありは塩素系漂白剤使用禁止の衣類です。

バツが示されているものは、漂白剤の使用不可なので気をつけましょう。

乾燥マークの見方

旧洗濯表示は女性もののセーターのようなマークがかわいかった乾燥マークです。新洗濯表示は四角のマークになりました。

タンブル乾燥ができるものは四角の中にタンブル乾燥(ドラム式のように衣類を回転させながら温風で乾燥させる)を意味する丸、点(・)の数で、排気温度の上限が示されます。

バツが示されているものは、タンブル乾燥禁止なので自然乾燥にしましょう。

自然乾燥は四角の中で縦線でつり干し、横線で平干しがいいかどうかが示されています。

2本線は「ぬれ干し」を示し、斜めの線は「日陰干し」を意味します。ちょうど屋根や、庇(ひさし)と考えると覚えやすいですね。

新しい洗濯表示の「アイロン」「クリーニング」

新しい洗濯表示の「アイロン」「クリーニング」
新しい洗濯表示の「アイロン」「クリーニング」

洗濯、漂白、乾燥のあとはアイロン仕上げです。クリーニングやその他の表示と合わせて紹介します。

アイロン仕上げマークの見方

アイロン仕上げの中で重要なのは、高温、中温、低温の温度設定です。旧洗濯表示は「高、中、低」と、温度が漢字で表記されていてわかりやすかったのですが、新洗濯表示は点(・)で示されます。

  • 点が3つ…高(200℃を限度とする)
  • 点が2つ…中(150℃を限度とする)
  • 点が1つ…低(110℃を限度とし、スチームなし)

「点が多いほど高温になる」と覚えておくと便利です。バツが示されているものはアイロン仕上げ禁止なので注意しましょう。

クリーニングマークに見方

おしゃれ着やコートなど、クリーニングが必要なものは表記を知っておきたいですね?クリーニングは〇の中に英字で、可能なクリーニングの内容が示されています。

  • P(パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる)
  • F(石油系溶剤によるドライクリーニングができる)
  • W(ウエットクリーニングができる)

〇の下に棒線がつく場合は、洗濯の表示と同じく「洗濯の強さ」を示しています。

バツがついているものはドライクリーニング、ウエットクリーニングができないという意味ですので注意しましょう。

その他の洗濯表示

旧洗濯表示では絞った雑巾のような「絞り方」のマークがありましたが、新洗濯表示ではなくなりました。

便利なアプリを使えば迷わず洗濯できる

新洗濯表示について色々と確認しましたが、いざ1つ1つ自宅の衣類を洗うとなると洗濯タグを見て「この表示、どういう意味だっけ?」と戸惑いますよね?

瞬時で洗濯方法がわかってしまう便利なアプリがあります。

ぜひスマホで検索してみて下さい。わからなくなった時に、洗濯表示をスマホにかざすだけです。

忘れかけている旧洗濯表示も調べるられるので、ダウンロードしておけばスムーズに洗濯ができて便利です。

洗濯表示に従って正しく洗濯すれば洋服が長持ちする

今回は新しい洗濯表示や、便利な洗濯表示アプリについて紹介しました。毎日洗濯はしているけど洗濯表示を理解せずに、間違って洗濯している人もいるかもしれません。

新しい洗濯表示を理解して正しく洗濯して、お気に入りの洋服をキレイに長持ちさせましょう。

仕事や育児で忙しく「洗濯など家事するのが苦痛…」休みの日くらい「家事から開放されたい…」という人や、病気等で自分で家事するのが難しい人もいると思います。

そんな人にオススメなのが「家事代行サービス」です。1時間~依頼できたり、定期利用可能、女性スタッフ指定可能など、業者によって様々なサービスがあるので、検討してみてはいかがでしょうか?時にはプロの力を借りて、スッキリ&リフレッシュするのも1つの方法ですね。

まとめ

  1. 新しい洗濯表示は基本の5つと禁止、強さ、温度の表示を覚えよう
  2. 洗濯表示の見方に困ったらお助けアプリを利用しよう
  3. 洗濯表示に従って洗うと洋服が長持ちする
  4. 洗濯などの家事が大変な時は家事代行サービスの利用がオススメです

関連記事

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

片付け・家事代行ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った片付け・家事代行の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す