【チンチラ(猫)の特徴】チンチラ(猫)の飼い方やかかりやすい病気

チンチラは猫やネズミの仲間など、同じ名前でも別の種類の生き物がいます。いずれもペットとして人気ですね。今回は、猫のチンチラについて、性格や特徴を紹介します。飼う前に準備するものや、飼い方の基本、飼い主のマナーと責任についてもまとめました。

ペットシッター
更新
【チンチラ(猫)の特徴】チンチラ(猫)の飼い方やかかりやすい病気

猫を家族に迎える人がとても増えています。

キュートで愛らしい「チンチラ」に興味がある人も多いのではないでしょうか?

チンチラはど「んな性格の猫?」「飼うために必要なことは?」など、色々と知りたいですよね。

チンチラがかかりやすい病気や、チンチラが危険な目に合わないために注意しなくてはいけないことを事前に知り、安心して飼いたいですね。

今回は、チンチラの特徴や、チンチラがかかりやすい病気や、飼い主としてのマナーについて紹介します。

>>プロのペットシッター業者の一覧

【猫のチンチラ】チンチラの特徴や性格を知ろう!

【猫のチンチラ】チンチラの特徴や性格を知ろう!

【猫のチンチラ】チンチラの特徴を知ろう!

チンチラは別名「チンチラペルシャ」とも呼ばれています。

その名前の由来とおり、ペルシャ猫の一種にあたる猫です。

ふわっとした毛並みがペルシャ猫と似ています。

毛色はペルシャ猫の多彩な毛色とは違い、ゴールドやシルバー色系の毛色に毛先が黒色に染まっているのが特徴的です。

また、ペルシャ猫の大きな特徴のひとつが「潰れた鼻」のような顔立ちですが、チンチラはペルシャ猫の特徴的な顔立ちをしていない子もいます。

【猫のチンチラ】チンチラは気品溢れる上品な性格です!

チンチラは、大人しく穏和な性格です。

毛並みも合間って、気品溢れる上品な猫とも捉えられます。

チンチラを飼っているだけで、優雅な気分を味わえるよう気でさえ感じます。

心のゆとりも感じさせてくれるような猫です。

【猫のチンチラ】チンチラを飼う前に揃えておきたい道具

【猫のチンチラ】チンチラを飼う前に揃えておきたい道具

【猫のチンチラ】トイレと消臭グッズ

チンチラだけではありませんが、ペットを飼う上で、重要な事といえばペットのトイレ事情です。

猫も犬同様、自宅でトイレを覚えてもらわなければいけません。

また、気になるのが臭いですよね。

ペットのトイレグッズには、シートタイプや、砂(砂利)タイプと様々種類があります。

犬を飼っている人が使っているシートは、一度すませるとシートを取り替えます。

砂(砂利)はオシッコをした部分が固まりになるので、その部分を取り除けば何度でも使用可能になります。

チンチラを始めとする猫の場合、こちらの砂タイプを使う人がほとんどです。

気になる臭いはどちらも染み込むと抑えるようになっていますが、中にはトイレケースに消臭機能がついているタイプもあるので、一度検討してみてはいかがでしょう。

それでも気になる方にはペット用の「消臭スプレー」や「芳香剤」で気になる臭いを抑えるのも1つの方法です。

しかし、チンチラなどの一部のペットは、臭いに敏感な子もいるので、必ずペット専用のスプレーや芳香剤を使用しましょう。

【猫のチンチラ】おもちゃ

猫といえば、猫じゃらしやボールなどで遊ぶ姿をテレビなどで見たことありませんか?

猫は動く物に反応して、追いかける習性があります。

チンチラはあまり活発的ではありませんが、室内でゴロゴロしているだけでは、どうしても運動不足になりやすいです。

やはり羽などが付いたおもちゃを使って、猫の習性を生かして運動不足を解消させてあげましょう。

一緒に遊ぶことで、猫との信頼関係やコミュニケーションも計ると、お互いにとても幸せな毎日になりますね。

その子によって好みもあるので、何種類かのおもちゃを用意してあげましょう。

【猫のチンチラ】キャットフード

猫の餌も、多彩な種類が販売されています。

性格にもよりますが、固形系やパテ系など猫によって好き嫌いがあります。

どちらも好んで食べてくれる猫もいます。

猫の好みを確認しながら、固形系かパテ系かのどちらかを主食として選ぶ方がいいでしょう。

ご飯は猫が長生きするためにとても大切ですので、その子の体調などに合わせてきちんと管理してあげて下さいね。

【猫のチンチラ】トリミング用品

チンチラのフワッとした毛を綺麗に保つには、ブラッシングが必要です。

猫の皮膚は弱いので、傷をつけてしまわないように柔らか目のブラシで毛並みを整えてあげましょう。

綺麗な毛並みは、飼い主のお手入れ次第です。

また、爪切りなども定期的にする必要があります。

【猫のチンチラ】過ごしやすい空間

チンチラに限らず猫は、近づぎ過ぎず遠過ぎずといった曖昧で絶妙な距離感を保つ性格の子がたくさんいます。

人間主体の空間だけを作らずに、チンチラが落ち着いて過ごせるスペースも作ってあげましょう。

キャットタワーは、いい猫の遊び場兼くつろぎ空間にもなるので、用意してあげるといいですね。

しかし、性格によっては好まない子もいます。

【猫のチンチラ】チンチラの基本の飼い方を知っておこう!

【猫のチンチラ】チンチラの基本の飼い方を知っておこう!

チンチラを飼うなら、お互いが楽しい日々にしたいですよね。

猫を飼った経験がない方は、飼い方に色々不安もあるかもしれません。

基本的なチンチラの飼い方について紹介します。

【猫のチンチラ】構いすぎない!

猫は犬に比べて気まぐれで、あまりベタベタしてこないというイメージを持っている人も多いと思います。

筆者は犬を飼っていますが、中身は猫並みにツンデレで、あまりベタベタしてこない子です。

なので、犬だからとか猫だからというのはなく、やはり性格によるものだと実感しています。

友人宅の猫は、姉妹で全然違う性格で、片方は常に人にくっついてまわるタイプで、片方は塩対応すぎる子です。

大切なことは、その子の性格に合わせて過ごすことです。

チンチラはとても可愛らしく愛らしい猫で、どうしても構いたくなるのは当然です。

ですが、あまりベタベタと触られるのは人間でもあまりよく思いませんよね。

ある程度、距離感を維持することを心がけておきましょう。

飼い始めた日から、懐く子もいれば、そうではない子もいるので、時間をかけて信頼関係を作って下さいね。

また、ブラッシングやおもちゃで遊ぶのが好きな子も、急に離れたりすれば『満足』の合図です。

無理強いせずに、ペースを合わせてあげましょう。

呼んでも来ないときもあれば、呼ばなくても傍にいてるという絶妙な距離感がまた堪らなく愛しい日々となりますよ。

【猫のチンチラ】トイレのしつけ!

トイレの仕方をまずは覚えさせましょう。

室内で飼う以上、もっとも重要なしつけの一つです。

猫は基本賢く理解力が高い生き物です。

床などを頻繁に臭いを嗅いだり爪で引っ掻くしぐさをすれば、オシッコなどをするサインです。

その際は、優しく抱き上げてトイレまで連れてあげてさせましょう。

何度か失敗はありますが、叱るときは怒鳴ったりせずに、いつもと変わらないトーンで根気よく付き合いましょう。

【猫のチンチラ】トリミングと抜け毛を掃除する!

チンチラはキレイ好きです。

ブラッシングや、爪切りを定期的にしてあげましょう。

猫かは基本体に抜け毛が多く、室内のあちこちに抜け毛が落ちています。

衛生的にもよくないので、室内の掃除もこまめにしてあげましょう。

【猫のチンチラ】チンチラがかかりやすい4つの病気

【猫のチンチラ】チンチラがかかりやすい4つの病気

チンチラがかかりやすい病気を理解し、ペット保険に加入することも大切です。

チンチラの寿命はおおよそ10年~15年と言われています。

できるだけ長く一緒に過ごせるように、しっかりと健康管理をして、大切に見守りましょう。

【猫のチンチラ】皮膚病

チンチラに限らず、猫は皮膚系の病気をしやすい生き物です。

ノミや毛玉で皮膚に負担をかけてしまい、皮膚病を起こすこともあります。

定期的にブラッシングをして、毛並みや皮膚の状態を確認してあげましょう。

【猫のチンチラ】白内障

白内障などの病気にもなりやすいのもチンチラの特徴とも言えます。

目ヤニなどがあれば取り除いてあげて、あまり頻繁に出る場合は動物病院を受診しましょう。

【猫のチンチラ】尿石

チンチラは尿石にもかかりやすいとも言われており、尿石をそのまま放置しておくと更なる病気や悪化も考えられます。

日々の尿の色を確認してあげましょう。

水をたくさん飲むと、尿石予防になるとも言われています。

常に新鮮な水が飲める環境作りも心がけてあげましょう。

【猫のチンチラ】肥満

人間だけでなく、猫も肥満になりやすい体質です。

チンチラはあまり激しい運動が苦手な部分もあり、運動による体質改善よりも日々の食事管理を整えていれば、肥満対策にも繋がります。

【猫のチンチラ】チンチラの飼い主としてのマナーと責任

【猫のチンチラ】チンチラの飼い主としてのマナーと責任

チンチラに限らず、猫を飼うということは飼い主としてのマナーと責任があります。

無責任な飼い主により、不幸なペットを増やさないために必ず守りましょう。

【猫のチンチラ】住宅事情を確認する!

いくらチンチラが欲しくてもマンションや住んでいる場所で「ペット禁止」とルールが決められていれば、そのルールに従いましょう。

ペット禁止とルールで決まっているにもかかわらず、チンチラを飼うと近隣や大家とトラブルに発展する可能性があります。

最悪の場合、住んでいる部屋からの退去通告を宣言されれば、退去せざるを得ません。

「内緒で飼ったけどバレたので手放します…」と保健所やボランティア団体に相談するのは、あまりに無責任といえます。

集合住宅に住んでいる人は、必ず規約を確認して下さいね。

【猫のチンチラ】マイクロチップの装着する!

猫は基本的に放浪癖があります。

室内で飼っていても、ちょっとした不注意で窓や隙間から屋外へ出ていってしまうこともあります。

時間が経てば戻って来る場合がありますが、万が一戻って来なくなると、外で事故に会っていないか心配で眠れなくなりますよね。

網戸や窓の補修など、必要な住宅の補修をしたり、家族で話し合って家の外に出さないことを徹底することが大切です。

そのうえで、迷子や災害などに備えてGPS付きのマイクロチップを装着することをオススメします。

首輪タイプや直接体内に入れるタイプなどがあります。

マイクロチップの装着は、かかりつけの動物病院に相談しましょう。

自治体によって異なりますが、補助金なども交付される場合があります。

【猫のチンチラ】飼えない数は飼わない!

最近よく「多頭飼い崩壊」という言葉を耳にしますよね。

これは猫の繁殖力に対応できずに、飼い主も把握できない数の猫が増えてしまい、食事や健康管理をできない状態に陥り、猫にも飼い主にも劣悪な環境になってしまうという状況です。

初めは可愛いという気持ちで飼い始めて、数が増えても大丈夫だと思い込んでしまう典型的な失敗と言えます。

チンチラを飼い始めたら、獣医に相談の上、去勢手術をするかどうか検討しましょう。

【猫のチンチラ】最後まで命に責任をもつ!

チンチラはとても可愛らしい猫で、見ているだけで癒されますね。

しかし、実際に飼い始めたら想像と違い、お世話が面倒と感じてしまう人もいるでしょう。

餌、病院、保険など、費用も思った以上にかかります。

「面倒だしお金もかかるので捨てよう…」と安易に考えることは許されないことです。

ペットを飼うと決めたら、最後まで責任をもって飼うのが飼い主の責務です。

チンチラにとって飼い主は親と同じです。

大切な家族の命を粗末に扱わないで、優しく見守ってあげましょう。

チンチラ(猫)についてわからないことはプロに相談しよう!

今回は、チンチラの特徴や、チンチラがかかりやすい病気や、飼い主としてのマナーについて紹介しました。

猫を飼うにあたり「旅行や急な出張時はどうしたらいいの?」という不安を持っている人も多いのではないでしょうか?

飼い主が不在の時に餌をあげる、トイレを掃除する、遊び相手をしてくれる人が身内や知り合いにいない場合は、プロのペットシッターを利用するのがオススメです。

猫を預かってくれるペットホテルもありますが、慣れない環境で体調を崩さないかなど、心配ですよね。

ペットシッターなら、自宅へ来てくれるため、猫は自分のお家から出る必要がありません。

大切な猫を預けるわけですから、慎重にシッターを選びましょう。

口コミやHPを参考に、飼い主の希望にあう業者を選んで下さいね。

まとめ

  1. チンチラはペルシャ猫の一種で、大人しく穏和な性格です
  2. チンチラを飼う時は、トイレ・餌・トリミング用品などの準備が必要です
  3. チンチラなどの猫を飼う時はお世話の基本を覚えながら、その子に合わせたペースで過ごそう
  4. チンチラがかかりやすい病気を理解して、ペット保険にも加入するのがオススメ
  5. 飼い主のマナーと責任はしっかり守ろう。必要に応じてペットシッターを利用しよう

ペットシッター業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ペットシッターをプロに依頼するなら

ペットシッターを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にペットシッターの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事