最終更新日:

蚊柱の正体はユスリカだった!ユスリカの生態や駆除グッズのまとめ

夏に発生する蚊柱はユスリカの可能性があります。小さな虫を対象とした駆除グッズを使って、自宅や職場に紛れ込むユスリカを退治しましょう。放っておいてもすぐに力尽きる虫ですが、大量に発生すると厄介なため早めに対処しましょう。

蚊柱の正体はユスリカだった!ユスリカの生態や駆除グッズのまとめ

夏などに発生する小さな虫は、気づいたら家の中に紛れていて厄介ですよね?
小さな虫はユスリカの可能性があります。

そこで今回は、ユスリカの生態や、ユスリカの駆除用品について紹介します。

>>プロのクモ駆除業者の一覧

蚊柱の正体は「ユスリカ」です

蚊柱の正体は「ユスリカ」です

ユスリカとは国内にいる虫の一種です。

蚊柱の正体はユスリカです

国内のユスリカは約2,000種類で、ハエ目・糸角亜目・ユスリカ科に分類されており、体長10mm前後の大きさです。
雄と雌で大きさや形状が異なり、その大部分が雄です。

成虫になったユスリカは、蚊柱を作ります。
夏に小さな虫が集まっている場所があったら、だいたいこの虫の仕業です。
蚊柱は雄のユスリカが大部分で、少数の雌を呼び寄せるためのものです。

ユスリカは自然が少ない場所でも発生する

ユスリカは水場があれば繁殖するため、幼虫はコンクリートで舗装されている市街地の水たまりでも発生します。
泥水あるいは、どぶ川と呼ばれる場所でも大量発生するほどの生命力を持っています。
土壌の中など特殊な生息域にいるユスリカもいるため、駆除するためには専用薬剤が必要です。

成虫になったユスリカは、基本的に羽化した場所で蚊柱として集まります。
生活に密着した小さな川、排水溝などでユスリカが群生していると非常に厄介です。
梅雨のように連続して雨が降る時期であれば、河川でなくても発生する可能性があります。

ユスリカの生態について知ろう

ユスリカの生態について知ろう

ユスリカを駆除するためには、まずは生態について知りましょう。

ユスリカは長くて数日で生涯を終える

ユスリカは成虫になった後、長くて数日で死んでしまいます。
なぜなら口にあたる部分や消化器官がなく、外部から栄養を摂取できないからです。

基本的に成虫になった直後にすぐ交尾、産卵しています。
卵は塊になっており、その形状は細長い球と様々です。
数は2,000個程度で、その一部だけが成虫になると仮定しても厄介になります。
卵からは2日程度で幼虫、蛹に数日という早いサイクルです。

ユスリカは灯りによく集まる

夏の夜には虫が灯りに群がります。
ユスリカも例外ではなく、照明から発せられる紫外線に寄ってきます。

100匹単位で活動しているユスリカは、駆除しなければいけないほどの存在感を放っています。

ユスリカには代表的な2つの被害がある

ユスリカには代表的な2つの被害がある

血を吸わないユスリカですが、駆除しないと様々な被害をもたらします。
水場で思わず立ち止まってしまうほどの視界不良はその一例に過ぎません。

ユスリカは洗濯物や料理に混入する

洗濯物や料理に混入するのが、ユスリカによる被害の代表例です。
ユスリカを知らずに潰してしまい、黄色の液体が衣類に付くとシミができます。
シミが付くとなかなか落ちないので、お気に入りの服が台なしになります。

ドアを開けた時や網戸の隙間から入ってきたユスリカが、料理に飛び込むなどの被害もあります。
用意した料理にユスリカが紛れ込むのは考えたくありませんよね。
ビジネスでは飲食店における異物混入といった、致命的な被害になりかねません。

ユスリカの死骸によるアレルギー

ユスリカの被害は、死骸の粉末によるアレルギー性鼻炎についても知っておきましょう。
ダニと同じで死骸を吸引してしまうことで、色々な疾患原因になります。
大量に発生するのがユスリカで、積もり積もれば健康被害となるだけの量に達します。
気づかずに体調が悪くなっていく可能性がある以上、しっかりと駆除しましょう。

死骸は乾燥して崩れて、微細な塵となって空気中に漂います。
目に見えない粉末は簡単に網戸を通り抜け、鼻や口から吸いこまれます。

ユスリカを駆除する3つの人気商品

ユスリカを駆除する3つの人気商品

ユスリカの駆除は、市販駆除剤を使えば簡単にできます。

この錠剤はユスリカなど、水中で育つ害虫に対して有効です。幼虫の時に駆除することで、ぶんぶんと飛び回る成虫になるのを防げます。排水溝に適量を投げ入れれば、自然に作用するため簡単です。

一部の地方自治体で採用されている、ユスリカの駆除のための薬剤です。計量スプーン付きで小さなブロック粒を側溝、浴室といった場所に投入すると約1ヶ月効果があります。

外に面している窓ガラスに噴霧することで、ユスリカなどの成虫を駆除できます。窓ガラスにひっ付くユスリカを退治したい場合にオススメの商品です。

ユスリカはシーズン前に早めに対処しよう

今回は、ユスリカの生態や、ユスリカの駆除用品について紹介しました。

蚊によく似ているユスリカは、インターネットで購入できる市販品によって駆除できます。
初夏から晩秋にかけて大量発生する前なら、水場に薬剤を入れておくだけで軽減できます。

シーズンが終われば、ユスリカの数はかなり落ち着きます。
その生態を正しく理解して、蚊柱や紛れ込む虫に悩まされない生活を送りましょう。

クモ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

クモ駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったクモ駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す