最終更新日:

コンクリートとアスファルトの違いは?特徴や費用でコンクリートとアスファルトを比較

コンクリートとアスファルトの違いって知っているようで知らない事が多いです。作り方、特徴、メリットを活かした使い方、費用などさまざまな点から比較してみました。コンクリートとアスファルトの違いがわかると、自宅の塀や駐車場などを作る時も参考になります。

コンクリートとアスファルトの違いは?特徴や費用でコンクリートとアスファルトを比較

駐車場、戸建ての壁、一般的な道路などで使われているのが「コンクリート」や「アスファルト」です。
しかし、コンクリートやアスファルトの違いを意識して生活していませんよね?

コンクリートとアスファルトに大きな違いを感じない人も多いかもしれませんが、調べてみると作り方も特徴も費用も異なります。

そこで今回は、コンクリートとアスファルトの違いや、コンクリートとアスファルトの使用方法について紹介します。

>>プロの塀工事業者の一覧

コンクリートとアスファルトの作り方と特徴

コンクリートとアスファルトの作り方と特徴

コンクリートとアスファルトは作り方や特徴が違います。

コンクリートの作り方と特徴

コンクリートは、「セメント+砂+砂利+水」を混ぜ合わせたものがコンクリートとなります。
組み合わせ方により、コンクリートの強度にも違いがあります。

  • コンクリートは水を加えると固まる
  • コンクリートは固まるまで時間がかかる
  • コンクリートの見た目は白っぽい

アスファルトの作り方と特徴

アスファルト(原油の炭化水素類で重質なもの)は、砕石を結合させてできています。
天然アスファルトと石油アスファルトの2種類あり、主に石油アスファルトが主流として使用されています。

アスファルトは、建築や土木にもよく使われている材料の一つでもあります。

  • アスファルトは熱を加えると柔らかくなる
  • アスファルトは固まるまでの時間が短い
  • アスファルトの見た目は黒っぽい

コンクリートのメリットとデメリット

コンクリートのメリットとデメリット

コンクリートは「固い」「重たい」など強固な物のイメージが強いですよね?
メリットはもちろんその固さでしょう。

しかし、それだけではありません。
そこでコンクリートのメリットやデメリットについて紹介します。

コンクリートのメリット

  • コンクリートは形に制限がない
  • コンクリートは耐久性がある
  • コンクリートは耐熱性がある

コンクリートは作る過程で様々な形を作れます。
形となる入れ物を用意していれば、その形に仕上げるられるため形に制限がないのもコンクリートの最大の特徴です。

また、固さと重さがあるので災害時の予防として、堤防などの構造物としても使用されるほどの耐久性です。

アスファルトに比べて耐熱性にも優れているので、夏場でも気温が上がり過ぎるのを防げます。

コンクリートのデメリット

  • コンクリート固まるまで時間がかかるため施工期間が必要です
  • コンクリートは重く運搬に制限がかかる
  • コンクリートはコストがかかる
  • コンクリート単体での使用や追加工事に向いていない

コンクリートは、固まるまで時間がかかります。
表面が固まっていても中まできちんと固まるまで数日かかるために、短い期間での工事などにはあまり向いていません。
きちんと固まるまではもろいため、強度が出るまで時間がかかります。

縦揺れや横揺れのような地震に弱く「単体」でのコンクリートの使用は、もろい部分があります。
一度施工すると、追加工事するのが難しいというデメリットもあります。

アスファルトのメリットとデメリット

アスファルトのメリットとデメリット

アスファルトのメリット

  • アスファルトは水はけがいい
  • アスファルトはコストが安い
  • アスファルトは施工期間が短い

アスファルトの大きな特徴は水はけがよく、柔らかく駐車場に使うと車の走行音が吸収されやすいのもメリットです。

また、作業効率が早いため手間がかからずコストが安くすみます。

アスファルトのデメリット

  • アスファルトは耐熱性が低い
  • アスファルトは寿命が短い

アスファルトのデメリットは夏場の暑い時期は高温となりやすく、触ると火傷する場合があります。
熱に弱いのでアスファルトが柔らかくなりやすく、車などの重量により凹みなどの窪みになり、雨が降ると水溜まりになる場合があります。

また、耐久性が低く寿命が短いので、数年で補修工事が必要になります。

コンクリートとアスファルトの主な使用方法

コンクリートとアスファルトの主な使用方法

コンクリートやアスファルト、どちらも道路や駐車場の舗装などに使用されています。
駐車場に使用すると雑草などの草が生えにくく手入れがしやすいので、戸建ての駐車場でも人気ですよね。

コンクリートやアスファルトは、これ以外にもそれぞれの特徴を活かした場所で使われています。

コンクリートが使われている場所

コンクリートは固く強固な性質なため様々なところで使用されています。

  • マンションやビルと行った構造物の主要部分
  • ダム、堤防、テトラポッド
  • 家の塀
  • 電信柱の支柱

構造物の主要部分として使用する時は鉄筋や鉄骨と組み合わせることで、コンクリートの収縮や破断と言った弱点を補います。

堤防の一つで「テトラポッド」というお菓子の金平糖のような形をしたブロックもコンクリートで作られていて、海の波の力を軽減するために役立っています。

身近なところでいうと、家の塀や電信柱の支柱にも使用されています。

アスファルトが使われている場所

アスファルトは水はけがいいため、その特徴を活かせる場所で使用されています。

  • 建物で防水対策が必要な場所(屋根など)
  • プール

建築などでは建物の屋根など、防水効果が必要な場所に使用されています。
ほとんどの建物で、雨などの水漏れから守るためにアスファルトが役立っています。

コンクリートとアスファルトの料金相場は?

コンクリートとアスファルトの料金相場は?

コンクリートとアスファルトの違いはコスト面を見るとアスファルトの方が安いですが、具体的な料金相場を道路舗装を例に紹介します。

  • アスファルト道路…1平米当たりおよそ5,000円
  • コンクリート道路…1平米当たりおよそ10,000円

コンクリートの場合は、アスファルトの約2倍の料金がかかります。
その分コンクリートは丈夫で寿命が長く、メンテナンスや維持費が安くすみます。
長い目でみてトータルで考えると、費用がかからない場合もあります。

家の塀や駐車場にどちらを使うか悩んでいる人は、ぜひこのあたりも考えながら決めてみて下さい。

コンクリートとアスファルトの不明点は業者に相談

今回は、コンクリートとアスファルトの違いや、コンクリートとアスファルトの使用方法について紹介しました。

それぞれの特徴を理解していると、自宅の塀や駐車場にどちらを使うのか検討しやすいですね。
それでも迷ったり、もっと詳しく知りたい時は業者に相談すると安心です。

費用面でも納得できる住まい作りのために信頼できる業者を探しましょう。

まとめ

  1. コンクリートとアスファルトは作り方と特徴が大きく違う
  2. コンクリートとアスファルトは、メリットを活かして様々な場所で使用されている
  3. コンクリートとアスファルトは費用で比較するとアスファルトの方が安い
  4. コンクリートは耐久性が高く、メンテナンス費用が安くすむ可能性がある

塀工事業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

塀工事ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った塀工事の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す