バリアフリーリフォーム(お風呂)
更新日:2020/03/18

バリアフリーのお風呂で安心!リフォームでバリアフリーのお風呂にする工事内容と費用相場

バリアフリーのお風呂で安心!リフォームでバリアフリーのお風呂にする工事内容と費用相場

高齢者や身体に障害のある方、その介護にあたる人にとって、バリアフリーのお風呂は安心な入浴タイムに欠かせません。転倒や死亡事故の防止、介助の負担軽減に役立つリフォームです。今回は、バリアフリーのお風呂について工事内容やポイント、費用相場と補助金制度をまとめました。

高齢者や身体に障害のある方、その介護にあたる人にとって、安全性で過ごしやすい住まいづくりが欠かせませんよね。

特にお風呂やトイレは、リフォームを検討する方も多い場所です。

自分で入ることができる方の転倒などによるケガを予防することはもちろん、介助する側の負担を減らす意味でも大切になります。

お風呂のリフォームの具体的な工事内容といえば、バリアフリーにしたり、手すりを取り付けることなどがあげられます。

今回は、お風呂のバリアフリー化について、必要性や工事の内容、費用の目安などをご紹介します。

我が家のお風呂もリフォームを検討する必要があると感じている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

>>プロのバリアフリーリフォーム(お風呂)業者の一覧

バリアフリーのお風呂とは?

バリアフリーのお風呂とは?

よく耳にする言葉ですが、そもそも『バリアフリー』とは何なのでしょうか?

バリアフリーとは、高齢者や身体障がい者などの方々が生活する上で

  • 生活に支障を伴う物理的な障壁を取り除く
  • または、回避などができるように支援する処置

を目的としています。

街中でも様々な場所で少しずつですが、バリアフリー化の活動が行われていますよね。

階段の横にスロープが設置されていたり、ノンステップバスなども見かけることもあるのではないでしょうか。

しかし、街の中でバリアフリー化ができてきていても、毎日生活をする自宅がバリアフリーになっていなくては過ごしづらいですよね。

また、家族が手助けできる範囲にも限界はあります。

そこで、自宅内でもできる範囲で『バリアフリー化』をすることが求められます。

お風呂やトイレは、一人で行ける人にとっても意外と危険が多い場所ですし、介助する側の負担も大きいので、この部分をリフォームによってバリアフリー化することで、毎日の暮らしがより安全で安心なものに変わります。

バリアフリーのお風呂にする必要性

バリアフリーのお風呂にする必要性

意外と危険が多いお風呂ですが、具体的にどの部分が問題なのか考えると、バリアフリー化の必要性が見えてきます。

バリアフリーのお風呂にする必要性「タイルにより滑る危険を回避する」

お風呂にも様々な形や種類がありますが、従来の戸建てなどのお風呂は基本的に床や壁は『タイル』という素材で仕上げています。

『タイル』はとてもスベりやすい上、お風呂場ということで水などが付着していると、よりスベりやすく危険な状態となります。

高齢者にとって、転倒による骨折などは避けたいケガのひとつといえるため、リフォームでこれを回避する必要性があります。

バリアフリーのお風呂にする必要性「段差や浴槽の高さにつまずくことを防止する」

出入り口は、洗面所からお風呂に入る時に水が洗面所に入らないように、『段差』を設けていることもあります。

最近の新築では、最初から段差がないことも多いですが、古い住宅の大半にはこの段差があるのではないでしょうか。

『段差』は、高齢者や身体に障がいのある方にとっては、大きな壁となります。

『段差』にツマズき、『タイル』でスベって転倒をしてしまい大ケガや、最悪の場合には頭などの打ち所が悪くて亡くなられたという事例もあります。

また、洗い場から浴槽に入る時の浴槽の高さも出入り口と同じく危険な箇所です。

浴槽の縁に足をとられて、転倒してしまい大ケガなどを負うことが考えられます。

介助する側にとっても、負担がかかる場所となるため、この部分をバリアフリー化することで、安全で少しでも楽に入浴ができるようになります。

バリアフリーのお風呂にするメリット&デメリット

バリアフリーのお風呂にするメリット&デメリット

お風呂をバリアフリー化する必要性やメリットはわかっても、デメリットについても考えておきたいですよね。

リフォームには、それなりの金額がかかるため、よく理解してしっかりと検討したいものです。

バリアフリーのお風呂にするメリット

バリアフリーにする最大のメリットは、何と言っても高齢者や身体に障害がある方々の支援や補助です。

特にお風呂はデリケートな部分でもあり、家族の方に手助けしてもらわなければならない場面でも『遠慮』してしまう事があると思います。

介護のレベルによりますが、可能な限り自分でお風呂に入れるようになるのがメリットの一ついえます。

お風呂にある『危険』な部分を少なくなれば、安心してお風呂を楽しむことができますね。

また、その手助けをする家族の『補助』としての役割もあります。

大人の体重を支えて介助する、しかも滑りやすかったり不自然な体勢で行うとなると、介助する側の負担も大きいため、バリアフリー化によって楽に手助けができるようになります。

バリアフリーのお風呂にするデメリット

最大のデメリットは、バリアフリーをする範囲によって工事が大きくなり、費用面で負担になりやすいということです。

お風呂に潜む危険な場所で紹介したように、段差を無くす工事やタイル素材を入れ換える工事などが必要となります。

業者によっても費用はさまざまですが、まとまった工事費が必要となるため、一歩前に踏み出すには難しい問題にはなります。

また、工事期間中はお風呂の使用ができなくなるので、その間の対応をどうするかも考えておかなくてはいけません。

近くにお風呂を借りられる親戚などがいない場合は、家族は銭湯に行く、高齢者・身体に障害のある方は訪問入浴やデイケアサービスの入浴などを利用するなど、できる限りの情報を収集する必要があります。

バリアフリーのお風呂にする工事内容とポイント

バリアフリーのお風呂にするメリット&デメリット

お風呂をバリアフリー化する際は、専門のリフォーム会社に相談して、工事の内容を決めます。

経験豊富な専門業者なら、どの部分をどのようにすれば良いのか、的確なアドバイスがもらえます。

ここでは、一般的に行われているお風呂のバリアフリー化の工事内容とポイントをご紹介します。

バリアフリーのお風呂にする工事内容とポイント【出入り口を変更】

出入り口は、段差をなくして一般的な開き戸や折れ戸よりも『引き戸』にします。

それによって、よりお風呂場に出入りがしやすくなり、更に危険度が低くなります。

バリアフリーのお風呂にする工事内容とポイント【浴槽の高さを変更】

洗い場から入る際の高さを低くし、浴槽の中にもう一段『ステップ』状のモノを設置することで浴槽の出入りの負担が軽減されます。

バリアフリーのお風呂にする工事内容とポイント【手すりの設置】

出入り口付近や浴槽に出入りする時に手をかけたい壁に手すりを設けることで、高齢者などが負担と感じる『しゃがむ(かがむ)』や『またぐ』などの行為の『補助』としての役割となります。

手すりの高さや位置は使用者により違いがあるので、リフォーム会社の担当者と一緒によく検討しましょう。

バリアフリーのお風呂にする工事内容とポイント【床の材質を変更】

タイルなどのスベりやすい素材からスベりにくい素材に変更することにより、危険回避となります。

バリアフリーのお風呂にする工事内容とポイント【浴室暖房の設置】

高齢者の方には、冬場などの気温変化に弱い方も多いです。

ヒートショックによる死亡を回避するためにも、浴室暖房を設置して急激な温度変化を避ける必要があります。

バリアフリーのお風呂にする工事費用の相場と補助制度

バリアフリーのお風呂にする工事費用の相場と補助制度ト

『バリアフリー化』において、やはり気になるのが費用の相場ではないでしょうか?

工事の範囲や業者によって費用もピンからキリまでありますが、おおまかな費用相場をご紹介します。

バリアフリーのお風呂にする工事費用の相場【部分工事の場合】

お風呂のバリアフリーリフォームは、部分的に可能な場合と、そうではない場合があります。

ご自宅のお風呂がどのようなタイプかをリフォーム会社に見てもらって、判断する必要があります。

ここでは、一般的な部分工事の費用目安を参考までにご紹介します。

バリアフリーのお風呂にする工事費用の相場【部分工事】

  • 段差をなくす・・・約5~7万円
  • ドアの交換・・・約6~20万円
  • 浴槽の交換・・・約50万円
  • 手すりの設置・・・約5万円
  • 床材の張替・・・約10~20万円
  • 浴室暖房の設置・・・約30~50万円

これに加え、浴槽内に手すりを追加する場合(~1万円)や、浴槽内に昇降リフトを追加する(~30万円)なども希望によってかかります。

バリアフリーのお風呂にする工事費用の相場【ユニットバスに交換する場合】

部分的な工事でバリアフリー化を図るよりも、最も適しているのがユニットバス全体を交換することです。

部分工事ができない場合や、中途半端な部分工事では、かえって費用が膨らむ場合もあるので、こちらの方が適していることもあります。

最近のユニットバスは、標準で高齢者に配慮した造りになっているので、色々オプションをつけなくても使いやすさを実感できるといえます。

ユニットバスのリフォーム費用の相場ですが、メーカーごとに商品ランクがあります。

約100万円~、ハイグレードな約200万円以上のタイプまであります。

100万円以内におさまるタイプでも十分満足できる場合もあるため、リフォーム会社と相談のうえ、予算内におさまるものを選びましょう。

また、業者によっては割引も行ってくれます。

値引き率は、約2~3割が相場ですので、見積もりの際に確認してみて下さいね。

バリアフリーのお風呂にするリフォームは補助金制度の利用が可能

工事における費用の相場を紹介しましたが、やはり大きな出費となり負担が大きくなるのも事実です。

しかし、そのような負担を少しでも軽減する『補助金制度』があります。

いくつかの種類や条件がありますが、適用されれば最大で9割と、とても大きな負担をしてもらえる場合もあります。

よく調べて、申請しましょう。

バリアフリーのお風呂にするリフォームは補助金制度の種類

  • 国の補助金制度
  • 自治体の補助金制度
  • 介護保険

国の補助金制度には

  • バリアフリーリフォーム
  • 省エネリフォーム
  • 長期優良住宅化リフォーム

と3つの制度があります。

それぞれ、対象者や工事の条件がことなるため、確認が必要です。

また、自治体の補助金制度は、行っていない都道府県もあるため、お住まいの自治体のホームページなどで確認してみて下さい。

介護保険の補助金を利用する場合は、工事条件などのほかに「要介護や要支援と認定された方がいる住宅」であることが加わります。

どの補助金制度も、必要条件や補助の内容、申請方法など最新の情報をインターネットや電話で調べたり、リフォーム会社の担当者に相談するなどして、申請漏れのないようにしましょう。

バリアフリーのお風呂で安心で快適な入浴を

今回は、お風呂のバリアフリー化についてご紹介しました。

興味はあっても、高額な費用が必要なため、諦めている・・・という方も多いかもしれません。

しかし、毎日のことですから、少しでも安全に快適に入浴したいし、させてあげたいですよね。

部分的なリフォームで解決する場合もありますし、大掛かりなリフォームの場合も、うまく補助金が利用できれば自己負担も減らすことが可能です。

リフォームは、専門的な知識が必要です。

あなたのわからないことや不安に親身になって考え、提案してくれる業者を見つけて、相談してみて下さいね。

まとめ

  1. お風呂のバリアフリー化で、高齢者や身体に障害がある方の支援・補助・危険の回避、介助する人の負担の軽減ができる
  2. お風呂のバリアフリーリフォームは、段差の解消・手すりの設置・床材の変更などが主なポイント
  3. お風呂のバリアフリーリフォームの費用相場を目安に、予算内で何が必要か検討しよう
  4. お風呂のバリアフリーリフォームは、条件があえば補助金制度が利用できる

バリアフリーリフォーム(お風呂)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

バリアフリーリフォームをプロに依頼するなら

バリアフリーリフォームを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にバリアフリーリフォームの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
13 投票, 平均点: 4.10

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください