【洗面台の水漏れ修理】洗面台から水漏れする原因と自分で対処する方法

洗面台の水漏れには、パッキンの劣化や給水配管の破損など、考えられる原因がいくつかあります。落ち着いて水が漏れている箇所を特定し、まずは自分でできる対処しましょう。今回は、洗面台から水漏れする原因や、自分でできる対処方法について紹介します。

水回りの水漏れ修理
更新
【洗面台の水漏れ修理】洗面台から水漏れする原因と自分で対処する方法

ある日突然、洗面台から水が漏れが起きるると焦ってしまいますよね?

洗面台に限りませんが、水漏れという思ってもいない事態になると、少しパニックを起こしてしまうかもしれません。

しかし、深呼吸して、落ち着いて対処することを心がけましょう。

水漏れしている箇所を見つけて、水漏れの応急処置しましょう。

今回は、洗面台から水漏れする原因や、自分でできる対処方法や、業者選びの注意点について紹介します。

>>プロの水回りの水漏れ修理業者の一覧

【洗面台の水漏れ】洗面台から水漏れする7つの原因

【洗面台の水漏れ】洗面台から水漏れする7つの原因

洗面台から水漏れは、考えられる原因がいくつかあります。

よくある7つの原因について紹介します。

【洗面台の水漏れ】蛇口のパッキン劣化が原因

蛇口で水を止めても栓付近から水がにじみ出てくる場合は、蛇口内のパッキンというゴムの劣化が考えられます。

水を止める効果が薄れているのが原因です。

【洗面台の水漏れ】伸縮シャワー水栓が原因

シャワーヘッドを何度も出し入れしていると、シャワーヘッドの根元やホース部分が劣化して亀裂がおこり、そこから水漏れをする場合があります。

【洗面台の水漏れ】排水配管のジョイント部分が原因

排水配管のジョイント部分のパッキンが劣化して、水漏れすることがあります。

また、排水配管のトラップという「S字」や「U字」のような形の配管部分に、髪の毛などのゴミが蓄積されて排水が流れなくなります。

その結果、配管のジョイントから排水が漏れてくることがあります。

排水配管をこまめに掃除しておきましょう。

【洗面台の水漏れ】洗面台の床が原因

洗面台の排水配管と、建物内の排水配管との接続部分が外れたり、破損することで水漏れの原因になります。

これは、洗面台の下の収納スペースに洗剤などを収納する時に、排水配管に知らない間に当たり、接続部分が外れたり、配管を傷つけてしまって起こる原因です。

収納スペースがある時は、収納する時は注意して収納しましょう。

【洗面台の水漏れ】給水配管が原因

洗面台の下に給水管が配管していることがあります。

先程と同じく収納する時に配管に洗剤などの物が当たることで、給水配管を傷つけてしまい、水漏れを起こす原因となります。

【洗面台の水漏れ】止水栓からの水漏れが原因

蛇口と同じく止水栓の中のパッキンが劣化して、水漏れを起こしていることがあります。

または、収納する時に給水管に当てることで、止水栓にも負担がかかり、ジョイント部分が歪んで水漏れの原因となることがあります。

【洗面台の水漏れ】洗面台のボール部分(洗い場)が原因

洗面台のボール部分(洗い場)にヒビや、穴があると水漏れを起こす場合があります。

ボール部分にドライヤーなどの重い物や、瓶といった固い物を落とすことでヒビや穴などの傷をつけてしまい水漏れを起こす原因となります。

物の収納による破損は、使用時に気を付けることで水漏れ防止に繋がります。

朝の時間のない時なども、できるだけ丁寧に扱いましょう。

【洗面台の水漏れ】水漏れしている箇所の見つける方法

【洗面台の水漏れ】水漏れしている箇所の見つける方法

洗面台から水漏れしていることがわかっても、具体的な箇所がわからないと困りますよね?

水漏れしている箇所を見つける3つの方法を紹介します。

【洗面台の水漏れ】止水栓を少し開けて水漏れ箇所を見つける方法

止水栓を少し開けたまま(通水したまま)、水がどこから漏れているかを確認する方法です。

お湯や水の給水配管内に水圧をかけたままにすることで、水漏れの箇所を特定する方法です。

水圧をかけたままにすることで、お湯や水の給水配管のどの部分から水が漏れているか確認しやすくなります。

しかし、通常の水圧をかけたままだと水の勢いが強いため、水漏れを探す前に被害が大きくなるので、止水栓のバルブを全開にするのではなく3分の1位で開閉しておきましょう。

また焦っている時は、パニックになりやすいので慣れていない時は控えましょう。

【洗面台の水漏れ】止水栓を止めて水漏れ箇所を見つける方法

止水栓を止めて、水漏れ箇所を確認する方法です。

この方法は止水栓を止めずに少し開けたままで、水漏れを探す方法に自信がない場合にする方法で、焦らずに自分のペースで水漏れ箇所を探す方法です。

特にお湯や水の給水配管で雑巾やタオルで拭き取っても、すぐには完全に止まらずに、水漏れしている部分は、ゆっくりと少しずつ濡れていることがあります。

ジョイントの部分や収納部分は、しっかり確認してみましょう。

【洗面台の水漏れ】水を流して水漏れ箇所を見つける方法

水を流したまま、水が漏れている箇所を見つける方法です。

お湯や水の給水配管から水が漏れていない場合に試す方法で、特に排水配管や洗面ボール(洗い場)のヒビなどの傷から水漏れしていることがわかります。

水を流したままにすることで、排水配管のどの部分から水が漏れているのかを探しやすくなります。

同じくボール(洗い場)に亀裂や穴が空いていれば、その場所から水が漏れてくるのが見つけやすくなります。

筆者宅はマンションなので、余計なことをして、万が一水浸しにでもなったらどうしようという不安があります。

水回りのことは素人にはわかりにくいため、不安がある時は早めに業者に連絡する方が安心ですね。

【洗面台の水漏れ】水漏れを発見したらやるべき3つの事

【洗面台の水漏れ】水漏れを発見したらやるべき3つの事

洗面台から水漏れを発見すると、どうしても焦ってしまいますよね。

業者に見てもらうにしても、その間放置というのも気になります。

できるだけ落ち着いて、以下の順で対処しましょう。

【洗面台の水漏れ】水漏れを発見したら元栓を閉める!

洗面台から水漏れを発見したら、まずは水を止めましょう。

そのままにしておくと、いつまでも水が漏れたままになり、被害がどんどん広がっていきます。

そうなると、水漏れ部分の修理だけでなく、床や壁といった部分も張り替えなどの修繕が必要になります。

元栓の止め方は、2つあります。

【洗面台の水漏れ】元栓の止め方

  • 洗面台の下(収納部分)の給水配管の元栓を止める
  • 建物全体の水を止める

洗面台には、お湯や水といった給水配管があります。

「×」の形や、マイナスドライバーで回す「-」のような形などがあります。

中にはレバーなどもあり、それをどちらかにまわすことで水が止まります。

しかし、建物や洗面台の仕組みによっては、止水栓がついていない場合があります。

洗面台に止水栓がない場合は、建物全体の水を止める方法もあります。

戸建ての場合は、建物の外にあります。

特に道路などに接している敷地内に「量水器」と記載された四角いボックスが土や土間に埋設されています。

マンションの場合は、玄関を出て、右側か左側に「PS(パイプスペース)」という空間があり、その入り口に扉がついています。

その扉の中に、水道メーターと一緒に止水栓がついています。

マンションによっては、PS(パイプスペース)に、他の部屋(住人)の止水栓も一緒にあるので注意が必要です。

間違えて他の方の止水栓を止めないように、きちんと確認してから止めましょう。

【洗面台の水漏れ】水漏れの箇所を確認する!

水を止めたあとは、どこから水が漏れているかを確認しましょう。

水漏れている時に確認すると探しやすいですが、慣れていないとどうしても慌てます。

慣れない場合や不安な場合は、まずは水を止めてから水漏れ箇所を探しましょう。

【洗面台の水漏れ】使用禁止処置やバケツなどを設置する!

洗面台の下に止水栓があれば、修理を完了するまでは止めたままにしておくことをオススメします。

しかし、洗面台で止水できない場合は、水漏れしている部分にバケツなどの水を受ける容器を置いておきましょう。

シートを敷くとより、水漏れの被害を最小限にできます。

排水配管から水が漏れている場合も、同じ処置することをオススメします。

そして、何よりも修理が完了するまでは、洗面台の使用を張り紙や口頭などで家族に伝えておくことも大切です。

筆者も洗面台の下を覗いて、止水栓の場所を確認してみました。

こゆうことが苦手なタイプなので、見つけるに時間がかかりました…。

【洗面台の水漏れ】自分で水漏れを修理する方法

【洗面台の水漏れ】自分で水漏れを修理する方法

水漏れ箇所がわかり、作業に自信のある人は自分で修理してみましょう。

自分でできる水漏れを修理する3つの方法を紹介します。

【洗面台の水漏れ】パッキンを交換する方法

給水や排水のジョイント(接続部分)のパッキンが劣化して水漏れしている場合は、パッキンを交換する必要があります。

用意するもの

必須
シート
バケツまたは、受け皿
プライヤーなどの専用工具
新しいパッキン
雑巾または、タオル
1

パッキンを交換する前にシートやバケツを準備する

パッキンを交換する前にシートを敷いたり、水漏れ箇所にバケツまたは受け皿を置く。

2

プライヤーなどの専用工具を使ってジョイント部分外す

プライヤーなどの専用工具を使ってジョイント部分を取り外し、古くなったパッキンを取る。

3

新しいパッキンを取り付けて水気を拭き取る

新しいパッキンを取り付ける。雑巾やタオルでジョイント部分の汚れや水気を拭き取る。最後にジョイント部分を元に戻して完了。

【洗面台の水漏れ】排水配管内を掃除する方法

排水トラップ内にたまった髪の毛や、ゴミなどで配管から水漏れを起こしている場合は、トラップ内のゴミを取り除き掃除することで解決します。

用意するもの

必須
トラップを外す専用工具
雑巾
あると便利
針金
1

トラップ部分にキャップがあれば外す

トラップ部分にキャップのような掃除口があれば、そのキャップを外しましょう。掃除口がないトラップはトラップ部分をジョイントから専用工具で外します。

2

掃除口の中やトラップにたまったゴミを取る

掃除口の中または、トラップにたまったゴミを取り除きます。針金を用意しておくと狭い配管内部のゴミをキレイに取り除きやすくなります。

3

雑巾を使ってジョイントの汚れや水気を拭き取る

戻す際に、ジョイントの汚れや水気を雑巾などで必ず取り除いて完了。

普段から定期的にパイプクリーナーなどを使って、掃除しておくといいですね。

【洗面台の水漏れ】排水配管の外れを直す方法

収納する時に物が排水配管に当たることで、洗面台の排水配管と建物内の排水配管接続が外れている時は、排水配管のジョイントを専用工具で接続し直します。

ジョイント部分を掃除してから接続しましょう。

筆者はドライバーなどの専用工具を使うことになれていないため、自分で修理はかなりハードルが高いと感じてます…(汗)

一般的には、洗面台の水漏れは原因が特定できれば、自分で修理ができると言われているので、挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

【洗面台の水漏れ】業者に依頼する時の4つの注意点

【洗面台の水漏れ】業者に依頼する時の4つの注意点

洗面台の水漏れの修理は、やはり自分には難しいと感じたら、業者に依頼するのも1つの方法です。

しかし、業者に依頼する時は、4つの注意点があります。

問い合わせをする前に、理解しておきましょう。

【洗面台の水漏れ】緊急対応の業者に依頼する!

洗面台の水漏れは、できるだけ早く解決したいですよね。

しかし、業者の中には緊急対応ができない業者や、対応していない業者ももちろんあります。

すぐに対応して欲しい時に、何日も待たされるのは非常に辛いものです。

そうならないためにも、事前に緊急対応が可能な業者を調べましょう。

【洗面台の水漏れ】料金の確認をする!

業者のHPに料金が記載されているのを確認して、問い合わせの時に追加費用の有無を聞きましょう。

出張料、作業費、部品代など、内訳もきちんと確認しておくと安心です。

【洗面台の水漏れ】緊急時の料金相場が違う場合がある!

緊急対応ができる業者でも、場合によっては追加料金が発生することもあります。

早朝や深夜、また営業時間外は確認しましょう。

【洗面台の水漏れ】水が漏れている箇所をわかる範囲で把握する!

水漏れをしている箇所を先に見つけておくと業者に説明がしやすいだけでなく、修理もスムーズです。

しかし、慣れていない場合は、水漏れ箇所を間違えてしまうことがあるので、業者に再確認してもらいましょう。

筆者も水漏れで業者のお世話になった経験があります。

その時は洗面台ではなく、トイレだったのですが、インターネットで見つけて「当日訪問可能」という業者に依頼しました。

自分で洗面台の水漏れが直せないなら業者に依頼しよう!

今回は、洗面台から水漏れする原因や、自分でできる対処方法や、業者選びの注意点について紹介しました。

よくある洗面台の水漏れの症状などを参考にして、原因の特定や応急処置などできる範囲でやってみて下さい。

自分で修理も可能ですが、デリケートな部分なので自信がない場合は、無理をせず業者に依頼して下さいね。

また、急に水漏れが起こるかわからないため、前もってよさそうな業者を探しておくのもオススメです。

慌てず、落ち着いて対処できるように備えて下さいね。

まとめ

  1. 洗面台の水漏れの原因は大きく7つある。どれに該当するか探してみよう
  2. 洗面台の水漏れを発見したら、まずは水を止めて、原因箇所を探し、バケツやシートで被害をおさえよう
  3. 洗面台の水漏れの応急処置や修理は、可能な範囲でしてみよう
  4. 洗面台の水漏れ修理を業者に依頼する時は、4つの注意点に気をつけよう

水回りの水漏れ修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

水回りの水漏れ修理をプロに依頼するなら

水回りの水漏れ修理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に水回りの水漏れ修理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事