【エアコンの室外機】効きが悪いのはエアコンの室外機が原因かも!?

エアコンの室外機が原因で、冷暖房の効きが悪くなることがあるのをご存知ですか?エアコンの室外機は、日陰に設置したり日除けを使用し、吹き出し口を塞がないことが大切です。それにより、効率よく部屋の中の温度を調節できて、節電にも役立ちます。

エアコンクリーニング
更新
【エアコンの室外機】効きが悪いのはエアコンの室外機が原因かも!?

「冷房」「暖房」「除湿」など、エアコンは季節問わず活躍しますよね?

しかし「最近エアコンの効きが悪い…」同じように使っているのに「電気代が上がった…」と感じていませんか?

エアコンの効きが悪いのは、もしかしたら室外機が原因かもしれません。

室外機が原因であれば、室外機周りの環境を整えるとエアコンの効きがよくなったり、節電効果を感じられますよ。

そこで今回は、エアコンの室外機の役割や、室外機を掃除する方法について紹介します。

エアコンを効率的に使えるようにして、暑い夏や寒い冬を快適に過ごしましょう。

>>プロのエアコンクリーニング業者の一覧

【エアコンの室外機】エアコンの仕組みについて知ろう!

【エアコンの室外機】エアコンの仕組みについて知ろう!

そもそもエアコンが部屋を冷やしたり、暖めたりする仕組みは、どのようになっているのでしょうか?

エアコンを使って部屋を冷やす場合は、部屋の熱い空気を室外機から出し、室内に冷たい空気を入れます。

部屋を温かくしたい場合は、その逆で冷たい空気を室外機から出し、室内に暖かい空気を入れます。

このようにして、エアコンは部屋を冷やしたり暖めたりしています。

夏の時期に室外機が熱くなってしまうと、熱い空気の放出が効率的に行われなくなり、エアコンの効率が下がります。

また、冬の時期に雪や荷物などで室外機が覆われてしまっても、エアコンの効率が下がります。

このようなことからエアコンの効きが悪いのは「実は室外機が原因だった!」という場合があります。

エアコンの効きが悪い原因は、室内機が汚れているせいだと思われやすいですが、必ずしもそうではありません。

エアコンを効率よく使うためには、できるだけ室外機とその周辺の環境も整えることが大切です。

【エアコンの室外機】効きをよくするため直射日光を遮る!

【エアコンの室外機】効きをよくするため直射日光を遮る!

室外機に強い日差しが当たると、夏は特にエアコンの効率が下がります。

エアコンの効きをよくするためには、まず直射日光を遮ることがポイントです。

【エアコンの室外機】日陰に設置する!

室外機は、日陰に設置するようにしましょう。

それが難しい場合は、室外機から1m以上離れた場所に植木を植えたり、すだれなどを立てかけたりして日陰を作るのも1つの方法です。

ツルのある植物(朝顔、ヘチマ、ゴーヤなど)で緑のカーテンを作るのもいいですね。

吹き出し口は絶対に塞がないように注意しましょう。

誤って塞いでしまうと逆に冷房や、暖房の効きが悪くなってしまいます。

【エアコンの室外機】日除けを使用する!

メーカーによっては、別売部品に日除けがあります。

専用の日除けを使うのが1番簡単なので、手軽に日除けを準備したい方はそちらを使用するといいでしょう。

あまり費用をかけたくない場合は、自分で日除けを作る方法もあります。

インターネットに色々な作り方が載っているので、それらを参考にするといいですね。

しかし、自作の場合は何かトラブルがあっても保証がないので注意が必要です。

【エアコンの室外機】室外機の吹き出し口は塞がない!

【エアコンの室外機】室外機の吹き出し口は塞がない!

エアコンの効きをよくするには、室外機の吹き出し口を塞がないことが大切です。

吹き出し口を塞いでしまうと、部屋の空気を上手くだせずに冷房や、暖房効果を下げる原因になってしまいます。

室外機周辺はスペースを空けて、空気がスムーズに循環できるような環境を作ってあげるといいでしょう。

どうしても物を置かなければいけない場合は、室外機から40cm以上、少なくても30cm以上は離して置くようにしてください。

そのくらいのスペースがあれば、空気の循環の邪魔になりません。

周りに物を置かない方がエアコンの効きがよくなるのは確かなので、室外機周辺には極力物を置かないようにすることをオススメします。

室外機の上に物を置くのもNGです。

振動による異常音発生の原因になったり、錆びや汚れの原因になったりします。

故障などのトラブルを防ぐためにも、室外機の上にも物を置かないようにしましょう。

【エアコンの室外機】効きをよくするため掃除する方法

【エアコンの室外機】効きをよくするため掃除する方法

室外機は屋外に設置するものなので、基本的に汚れには強いです。

そのため年に1~2回掃除すれば十分でしょう。

冷房や暖房をよく使う時期の前に、掃除するのがオススメです。

用意するもの

必須
軍手
ほうき
掃除機
古歯ブラシ
割りばしまたは、針金
1

軍手をはめてから室外機のコンセントを抜く

掃除する前に室外機のコンセントを抜いて、怪我しないために軍手を装着する。

2

ほうきを使って室外機の表側のゴミを取る

室外機に枯葉やゴミ、蜘蛛の巣がついていることがあるので、まずはほうきで軽くくかいておく。

3

掃除機を使って室外機の表側に汚れを吸い取る

室外機の内側に入ったゴミなどは、掃除機で吸い取る。

4

掃除機を使って室外機の裏側も汚れを吸い取る

掃除機にブラシをつけて、室外機の裏側を掃除する。室外機の裏側には薄い金属板が集まっている「熱交換器(フィン)」があります。この部分は手で簡単に曲げられるほど、弱い部分です。掃除機のブラシ部分だけが当たるようにしましょう。

5

古歯ブラシを使って室外機の裏側の汚れをこすり洗いする

室外機に掃除機をかけた後は、細かい部分の汚れを古歯ブラシで掃除する。熱交換器を曲げないように慎重にする。

6

割りばしまたは、針金を使って室外機の水抜き穴を掃除する

室外機の下の部分には、暖房を使った時に発生する水を排出する水抜き穴がついています。割りばしまたは、針金を使ってゴミを取って完了。
水抜き穴が詰まって内部に水がたまると、故障の原因になることもあります。

室外機の掃除は、家にある道具でできます。

しかし、室外機の奥にゴミが入り込んでしまった時は、無理しない方がいいでしょう。

室外機を分解する必要がある時には、専門の業者に相談するのがオススメです。

【エアコンの室外機】室外機を使う3つの注意点がある!

【エアコンの室外機】室外機を使う3つの注意点がある!

【エアコンの室外機】室外機が倒れている時は自分で動かさない!

台風や強風などで室外機が倒れてしまうこともあります。

そんな時は、すぐに元の位置に戻したくなると思いますが、自分で室外機を動かすのは危険です。

強引に室外機を動かしてしまうと、本体と管のつなぎ目に亀裂が入ったり、歪んだりしてガス漏れする可能性があります。

室外機が倒れて困った時は、専門業者などに相談、依頼するようにしましょう。

正しい方法で室外機を動かしてもらえるので、ガス漏れなどのトラブルの心配がありません。

【エアコンの室外機】室外機にカバーをつけないようにする!

最近は室外機のカバーもおしゃれなものが多く、景観をよくしてくれるグッズとして人気があります。

しかし、室外機のカバーはエアコン使用中の時だけでも外すようにしましょう。

室外機にカバーがついていると空気の循環がスムーズにできず、余計な電気代がかかってしまいます。

また、エアコンの効きも悪くなってしまうので、カバーはエアコンを使わない時期に使用するといいでしょう。

【エアコンの室外機】高圧洗浄機を使って室外機を掃除しない!

室外機は自然の雨風に耐えられる作りになっているため、徹底的に掃除する必要はありません。

高圧洗浄機など強い洗浄力がある道具を使って掃除すると、故障の恐れがあるのでやめましょう。

室外機自体の掃除はあまりする必要がないので、室外機周りを掃除するようにしましょう。

室外機周辺に落ち葉やホコリがたまらないようにすることで、エアコンの効きが悪くなるのを防げます。

エアコンの室外機についてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、エアコンの仕組みや、エアコンの効きをよくするポイントや、室外機を使う注意点について紹介しました。

しかし、室外機の環境を整えても、エアコンの効きがよくならない場合もあると思います。

そんな時は、専門業者に掃除を依頼するといいでしょう。

専門業者はその道のプロなので、エアコンの効率がアップするように室外機や室内機を徹底的に掃除してくれます。

また、掃除の準備から後片付けまで全てしてもらえるので、仕事や家事などで忙しい方には助かりますよね。

まとめ

  1. エアコンの効きが悪いのにはいくつかの原因がある。室外機も大きく影響している
  2. エアコンの室外機は、日陰に設置、日除けを使用する、吹き出し口は塞がないようにする
  3. エアコンの室外機を使う際の注意点を理解して、適切に管理しよう

関連記事

エアコンクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングをプロに依頼するなら

エアコンクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエアコンクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、 住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、 まいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事