【コマンドプロンプト】便利なWindows10のコマンドプロンプトの使い方

コマンドプロンプトとは、Windowsの操作や設定などに使うツールです。高度な設定やプログラミングをするのに使うため、普通のPC作業では使うことがありません。とても難しそうに思えまずが、知っておくととても便利です。今回は、初心者でも活用できるコマンドプロンプトの使い方について紹介します。

パソコン設定
更新
【コマンドプロンプト】便利なWindows10のコマンドプロンプトの使い方

突然ですが「コマンドプロンプト」という言葉を聞いたおとはありますか?

日常的にパソコンを使う人でも初耳だったり、一体どんな時に使うのかわからない方も多いかもしれません。

コマンドプロンプトは、パソコンのWindows上のアイテムで何か命令をする時に使用するツールです。

高度な設定をしたり、プログラミングをする時に使用します。

そこで今回は、コマンドプロンプトの特徴や、コマンドプロンプトを使う方法について紹介します。

>>プロのパソコン設定業者の一覧

【コマンドプロンプトの特徴】コマンドプロンプトの特徴を知ろう!

【コマンドプロンプトの特徴】コマンドプロンプトの特徴を知ろう!

コマンドプロンプトは、コマンドというPC用の言語のようなものを用いて、Windowsの操作や設定をすることです。

分かりにくいかもしれませんが、一般的に行なっているマウスやトラックパッドを使用して操作するのとは違う方法です。

キーボードでコマンドと呼ばれるPC用の言語のようなもので、命令文を入力することによって操作が可能となるツールです。

普通の画面とは異なり真っ黒の画面に文字や数字、記号列などを並べることで命令文を作成します。

ドラマや映画でそういったシーンを見かけたことがありませんか?

コマンドプロンプトは、Windowsを入れたパソコンがあれば使用できますが、一般的にはほとんど利用することはありません。

しかし、プログラミングや、高度な設定をする時に使用します。

プログラミングの仕事などに関係した職業に従事したい時は、どうしても必要な作業となります。

Macでのターミナルとほぼ同じものになります。

【コマンドプロンプトの使い方】コマンドプロンプトを起動する方法

【コマンドプロンプトの使い方】コマンドプロンプトを起動する方法

コマンドプロンプトを使用する場合には、スタートメニューから開きます。

スタートメニューの検索部分で「cmd.exe」と入力します。

この時に現れるものが、コマンドプロンプトです。

Windows10で起動する場合は、スタートメニューのアプリ一覧から起動できます。

1

スタートメニューをクリックして、アプリ一覧を表示させる

スタートメニューをクリックして、アプリ一覧を表示させます。

2

Windowsシステムツールを選択して、コマンドプロンプトを起動させる

Windowsシステムツールを選択して、コマンドプロンプトを起動させて完了。

起動の方法はこのように、とても簡単です。

また別の方法として「スタートメニューを右クリック→コマンドプロンプト(C)を選択する」という起動の方法もあります。

これは、ログインしているユーザーのために設定されている一つの権限として、コマンドプロンプトを起動する方法です。

【コマンドプロンプトの使い方】具体的な使用方法を知ろう!

【コマンドプロンプトの使い方】具体的な使用方法を知ろう!

コマンドプロンプトでは、どのようなことができるのでしょうか。?

例えば、ウィンドウを大きくできます。

左上にあるアイコンをクリックすると、プロパティが出てきます。

フォントタブを選択すると画面サイズなも選択できます。
思ったより簡単に使えますよね。

また、色の変更なども同様の方法でできます。

オプションとして次のような操作もできます。

プロパティを開くとまずオプションが表示されます。

オプションの内容としては、カーソルのサイズやコマンドの履歴、そして編集オプションというものが表記されて設定できます。

【コマンドプロンプトの使い方】カーソルのサイズを変更できる

カーソルのサイズは、大中小から選べるコマンドプロンプト上での表示のカーソル自体の大きさを変更できます。

【コマンドプロンプトの使い方】コマンドの履歴

コマンドの履歴では、重複しているような古い履歴を破棄できます。

またバッファーサイズやバッファー数を設定することが可能です。

バッファーサイズの履歴を増やしたい時には、数字を増やしてください。

プロセスごとの保存数をバッファー数で調節できますが、通常に利用する場合は、変更がいりません。

【コマンドプロンプトの使い方】編集オプション

簡易編集モードとしてコピー・アンド・ペーストなどの利用や挿入モードにするとコマンドの挿入などができます。

Ctrlを有効にすることで、Ctrlキーを使用し活用できます。

一般的に編集オプションは、全てチェックした状態にしています。

【コマンドプロンプトの使い方】テキストの選択

テキストの選択では、行の折り返し選択をチェックすると1行を折り返して表示できます。

またショートカットキーを利用する場合には、テキスト選択キーを拡張するチェックを入れると可能です。

【コマンドプロンプトの使い方】現在のコードページ

現在のコードページというのは、文字コードが表示されている部分です。

【コマンドプロンプトの使い方】従来のコンソール

従来のコンソールを使用すると再起動します。

そして従来のバージョンのコマンドプロンプトを使用できます。

【コマンドプロンプトの使い方】コンソールの新機能の詳細

コンソールの新機能をマイクロソフトのWebページに遷移して内容が分かります。

【コマンドプロンプトの使い方】フォント

サイズをフォントタブで選ぶことで、ウィンドウの大きさを自由に変えることが可能です。

【コマンドプロンプトの使い方】サイズ・フォント

サイズでは、文字のサイズを変えられ文字フォントも変えられます。

【コマンドプロンプトの使い方】選択したフォント

選んだフォントを選択したフォントで表示される様子を確認できます。

【コマンドプロンプトの使い方】レイアウト

レイアウトでは、画面バッファーやウィンドウのサイズ、そしてウィンドウの位置などの変更ができます。

画面全体のサイズでウィンドウの位置というのは、ウィンドウのコマンドプロンプトを起動した時の位置の指定ができることです。

【コマンドプロンプトの使い方】画面の色

ウィンドウの色を画面の色のタブで選ぶと、見やすいものに変更できます。

画面の色だけでなく文字や背景色なども変更することが可能です。

色に関しては、様々な色をRGBという値を指定すると変更できます。

またコマンドプロンプトの背後に別のウィンドウがあるという時には、不透明度を変えることで背後のウィンドウを透けて表示できるように設定できます。

背後の別のウィンドウは、不透明度が100%であれば全く見えませんが、30%にするとかなり背後のウィンドウが透けて見えてきます。

そして30%よりも小さい値が設定されていないのは、コマンドプロンプト自体の値が小さすぎると透明になってしまい見えなくなるからです。

設定機能を閉じる時には、左上のコマンドプロンプトのアイコンをクリックして終了を選択するか右上にあるバツ印でもクリックすると閉じます。

【コマンドプロンプトの使い方】主要なコマンドを知っておこう!

【コマンドプロンプトの使い方】主要なコマンドを知っておこう!

先ほどご紹介した使用方法以外に、よく使うコマンドについて紹介します。

【コマンドプロンプトの使い方】Cd

現在の時点での表示されているディレクトリを表示できます。

ディレクトリというのは、フォルダのようなもので、カレントディレクトリとも言います。

Cdのコマンドを打って実行すると確認できます。

そしてcd+パスと入力することでカレントディレクトリが変更できます。

この時に指定するパスは、今のカレントディレクトリを基準としたものから指定することが必要です。

【コマンドプロンプトの使い方】dir

dirと入力すると、カレントディレクトリにあるファイルやフォルダなどの一覧が見られます。

そしてdir+パスと入力すると、指定したパスに入っているファイルなどを見ることが可能となります。

【コマンドプロンプトの使い方】tree

dirで操作したものとよく似ているのですが、グラフィカルなツリーの状態でディレクトリの構造が見られます。

【コマンドプロンプトの使い方】type

type+ファイル名と入力すると、テキストファイルの内容がわかります。

【コマンドプロンプトの使い方】ren

ren対象のファイル名+新しいファイル名と入力すると、ファイル名を変更できます。

【コマンドプロンプトの使い方】move

2つのことに利用できます。

  • move+移動するファイル名+移動先パス:ファイルを移動することが可能です。
  • move+変更前ディレクトリ名+変更後ディレクトリ名:ディレクトリ名を新しく変更できます。

以下の内容は、普段から良く使用するものですが、コマンドからでもできます。

【コマンドプロンプトの使い方】copy

copy+コピー元+コピー先と入力すると、ファイルをコピーできます。

【コマンドプロンプトの使い方】del

del+ファイル名と入力すると、ファイルやフォルダを削除できます。

【コマンドプロンプトの使い方】cls

clsと入力すると、コマンドプロンプトの画面に表示されていた画面を消去できます。

【コマンドプロンプトの使い方】便利な2つの機能があります!

【コマンドプロンプトの使い方】便利な2つの機能があります!

コマンドを使用する時に便利な2つの機能について紹介します。

【コマンドプロンプトの使い方】指定コマンドのヘルプを表示する!

指定コマンドのヘルプを表示したい時には、ヘルプを表示したいコマンドの後につけます。

「help+半角スペース+コマンド」を入力すると、コマンドの使用方法を調べられるので便利です。

【コマンドプロンプトの使い方】実行中のコマンドを強制終了する!

実行中のコマンドを強制終了したい場合には、コマンド入力中に「Ctrlキー+Cキー」を実行するとコマンドの実行をしなくても入力をキャンセルできます。

途中で実行したコマンドを中断したい場合も同様に「Ctrlキー+Cキー」で処理を中断できます。

コマンドを実行した後には一般的には処理が終了するまで待つ必要がありますが、この方法で中断できる場合がありますので試してみてください。

また、コマンド実行のキャンセルもできます。

コマンドプロンプトを使ってパソコンの世界を広げよう!

今回は、コマンドプロンプトの特徴や、コマンドプロンプトを使う方法について紹介しました。

普段の生活では使うことがないので、ちょっと難しいですね。

しかし、コマンドプロンプトが使いこなせるようになると、ぐっとPCの世界が広がりますよ。

趣味や仕事にどんどん活かしてください。

PCの設定などでも困ったことがあれば、専門の業者に相談することもできますので、少しずつ勉強できるといいですね。

まとめ

  1. コマンドプロンプトとは、コマンドを用いてWindowsの操作や設定などすることです
  2. Windows10で起動する場合は、スタートメニューのアプリ一覧から起動すると簡単です
  3. コマンドプロンプトでは、ウィンドウやカーソルのサイズを変更したり、画面の色の変更など様々なことができる
  4. コマンドプロンプトでよく使用するコマンド、各コマンド共通の機能(ゲルぷの表示と強制終了)は覚えておくと便利です

パソコン設定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

パソコン設定をプロに依頼するなら

パソコン設定を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にパソコン設定の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
10 投票, 平均点: 4.00

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事