最終更新日:

シャワーカーテンの黒カビ汚れを掃除する方法と毎日のお手入れ予防法

お風呂のユニットバスには必要不可欠なのが、シャワーカーテンですよね?カビ臭さに気づいた時には、もう至る所に、黒いカビが発生している事が多いと思います。そこでシャワーカーテンのカビを落とす掃除方法と、カビの繁殖をおえる方法を紹介します。

シャワーカーテンの黒カビ汚れを掃除する方法と毎日のお手入れ予防法

毎日使っている、シャワーカーテンの掃除はしていますか?見落としがちな場所ですが掃除を怠ってしまった結果、カビだらけ…なんて人も多いんじゃないでしょうか。

お風呂を出る時にシャワーカーテンに触れてしまったら、きれいになった体にカビが触れることになります。想像すると、気持ち悪いですよね…。

今回は、シャワーカーテンを掃除する方法や、シャワーカーテンにカビが生えないように予防する方法について紹介します。

>>プロのお風呂(浴室)クリーニング業者の一覧

シャワーカーテンは黒カビ汚れがつきやすい

シャワーカーテンは黒カビ汚れがつきやすい

シャワーカーテンにカビが生えやすいのかについては、カビが生える条件について知る必要があります。カビの種類によって好む条件は異なりますが、浴室でよく見かける黒カビは、温度20~30℃、湿度70%以上の条件を好みます。ここに黒カビの栄養源があれば、黒カビが生えてしまいます。

次に、シャワーカーテンが置かれている環境は浴室なので、温度も湿気も黒カビにとって好条件が揃っています。

さらにシャワーカーテンは、身体を洗って汚れた泡や、ボディーソープ、シャンプーなどの石けんカスが飛び散りやすいです。人の皮脂や、石けんカスは黒カビの大好物です。

このため、シャワーカーテンはカビの格好の餌食になりやすいです。

シャワーカーテンのカビを取る時に必要な準備

シャワーカーテンのカビを取る時に必要な準備

健康被害をもたらすカビは、どうにかしなければいけませんね。そこで、さっそくカビを取りましょう。まずは、カビを取るのに必要な準備物を用意しましょう。

準備物

  • カビ取り用洗剤または、塩素系漂白剤
  • ビニール手袋
  • 片栗粉
  • ラップ
  • タオル

シャワーカーテンにカビ取り用洗剤や、塩素系漂白剤を使用するとまれに色落ちすることがあるため、シャワーカーテンの取扱方法をタグで確認しましょう。念のためカーテンの隅の目立たない所で試しましょう。

また、カビ取り用洗剤や、塩素系漂白剤は臭が強いので、作業中は窓を開けて換気することを忘れずにしましょう。

シャワーカーテンのカビ汚れを掃除する方法

シャワーカーテンのカビ汚れを掃除する方法

シャワーカーテンに直接カビ取り剤や、塩素系漂白剤をかけるだけでは、なかなかカビが取れません。なぜなら、カビ取り剤や塩素系漂白剤が流れてしまうからです。

そこで、カビにカビ取り剤や塩素系漂白剤を密着させるのがポイントです。

シャワーカーテンのカビをパックして取る掃除方法

1

塩素系漂白剤と片栗粉を使ってパックを作る

片栗粉と塩素系漂白剤を1:1の割合で合わせて、よくかき混ぜます。粘り気がでるまで混ぜる

2

お風呂のシャワーカーテンを外してパックする

シャワーカーテンをレールから外す。手順1で作ったパックを黒カビに直接塗る。乾燥すると片栗粉が固まってしまうので、ラップして乾かないようにする。20~30分放置する。

3

パップをはがして水道水でしっかり洗い流す

20~30分後ラップを剥がして水道水で洗い流して、カビが落ちているか確認する。お湯で流すと片栗粉が固まるので必ず水で流して完了。

シャワーカーテンのカビをつけ置きしてカビを取る方法

1

浴槽にシャワーカーテンが浸るくらいお湯をためる

浴槽にシャワーカーテンが浸るくらいのお湯をためる。カビ取り用洗剤を使用する場合は、シャワーカーテン一面に吹きつける。塩素系漂白剤を使用する場合は、水1Lに対し塩素系漂白剤10mlの割合で浴槽に入れて混ぜる。

2

お風呂のシャワーカーテンをつけ置きする

シャワーカーテンをレールから外し、浴槽の中につけ置きする。シャワーカーテンが浮きあがらないように、四隅をシャンプーボトルなどで押さえると効果的です。ついでにフックも一緒に入れて1時間程度つけ置きする。

3

つけ置きしたシャワーカーテンを洗い流す

ビニール手袋をはめて、浴槽からシャワーカーテンを取りだしビニール手袋をはめた手でこすり、その後シャワーで洗い流す。洗い流したあとは、レールに戻してしっかりと乾かす。シャワーカーテンをタオルで拭きとれば乾きが早まります。

【注意】
大理石の浴槽の場合は、塩素系漂白剤で浴槽を傷めことがあるので、必ず目立たない所で確認してから使用しましょう。

毎日のちょっとしたお手入れと予防方法

毎日のちょっとしたお手入れと予防方法

シャワーカーテンのカビを防ぐには、カビが好む環境を断つ事が重要になります。カビの栄養源を断ち、なるべく湿気を取り除くことが予防方法です。

準備物

  • 水切りワイパー
  • タオル

手順

1

入浴後はシャワーカーテンを水で洗い流す

入浴後はシャワーカーテンに付いた石鹸カスや、皮脂混じりの泡を洗い流す。カビの栄養源をシャワーカーテンに残さないようにします。シャワーカーテンを洗い流す時は、お湯ではなく水をかけるとより効果的です。シャワーカーテンの温度が下がりカビの適温でなくなります。

2

浴室の水分を水切りワイパーやタオルで拭き取る

シャワーカーテンを洗い流したあとは、水切りワイパーがあれば水切りワイパーで、水切りワイパーがなければタオルで水気をふき取る。シャワーカーテン同士がくっついていたり、浴槽にシャワーカーテンが接触していると、その部分だけ乾きづらくなってしまい、カビが生えやすくなるので、シャワーカーテンは必ず広げておく。

3

浴室は換気扇をまわしたり、窓を開けてしっかり換気する

浴室は換気扇をまわしたり、窓を開けたりしてしっかりと乾燥させ完了。

シャワーカーテンはもちろん、浴室内の湿度を下げるには、換気扇を常にまわしっぱなしにするのが理想的です。

また、天気がいい日は窓を開けて換気しましょう。

新しい防水シャワーカーテンに買い換える手もあり

新新しい防水シャワーカーテンに買い換える手もあり

あまりにもカビがひどい場合は、思い切ってシャワーカーテンを新調するのも有効手段です。シャワーカーテンは、それほど高価なものではありません。しょっちゅうでなければ、交換もアリでしょう。

ただ、シャワーカーテンが新しくなっても浴室内には、カビの菌が残っています。シャワーカーテンの掃除や予防策を怠れば、またすぐにカビが生えてしまいます。

シャワーカーテンの汚れが落ちないなら業者に依頼しよう!

今回は、シャワーカーテンを掃除する方法や、シャワーカーテンにカビが生えないように予防する方法について紹介しました。

もし、業者に依頼するのなら、自分に合った業者を選びたいものですよね?

ほっとラインでは、料金、サービス内容、口コミで複数の業者を比較してから予約できるので、いちいち各業者のホームページを見て回る面倒がなく、一括で業者比較ができてラクチンですよ。さらに予約前でも、不安なことを業者に相談できるので安心です。

まとめ

  1. シャワーカーテンのカビが生えやすい
  2. シャワーカーテンのカビ取りは塩素系漂白剤が効果的!使用するとまれに色落ちすることがあるので、表示を確認する
  3. お風呂のシャワーカーテンのカビは、パックするかつけ置きがオススメです
  4. シャワーカーテンにカビが生えないように予防しよう

お風呂クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

お風呂(浴室)クリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったお風呂(浴室)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す