【写真のサイズ】一眼レフ、デジカメ、スマホ、集合写真のサイズまとめ

写真のサイズは、L判が一般的です。その他にも様々な種類があり、大きさ、画素数、比率が異なります。一眼レフ、デジカメ、スマホなど使うカメラによって変えたり、集合、記念、ビジネスなど用途によって使い分けるのがオススメです。今回は、写真のサイズについて紹介します。

出張カメラマン
更新
【写真のサイズ】一眼レフ、デジカメ、スマホ、集合写真のサイズまとめ

最近はデジカメやスマホで撮影した写真を、自分でプリントアウトする人が増えました。

しかし、パソコンの印刷画面にはいろいろな用紙サイズがあり、どのサイズが適しているのか悩みますよね?

まや、写真の画像サイズと、用紙サイズの縦横比率が合わなかったために「写真の上下や左右が切れてしまった…」「画像が粗くなった…」という失敗もよくききます。

そこで今回は、標準的な写真サイズや、用途にあった画素数や比率について紹介します。

>>プロの出張カメラマン業者の一覧

【写真のサイズ】標準的な写真サイズは「L判」です!

【写真のサイズ】標準的な写真サイズは「L判」です!

写真のサイズで最も標準的なサイズは「L判」です。

フィルムカメラでもデジカメでも写真のサイズに迷った時は、L判を選ぶのがオススメです。

L判とは一般的によく見るサイズです。

  • サイズ…縦89mm×横127mm
  • 画素数…縦1,121ピクセル×横1,600ピクセル(約158万画素)

筆者も写真をプリントアウトする時は、L判を一番使います。

L判の写真用紙なら文具店、電器店、ホームセンターなどどこでも手に入ります。

アルバムやフォトフレームなどについてもL判サイズに合わせて作られている物が多いので、ついこのサイズにしてしまいます。

【写真のサイズ】時代とともに変化する写真のサイズ

L判のLはLargeの「L」です。

L判はそんなに大きいサイズではありませんが、なぜL判というのでしょうか?

昔の写真のサイズはA、B、Cサイズの3種類が普及サイズでした。

その後、D、E、Fサイズが加わり、1970年代にはEサイズ(エコノミーサイズ)が標準的なサイズとなりました。

今ではEサイズより少し大きめのL判が普及し、一般的なサイズとなっています。

時代とともに写真のサイズは変化しています。

【写真のサイズ】一眼レフカメラに適したサイズ「KG」

【写真のサイズ】一眼レフカメラに適したサイズ「KG」

一眼レフカメラに適しているサイズは「KG」です。

  • 大きさ…縦102mm×横152mm
  • 画素数…縦1,205ピクセル×横1,795ピクセル(約216万画素)

一眼レフカメラに適しているサイズのKGは、キングサイズの略です。

KGはハガキとほぼ同じサイズなので、裏に切手を貼って住所と宛名を書けば私製ハガキとして使えます。

おしゃれなポストカードを作りたいときにピッタリですね。

日本の一般的なサイズはL判ですが、海外ではKGが主流です。

今後日本にもKGが普及していくと予想されます。

【写真のサイズ】コンパクトデジカメに適したサイズ「DSC」

【写真のサイズ】コンパクトデジカメに適したサイズ「DSC」

コンパクトデジカメに適したサイズは「DSC」です。

  • 大きさ…縦89mm×横119mm
  • 画素数…縦1,051ピクセル×横1,406ピクセル(約148万画素)

一般的なコンパクトデジカメと同じ縦横比なので、写真を切らずに印刷できます。

縦横比は各サイズによって違っています。

  • DSC…縦3:横4
  • L判とKG…縦2:横3

DSCの写真をL判やKGの用紙で印刷すると、写真の上下が切れてしまいます。

また、L判やKGの写真をDSC用紙で印刷すると、写真の左右が切れてしまいます。

あらかじめ自分のカメラの縦横比を確認しておきましょう。

【写真のサイズ】スマホに適したサイズは「DSC」です!

【写真のサイズ】スマホに適したサイズは「DSC」です!

iPhoneに適したサイズはコンパクトデジカメと同じ「DSC」です。

最近は、コンパクトデジカメもL判に統一されつつあります。

キャノンは既にDSCサイズの用紙を販売終了しているそうです。

時代の移り変わりとともにDSCサイズは、消えゆく運命なのかもしれませんね。

一方、Androidに適したサイズは「HV(ハイビジョンサイズ)」です。

  • 大きさ…縦89mm×横158mm
  • 画素数…縦1,086ピクセル×横1,902ピクセル(約200万画素)

DSCサイズの縦横比は縦9:横16です。

筆者のスマホはAndroidなのですが、写真をプリントアウトする時は手に入りやすいL判の用紙を使っています。

写真の上下左右が切れないように1枚ずつ編集画面で微調整するのが大変なのですが、しかたないと思っています。

【写真のサイズ】インスタにはスクエアがオススメです!

Instagramに適した写真サイズは、真四角(スクエアサイズ)です。

LS判(Lスクエア)とも呼ばれていて、かわいい正方形のかたちのサイズです。

長方形の写真の余計な部分をカットし、真ん中の顔の表情だけピックアップするなどアレンジが自由自在にできるサイズです。

【写真のサイズ】集合写真に適したサイズ「2L判、DSCW、半切」

【写真のサイズ】集合写真に適したサイズ「2L判、DSCW、半切」

集合写真によく使われるサイズは2L判、DSCW、半切の3つです。

【写真のサイズ】2L判

  • 大きさ…縦127mm×横178mm
  • 画素数…縦1,500ピクセル×横2,102ピクセル(約315万画素)

2L判はL判の2倍の大きさで、L判と組み合わせて飾ったり、アルバムに入れると収まりがいいサイズです。

【写真のサイズ】DSCW

  • 大きさ…縦127mm×横169mm
  • 画素数…縦1,536ピクセル×横2,032ピクセル(約300万画素)

DSCWはコンパクトデジカメ用のDSCの2倍サイズで、ちょっと大きくプリントアウトしてプレゼントするときに使えます。

【写真のサイズ】半切

  • 大きさ…縦356mm×横432mm(国際規格の14インチ×17インチ)
  • 画素数…縦4,205ピクセル×横5,102ピクセル(約2145万画素)

筆者は集合写真のプリントだけでなく、風景写真や花の写真などをフレームに入れて壁に飾りたい時にオススメのサイズです。

注意点としては、写真を拡大するとき1.5倍~2倍までにしておくことです。

それ以上拡大すると、画素数が低くなってしまうので、ぼやけた写真になったり、粗い画像の写真になってしまいます。

縮小する時は、画素数の問題はありません。

【写真のサイズ】記念写真に適したサイズ「六切、四切」

【写真のサイズ】記念写真に適したサイズ「六切、四切」

記念写真に適しているサイズは、六切と四切の2つです。

【写真のサイズ】六切

  • 大きさ…縦203mm×横254mm
  • 画素数…縦2,398ピクセル×横3,000ピクセル(約720万画素)

【写真のサイズ】四切

  • 大きさ…縦254mm×横305mm
  • 画素数…3,000ピクセル×横3,602ピクセル(約1,100万画素)

半切、六切、四切の3つのサイズは、モノクロ手焼き時代からあった写真サイズです。

紙縦457mm×横560mm(国際規格の18インチ×22インチ)をいくつかに切ったサイズで、フレームに思い出の写真や気に入った写真を入れて飾る時にもおすすめのサイズです。

筆者の子どもの七五三や成人式のポートレートに使った写真が、六切または四切のサイズでした。

台紙入りの写真はだいたいこのサイズが主流のようです。

【写真のサイズ】ビジネスに適したサイズ「A4、A3、A2」

【写真のサイズ】ビジネスに適したサイズ「A4、A3、A2」

ビジネスに向いているサイズは「A4、A3、A2」の3つです。

【写真のサイズ】A4

  • 大きさ…縦210mm×横297mm
  • 画素数…縦2,480ピクセル×横3,508ピクセル(約870万画素)

ビジネスで使う書類、A4が標準サイズです。

A4で写真印刷すれば、他の書類とまとめやすいので使い勝手がいいです。

また、どこのお店でもA4の写真用紙は売っているので便利です。

筆者も、L判の写真用紙とA4の写真用紙は常に常備しています。

そして、ビジネス用ではありませんが、アイロンで貼ることのできる白布用のアイロン転写紙A4も使っています。

この用紙を使うと、簡単にオリジナルグッズを作れるので楽しいですよ。

【写真のサイズ】A3

  • 大きさ…縦297mm×横420mm
  • 画素数…縦3,508ピクセル×横4,901ピクセル(約1,740万画素)

【写真のサイズ】A2

  • 大きさ…縦420mm×横594mm
  • 画素数…縦4、961ピクセル×横7,016ピクセル(約3,480万画素)

ポスターやカレンダーに用いるサイズで、オフィスの壁に掲示する写真を印刷する時などに使用されています。

写真のサイズはカメラに合わせて選びましょう!

今回は、標準的な写真サイズや、用途にあった画素数や比率について紹介しました。

写真のサイズはいろいろありますが、使うカメラの種類を基本に、自分の用途や目的に合わせて使いやすいサイズを選びましょう。

大切な写真をもっとキレイに残したいという人は、一度プロの業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

出張カメラマンなら、自分の指定した場所に来てもらえて、思い出のシーンを美しく撮ってもらえます。

写真サイズの相談にも、プロ目線でのってもらえるのでオススメです。

まとめ

  1. 写真には様々なサイズがあり大きさ、画素数、比率が異なる
  2. カメラのタイプや写真のシチュエーション(集合、記念など)によってプリントアウトするサイズを使い分けよう

出張カメラマン業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張カメラマンをプロに依頼するなら

出張カメラマンを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張カメラマンの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事