【ブラインドを取り付け】窓にブラインドを取り付け方法と注意点を解説

窓にブラインドを取り付けるには、その窓に合うタイプを選ぶ必要があります。水回り、高所、窓が大きい場合など、使用する場所に適した種類を選ぶポイントを紹介します。また、自分でブラインドを取り付ける時に必要な道具や、採寸するコツについて紹介します。

ブラインド・ロールスクリーン取り付け
更新
【ブラインドを取り付け】窓にブラインドを取り付け方法と注意点を解説

西日がきついので「ブラインドを取り付けたい…」「おしゃれなブラインドに変えたい…」など悩んでいませんか?

ブラインドの取り付けに興味があっても、方法がわからなかったり、難しいイメージがあり、取りかかれないままになっていませんか?

ブラインドの種類や、形、取り付ける場所によって取り付ける方法が違いますが、自分でもできる作業です。

そこで今回は、ブラインドを選ぶ時のポイントや、自分でブラインドを取り付ける方法について紹介します。

>>プロのブラインド・ロールスクリーン取り付け業者の一覧

【ブラインドの取り付け】窓の採寸方法とポイントを知ろう!

【ブラインドの取り付け】窓の採寸方法とポイントを知ろう!

ブラインドを取り付けるには、まず窓のサイズを測ることから始めましょう。

採寸せずにブラインドを購入すると、窓のサイズに合わなかたり、最悪の場合取り付けできないこともあります。

【ブラインドの取り付け】窓の位置と高さを確認する!

サイズを測る前に、窓の位置や高さを確認しておきましょう。

例えば窓の位置が高い場合によくあるのが、ブラインドを操作する度に、脚立や台など使って操作する必要があります。

非常に面倒ですよね?

操作機器の長さを通常より長くすることで、脚立や台などを使わなくても操作できるようになります。

また、操作機器の設置場所が右側か左側のどちらかに選択できる場合も、窓の位置により邪魔にならず、操作しやすい側に取り付けることを考えましょう。

このような理由から、窓の位置や高さを確認して、ブラインドの取り付け方を考えましょう。

実際に窓の前に立って右左側のどちらが操作しやすいか、操作機器の高さがどの位置で届くのかを確認しましょう。

【ブラインドの取り付け】窓のサイズを測る!

窓のサイズを測る時は、ブラインドの種類によって測り方が違います。

  • 窓枠(木枠)内に納めて取り付けるブラインド
  • 窓枠(正面)または窓側壁に取り付けるブラインド

また、窓枠や窓側の壁に取り付けず、窓枠上部の天井に取り付ける場合も計り方が違います。

窓枠内にブラインドを取り付ける場合のサイズの測り方

  • 窓枠の高さと横幅、窓枠内側の寸法を採寸する
  • 横幅を1cm程度引いた寸法(1cm以下の数字は切り落とし)で購入すると窓枠内側にブラインドを取り付けやすい
  • そのままのサイズで購入すると操作機器が窓枠にあたったりすることがあるので注意する

窓枠(正面)や壁にブラインド取り付ける場合のサイズの測り方

  • 窓枠(木枠)の外側寸法を測る
  • 窓枠に取り付けず壁に取り付ける場合は、窓枠から取り付け位置までの高さを必ず足しておく
  • 窓枠(正面)及び壁に取り付ける場合のみ3cm~5cm程度長めにするとより、失敗の恐れがなくなる

正面に取り付ける場合は、内寸法でも取り付けが可能ですが、ブラインドと窓枠の隙間から光が漏れやすくなるので、外側の寸法で取り付けると光が漏れにくくなります。

また、この場合は横幅を1cm短くすることをしなくてもすみますが、窓が角(コーナー)にある場合は、壁に当たってしまうこともあるので短くすることをオススメします。

窓枠に取り付けず壁に取り付ける場合は、窓枠から取り付け位置までの高さを必ず足しておきましょう。

そうすることでブラインドの長さが足らないという失敗が防げます。

心配な方は、窓枠(正面)及び壁に取り付ける場合のみ、3cm~5cm程度長めにすると失敗の恐れがなくなります。

天井にブラインドを取り付ける場合のサイズの測り方

  • 窓枠の外側を必ず測る
  • 壁付けと同様に窓の上部と天井との距離(高さ)を測り、ブラインドの長さに足すと天井の寸法が分かる
  • 横幅はそのままでもいいが、角(コーナー)で邪魔にならないかを確認する
  • 天井取り付けの場合は、必ず操作機器の操作がしやすい高さを確認する

【ブラインドの取り付け】ブラインド取り付けに必要な道具

【ブラインドの取り付け】ブラインド取り付けに必要な道具

ブラインドを取り付けるために必要な道具をまとめて紹介します。

自宅にあるか確認してみて下さい。

用意するもの

必須
メジャー(スケール)
えんぴつ(シャープペンシル)
消ゴム
ドライバー(電動ドライバー)
脚立または、踏み台
下地探し機器
アンカー(後付け用補強材)
あると便利
レジャーシート

【ブラインドの取り付け】メジャー(スケール)

メジャー(スケール)は、ブラインドを採寸する時や、取り付ける位置を決める時に使用します。

【ブラインドの取り付け】えんぴつ(シャープペンシル)と消ゴム

えんぴつ(シャープペンシル)と消ゴムは、ブラインドの取り付け位置(ブラインド取り付けブラケット)に印をして、後で消す時に使います。

【ブラインドの取り付け】ドライバー(電動ドライバー)

手回しのドライバーがあれば十分ですが、電動ドライバーがあると楽に取り付けられます。

【ブラインドの取り付け】脚立または、踏み台

ブラインドの取り付け位置により高所での作業になります。

不安定な体制での作業は危険なので、脚立や少し大きめの踏み台などを使って作業すると、安全に取り付けられます。

【ブラインドの取り付け】下地探し機器

下地探し機器は少し特殊な道具で、壁や天井に取り付ける場合にブラインドを固定するために、下地が必要になります。

その下地を壁や天井の中から探すために必要な道具です。

下地探し機器は様々あり、針のようなモノを壁や天井に刺して下地を探すタイプやセンサーで探すタイプがあります。

安価なタイプは針で下地を探すタイプで針側に目盛りがついており、針の入り込みの違いで下地があるかと分かりやすいのでこちらのタイプがオススメです。

窓枠内または窓枠に取り付ける場合は、必要ありません。

【ブラインドの取り付け】アンカー(後付け用補強材)

壁や天井に万が一下地が見つからない場合は、補強材としてアンカーを取り付けてブラインドを取り付けましょう。

アンカー(補強材)も様々な種類がありますが、ドライバーを使って取り付けるタイプがお勧めです。

【ブラインドの取り付け】レジャーシート

作業中に回りを汚さないために、レジャーシートなどがあると後片付けも楽になります。

【ブラインドの取り付け】天井にブラインドを取り付ける方法

【ブラインドの取り付け】天井にブラインドを取り付ける方法

取り付け作業する前に、まずはわまりに荷物がないか確認しましょう。

不要なものを片付けて、作業場を広くあけておくと、安全で作業もしやすいです。

1

天井に仮でブラインドをあてて位置を確認する

天井に仮でブラインドをあてて、きちんと納まるかを確認します。えんぴつなどで仮位置決めをします。

2

スケールで測りながら正確な位置を決める

スケールで測りながら位置を修正し、正確な位置を決めます。

3

決めたブラインド位置に下地があるかを探す

決めた位置に下地があるかを探します。下地があればブラインドに付属しているブラケットをドライバーで取り付けてブラインドをブラケットに嵌め込むと取り付けが完了します。

4

ブラインドを上げ下げし動作確認する

ブラインドを上げ下げし、操作に支障がないかを確認します。回りの壁や窓枠に当たらないかも確認して完了。

天井に下地が見当たらない場合は、アンカーを取り付けてからブラケットを取り付けましょう。

天井にブラインドを取り付ける場合は、高所作業となります。

脚立や踏み台などを使用して作業をしますが、無理な体勢で作業しないように、くれぐれも気を付けて下さいね。

【ブラインドの取り付け】壁や窓枠にブラインドを取り付ける方法

【ブラインドの取り付け】壁や窓枠にブラインドを取り付ける方法

次は、ブラインドを壁や窓枠に取り付ける方法を紹介します。

この時も、天井の時と同様に作業する周辺を片付けて、スペースを広く確保してから取り付け作業しましょう。

【ブラインドの取り付け】窓枠(正面)にブラインドを取り付ける方法

1

窓枠(正面)に仮でブラインドをあてて位置を確認する

ブラインドを仮当てして位置を仮に決めます。スケールでブラインド取り付け位置の修正をしてえんぴつなどで印をしましょう。

2

窓枠(正面)にブラインドを取り付ける

えんぴつで印をした場所、にブラケットを取り付けてブラインドを嵌めます。

3

ブラインドを上げ下げし動作確認する

上げ下げなどの操作をして、使い勝手に不備がないかを確認して完了。

【ブラインドの取り付け】壁にブラインドを取り付ける方法

1

壁に仮でブラインドをあてて位置を確認する

取り付けたい場所にブラインドを仮当てして仮位置決めをします。

2

スケールで測りながら正確な位置を決める

スケールで修正して、えんぴつで印をしてからブラインドの取り付け範囲の壁に下地がないかを確認しましょう。

3

壁にブラインドを取り付ける

下地がない場合はアンカーを取り付けてからブラケットを取り付けます。その後、窓枠に取り付ける方法と同様に取り付けます。

4

ブラインドを上げ下げし動作確認する

上げ下げなどの操作をして、使い勝手に不備がないかを確認して完了。

窓枠や壁の位置により、脚立や踏み台などを使用した高所作業になる場合は、無理な体勢での作業をしないようにしましょう。

転落して怪我などの恐れがあるので、注意しましょう。

【ブラインドの取り付け】ブラインドを選ぶ3つのポイント

【ブラインドの取り付け】ブラインドを選ぶ3つのポイント

ブラインドには、様々な種類があります。
取り付ける場所によって、選び方にポイントがあります。

購入してから「失敗した…」と思っても返品がきかなかったりすると困りますよね?

ブラインドを取り付けたい場所にどのタイプが合うか、よく考えて購入しましょう。

【ブラインドの取り付け】水廻りに取り付ける場合の選び方

水気が多い場所に取り付けるブラインドは、サビに強い材質のブラインドを選びましょう。

そうしないとすぐにサビてしまい、故障の原因となります。

【ブラインドの取り付け】高所にある窓に取り付ける場合の選び方

ブラインドを取り付けても、あまりに高すぎて操作ができないのでは意味がありません。

その場合は、操作機器を手の届く場所まで下ろす必要があります。

これは「特注品扱い」になるので、製作時に必ず操作機器の長さなどを伝えて製作してもらいましょう。

【ブラインドの取り付け】窓のサイズが大きい場合の選び方

ブラインドの大きさには制限があります。

特に横幅は、ある一定の大きさまでしか製作できないことがあります。

それ以上の大きさがある窓にブラインドを取り付ける場合は、ブラインドを1台のところを、2台にして窓のサイズの合わせましょう。

しかし、2台を連結する場合は、ブラインド同士の間に1cm~2cm程度の隙間が製品上隙間ができてしまいます。

隙間があると光が漏れたり、中を見られてしまう恐れがあります。

引き違いの窓などの場合は、中桟(サッシ同士のフレームが重なった部分)にブラインドのジョイントがくる状態にすれば、隙間からの光のもれが中桟によって最小限におさえられます。

また、ブラインド1台に1つの操作機器がつくので、操作機器がお互い窓の真ん中にならないように操作位置にも注意が必要になります。

ブラインドの取り付けでわからないことは業者に相談しよう!

今回は、ブラインドを選ぶ時のポイントや、自分でブラインドを取り付ける方法について紹介しました。

ブラインドの取り付けは自分でできますが、DIYが好きな方でなければ採寸など難しいかもしれません。

自信がない方は、業者に依頼しましょう。

業者に依頼するば、取り付けたい窓に合うブラインドのタイプをプロ目線で教えてもらえますし、採寸も取り付けもあっという間です。

当然ですが、失敗することがないので安心ですね。

まとめ

  1. ブラインドの取り付けは、窓の位置や高さを確認し、しっかり採寸をしてから、購入するブラインドの種類を検討する
  2. 数あるブラインドの種類の中で、取り付けたい場所に合うものを選ぶことが大切。(特に水回り、高所、大きな窓の場合)
  3. ブラインドの取り付けはDIYでも可能。必要な道具と手順、取り扱い説明書を参考にしよう

ブラインド・ロールスクリーン取り付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ブラインド・ロールスクリーン取り付けをプロに依頼するなら

ブラインド・ロールスクリーン取り付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にブラインド・ロールスクリーン取り付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
36 投票, 平均点: 4.68

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください