スマホ設定代行
最終更新日:

【SIMフリースマホの選び方】SIMフリースマホのおすすめ機種を紹介

【SIMフリースマホの選び方】SIMフリースマホのおすすめ機種を紹介

SIMフリースマホは、月々の通信費が節約できるので興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか?一方、トラブル時の対応が不十分だったり、通信速度にムラがある場合もあります。今回は、デメリットはあるのもの家計が助かることで人気のSIMフリースマホについて紹介します。

最近話題になっている「SIMフリースマホ」です。

しかし、いったいどんなものかよく分からないという人も多いのではないのでしょうか?

SIMフリースマホとは、SIMロックが解除されたスマホのことです。

通話料金が安くなるなど、様々なメリットがあり、今まで使っていたスマホをSIMフリースマホに替える人が増えてきています。

少しでも通信費を見直しができると、家計も助かります。

そこで今回は、SIMフリースマホの特徴や、SIMフリースマホの選び方や、おすすめの機種について紹介します。

>>プロのスマホ設定代行業者の一覧

【SIMフリースマホの特徴】SIMフリースマホの特徴を知ろう!

【SIMフリースマホの特徴】SIMフリースマホの特徴を知ろう!

SIMフリースマホの「SIM」を知っていますか?

SIMとは、スマホや携帯電話に差してある通信に必要なカードです。

SIMカードには電話番号や、契約プランなど固有の識別情報がID番号で記録されています。

このSIMカードがないと、スマホで電話をかけたり、データ通信ができません。

docomo、au、Softbankなど大手キャリアで販売しているスマホは、他の会社の通信サービスが使えないようSIMカードにロックが掛かっています。

一方で、SIMロックが解除されているスマホのことをSIMフリースマホと言います。

SIMフリースマホはSIMカードの制限が無いため、大手キャリア以外のいろいろな通信キャリアが提供するサービスを利用できます。

スマホで電話をかけたりデータ通信をするためには、端末の購入とともに通信キャリアとの契約が必要です。

通信キャリアには大きく分けて下記の2種類あります。

【SIMフリースマホの特徴】MNO(移動体通信事業者)

MNOとは、自社で通信設備を持っているdocomo、au、Softbankなどの大手キャリアのことです。

【SIMフリースマホの特徴】MVNO(仮想移動体通信事業者)

MVNOとは、自社で通信設備を持っていない楽天モバイルやmineo、DMM mobileなど他社から、通信設備を借りて通信サービスを提供する通信キャリアのことです。

MVNOは通信設備を持たないキャリアなので仮想の移動体通信事業者と呼ばれています。

通信設備を持っていないためメンテナンスなどのコストがかからないことや、店舗を持っていない会社が多く維持費が抑えられるということを生かし、MVNOは大手より通信料金の安い「格安SIM」を提供しています。

SIMフリースマホはこの「格安SIM」が使えることが一番の魅力です。

さらにMVNOは「格安SIM」だけでなく、価格の安いスマホ端末「格安スマホ」も提供しています。

「格安スマホ」はさまざな最先端の機能を搭載した大手キャリアのスマホとは違い、必要な機能だけを搭載しているスマホです。

それで十分だという声も多く、今少しずつ人気が高まっています。

【SIMフリースマホの特徴】メリットやデメリットを知ろう!

【SIMフリースマホの特徴】メリットやデメリットを知ろう!

とても人気が高まっているSIMフリースマホですが、メリットだけでなくデメリットも理解しておく必要があります。

そこで、SIMフリースマホのメリットやデメリットについて紹介します。

よく考えてから決めましょう。

【SIMフリースマホの特徴】SIMフリースマホの「メリット」を知ろう!

SIMフリースマホのメリットは、自分の好きな通信キャリアを選べることです。

格安SIMと格安スマホを組み合わせれば、月々の料金を格安におさえられます。

周波数帯が合えば、海外SIMも使えます。

【SIMフリースマホの特徴】SIMフリースマホの「デメリット」を知ろう!

SIMフリースマホのデメリットは、大手キャリアと比べてトラブル時の対応が不十分だと感じる場合があります。

店舗を持っているところが少ないため、トラブル時の対応は電話やインターネットです。

やはり店舗で直接対応してもらうのと違い、電話やネットだけではスムーズに対応してもらえないことがあります。

また、大手キャリアのようなサポートがないため、修理費用が高額になることがあります。

そして、通信キャリアによって通信速度にムラがあります。

docomo回線など大手キャリアの通信回線を使っているSIMであれば問題ありませんが、格安SIMによっては通信速度が不安定なSIMもあるようです。

さらに、今まで大手キャリアで使っていたメールが使えなくなります。

GmailやYahooメールなどのフリーメールしか利用できません。

【SIMフリースマホの方法】SIMフリースマホにする3つの方法

【SIMフリースマホの方法】SIMフリースマホにする3つの方法

以前は大手キャリアで購入した携帯電話は、そのキャリアでしか使えませんでした。

しかし、通信の自由化が進み2015年5月総務省がSIMロック解除を義務化しました。

そのことにより、今まで使っていた大手キャリアのスマホもSIMフリーにできるようになりました。

手続方法は「インターネット」「電話」「店頭」の3つあります。

【SIMフリースマホの方法】インターネットでする!

各キャリアのサポートページでSIMロック解除の方法や設定、注意事項が案内されています。

案内を確認しながらスマホや、パソコン上で必要な手続きします。

【SIMフリースマホの方法】電話でする!

各キャリアのお客様サポートセンターに電話して手続きします。

docomoの携帯電話からは、局番なしの「151」で申込を受け付けています。

【SIMフリースマホの方法】店頭」でする!

各キャリアのショップで手続きします。

【SIMフリースマホの方法】手数料と注意点を知っておこう!

料金はネットなら無料、電話と店頭での手続きは事務手数料が3,000円かかります。

SIMカードには3種類のサイズがあります。

  • 標準(docomoではミニ)
  • マイクロ
  • ナノ

機種によって対応サイズが異なります。

格安SIMを使う場合は、SIMカードのサイズも確認して、カードが合わない場合はサイズ変更の手続きをしましょう。

【SIMフリースマホ】SIMフリースマホを選ぶ4つのポイント

【SIMフリースマホ】SIMフリースマホを選ぶ4つのポイント

はじめからSIMフリーになっている「SIMフリースマホ端末」を購入するのも方法の一つです。

どの機種が自分に合うのか、SIMフリースマホ端末を選ぶ時のポイントを紹介します。

【SIMフリースマホの選び方】使いたい機能で選ぶ!

防水機能、防塵機能、指紋認証機能など自分の求めている機能が搭載されている機種を選びましょう。

【SIMフリースマホの選び方】ストレージ容量の大きさで選ぶ!

ストレージとはデータを保存する場所のことです。

写真や音楽アプリをよく使う人は、ストレージ容量が少ないスマホではフリーズすることが多くなります。

なるべくストレージ容量の大きい機種を選びましょう。

しかし、容量が大きい端末はやはり高額になります。

まずは32GBくらいのスマホを買い、後からSDで容量を追加してもよいでしょう。

【SIMフリースマホの選び方】バッテリー容量の大きさで選ぶ!

スマホを長時間使う人は、バッテリー容量が大きいものを選びましょう。

【SIMフリースマホの選び方】画面サイズで選ぶ!

スマホをゲームがメインで使う人は、小さい画面より大きい画面の方が適しています。

電子書籍や動画をよく見る人も同様です。

逆に、大きい画面だと片手で操作する時使いづらいという人もいます。

そういう人は、5インチくらいの小さい画面のスマホの方がいいでしょう。

【SIMフリースマホ】オススメのSIMフリースマホ端末機種を紹介

【SIMフリースマホ】オススメのSIMフリースマホ端末機種を紹介

SIMフリースマホは、デメリットもあるものの経済的なことを考えるとかなり魅力的ですよね?

これから購入しようという人に、オススメのSIMフリースマホ端末機種を4つ紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

【SIMフリースマホ】OPPO/A5/2020:価格26,500円

6.5インチの大型ディスプレイ、カメラやSNS、動画などをサクサク見られる高速パフォーマンス、バッテリーは5000mAhと大容量!

3万円以下でありながら必要な性能が十分揃っています。

【SIMフリースマホ】HUAWEI/P30:価格26,800円

159gと軽量、そしてスタイリッシュなデザイン。

カメラ機能が進化していて美しい写真が撮影できます。
夜景モードは特におすすめです。

【SIMフリースマホ】AQUOS/sense3:価格34,707円

防水機能、防塵機能、顔、指紋認証機能、おサイフケータイ対応と機能が充実しています。

処理速度が速く、ビジネスや普段使いのスマホにぴったりです。

【SIMフリースマホ】ASUS/ZenFone6:価格70,264円

バッテリー持ちがよく、仕事や遊びで丸1日中使っていても大丈夫です。

ずっとゲームを楽しみたいという人にオススメです。

SIMフリースマホで通信費を節約!

今回は、SIMフリースマホの特徴や、SIMフリースマホの選び方や、おすすめの機種について紹介しました。

昔は大手キャリアしか使えなかった携帯電話ですが、SIMカードの制限がなくなったことで、さまざまな通信事業者で自分にあったサービスを選んで、利用できるようになりました。

また、SIMフリースマホ端末は機能面においてもどんどん進化しています。

通信費の節約になって、機能も充実してきているなら「本気で変更を考えようかな…」と思う人も多いのではないでしょうか?

ただ、スマホを変更するとなると、色々と面倒ですよね?

もし、スマホの設定に自信がない人は、スマホ設定代行業者に依頼できます。

ややこしいスマホ設定はプロに任せるのも一つの手ですね。

まとめ

  1. SIMフリースマホとは、SIMロックが解除されているスマホのことです
  2. SIMフリースマホのメリットは、通信キャリアを選べて、月々の料金を格安におさえられる
  3. SIMフリースマホのデメリットは、トラブル時の対応や修理費が高額になることがある
  4. SIMフリースマホにしたい時は、3つの手続き方法の中から好きなものを選ぶ
  5. SIMフリースマホの選び方は、4つのポイントがある
  6. おすすめ端末機種を参考にどのSIMフリースマホがいいか考えてみよう

スマホ設定代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

スマホ設定代行をプロに依頼するなら

スマホ設定代行を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にスマホ設定代行の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
15 投票, 平均点: 4.10

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください