最終更新日:

テレワーク(在宅勤務)とは?テレワークに必要なものと環境作りしよう

テレワークを導入する会社が増える中、これから始めるにはどんな準備がいるのか悩みます。パソコンやWi-Fiなどのネット環境、空間作りや家族との過ごし方などを整理する必要があります。今回はテレワークに必要なものや、自宅で仕事する上での心得について紹介します。

テレワーク(在宅勤務)とは?テレワークに必要なものと環境作りしよう

テレワーク(在宅勤務)とは?

テレワーク(在宅勤務)とは?
テレワーク(在宅勤務)とは?

ここ最近で「テレワーク」というワードを何度も耳にしましたよね。実際に各企業でもテレワークを導入しているところや、これから導入しようと検討している企業などが増えてきています。

テレワークとは「tele=離れた場所」と「work=働く」の2つを合わせた造語となります。つまり「離れた場所で働く」という働き方を意味しています。

従来は会社に出勤して仕事するという概念がありましたが、このテレワークは通信設備の普及が進む現在において従来の働き方を大きく変化させました。

テレワークのメリット

テレワークとは自宅などの空間で仕事するため、出勤に伴う通勤ラッシュや得意先など訪問時に渋滞にまきこまれないなどストレスを感じることはありません。どんなに離れた場所の相手でも通信設備が整えていれば、場所に関係なくやり取りが可能になります。

働く時間帯も企業によっては朝から仕事するという概念はなく、時間帯に囚われることなく仕事ができます。

テレワークのデメリット

自宅などを利用した空間で仕事するため、私生活と仕事の境界が曖昧になりやすいです。そのため気持ちの切り替えが難しくなり、ストレスとなりやすい傾向があります。

企業によって働く時間帯が自由になっていますが、逆に考えれば得意先や相手の時間に合わせて時間調整しながら仕事しなくてはなりません。そのため仕事と私生活との切り替えが難しくると感じる人もいるようです。

テレワークに必要な機材を揃えよう

テレワークに必要な機材を揃えよう
テレワークに必要な機材を揃えよう

テレワークに1番重要な機材といえば通信設備です。

  • パソコン
  • Wi-Fi

会社が用意してくれるのが理想的ですが、そうではない場合もあるようです。

得意先(相手)と重要な話中に通信が切れてしまうと、得意先(相手)にとってはマイナスイメージになる恐れがあります。そうならないためにも通信設備は万全の体制で整えておくことをオススメします。

パソコンやインターネット設定に自信がない人は、業者に依頼すると安心です。

また、長時間机に向かって仕事する場合は、自分の体勢に負担があまりかからない机や椅子を用意しましょう。自分に合っていない机や椅子を使っての長時間の仕事は、腰など負担を与えてしまいます。できればお店で試してから購入するといいですね。

テレワークは家族の協力が大切です

テレワークは家族の協力が大切です
テレワークは家族の協力が大切です

テレワークの拠点として、自宅を仕事場としていることが多いです。自宅はあくまで生活空間の一部であり、仕事場とはまた違う空間となります。各家庭などで個室を割り当てられている環境が、どれほどいるでしょうか?

一般の自宅では防音設備など対策していないのが普通のため、テレワーク中は家族に話し声やテレビの音量など常に注意してもらう必要があります。

そのような環境化でテレワークを続けていくと、自分だけでなく家族にも多大なストレスがたまり家庭環境が悪くなりやすいです。そう言った面を把握した上で、家族としっかり話会い、またはルールを決めて理解と納得してからテレワークの第一歩を進めましょう。

本人の仕事と私生活との切り替えをきちんとするという意識も、とても大切な行動です。家族にだけ負担を負わさずに、自分にもしっかりとしたルールを決めていくことも大事です。

テレワークする場所の注意点

テレワークで重要な点はテレワークする場所(空間)を確保することです。これも家の間取りや子供の年齢によっては中々難しい問題の1つです。

下記2点が揃っている場所を自宅の中で確保できればベストといえます。

  • 周囲の雑音(声)が聞こえにくい環境である
  • 仕事と生活の切り替えが用意にできる空間である

これまで物置状態だった部屋があるなら、まずはその片付けをしましょう。

個室がない場合は時間帯の取り決めや、部屋の一角に仕切りを設置して空間を作るのも1つの方法です。

最近では容易に空間を確保できるテント型のグッズが販売されています。そちらを試すのもいいかもしれません。

モニターを通してのテレワークする場合は、周りに生活空間と分かりやすい物をあまり置いておかないことです。特に洗濯物などがモニターに映りこまないように注意しましょう。

トイレや浴室といった空間が落ち着く場所という人もいるようですが、この2つはやめておきましょう。一人暮らしの場合は自分以外いないのであまり気にしないかも知れませんが、家族がいる場合はトイレや浴室に長時間占領してしまうと家族に迷惑をかけます。家族があまり立ち入らない場所からテレワークに最適な空間を探しましょう。

テレワークの接し方やマナー

テレワークを取り入れている企業などでよくあるトラブルが、得意先(相手)との接し方やマナーによるものです。テレワークする時の3つの心得を紹介しますので参考にしてみてください。

言葉遣い

得意先(相手)は、仕事するために話しています。丁寧語や敬語をメインに相手と話すことを心がけましょう。

タメ口での対話では相手にとってマイナスイメージでしかありません。友達と対話しているのではないので止めておきましょう。

文章の書き方

友達とのメールのやり取りでもたまに、相手の文章にカチーンとしたことはありませんか?その事について問いただしてみると、特に相手を怒らせたりするつもりがなく「普通に文章を送ったつもりでした」ということありますよね。

同じ内容でも書き方によっては相手に不信感を抱くような文章になることもあります。

文字だけのやり取りは相手の顔色や声によるトーンが分かりにくい分、捉えるニュアンスが変わってしまいトラブルに発展しやすくなります。

メールのやり取りの場合は送る前に、再確認を何度かしてから送るようにしましょう。万が一相手に誤解を招いてしまう内容を送ってしまいトラブルに発展しそうな場合は、すぐに謝罪と誤解を解くことをオススメします。

モニター越しでの気遣い

モニターを通して離れた得意先(相手)の顔を見ながらの仕事のやり取りが多くなってきました。その中で気を付けないといけない事は服装などの身だしなみです。

自宅だからと言っても「仕事」です。モニターを通して相手に不快感を与えないように、服装や身だしなみはきちんとしておくことを心がけましょう。

空間の確保のところで紹介したように、私生活感を感じやすい洗濯物などは見えないように注意しましょう。仕事とは関係ないモノがモニター越しに映ると相手は気になります。

当たり前ですがテレワーク中の飲食は控えましょう。「ソシャク音」が不快に感じる事があります。このように自分中心で物事を考えず、相手の立場を考えながらテレワークしましょう。

テレワークを円滑に進める環境作りしよう

今回はテレワークを始める準備や、テレワークする上での心得について紹介しました。家族がいる場合は、場所の確保等が難しい場合もあります。少しでも円滑に進められるように家族で協力してみましょう。

パソコンやWi-Fiなどは会社からの支給や、設定方法のフォローがない場合は自分でなんとかしなくてはいけません。自分ではどうしても難しい場合は、パソコン設定やインターネット接続してくれる業者に依頼すると安心です。1つでもストレスを減らし、テレワークに取り組めるといいですね。

まとめ

  1. テレワークを始めるにはパソコンやインターネットの環境を整えよう
  2. テレワークする空間は家族で話し合いや協力して仕事に専念できるようにする
  3. テレワークは時間の管理や仕事する上でのマナーを身につけて円滑に進めよう

関連記事

パソコン設定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

パソコン設定ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったパソコン設定の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す