【スマホスタンドの種類】スマホスタンドの種類や選び方をまとめて紹介

スマホ修理・バッテリー交換
更新

スマホスタンドを使えば、手が楽になるだけでなく、首や肩こりも軽減されます。また、動画を参考にしながら運動やメイク、料理など、さまざまな楽しみ方ができます。今回は、スマホスタンドの種類、選び方、おすすめの商品を紹介します。お家時間を充実させる参考にしてみて下さいね。

【スマホスタンドの種類】スマホスタンドの種類や選び方をまとめて紹介

長時間スマホで動画や写真などを見ていると、手がだんだん疲れて「辛くてもっていられなくなる…」という経験ありますよね?

スマートフォン自体は持った時は「重たい」という感じはあまりしませんが、ずっと手に持っていと、段々と重みを感じるようになります。

また、手の疲れだけでなく、首や肩こりの原因にもなります。

一旦スマホを持つのを辞めて、休憩するのが理想的かもしれませんが、どうしても見たい時もあるものです。

また、ヨガやメイク、料理などの動画を見ながら実践したい時もあると思います。

そんな時に役立つのが「スマホスタンド」です。

そこで今回は、スマホスタンドの種類や、スマホスタンドの選び方について紹介します。

>>プロのスマホ修理・バッテリー交換業者の一覧

【スマホスタンドの種類】スマホスタンドの種類と選び方

【スマホスタンドの種類】スマホスタンドの種類と選び方

スマホスタンドには「置き型スマホスタンド」と「アーム型スマホスタンド」の2種類あります。

たくさん販売されているスマホスタンドの中から、使いやすいもの選ぶにはどこを基準にすればいいのか迷いますね。

まずは、スマホの動画や写真などを見ている時の姿勢や状況を思い出してみましょう。

リビング、お風呂や洗面所、寝室など、自分が家のどこで主にスマホを長時間見ていて、どんな姿勢なのかをできるだけ詳細に思い浮かべてみて下さい。

スマホスタンドを選ぶポイントは、いかに楽な姿勢で見られるかが重要です。

不自然な姿勢で長時間いると、コリや体の歪みなどを招く原因となります。

【スマホスタンドの選び方】机やテーブルで使う場合

机やテーブルで使う時は、イスや座椅子に座っている状態がほとんどですよね。

そんな時は「置き型スマホスタンド」でも「アーム型スマホスタンド」どちらのタイプでも対応可能です。

ただ、前屈みになりすぎるなら「アーム型スマホスタンド」がオススメです。

【スマホスタンドの選び方】ベッドや床で寝転がって使う場合

ベットでスマホを見ている方には、「アーム型スマホスタンド」がオススメです。

ベットのフレームに取り付けておけば、どんな姿勢で見ても対応可能となります。

また、床などで寝転んでスマホを見ている方には「置き型スマホスタンド」がオススメです。

【スマホスタンドの特徴】置き型スマホスタンドの特徴

【スマホスタンドの特徴】置き型スマホスタンドの特徴

スマホスタンドで一番シンプルなスタンドといえば、置き型スマホスタンドではないでしょうか?

【スマホスタンドの特徴】置き型スマホスタンドのメリット

テーブルや床といった平面部分にスタンドを置いて、スマホの動画などを楽しむというシンプルなものです。

操作も簡単で、平面部分にスタンドを置いてからスマホを装着するだけです。

スタンドによっては、本体の台部分が回転や角度調整ができるものがあり、見やすい角度に調整ができてより動画などを楽しめます。

また、折り畳みができて持ち運びがしやすいタイプもあります。

【スマホスタンドの特徴】置き型スマホスタンドのデメリット

置き型スマホスタンドのデメリットは、置き型のため平面部分にしかおけないという事です。
設置場所が限られてしまいます。

また、角度調整もアーム型に比べて制限があり、置く場所によっては視聴しにくくストレスとして感じてしまうこともあります。

置き型スマホスタンドのおすすめ商品

スマホスタンドは、100均でも十分手に入ります。

とはいえ、1,000円~3,000円ほど出すとインテリアに馴染むものや、耐久性のあるものを購入できます。

  • Lomicallスマホスタンド…ホルダー角度調整可能、低価格
  • AKEIEスマホスタンド…完全折り畳み式でコンパクト、270℃角度調整可能
  • Nulaxyスマホスタンド…アルミ製で軽量&耐久性抜群、角度調整可能

【スマホスタンドの特徴】アーム型スマホスタンドの特徴

【スマホスタンドの特徴】アーム型スマホスタンドの特徴

【スマホスタンドの特徴】アーム型スマホスタンドのメリット

アーム型スマホスタンドは、固定部分がクリップタイプなどのモノに挟んで取り付けるというタイプがほとんどです。

よって、クリップが挟める場所なら何処にでも設置できます。

また、アーム部分は色んな角度に曲がり、スマホ取り付け部分は360℃回転できるモノがほとんどです。

ベットなどの縁に取り付けして、寝ながらスマホの動画などを見て楽しむるという素晴らしいアイテムといえるでしょう。

【スマホスタンドの特徴】アーム型スマホスタンドのデメリット

デメリットは、スマホの重量にアーム部分が耐えられずに、垂れ下がってしまうことがあります。

また、何度もアームを曲げすぎると劣化して、折れてしまうこともあります。

クリップ自体も何度も使用していると割れたり、クリップのバネが破損して挟めなくなります。

アーム型スマホスタンドのおすすめ商品

どの商品も角度を調節できて、自由度が広がります。

安定性や耐久性もよく考えられているスマホスタンドが出そろっています。

  • TOPOOMYスマホスタンド…360℃回転自由調節、角度調整可能
  • HANDICスマホスタンド…360℃自由回転
  • AKEIEのスマホスタンド…土台強化2段階調節、360℃回転可能

【スマホスタンドの特徴】車載のスマホスタンドの特徴

【スマホスタンドの特徴】車載のスマホスタンドの特徴

車での行き先を迷わずに運転できるように、スマホのナビ機能を使っている人も多いですよね。

そこで大活躍するのが、車載タイプのスマホスタンドです。

この車載タイプのスマホスタンドも色んな種類があるので、車の何処に設置するかもじっくり考えて選びましょう。

【スマホスタンドの特徴】スマホスタンドを取り付ける注意点

2019年12月より法改正で「ながらスマホ」運転や事故を起こした場合は、減点対象や罰金、または徴役刑といった罰則がかせられようになりました。

「ながらスマホ」とは、運転しながらスマホを操作または、画面を見る(よそ見)することで、運転の集中を妨げる行為することというのは皆さまご存知の通りですよね。

これによって、事故などのトラブルが発生しやすくなっています。

車載のスマホスタンドを設置することで、罰則の対象となる行為を促進してしまう恐れがある場合は、設置を再検討する必要があります。

「ちょっとくらい大丈夫だろう」と走行中に触ってしまう危険のある人は、設置しないのが得策です。

設置するのであれば「使う時は必ず停車」を徹底すると約束しましょう。

事故を起こしてからでは本当に遅いので、ここは自己管理が必要です。

車載のスマホスタンドのおすすめ商品

どのタイプも、車での使用に特化した作りになっています。

年々進化しているので、最新のものを確認してみて下さい。

  • DesertWestスマホスタンド…粘着ゲル吸盤、エアコン吹き出し口式兼用、360℃回転
  • Smart Tapスマホスタンド…伸縮アーム、粘着ゲル吸盤
  • jundaスマホスタンド…クリップ式着脱簡単、360℃回転

【スマホスタンド自作】自分専用スマホスタンドを自作

【スマホスタンド自作】自分専用スマホスタンドを自作

スマホスタンドは購入するしかないと思っていませんか?

実は、自分専用のスマホスタンドを手作りできます。

簡単なモノから凝ったモノと色々ありますが、すぐにできるスマホスタンドの作り方について紹介します。

用意するもの

必須
牛乳パックまたは、ティッシュペーパーやお菓子の箱
ハサミまたは、カッターナイフ
定規
鉛筆
あると便利
色ペンやシール、折り紙など
1

牛乳パックまたは、ティッシュペーパーやお菓子の箱を切る

牛乳パックまたは、ティッシュペーパーやお菓子の箱を必要な高さにカットして余分な部分を無くします。ハサミまたは、カッターナイフを使って、パックの底部分から8cm程度の高さで切ります。

2

ハサミまたは、カッターナイフを使って切れ目を入れる

側面の1面部分を底から1cm程度、底面と平行になるように横に切れ目をいれます。

3

切れ目を入れた面に合わせて左右の側面に切れ目を入れる

切れ目を入れた面に合わせて、左右の側面に2cm程度同じく切れ目に繋げて底面部分と平行に切れ目を入れます。

4

まだ切れ目を入れていない側面に向かってカットする

左右側面に2cm程度切れ目を入れた端から、最初に側面と平行になるように1面切れ目をいれた側面と、反対の何もまだ切れ目を入れていない側面に向かってカットします。この時に、8cm程度カットした天端に合うように斜めにカットしましょう。切れ目がすべて繋がると不必要な部分が取り除かれます。

5

不必要な部分を取り除いた底面の牛乳パックが残れば完成

不必要な部分を取り除いた底面の牛乳パックが残れば、自作スマホスタンドの完成です。

左右側面に2cmカットした部分にスマホを置くことで、斜めにカットした部分でスマホの画面が見やすく角度がついている状態となります。

キレイにカットしたい時は、定規と鉛筆などを使い、印を付けることでキレイに仕上がります。

またパックのままでもいいのですが、自分の好みに合わせて色を付けたりしてデコレーションしてみると、より自分だけのスマホスタンドの完成度が上がります。

スマホの画面の角度や高さ調整も、カットで調整できます。

自分に合う高さや角度を試行錯誤しながら、いくつか作ってみるのも楽しいかもしれません。

一度チャレンジしてみてはどうでしょうか?

スマホスタンドを使って快適にお家時間を楽しもう!

今回は、スマホスタンドの種類や、スマホスタンドの選び方について紹介しました。

長時間スマホを使っていると、自分で思っている以上に体に負担がかかります。

スマホスタンドがあれば、首や肩がこるのを軽減できますし、手の疲れも楽になります。

様々な種類のスマホスタンドの中から、自分好みのものを探してみて下さい。

また、手作りのスマホスタンドは、いくらでもアレンジできますので、お子さんと一緒に楽しみながら作ってみるのもいいですね。

まとめ

  1. スマホスタンドを使えば、手、首、肩の疲れが緩和できて、動画をもっと楽しめる
  2. スマホスタンドは、置き型とアーム型の2種類がある。自分の生活に合わせて選ぼう
  3. 車載タイプのスマホスタンドを使う際は、ながら運転にならないように注意しよう
  4. 手作りでオリジナルのスマホスタンドを作ってみよう

スマホ修理・バッテリー交換業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

スマホ修理・バッテリー交換をプロに依頼するなら

スマホ修理・バッテリー交換を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にスマホ修理・バッテリー交換の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる