【振袖の着付け】どこに予約する?振袖の着付けに必要な準備物を紹介

浴衣などと違い、振袖の着付けはプロに依頼するのが一般的です。購入またはレンタル先、美容院、着付けの経験をもつ家族や友人に依頼します。今回は、振袖の着付けを依頼する料金費用や、当日の持ち物をまとめました。当日の過ごし方も紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

出張着付け
更新
【振袖の着付け】どこに予約する?振袖の着付けに必要な準備物を紹介

振袖は浴衣などと違い、一人で着付けするのは難しいです。

振袖の着付けができる人に依頼して、着付けをしてもらうのが一般的ですよね?

着付けを依頼する時は着物だけでなく、さまざまな小物類を準備しなければなりません。

当日着付けの時に、必要な物が足りずバタバタしては大変です。

どのような持ち物が必要なのか、事前に確認しておきましょう。

そこで今回は、振袖の着付けに必要な持ち物や、振袖の着付け当日の流れや、注意点について紹介します。

>>プロの出張着付け業者の一覧

【振袖の着付け】振袖の着付けを依頼する料金相場

【振袖の着付け】振袖の着付けを依頼する料金相場

振袖は、未婚の女性が着る正装の着物です。

長い袖が特徴で結婚後は袖を切るといういわれがあることから、恋人を振るの「振る」は振袖が語源だという説があります。

振袖はその長い袖ゆえに、確かに自分で着ようとすると、長い袖が邪魔で帯が上手く結べません。

振袖の着付けをプロに依頼すると費用がかかるので、自分で着付けたいと思う人もいるかもしれませんが、プロに依頼してキレイに着付けてもらった方がいいでしょう。

【振袖の着付け】振袖の着付けを依頼できる3つの場所

着物の着付けを依頼できるのは、3つが一般的です。

  • 振袖を購入または、レンタルした店
  • 美容室
  • 着物の着付けができる家族や知人

【振袖の着付け】振袖の着付けの費用と予約のタイミング

振り袖の着付けだけなら5,000円~10,000円、ヘアメイク込みの値段であれば10,000~30,000円が相場です。

成人式などの混み合うシーズンは早めに予約しておかないと、希望日に予約が取れない場合があります。

3~6か月くらい前に申し込んでおけば安心です。

最近は年々早くなっていて、成人式のなんと2年も前から予約する方もいるようです。

「早ければいい!」というわけでもないので、気になるお店に問い合わせてみましょう。

写真撮影料金が含まれたフルセットプランを用意している店もあり、振袖を購入またはレンタルすると初回の着付けが無料サービスというお店もあります

いろいろ調べて比較して、お得なところを選んで下さいね。

【振袖の着付け】振袖の着付けに必要な持ち物を揃えよう!

【振袖の着付け】振袖の着付けに必要な持ち物を揃えよう!

振袖の着付けを依頼したら、必要な持ち物を教えてくれます。

色々と細かいものが必要なので、知っておきましょう。

【振袖の着付けに必要なもの】インナー類について知ろう!

用意するもの

必須
肌襦袢
裾除け
タオルやパッド
足袋

まずはインナー類を揃えましょう。

肌襦袢は洋装の下着でいうキャミソールのような役割のもので、汗や肌の汚れを吸い取るために着用します。

そして裾除けは、裾の汚れを防ぐために着けるものです。

肌襦袢と裾除けの上下に分かれているタイプと、肌襦袢と裾除けが一体になったワンピースタイプのものがあります。

ワンピースタイプのものは「着物用スリップ」という名称で販売されています。

【振袖の着付けに必要なもの】インナーと着物の間に必要な物

用意するもの

必須
長襦袢
襟芯
半襟
あると便利
伊達襟

肌襦袢と長襦袢は名前が似ていますが、肌襦袢は下着であり、長襦袢は下着と着物の間に着るものという違いがあります。

襟芯は襟の形を整えるものです。

洋装で例えるなら学生服やYシャツに使う襟カラーにあたります。

長襦袢の襟に通して、襟の形をキレイに見せるために使います。

そして、半襟とはその名の通り襟半分の幅の布です。

襟元はメイクや汗で汚れやすいため、長襦袢の襟にかぶせて使います。

もし襟元が汚れても、半襟だけ取り外して洗濯し付け替えればすみます。

大切な着物を綺麗に保つための昔からの知恵ですね。

半襟には汚れを防ぐという実用的な役目の他に、個性的な色や柄の半襟をつけてお洒落を演出するという用途もあります。

装飾用の襟としては伊達襟も必要です。

伊達襟は汚れを防ぐという役割はなく、ただお洒落のためだけの着物小物です。

半襟は長襦袢につけるものですべての着物に必要ですが、伊達襟は着物の襟につける「重ね襟」で必須ではありません。

ただ、振袖が未婚女性の礼装だという格式の着物であることから、礼装にふさわしい装飾として伊達襟をつけるのが一般的です。

【振袖の着付けに必要なもの】振り袖の仕上げに必要な物

用意するもの

必須
伊達締め
帯締め
帯揚げ
帯板
帯枕
着崩れ防止に使う腰紐
振袖用草履
バック
ショール
髪飾り

着崩れ防止に使う腰紐は、最低でも3~4本用意しておきましょう。

最近では、帯関係の小物と草履やバッグなど、すべて一式になったセットがあります。

ひとつずつ揃えるよりそちらを購入またはレンタルすると便利です。

【振袖の着付けに必要なもの】当日に必要な物

用意するもの

必須
大きめのバック

着物に必要な小物以外に、着付け当日に自分が着て行った洋服を入れる大きめのバックを忘れずに持参しましょう。

当日はジーンズやブーツなど厚手の素材やかさばる履物ではなく、たたんでもシワにならない軽めの洋服を着て行くのがオススメです。

【振袖の着付け】振袖の着付け当日に準備する事を知ろう!

【振袖の着付け】振袖の着付け当日に準備する事を知ろう!

着付け当日の服装ですが、当日着て行くものの準備があります。

  • 下着やキャミソール類は、かぶりものは避ける
  • あればあらかじめ和装用ブラジャーを着けておく
  • トップスは前開きのものを着用する
  • ボトムスにパンツを着用する場合は、ローウエストのパンツを履いておくと着付けがスムーズに進む
  • イヤリングやピアスといったアクセサリーは付けずに行く
  • ノーメイク、髪にスタイリング剤をつけない

なぜかぶりもののトップスがNGかというと、振袖の着付けはヘアメイクしてから振袖の着付けという流れになります。

ですので、トレーナーやセーターを着て行くと、脱ぐ時に完成させたヘアメイクを崩してしまうおそれがあります。

アクセサリーも着付け前にはつけないでおき、着付けが終わってから着用するようにします。

そして、着付け当日はノーメイク、髪にスプレーやワックスなどのスタイリング剤をつけずに出かけましょう。

自分でメイクやヘアセットをしても、着付け用のへアメイクをする時落とさなければなりません。

どうしてもメイクをした場合は、ごくごく薄いメイクにとどめ、すぐに落とせるようにしておきます。

もし、ノーメイクで髪をスタイリングせず外出することに抵抗があるという方は出張着付けサービスを選ぶのも手です。

着付けサービス業者が自宅やホテルの部屋に出張して着付けしてくれますので、当日の自分の格好を気にせずすみますよ。

【振袖の着付け】振袖の着付け当日の流れを知ろう!

【振袖の着付け】振袖の着付け当日の流れを知ろう!

振袖の着付け当日の流れについて紹介します。

なかなか着る機会もないので、着付けそのものも楽しんでみて下さいね。

1

始めに足袋を履いてインナーを身に着ける

着物を着てから足袋を履くと着物が着崩れてしまうため、先に履きます。足袋を履いたら、肌襦袢を着て補正用のタオルやパッドで体の凹凸が平らになるように補正します。

2

長襦袢を着て襟に襟芯を入れる

長襦袢を着て襟に襟芯を入れます。

3

振袖を着て腰紐を使ってしっかりと整える

振袖を着る。襟や胸元がはだけないよう腰紐を使ってしっかりと整えます。

4

帯をきつく締めてゆるまないようにする

帯がゆるんでいると動いているうちに帯が下がったり、ほどけたりしてしまいます。きつく締めてゆるみがないようにします。

5

振袖のシワを整えて完成です。

最後に振袖全体のシワを整えて完成。

【振袖の着付け】振袖を着た時は4点に気をつけよう!

【振袖の着付け】振袖を着た時は4点に気をつけよう!

普段あまり着ない振袖は、着慣れていないうえに振袖そのものが動きづらい恰好であるため、いつも通りに行動するというわけにはいきません。

注意する4点について紹介します。

【振袖の着付け】歩き方について知ろう!

歩く時は大股より小股で、背筋を伸ばして草履を引きずらないように気をつけましょう。

階段を登る時は、長い袖の端を腕にかけ、着物の上前を軽くつまみ、裾を引っ張り上げながら階段を登るようにします。

【振袖の着付け】座り方について知ろう!

椅子に座る時は、浅く座りましょう。

深く座ると帯が潰れてしまいます。

【振袖の着付け】トイレに行く時について知ろう!

トイレに行く時は、袖を帯締めや帯にはさみます。

そして、着物の裾と裾よけと、長襦袢を一つにまとめて手で持ちます。

洗濯ばさみを用意しておくと、ひとまとめにはさんでおけるので便利です。

【振袖の着付け】帯がゆるんでしまった時について知ろう!

帯がゆるんでしまった場合は最悪締めなおさなければなりませんが、応急処置としてタオルやハンカチを挟んでおくとゆるみを防げます。

振袖の着付けは経験豊富なプロに依頼するのがオススメです!

今回は、振袖の着付けに必要な持ち物や、振袖の着付け当日の流れや、注意点について紹介しました。

振袖は一人で着るのが難しく、他人に着付けを頼むのが一般的です。

振袖をレンタルまたは購入したお店、美容室、着付けができる家族や知人に着付けを頼みましょう。

また、オススメなのが出張着付けサービスです。

インターネットで予約でき、自宅やホテルなどどこへでも指定した場所に来てもらえます。

ヘアメイクや着付けの内容によっては時間がかかることも考えられますので、予定時間ギリギリにならないように、余裕をもってスケジュールを組み依頼しましょう。

晴れの日を安心して迎えられるよう、ご準備下さいね。

まとめ

  1. 振袖の着付けは購入(レンタル)先、美容院、着付けの経験がある家族や知人に依頼しよう
  2. 振袖の着付けを依頼する費用は、着付けだけなら5,000円~10,000円、ヘアメイク込みで10,000~30,000円が相場です
  3. 振袖の着付け当日の持ち物は細かい物が多いので、事前にしっかり確認しよう
  4. 振袖の着付け当日の服装、振袖を着た後の動き方もポイントをおさえておけば安心です

出張着付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張着付けをプロに依頼するなら

出張着付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張着付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
24 投票, 平均点: 4.86

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事