【マッサージで肩こりを解消】自宅やオフィスでセルフマッサージをして肩こりを和らげる方法

簡単にできるセルフマッサージで肩こりをどうにか和らげたい!そんな方におすすめの方法をご紹介します。自宅やオフィスで簡単にできますので、なるべく継続して行ってみて下さい。今回は、セルフマッサージをして肩こりを解消する方法と気を付けたい注意点をご紹介します。

出張マッサージ
更新
【マッサージで肩こりを解消】自宅やオフィスでセルフマッサージをして肩こりを和らげる方法

辛い肩こりに悩まされている方は、特に寒い季節にはひどくなっているのではありませんか?

寒さのために猫背になったり体が堅くなり肩のあたりが、堅くはれていたりというような痛みに襲われます。

また季節が変わり暑い季節になっても部屋などの中では、クーラーなどで冷えるためにやはり肩こりには悩まされる日々となっていることでしょう。

肩こりは、リンパの流れや筋肉の硬さなどが関係しています。

整骨院やマッサージ店に通うのも良いですが、自分でもできるマッサージで肩の痛みを解消するのもおすすめです。

ただ、正しいマッサージの方法がわからないと返って悪化させることがありますので注意が必要です。

今回は、肩こりを解消する効果的なマッサージの仕方についてご紹介します。

>>プロの出張マッサージ業者の一覧

【マッサージで肩こりを解消】セルフリンパマッサージのやり方

【マッサージで肩こりを解消】セルフリンパマッサ-ジのやり方

辛い肩こりを自分でマッサージをして解消したいと考えている方は、たくさんいらっしゃると思います。

家事や仕事をしている時に手軽にマッサージができるとうれしいですね。

まずは、ご家庭でできるセルフリンパマッサージをご紹介します。

肩こりは、リンパの流れが滞っていることから起こる場合がありますので、リンパの流れを促すマッサージが有効です。

所要時間は、3分程度です。

1

【マッサージで肩こりを解消】セルフリンパマッサージの手順1

両手の指先を肩にのせます。
その状態で、前、後ろと10回程度ずつ回しましょう。

2

【マッサージで肩こりを解消】セルフリンパマッサージの手順2

左鎖骨にあるくぼみに右手の指の腹で優しくさすってください。
右の鎖骨のくぼみも同様にしてリンパを流します。
左右5回ずつ行ってください。
これにより全身のリンパの流れがよくなります。

3

【マッサージで肩こりを解消】セルフリンパマッサージの手順3

さらに左の鎖骨中央のくぼみに向かって、右手で左顎の辺りから手の平でさすります。
右側の鎖骨中央のくぼみにも同様に実施し、左右とも3回程度行います。

4

【マッサージで肩こりを解消】セルフリンパマッサージの手順4

同様の方向に、右手で首の左側の付け根から肩先の方向に手の平で円を描きながらさすり、肩先から鎖骨の中央部分に向かってリンパを流します。
左右3回ずつ行ってください。

5

【マッサージで肩こりを解消】セルフリンパマッサージの手順5

右手の平で左の脇の下にゆっくりと円を描くようにさすります。
右脇下も同様にして左右5回ずつ行いましょう。

6

【マッサージで肩こりを解消】セルフリンパマッサージの手順6

左の鎖骨下の部分を左脇の下の方向にさすって流し、右も同様に左右3回程度行います。

完了!

【マッサージで肩こりを解消】家庭やオフィスでできるマッサージのやり方

【マッサージで肩こりを解消】家庭やオフィスでできるマッサージのやり方

【マッサージで肩こりを解消】家庭でできるマッサージ

家庭で横になりながら、リラックスしてできる簡単なマッサージをご紹介します。

肩から背中からにかけてこわばっているような肩こりは、僧帽筋という首の後ろ部分から肩、背中の表面の筋肉が関係しています。

この筋肉の緊張をマッサージでほぐしたり温めたりすることで、肩こりが改善されます。

1

【マッサージで肩こりを解消】家庭でできるマッサージの手順1

手の甲の関節部分を拳にして仰向けに寝た状態で背骨の横にあてます。

2

【マッサージで肩こりを解消】家庭でできるマッサージの手順2

左右に体を振りながら拳に体重をかけて揉みほぐしていき、手の位置を腰の位置から肩の方へとあげていきます。

3

【マッサージで肩こりを解消】家庭でできるマッサージの手順3

拳でするのが難しい方は、テニスボール2個を靴下などに入れて行う方法もあります。
靴下の両端は結んで固定し、ボールが背中の両サイドにくるようにします。
腹筋をするように体を起こしながらボールを背骨の上から下の方へと移動させます。
体重をかけてぐりぐりと動かしてください。

完了!

【マッサージで肩こりを解消】会社などでのマッサージ

会社などでのデスクワークなどでも肩こりがつらい時がありますね。

そのような場合には、つぼ押しマッサージをおすすめします。

椅子に座ったままで、服装なども気にせずに気軽にできるので、お仕事の合間や出先でも行うことができますよ。

肩こりに効くつぼは、肩井、けんせいというものがあります。

位置は、首を曲げた時に大きく首の後ろ側に出る骨があり、その下のくぼみの部分から肩先の方のちょうど真ん中あたりとなります。

左右1カ所ずつあるのですが、正確に押すことは難しいので少し外れたとしても効果はあります。

1

【マッサージで肩こりを解消】会社などでのマッサージの手順1

押しやすい方の中指をつぼの位置にあてて、ぐりぐりと押しながら回します。
多少痛いけれど気持ちが良いという程度の押し方にしてください。

2

【マッサージで肩こりを解消】会社などでのマッサージの手順2

15秒程度押して、ゆるめるというものを10回程度行ないます。
1日に3回ほど実施してください。

完了!

【マッサージで肩こりを解消】マッサージをより効果的にするポイント

【マッサージで肩こりを解消】マッサージをより効果的にするポイント

よりマッサージ効果を上げるためには、マッサージ前後に体を温めた状態にすると効果的です。

家庭でするのであれば、お風呂の後やウォーキングなどの後にすると良いですね。

また、マッサージをする時にクリームやオイルなどを使用しましょう。

滑りがよくなり力が均等に入り、皮膚がこすれて肌を痛めるということも解消されます。

そして、水分をしっかりとると老廃物を流しやすくなります。

お茶やジュースなどではなく、常温の水がおすすめですが、寒い季節などでは白湯やハーブティーでもいいです。

食事は、栄養バランスを配慮して摂ってください。

ジャンクフードや脂肪の多い食べ物はなるべくやめて、野菜や果物、また肉や魚などのたんぱく質、炭水化物等でバランスのよい食事をしてください。

また日常生活の姿勢も意識して、背筋を伸ばすように気をつけてデスクワークなどでパソコン操作をする場合にも、下を向いた姿勢を長時間続けないようにしてください。

【マッサージで肩こりを解消】マッサージをする場合に注意すべき点

【マッサージで肩こりを解消】マッサ-ジをする場合に注意すべき点

自分でマッサージをする時は、いくつかのことに注意する必要があります。

以下を参考に、無理のない程度に行ってみて下さい。

【マッサージで肩こりを解消する時の注意点】体の症状を把握する

もしマッサ-ジをした時に次のような症状がある場合には、マッサージをすることで体に悪影響を及ぼすという場合がありますので注意してください。

心臓や腎臓疾患や低血圧、臓器移植をしている方や化学療法等の治療中、感染症や皮膚炎などで体調が悪い方などです。

また運動をすると肩が痛む、肩や首などを動かしていない時にも肩が痛い、手のしびれや麻痺がある、徐々に肩こりの症状などがひどくなっているという方も注意が必要です。

このような症状がある方は、重病が隠れているということがありますので整形外科などへ行き診察を受けてください。

また肩こりの痛みの症状が特にひどいという方は、整体やリラクゼーションサロンなどでプロの方に施術をしてもらうことをおすすめします。

【マッサージで肩こりを解消する時の注意点】マッサ-ジの力を入れ過ぎない

マッサージをする時には、強く揉みすぎたり押したり、叩いたりなどはしないようにしてください。

揉み過ぎると揉み返しが起き、体調が悪くなることがありますので、特に背中のマッサージの場合にはゆっくりと優しくしてください。

【マッサージで肩こりを解消する時の注意点】食事や飲酒の前後は実施しない

食事の前後にマッサージをすると、胃の消化のために必要となる血液がマッサージをした患部に回ることになり消化不良などを起こすことがあります。

マッサージの前後60分は、食事は空けることをおすすめします。

またお酒の場合は、アセトアルデヒドというアルコールが分解されて発生する有害物質が血流が良くなることで全身を巡るという可能性があります。

そのために悪酔いをすることがありますので注意してください。

【マッサージで肩こりを解消する時の注意点】体調に合わせて実施する

生理時の特に2、3日目は、経血量が多くなりますのでマッサージは避けその後に実施する場合にも肌荒れをしやすい状況ですのでマッサージクリームを使用してください。

また妊娠中は、肩井のつぼが子宮口を広げることがありますのでセルフマッサージは避けたほうが賢明です。

またマッサージ中に体調が悪くなったり、数日間マッサージを行っても改善が得られなかったりした場合も同じです。

【マッサージで肩こりを解消】プロが自宅に来てくれる出張マッサージについて

【マッサージで肩こりを解消】プロが自宅に来てくれる出張マッサージについて

なかなか肩こりが解消しない場合には、無理に自分で実施せずに一度プロのマッサージを受けることをおすすめします。

プロのマッサージを受けて気持ちがよくなると、副交感神経が優位になります。

そして副交感神経が優位になることで、リンパ管や血管が開きますのでそれらのめぐりが良くなり代謝もアップします。

またセルフマッサージとは異なり、プロにマッサージをされることで精神的にリラックスをして癒しの効果がより高まることもあります。

そして今後セルフマッサージを行う時に効果的なマッサージ方法が分かったり、ご自分に合うオイルなどについても分かったりしますので参考となります。

最近は、サロンに行かなくてもプロが自宅にきて施術してくれる出張マッサージというサービスもあります。

自宅や出張先に来てもらえるため、忙しい人にも人気です。

料金は1時間5,000円~10,000円が目安です。

業者によって異なりますので、口コミなどを比較してあなたにあうお店を見つけてみて下さいね。

マッサージで肩こりを解消して健康的な毎日を

今回は、肩こりを解消するためのセルフマッサージの方法や注意点などをご紹介しました。

ご家庭やオフィスなどで簡単に、短時間でできるので、ぜひ継続して行ってみてください。

ただ間違った方法でのマッサージをすると逆効果になることがありますので注意が必要です。

そして、時々プロの施術をうけて、適切なアドバイスを受けると肩こりが楽になり、効果的なセルフマッサージも身につきますよ。

少しでも肩こりを解消し、楽な身体で毎日をお過ごし下さい。

まとめ

  1. 肩こりを解消するセルフマッサージは意外と簡単に短時間でできる。継続して行ってみよう。
  2. 自分でマッサージをする時の注意点を理解して、無理のない範囲で行おう。
  3. セルフマッサージを続けても肩こりが改善しない、ひどくなる場合は、プロの施術を受けてみるのもおすすめ。

出張マッサージ業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張マッサージをプロに依頼するなら

出張マッサージを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張マッサージの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
13 投票, 平均点: 4.13

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事