【水道の水漏れ修理】水道から水漏れする原因と自分で修理する方法

蛇口を締めているのに水がポタポタ漏れている、部品のつなぎ目から染み出してくるなど、水道の水漏れの症状が見られたら、早めに手を打ちましょう。今回は、よくある水道の水漏れ箇所と原因や修理の方法を紹介します。難しい場合は無理せず業者に依頼しましょう。

水回りの水漏れ修理
更新
【水道の水漏れ修理】水道から水漏れする原因と自分で修理する方法

水道の蛇口を締めているのに「水がポタポタ漏れる…」部品のつなぎ目から「水が染み出してくる…」などの症状はありませんか?

これらは水漏れの症状です。

放っておくと水道料金が増えたり、症状が悪化するため、早めに手を打つ必要があります。

水道の水漏れを修理するには、水漏れ箇所を特定し、必要な工具や部品を用意しなければなりません。

そこで今回は、水道から水漏れする原因や、水道の水漏れを修理する方法について紹介します。

早めに手を打って水漏れを止めましょう。

>>プロの水回りの水漏れ修理業者の一覧

【水道の水漏れ】水道から水漏れする原因を知ろう!

【水道の水漏れ】水道から水漏れする原因を知ろう!

水道の蛇口のことを水栓といいます。

水道の水栓は、大きく分けて2種類です。

【水道の水漏れ】ハンドル混合水栓について知ろう!

ハンドル混合水栓の特徴は、冷水と温水の2種類のハンドルがあります。

2種類のハンドルをまわして、水量調節や水温調節する水栓とのこです。

【水道の水漏れ】シングルレバー混合水栓について知ろう!

シングルレバー混合水栓は、レバーが1つだけの水栓のことで、上下左右、無段階に動かせます。

レバーを操作して水量の調節、温度の調節ができます。

【水道の水漏れ】水栓の構造と水漏れ箇所を知ろう!

水栓の構造は、ハンドルかレバー、本体、吐水口の3つでできています。

それぞれの結合部をパッキンや、シールテープで水漏れするのを防いでいます。

また、ハンドル混合水栓の内部にはケレップ、スピンドル、シングルレバー混合水栓の内部にはカートリッジという部品が入っていて、これら部品の働きにより、水を出したり止めたりしています。

水道は毎日何度も使うものなので、当然のことながら、ケレップ、スピンドル、カートリッジ、パッキン、シールテープなどの部品は摩耗し劣化します。

この部品の劣化こそ、水道が水漏れする主な原因です。

水漏れする箇所ごとに交換すべき部品について紹介します。

【水漏れ箇所】 【交換部品】
吐水口 ケレップ
【水漏れ箇所】 【交換部品】
吐水口パイプの根元 パッキン
【水漏れ箇所】 【交換部品】
取り付け部分 シールテープ
【水漏れ箇所】 【交換部品】
ハンドル下のナット パッキン
【水漏れ箇所】 【交換部品】
レバー式ハンドル パッキンもしくはカートリッジ

【水道の水漏れ】水漏れ修理する前に道具を揃えよう!

【水道の水漏れ】水漏れ修理する前に道具を揃えよう!

水道からの水漏れを修理するには、準備が必要になります。

まずは修理に必要な工具や、部品を揃えましょう。

用意するもの

必須
プラスドライバー
マイナスドライバー
ウォーターポンププライヤー
レンチ
カートリッジ取り外し専用工具
ピンセット
水漏れ箇所に応じた交換部品
あると便利
六角レンチが必要になる場合がある

交換部品は、水道の径を確認して部品を購入しましょう。

また、カートリッジはメーカーや機種によって異なるため、メーカー純正品を使用しましょう。

水栓の外側に書いてある型番をインターネットで調べれば、中に入っているバルブカートリッジの型番がわかります。

水漏れを修理する前に、必ずやっておかなければいけないことがあります。

それは水道の止水栓または、元栓を閉めることです。

水道の止水栓か元栓を閉めないで部品を外すと、水が出っ放しになって水浸しになってしまいます。

水道の止水栓は、シンクや洗面ボウルなどの下の収納棚内にあることが多いです。

ハンドルタイプとマイナスドライバーでまわすタイプがあります。

どちらも時計まわりにまわすと水道が止まります。

止水栓の場所がわからない場合は、水道の元栓を閉めましょう。

水道の元栓は、水道メーターの所にあります。

集合住宅の場合、隣の家の元栓を閉めないように気を付けてください。

【水道の水漏れ】ハンドル混合水栓の水漏れ修理する方法

【水道の水漏れ】ハンドル混合水栓の水漏れ修理する方法

ハンドル混合水栓を修理する方法を、水漏れ箇所ごとに紹介します。

【水道の水漏れ】吐水口の水漏れ修理する方法

1

ハンドル下にあるカバーナットを緩めてハンドルを取り外す

ハンドル下にあるカバーナットを緩めて取り外す。カバーナットを取り外したら、ハンドルを左にまわして取り外す。

2

ピンセットを使ってケレップを取り出す

ハンドルを取り外すとケレップが見えるので、ピンセットを使って取り出す。新しいケレップを取り付ける。取り外し作業の逆で、ハンドルを元に戻して完了。

【水道の水漏れ】吐水口パイプの根元の水漏れ修理する方法

1

吐水口パイプを取り外してパッキン交換する

吐水口パイプの根元にあるナットを緩めて取り外す。吐水口パイプを引き抜くと、黒色のパッキンがあります。パッキンを新品に取り換える。

2

取り外し作業の逆で吐水口パイプを戻す

取り外し作業の逆で、吐水口パイプを元に戻して完了。

【水道の水漏れ】取付け部分からの水漏れ修理する方法

1

水栓本体を壁から取り外す

配管が錆びている場合があるため、無理に引っ張らずゆっくりと取り外す。

2

配管内や口の周りのゴミを確認する

配管内や口の周りにゴミがないか確認して、ゴミがあれば取り除く。ゴミが残っていると隙間ができ、水漏れの原因になります。

3

水栓の接続部分に巻いてある古いシールテープを剥がす

水栓の接続部分に巻いてある古いシールテープを剥がして、新しいシールテープを先端から奥に向かって時計まわりに巻きつけましょう。少し引っ張りながら7~8周巻きます。

4

取り外し作業の逆で水栓本体を壁に戻す

取り外し作業の逆で、水栓本体を元に戻して完了。無理に締めすぎると、配管を痛める可能性があるので、力加減に注意する。

【水道の水漏れ】ハンドル下のナットから水漏れ修理する方法

1

ハンドル上にあるビスを取り外す

ハンドル上にあるビスを取り外す。蓋がある場合はマイナスドライバーなどで蓋を外してからビスを外しましょう。

2

ハンドルを引き抜きます

ハンドルを引き抜きます。カバーナットを緩めるとパッキンが取り外せるので、パッキンを交換する。

3

取り外し作業の逆でハンドルを戻す

取り外し作業の逆で、ハンドルを元に戻して完了。

いずれの場合も、作業完了後に水道の止水栓または元栓を開け、水漏れしないか確認しましょう。

【水道の水漏れ】シングルレバー混合水栓の水漏れ修理

【水道の水漏れ】シングルレバー混合水栓の水漏れ修理7

シングルレバー混合水栓が水漏れする場合は、水漏れ箇所がどこでもパッキンまたはカートリッジの劣化、もしくは破損が原因である可能性が高いです。

水を出している時だけ水漏れする場合はパッキン、水を止めても水漏れする場合は内部カートリッジを交換するといいでしょう。

1

ドライバーを使ってビスを緩めてレバーハンドルを取り外す

レバーハンドルをとめてあるビスをドライバーで緩めて、レバーハンドルを取り外す。カバーやキャップで隠している場合もあります。カバーやキャップを外すとビスがあるはずです。ビスではなく、六角ナットの場合もあります。この場合には六角レンチが必要です。

2

カートリッジ押さえという部品を外す

カートリッジを押さえている「カートリッジ押さえ」という部品が現れます。スパナなどで反時計まわりにまわして緩めます。この時、水栓本体を押さえておかないと、カートリッジ押さえが外せません。かなり力が要ります。カートリッジ取り外し専用工具がないと難しいかもしれません。

3

パッキンもしくはカートリッジを交換する

パッキンもしくはカートリッジを交換する。カートリッジは置いてあるだけなので、持ち上げるだけで取り外せます。取り外しと逆の手順で元通りに戻して完了。作業完了後に水道の止水栓または元栓を開けて、水漏れしないか確認する。

【水道の水漏れ】自分で水漏れを修理するリスク

【水道の水漏れ】自分で水漏れを修理するリスク

水道の水漏れを自分で修理すれば、業者に依頼する費用をおさえられます。

しかし、工具を揃えなければ上手く修理できません。

業者が使うような専用工具を水漏れ修理のためだけに買い揃えれば、それなりの費用がかかります。

工具を揃えても、素人には水漏れ箇所を特定するのも難しい作業になります。

また、自分で修理したが「完全に直らなかった…」ということも少なくありません。

水道の水漏れ修理に慣れた業者だからこそ、正確に水漏れ箇所を特定して、水漏れを止め
られます。

各パーツは力を入れないと外せませんが、かといって力任せにやると、水栓や配管を傷めてしまう恐れがあります。

力加減には注意が必要です。

自分で水漏れ修理するには、完全に直せないリスクや、力任せにやって水漏れが直るどころかかえって逆効果になってしまうリスクがあることを理解した上で、修理する必要があります。

自分で水道の水漏れが直せないなら業者に依頼しよう!

今回は、水道の水漏れ原因や、水道の水漏れを修理する方法について紹介しました。

水道の水漏れを放っておくと水道料金が増えたり、症状が悪化するため放置できません。

しかし「自分で水漏れ箇所を特定できない…」「水漏れ修理しても水漏れが直らない…」などのリスクを考えると、業者に依頼した方が安心で確実です。

まとめ

  1. 水道から水漏れする箇所別に交換する部品が違う
  2. 水道の水漏れを自分で修理するリスクを知ってから修理しよう

水回りの水漏れ修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

水回りの水漏れ修理をプロに依頼するなら

水回りの水漏れ修理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に水回りの水漏れ修理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事