【伸びすぎたヤシの木の管理】ヤシの木の伐採のポイント・注意点・業者の費用相場

大きくなりすぎたヤシの木は、伐採をする必要があります。放置していると、台風や地震などで倒れたり鳥の巣や害虫の対応が難しいなどのリスクがあるためです。今回は、ヤシの木の伐採について、ポイント・注意点・業者の費用相場などをまとめました。きちんと管理して大切に扱いましょう。

庭木の伐採・抜根
更新
【伸びすぎたヤシの木の管理】ヤシの木の伐採のポイント・注意点・業者の費用相場

南方の植物というイメージのあるヤシの木ですが、家庭でも植えて楽しんでいる方もいらっしゃいますね。

細長い幹の上部に鳥の羽のような葉がついている姿は、独特の魅力があります。

ただ存在感が大きいヤシの木は、その成長の程度にとっては管理が大変難しくなります。

今回は、ヤシの木の伐採方法や注意点などについてご紹介します。

>>プロの庭木の伐採・抜根業者の一覧

ヤシの木の特徴

ヤシの木の特徴

大きな葉が広がっている公共施設などに植えられているヤシの木は、ワシントンヤシというものでアメリカ原産のものとなります。

日本でよく植えられているヤシの種類には、シュロが多く日本原産のものとなります。

ワシントンヤシは、学校や病院などで見られることが多いのですが、会社などで植えている場合にもその施設のシンボル的なものとして配置されていることがあります。

記念樹として人々の思いや思い出となって親しまれている植物です。

一般の家庭で植えられているヤシ科のシュロは、比較的寒さにも強いので広い地域で日本の庭木として愛されています。

ヤシの木は、大きいものだと15m以上にも成長するものがあります。

そのため葉や花などが、かなりついた場合には木としての上部が重たくなりすぎるために強風や台風などで倒れてしまうという危険を伴います。

そして、60年ほどたつと20m以上の高さにまで育つ木もあり、成長が止まると葉が落ちてきたりする危険性もあります。

適切に伐採を行い、管理することが重要となります。

ヤシの木の伐採が必要な3つの理由

ヤシの木の伐採が必要な3つの理由

大きくなりすぎたヤシの木は、伐採を検討する必要があると説明しました。

高さがあるため、次のような3つの危険性が考えられます。

【ヤシの木の伐採が必要な理由】台風や強風で葉や枝が傷んだり倒れたりする

ヤシの木が大きく高く成長しすぎた場合には、強風や台風などの時に枝や葉が飛ばされたり木自体が倒れたりすることもあります。

公共施設や病院などでは、子ども達や患者の方などの身に危険が及ぶこともあります。

高い位置から飛んでくる葉や枝は、凶器に近い危険性があるともいえます。

【ヤシの木の伐採が必要な理由】鳥の巣などへの対応

ヤシの木の先端部分などに鳥が巣をつくってもかなり高い位置になりますので、取り除くのは困難です。

またなどがつく場合もありますが、同様に駆除をするのはかなり難しくなります。

というのも大きく成長したヤシの木の葉は、剪定をするにしても扱いにくいものだからです。

【ヤシの木の伐採が必要な理由】地震によっての倒壊

ヤシの木が地震によって倒れてしまうこともあり、大変に危険です。

ヤシの木を何本も連ねて植えている場合には、一気にドミノのように倒れることもあり、かなりの被害が想定されます。

伐採によってきちんと管理しておけば、このような被害も避けることができます。

ヤシの木の伐採に必要な準備と方法

ヤシの木の伐採に必要な準備と方法

伸びすぎたヤシの木は、剪定よりも伐採の方が良いことがわかりましたね。

ここでは、どのような方法で伐採をしたらいいのかをご紹介します。

用意するもの

必須
ロープ
斧や剪定用のハサミ
チェーンソー
長袖の上下
ヘルメット
軍手
すべりにくい靴

ヤシの木の伐採に必要な準備「ロープ」

高所での作業となりますので、木と身体や梯子などをしっかりとしたロープで括りつけます。

ヤシの木の伐採に必要な準備「斧や剪定用のハサミ」

葉や枝などは剪定用のハサミや鉈で切れるものは切り、幹などは斧で切ります。

切れ味がよく耐久性の面でも優れたもので、使用しやすいタイプを準備してください。

ヤシの木の伐採に必要な準備「チェーンソー」

ヤシの木のなかでもシュロの木は幹が硬く太いので、斧で切った後、皮を剥がしてチェーンソーで小さくカットして処分します。

ヤシの木の伐採に必要な準備「服装」

安全に作業をするために上下長袖の服で、帽子やヘルメット、手袋やすべりにくい靴などを装着しましょう。

ヤシの木を伐採する手順

1

ヤシの木を伐採する手順1

安全に作業するために上下長袖などの服装に着替え、高所作業のためヘルメットなどを着用してください。

2

ヤシの木を伐採する手順2

まず上部の葉や枝などを剪定します。
その後先端から約50cm~60cm程度の長さをカットしてください。
この時に切り倒す方向を決めて通行人やペットなどがいない場所に気をつけて作業をしましょう。

3

ヤシの木を伐採する手順3

切り倒す反対面にも幹に穴を開けてから、斧などで打ち続けて切り落とします。

4

ヤシの木を伐採する手順4

徐々に同様の長さでカットしていき、地面に倒しても安全な高さまで短くしたら切り倒します。

5

ヤシの木を伐採する手順5

切り落とした木は、小さくカットして処分してください。
伐採した木の毛などをはいで、チェーンソーなどで短くカットすることをおすすめします。

完了!

手順としては、このように複雑ではありませんが、高所での作業となるため、落下によるケガなどの注意が必要です。

その他、ヤシの木の伐採について注意する点を次でご紹介します。

ヤシの木の管理で知っておきたいポイントと注意点

ヤシの木の管理で知っておきたいポイントと注意点

ヤシの木の伐採方法をご紹介しましたが、素人が気軽に行うのは難しそうですよね。

ここで、ヤシの木の管理のポイントや注意点をご説明します。

ヤシの木の管理のポイントと注意点「斧などの使い方」

一般的な樹木を伐採する場合には、効率的に短時間で伐採するためにチェンソーを使用することが多いのです。

しかしヤシの木、特にシュロなどの伐採については斧を使用して伐採することをおすすめします。

それは、ヤシの木でもシュロの場合には特に幹の硬さや幹の毛のような繊維が関係するからです。

硬い幹は、まずノコギリの刃では切れません。

またチェンソーの場合には、シュロの毛の繊維に細かい刃が絡まってしまうためチェンソーをうまく動かすことができなかったり動かなくなったりしてしまいます。

その点斧であれば幹を打ち続けることで繊維も切ることができ、堅い幹も切り落とすことができます。

この作業は、かなり根気と労力が必要ですが、チェンソーよりも安全で効率的な伐採方法となります。

ヤシの木の管理のポイントと注意点「シュロの木の伐採と処理について」

シュロの木の伐採では幹に毛がかなり生えていますので、シュロの毛をめくるか取り除いてから作業をする必要があります。

鉈などを使用して毛をめくり、チェンソーなどで裁断するようにして処理します。

毛がある状態でチェンソーを使用すると、壊れたりうまく動かせずにケガをする恐れがありますので注意してください。

またシュロの木は、かなり樹高が高くなりますので作業をする場合にも危険です。

安全帯を木に括りつけ、それを腰にしっかりとつけて作業中の落下を防いでください。

シュロの木を倒す場合には、上に行くほど幹が太く重くなる植物ですので下の方の幹が細くてもかなり注意がいります。

伐採時の倒す方向をしっかりと決めて倒さないと建物や電線などに引っかかると大変危険です。

決めた方向に倒すための技術も重要となります。

ヤシの木の管理の伐採のポイントと注意点「隣家などへの配慮」

ヤシの木を伐採する場合には、ある程度の時間がどうしても必要となります。

またヤシの木の近くに電線や柱などがある所では、触れないように注意をして伐採を行なう必要があります。

どんなに注意をはらっても、思わぬことが起こり近隣トラブルにつながることもあります。

伐採を実施する前には、必ず近隣の方に知らせて了解をいただいておくと安心です。

ヤシの木の管理のポイントと注意点「怪我を細心の注意で避ける」

高所からの落下以外にも、怪我のリスクが考えられます。

作業中に気をつけていても剪定をした枝が、顔に落ちてきたり足元がふらつき木から落ちたりすることなどもあります。

予想できないことが起こりますので、さまざまな危険を事前に十分に想定して怪我を未然に防ぐことができるようにすることが重要です。

ヤシの木の管理のポイントと注意点「伐採した木の処分を確実に」

伐採した後の木の処理は、責任をもって処分しなければなりません。

木が大きく処分する量が多すぎる場合には、処理業者や自治体のクリーンセンターなどを活用するといいでしょう。

ヤシの木の伐採を業者依頼するといくら?

ヤシの木の伐採を業者依頼するといくら?

ヤシの木は、育っている環境などによって木の生育状況が様々で、伐採の方法も変わってきます。

また、慣れない高所の作業となりますので、ここまでご説明してきたとおり、かなり危険です。

そのため、専門の業者にまかせることをおすすめします。

経験豊富な造園業者なら、一般家庭の庭から大きな施設での伐採まで幅広く対応してもらえますよ。

費用面については、まず見積りを複数の業者から取ることをおすすめします。

業者にヤシの木の伐採を依頼した場合にかかる費用は

  • 作業費
  • 処分費
  • 出張費

などがかかります。

また、ヤシの木の高さや幹の太さ、伐採する本数や周りの環境などによって費用が異なります。

例えば伐採場所の近くに電柱や隣接する家などがあった場合には、作業に困難な面がでますので費用としては高くなることがあります。

業者によって異なりますが、1本5,000円程度からで条件によっては30,000円以上と高額になっていきます。

相見積もりで比較し、伐採の手順などについての説明や接客時の対応などから判断して業者を決定しましょう。

ヤシの木は的確に管理しよう

今回は、ヤシの木の伐採方法や注意事項についてご紹介しましたがいかがでしたか?

高さのあるヤシの木やシュロの木の伐採については、様々なリスクがあります。

専門の業者に依頼するのが安心です。

ヤシの木は、ご家庭や施設などのシンボルとして長年親しまれてきたものです。

大切に扱い感謝の気持ちを持って管理しましょう。

まとめ

  1. 伸びすぎたヤシの木は、剪定よりも伐採が必要。
  2. ヤシの木を伐採することで、台風や地震などによって倒れるなどの危険を避けることができる。
  3. ヤシの木の伐採は、素人には難しいため、専門業者に依頼しよう。

庭木の伐採・抜根業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の伐採・抜根をプロに依頼するなら

庭木の伐採・抜根を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に庭木の伐採・抜根の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
12 投票, 平均点: 4.10

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事