【パソコンケースの処分】知らないと損するパソコンケースの処分方法

パソコンケースを処分するには、自治体に依頼する、自治会の粗大ごみイベントに持ち込む、業者に依頼する、ネットやスマホアプリで売るという4つの方法があります。違いをよく知って、自分に合う方法を選びましょう。今回は、パソコンケースを処分する方法について紹介します。

不用品回収
更新
【パソコンケースの処分】知らないと損するパソコンケースの処分方法

古くなり要らなくなったパソコンケースを処分したいけど、どうすればいいのかわからず困っていませんか?

ちょっとしたことですが、処分品を放置していると部屋がスッキリしなくて嫌ですよね。

パソコンケースを処分する方法は1つではありません。

処分方法による違いを知り、自分にあった方法が見つかればスムーズにいくかもしれません。

そこで今回は、パソコンケースの種類や、パソコンケースを処分する4つの方法について紹介します。

>>プロの(パソコンケースの処分)不用品回収業者の一覧

【パソコンケースの処分】パソコンケースの種類を知ろう!

【パソコンケースの処分】パソコンケースの種類を知ろう!

パソコンケースには、2種類あることを知っていますか?

ケースの違いにより処分方法も変わるため、まずは2種類のパソコンケースの違いについて紹介します。

【パソコンケースの処分】パソコン機器自体のケース

パソコンには大きく分けてデスクトップとノートパソコンの2種類のタイプがあります。

そのどちらもパソコン機器(ハードディスクなど)をホコリや衝撃など、その他パソコンを使用する時の効率目的に機器を被うように外側にカバーしています。

この部分を「パソコンケース」と呼ぶことがあります。

ケースの素材にはスチールや、樹脂などが使われていることがあります。

【パソコンケースの処分】パソコンを収納するためのケース

主にノートパソコンの持ち運びを目的とした役割のものです。

衝撃等から守るために、ノートパソコンをケースに入れて持ち運びするためのカバンのような形が多く用いられています。

ポリエステル素材や、アルミ素材など様々な素材でケースを作っていることがあります。

また、カバンタイプ以外でもデスクトップや、ノートパソコンを普段使用しない時に、大切なパソコンを守るために箱の用な収納ケースに入れて保管するタイプもあります。

【パソコンケースの処分】処分する前に確認する2つの事

【パソコンケースの処分】処分する前に確認する2つの事

パソコン本体ケースと、パソコンを収納するケース、どちらを処分するにしても必ず確認して欲しいことがあります。

確認する2つの注意点について紹介します。

【パソコンケースの処分】パソコン本体ケースの場合

パソコン本体ケースは、ケースの中に大切なデータなどが保存されています。

ケースだけを処分する場合は、中にある機器を忘れずに全部取り除きましょう。

また、パソコンの中身と一緒にケースの処分を考えている方は、パソコンに保存した写真などの個人情報データを別の場所に移し替え(バックアップ)して、処分する方のデータを必ず全部削除しましょう。

データを削除することで、大切な個人情報などデータを悪用されないように未然に防げます。

これはデスクトップタイプと、ノートパソコンタイプのどちらもしておきましょう。

データの移し替え(バックアップ)や、いらないデータ削除の方法がわからない方は、専門の業者に依頼することも可能です。

【パソコンケースの処分】パソコンを収納するケースの場合

パソコン本体と違い大切なデータの移し替えなどは必要ありません。

ただ、ケースにも中に大切なものを入れたままにして、そのまま処分してしまい後悔してしまうこともあります。

処分前にケースの中身をひとつひとつ確認しておくのも大切な作業です。

【パソコンケースの処分】自治体のごみの日に処分する方法

【パソコンケースの処分】自治体のごみの日に処分する方法

パソコンを持ち運びするカバンタイプのケースは、カバンと同じ処分方法で捨てられます。

市のごみ分別方法と、出せる曜日を調べて処分しましょう。

パソコン本体のケースを処分したい場合は、普段のゴミ出しとは方法が異なります。

2つの方法を紹介します。

【パソコンケースの処分】自治体が登録している処分業者に依頼する!

各地域によって自治体に登録している処分業者の数に違いはありますが、自治体に相談することにより、登録している処分業者に処分してもらえます。

自分で業者を調べる手間が省けることや、安心感があるのがメリットです。

【パソコンケースの処分】自治体が開催している粗大ごみ回収に出す!

自治体が年に数回程度、地域住民と「粗大ゴミ回収」のイベントを開催している場合は、該当する自治会に参加していれば、そこにパソコンケースを持ち込んで処分してもらえます。

地域によりますが、自治会の会費を払っていれば、処分費の支払いをしなくてもいい場合があります。

「粗大ゴミ回収」のイベントも地域により年間回数が違うので、参加費などと合わせて事前に調べておくといいでしょう。

【パソコンケースの処分】専門業者に処分を依頼する方法

【パソコンケースの処分】専門業者に処分を依頼する方法

自治体で処分するよりも費用はかかりますが、専門業者に依頼すれば、自分の好きな日程で処分できます。

専門業者にパソコンケースの処分を依頼する場合は、店舗に持ち込むと自宅まで引き取りにきてもらう方法があります。

持ち込みの場合は処分費のみ必要ですが、自宅まで引き取りに来てもらう場合は「出張費」が「処分費」にプラされます。

パソコンケースと一緒に処分したいものがたくさんあって持ち運べない時や、そこまで持っていく手段がない場合は、引き取りに来てもらうのもいいかもしれません。

専門業者によって、処分方法や費用に違いがあります。

  • 不用品全般を処分できる業者
  • パソコンに関する専門業者
  • アウトレットを取り扱う専門業者

どの業者が自分にあっているかホームページを見たり、メールで問い合わせてみたりして検討しましょう。

パソコン本体ケースの処分の場合は、パソコンに関する業者に処分依頼するれば、データの削除なども一緒に依頼できるので便利です。

アウトレット業者に依頼する場合は、場合によっては買い取り金として処分費を浮かせられる場合があります。

【パソコンケースの処分】インターネットやアプリで売る!

【パソコンケースの処分】インターネットやアプリで売る!

自治体や専門業者に依頼してパソコンケースを処分する以外に、もう1つ方法があります。

それは、インターネットやスマホアプリを使って売る方法です。

パソコンケースの状態がいい場合に限りますが、うまくいくと専門業者の買い取りよりも高く売れる場合もあります。

同じようなサイトは色々とあるので、どのサイトが分かりやすく良心的なサイトかをじっくりと見極めて選びましょう。

出品するサイトを決めたら、商品の状態がよくわかる写真を数枚撮影して出品します。

簡単な説明などをきちんと掲載するとより、見てもらいやすくなります。

どの部分にどのような傷や汚れがあるのかを説明しておくと、あとあとのトラブルの軽減にもなります。

購入者が決まったら、迅速にメッセージのやり取りして発送します。

少し手間はかかりますが、費用を浮かせたいならやってみる価値はあるでしょう。

パソコンケースの処分は専門業者に依頼すれば楽々解決する!

今回は、パソコンケースの種類や、パソコンケースを処分する4つの方法について紹介しました。

カバンなら簡単に処分できますが、パソコン本体のケースの場合はきちんとした方法を知らなくてはいけません。

ご紹介した4つの方法の中で、あなたが一番いいと思った方法を選んでみて下さい。

仕事、家事、育児、介護などで忙しい人は、不用品回収業者に依頼すると安心ですね。

お家の中の不用品をまとめて処分して、快適な住まいでお過ごしください。

まとめ

  1. パソコンケースには、パソコン本体のケースと持ち運ぶためのケースの2種類がある
  2. パソコンケースを処分する前に確認することをしっかりチェックしよう
  3. パソコン本体のケースの処分方法は全部で4つある。自分にあった方法を選ぼう

プロの不用品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収をプロに依頼するなら

不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に不用品回収の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
14 投票, 平均点: 4.16

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事