最終更新日:

切り株は放置せずに抜根しよう!切り株を抜根する方法と処分する方法

庭に切り株を放置すると見た目がスッキリしないだけでなく、ケガや害虫発生、近隣トラブルなどに発展する危険があります。また、再び伐採することになっては無駄ですよね。早めに抜根することをオススメします。今回は、切り株を抜根する方法や、処分する方法について紹介します。邪魔な切り株を取り去り、庭をスッキリさせましょう。

切り株は放置せずに抜根しよう!切り株を抜根する方法と処分する方法

切り株を放置すると害虫が発生する可能性が高い

切り株を放置すると害虫が発生する可能性が高い
切り株を放置すると害虫が発生する可能性が高い

木を伐採して残った切り株ですが、面倒だからとそのまま放置していると様々な問題が生じます。切り株を放置する5つのデメリットを紹介します。

見た目の悪さとケガの危険性がある

庭に切り株が残っていると邪魔になり庭がスッキリしません。また切り株に突っかかって転倒する危険性もあります。

隣の家に迷惑をかける可能性がある

切り株の根が生きていると根が伸びて隣家に迷惑をかけてしまう可能性もあります。特に竹には注意が必要です。竹は地上部を切っても根がどんどん伸びます。隣家に竹の根が侵入すれば隣家に多大な迷惑をかけてしまう可能性が高いです。

再び伐採が必要になる

切り株が生きているとやがて新しい枝が出て、再び成長することもあります。伐採したのにまた伐採しなければいけない羽目に合うと費用もかかります。

シロアリなどの害虫が発生する

切り株にはシロアリや、スズメバチなどの害虫が寄ってきやすくなります。シロアリは切り株だけではなく、家屋に浸入する可能性もあり、大切な住まいを食べられてしまう恐れがあります。また、スズメバチが切り株に巣を作るのも大変危険です。

地面に穴があく恐れがある

根が腐りはてるとやがて根を張っていた場所が空洞になります。切り株の周囲が崩れ、突然穴があく可能性があり危険です。

切り株を枯らして抜根する方法

切り株を枯らして抜根する方法
切り株を枯らして抜根する方法

道具が揃ったら、切り株の根を枯らして抜根しやすいようにしましょう。切り株の根を枯らすには約1ヶ月必要なので抜根と同時にできません。スケジュールを考えて作業を進めましょう。

切り株の根を枯らす方法

準備物

  • ドリル
  • 除草剤
  • スポイト
  • ビニール袋またはビニールシート
  • ガムテープ

手順

1

ドリルで切り株の側面に複数穴をあける

ドリルを使って切り株の中心ではなく、側面側に除草剤を注入する穴を複数あける。

2

スポイトを使って除草剤を注入する

スポイトを使ってドリルで開けた穴をたっぷり除草剤を注入する。

3

除草剤を注入した穴をガムテープでふさぐ

除草剤が雨で流されないように、除草剤を注入したらガムテープで穴をふさぐ。さらに切り株をビニール袋や、ビニールシートなどで覆い完了。

おすすめ

1ヶ月程放置したら、いよいよ切り株を抜根します。

準備物

  • スコップまたはシャベル
  • 剪定バサミ
  • のこぎり

手順

1

スコップやシャベルを使って掘り起こす

切り株の周りの土をスコップやシャベルで掘り起こし、切り株の大きさと根の広がりを確認する。

2

カッターや剪定バサミを使って細い根を切断す

カッターや剪定バサミなどを使って細い根から切断する。先に太い根から切断してしまうと、切り株が不安定になり作業しにくいので注意する。

3

のこぎり(電動のこぎり)で太い根を切断する

のこぎりで太い根を切断する。電動のこぎりを使う場合は必ずゴーグルを着用し、電動のこぎりの取り扱いは十分気を付ける。

4

切り株の下に生えている根を切断して抜き取る

切り株の下に生えている根を切断して、切り株を抜き抜く。切り株は思っているより重いので、腰を傷めないように気を付ける。複数人で作業することをオススメします。切り株には根がたくさんあり周囲の壁やコンクリートに入り込んでいることもあるため無理やり抜かないようにする。根を切断せずに無理やり抜くと、周囲の壁やコンクリートを破損してしまう可能性があります。

5

切り株を掘り起こした後の穴を埋める

切り株を掘り起こした後の穴を埋める。しばらくすると土がへこむことがあるので、土が平らになるまで定期的に土を補充する。

おすすめ

掘り起こした切り株は早めに処分する

掘り起こした切り株は早めに処分する
掘り起こした切り株は早めに処分する

切り株の抜根が完了して問題になるのが、掘り起こした「切り株」です。掘り起こした切り株をそのまま放置してしまうと、シロアリやスズメバチに狙われてしまいます。掘り起こした切り株は早く処分しましょう。

切り株の処分方法ですがノコギリなどで切り刻めれば燃えるゴミの日に出せます。大きさやルールなど、自治体により異なりますので確認しましょう。

大きな切り株を切り刻むのは、大変な作業になるため覚悟が必要です。切り株を切り刻めなくて、そのまま処分する場合は自治体のルールに従って粗大ごみ回収場へ持ち込みましょう。

大きな切り株をそのまま運び出すのも大変な作業です。切り株を乗せられる車が必要になり、複数人で作業する必要があります。無理して1人で作業すれば、腰を痛めてしまう恐れがあります。決して無理をせず困ったら業者に相談しましょう。

切り株の除去や処分を業者に依頼する料金

切り株の除去や処分を業者に依頼する料金
切り株の除去や処分を業者に依頼する料金

切り株を抜根する作業は深く土を掘り下げなければならないため大変な作業です。また、根を切断せずに無理やり切り株を引き抜けば、周囲の壁やコンクリートなどを破損する恐れがあります。壁やコンクリートが隣家のものだったら、近隣トラブルに発展してしまう可能性もあります。

掘り起こした切り株の処分するために切り株を切り刻むのは大変な作業ですが、大きく重い切り株をそのまま運ぶのも大変です。安心、安全に確実に切り株を処分するなら、やはり業者に依頼した方がいいかもしれませんね。

業者に依頼すれば、切り株の伐採はもちろん、掘り起こした切り株の処分も依頼できます。もちろん切り株の抜根だけでも依頼できますが、木を伐採する際は同時に切り株の抜根まで依頼するといいでしょう。

業者に抜根を依頼する料金相場は5,000円~程度で幹周りや高さによって金額が変わります。あくまで目安のためまずは業者に相談からはじめましょう。

切り株は放置せずに枯らして除去しよう

今回は切り株を放置するデメリットや、切り株を抜根する方法やについて紹介しました。

切り株は放置しない方がいいものの、自分で処分するとなると大変です。確実に切り株を処分するなら、やはり業者依頼した方がいいでしょう。専門業者は多く、業者により料金やサービス内容が異なります。業者選びは複数の業者を比較して決めることが重要です。

まとめ

  1. 切り株は放置するとケガや害虫、近隣トラブルの原因になる可能性がある
  2. 切り株の抜根は必ず枯らしてからしよう
  3. 切り株を抜根したら適切な方法で処分しよう
  4. 切り株の抜根や処分を1人でするのは大変です。不安な時は無理をせず業者に依頼する

庭木の伐採・抜根業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の伐採・抜根ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った庭木の伐採・抜根の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す