【セルフネイルの方法】初心者でも不器用でも家でセルフネイルしよう!

セルフネイル、基本とちょっとしたポイントがあります。これを知っておくと、初心者でも超不器用な人でもキレイに仕上げられます。忙しくてサロンに行く時間がない女性にもオススメです。今回は、自分で気軽にできるセルフネイルについて紹介します。

出張ネイル
更新
【セルフネイルの方法】初心者でも不器用でも家でセルフネイルしよう!

「セルフネイルは難しそう…」私は不器用だし「セルフネイルのやり方がよくわからない…」と、セルフネイルすることに不安を抱く方は多いのではないのでしょうか?

しかし、セルフネイルはやり方次第で、誰でも楽しめるものです。

ネイル用品の多くは100円ショップで購入できます。

気軽にプチプライスで挑戦できるんだったら、セルフネイルしようかなという気持ちになりますよね?

そして、初心者だってセルフネイルのより方がわかれば、グラデーションネイルやフレンチネイルができますよ。

そこで今回は、セルフネイルに必要な道具や、セルフネイルのやり方や、デザインについて紹介します。

>>プロの出張ネイル業者の一覧

【セルフネイルの道具】セルフネイルに必要な道具

【セルフネイルの道具】セルフネイルに必要な道具

ネイルサロンに行く時間はないけれど、指先のおしゃれは楽しみたいという女性にオススメなのが「セルフネイル」です。

しかし、セルフネイルするのは「ちょっと不安…」と思う人もいますよね?

大丈夫、心配ご無用です!

基本のやり方さえマスターしてしまえば、こっちのものです。

まず、セルフネイルに必要な道具と下準備について紹介します。

用意するもの

必須
やすり(エメリーボード)
バッファー
綿棒またはウッドスティック
ハンドクリームまたはオイル
コットンまたは、キッチンペーパーまたは、ウエットティッシュ
除光液
ベースコート
マニキュア
トップコート
  • やすり(エメリーボード)…爪の形を整えるのに使います
  • バッファー…爪の表面を磨く時に使います
  • 綿棒またはウッドスティック…ネイル作業に使う細い木の棒です
  • ハンドクリームまたはオイル…甘皮を押し上げる時に使います
  • コットンまたは、キッチンペーパーまたは、ウエットティッシュ…爪や指先、道具を拭く時に使います
  • 除光液…マニキュアがはみ出た時や爪を拭く時に使います
  • ベースコート…化粧でいう化粧下地のようなものです
  • マニキュア…自分で使う色を用意します
  • トップコート…最後の仕上げに塗ります

100円ショップ、ドラッグストア、インターネットで気軽に購入できます。

【セルフネイルの下準備】セルフネイルする前に下準備

【セルフネイルの下準備】セルフネイルする前に下準備

マニキュアについてですが、正式には爪に塗るカラー剤は「ネイルポリッシュ」といいます。

「マニキュア」という言葉は、手のお手入れ全般のことを言います。

道具を揃えたら、ネイルケア下準備しましょう。

キレイに仕上げるために、マニキュアを塗る前に必ずしておきましょう。

1

セルフネイルする前に手をキレイに洗う

セルフネイルする前に手をキレイに洗いましょう。お風呂上りがオススメです。

2

綿棒を使って爪のつけ根の甘皮を処理する

爪のつけ根の甘皮を綿棒または、ウッドスティックにハンドクリームまたはオイルをつけたもので押し上げます。

3

やすりを使って爪の長さと形を整える

爪の長さや形をやすり(エメリーボード)で調整します。エメリーボードは爪に斜め45度に当て、爪の真ん中、左側、右側にわけて一方向に擦ります。(爪の先端だけは90度に当てます。)

4

バッファーを使って爪の表面を磨く

バッファーを使って爪の表面を磨きます。バッファーを使って爪の表面を磨くのは1~2ヶ月に1回程度にしましょう。

5

除光液を染み込ませて爪全体を拭き取る

コットンやキッチンペーパーに除光液を染み込ませて、爪の表面を拭き取ります。爪の油分をきちんと拭き取っておくとネイルがキレイに仕上がります。また爪の生え際、根元、爪の裏側の汚れもキレイに拭き取って完了。

【セルフネイルのやり方】基本のセルフネイル

【セルフネイルのやり方】基本のセルフネイル

セルフネイルをする前の下準備ができたら、基本的なマニキュアの塗り方を紹介します。

ネイルは「ベースコート」→「マニキュア」→「トップコート」の順に塗っていきます。

どれも基本的な塗り方は同じなので、キレイに塗るためのコツを意識しましょう。

1

ベースコートから順番に爪に塗っていくため液体を筆にとる

ベースコート、マニキュア、トップコートともにボトルから筆にとる時はごく少量取ります。1度にボテッと厚く塗るより、薄く塗って重ねていく方がキレイに仕上がります。ボトルのふちでしっかり液をしごいて筆に取ります。

2

最初に爪の先端部分から塗るようにする

最初に爪の先端部分を塗ると剥げにくく、ネイル持ちがよくなります。

3

筆を寝かせて筆先を平らに広げるように爪の中央を塗る

筆を寝かせて筆先を平らに広げるようにするとムラなく塗れます。力を入れずにスッと爪の根元から先端へ向けて一方向に筆を滑らせていきます。

4

爪のキューティクルライン(根元)を塗る

キューティクルライン(爪の甘皮部分で爪の根元のところ)をしっかり塗るとキレイに仕上がります。しかし、初心者は甘皮にマニキュアがついて汚れやすいです。慣れないうちは甘皮部分を1㎜程度残してマニキュアを塗ると上手くいきます。

5

サイドは筆で縁取りして爪の両サイドを塗る

中央を塗りつぶした後、左側と右側のサイド部分を塗ります。サイドは筆で縁取りしていくイメージで、爪の根元から先端へ向けて一方向に塗っていきます。爪横の肉を指で押すと爪のサイドの隅まで塗れます。マニキュアが乾くとムラになるので、乾く前にスッスッと一筆ずつ塗っていき完了。

【セルフネイルのやり方】セルフネイルでデザイン

【セルフネイルのやり方】セルフネイルでデザイン

基本のセルフネイルの方法がわかったら、アレンジネイルにも挑戦したいですよね。

おしゃれなネイルデザインの代表格である「グラデーションネイル」と「フレンチネイル」の方法を紹介します。

【セルフネイルのやり方】グラデーションネイルの方法

今回は、ベージュピンクと白のグラデーションネイルのやり方を例にあげて紹介します。

用意するもの

必須
マニキュア(ピンクベージュ、白)
アイシャドウチップ
1

ベージュピンクのマニキュアを爪に塗る

ベースコートを塗り終えた爪にベージュピンクのマニキュアを塗ります。

2

アイシャドウチップを使って白のマニキュアを重ねる

アイシャドウチップに白のマニュキュアをとり、先端へポンポンと叩くように色をのせていきます。薄く重ねながら先端へ向けて濃くしていきます。

3

グラデーションの境目をぼかすように塗る

グラデーションの境目をぼかすようにトップコートを塗り完了。

マニキュアではなく、アイシャドウを使ってグラデーションネイルのやり方を紹介します。

用意するもの

必須
アイシャドウ(好きな色を2種類)
アイシャドウチップ
1

下に使いたい色のアイシャドウを爪に塗る

ベースコートを塗っておいた爪に、アイシャドウチップを使って爪の根元から2/3まで色をのせます。

2

1回目のトップコートを爪全体に塗る

一度、トップコートを爪全体に塗って乾燥させる。

3

爪の先端にのせたいアイシャドウを爪に塗る

爪の先端だけにアイシャドウをのせます。

3

2回目のトップコートを爪全体に塗る

トップコートを爪全体に塗って乾燥させて完了。

【セルフネイルのやり方】フレンチネイルの方法

フレンチネイルとは、爪先にホワイトをのせるデザインのことです。

しかし、最近は爪先に白以外の色をのせたり、ストーンをのせたり、爪先の色の幅を広くした逆フレンチが登場したり、さまざまなデザインへ変化しています。

そんな爪先部分を彩るフレンチネイルを作るには、絆創膏やマスキングテープを使うと便利です。

爪のピンクの部分を絆創膏やマスキングテープで覆ってから爪先にネイルを塗れば、初心者でも失敗することなくフレンチネイルを作れます。

そこで基本のフレンチネイルのやり方を紹介します。

用意するもの

必須
絆創膏または、マスキングテープ
好きな色のマニキュア
あると便利
爪楊枝または、竹串
ラメやラインテープなど
1

絆創膏または、マスキングテープを爪に貼る

ベースコートを塗ってしっかり乾かして、爪のピンクの部分に合わせてカットした絆創膏または、マスキングテープを貼る。この時のポイントは、両サイドをしっかり押さえて、空気を抜いて隙間を埋めながら貼ることです。

2

先端部分に好みのマニキュアを塗る

爪の白いところ、先端部分に好みの色を塗ります。絆創膏または、マスキングテープの上にマニキュアが出ても大丈夫です。気にせず、境目までキレイに塗りましょう。

3

絆創膏または、マスキングテープを外す

絆創膏または、マスキングテープを外して、はみ出たマニキュアを爪楊枝または、竹串を使って処理する。または、ラメやラインテープなどでカバーすれば大丈夫です。トップコートを塗って完了。

ラメなどをのせる時は爪に直接のせるのではなく、1度スポンジなどにラメをつけてから爪の先端にのせると上手くいきます。

【セルフネイルのやり方】キレイに塗る3つのポイント

【セルフネイルのやり方】キレイに塗る3つのポイント

セルフネイルする時に、知っておきたい便利なポイントについて紹介します。

これで失敗も怖くないので、忙しい女性でも時短でネイルを楽しめますよ。

【セルフネイルのやり方】マニキュアがはみ出た時のポイント

セルフネイル中にマニキュアがはみ出た時は、ウッドスティックにコットンの綿を少量とって、薄く巻き付けたコットンスティックで拭き取ります。

綿棒よりも拭き取りやすくてオススメです。

【セルフネイルのやり方】マニキュアがよれた時のポイント

セルフネイル中にマニキュアがよれた時は、指先に除光液をつけてそっとよれた部分を撫で、除光液が乾いたらトップコートを塗ります。

【セルフネイルのやり方】マニキュアを早く乾かすポイント

セルフネイル中にマニキュアを早く乾かしたい時は、マニキュアを冷蔵庫に入れたり、手を冷やしておくなど、冷えている方が早くマニキュアが乾きます。

また、速乾タイプのマニキュア、トップコートを使えば、通常乾くまで30分程度かかるところを10分程度に短縮できます。

とはいえ、基本の乾かし方は指先を使わないようにして、読書したりテレビを見たりして過ごしましょう。

【セルフネイル商品】セルフネイルを始める人にオススメ商品

【セルフネイル商品】セルフネイルを始める人にオススメ商品

ネイル用品を揃えるのが面倒だったり、どれを買えばいいのかわからないという人にオススメの商品を紹介します。

お手頃価格で購入できるセットなので、参考にしてみて下さいね。

【セルフネイル商品】tweexyネイルボトルホルダー

一度使うとやめられないと評判の商品です。

【セルフネイル商品】Makarttネイルアートベース

マニキュアホルダーがついたトレー仕様になっています。

コットンや除光液など、散乱しやすいネイル用品をひとまとめにして置けるので、非常に便利でネイルがしやすくなります。

【セルフネイル商品】透明化粧品ケース

【セルフネイル商品】ネイルカラー収納ケース

【セルフネイル商品】ハンドベール ネイル集中補修

【セルフネイル商品】TwinkleStoreセルフネイルキット

10色のネイルカラーに加えてベースコート、トップコート、爪やすりやキューティクルニッパーなどのネイル用品、さらにUSBネイルライトまでついています。

全部で22種類も入っていて2,100円は本当にお得です。

初心者がイチからネイル用品を揃える時にぴったりです。

【セルフネイル商品】ANBUR電動ネイルケアセット

爪切り、甘皮処理、角質処理、爪磨き他さまざまな機能がついています。

家にいながらサロン並みのネイルケアを可能にするネイルマシンです。

やり方次第で初心者でもセルフネイルを楽しめる!

今回は、セルフネイルに必要な道具や、セルフネイルのやり方や、デザインについて紹介しました。

最初は時間がかかるかもしれませんが、徐々に慣れるので挑戦してみて下さいね。

基本さえマスターすれば、今はプチプラでかわいいネイルシールなどもたくさんあるので、さまざまなアレンジが楽しめますよ。

しかし、忙しくて家でセルフネイルする時間がないという人もいますよね。

また、正式なパーティーや集まりに出かける時は、自分でネイルするよりプロにお願いしたいと思う場面もあると思います。

そういう時にオススメなのが「出張ネイルサービス」です。

出張ネイルサービスなら、登録業者の中から料金や口コミを比較して自分に合った業者を選べます。

まとめ

  1. セルフネイルに必要な基本の道具は9種類ある
  2. ネイルをキレイに仕上げるための下準備は必ずしよう
  3. セルフネイルのコツをつかめば、初心者や不器用な人も大丈夫です

出張ネイル業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張ネイルをプロに依頼するなら

出張ネイルを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張ネイルの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください