最終更新日:

秘書の英語力はビジネスの頼れる存在!英語対応の秘書代行サービス

企業が海外とのビジネスを展開していくために、秘書の英語力はとても重要ですね。少しでも人件費をおさえ、語学力のある人材を求める方に、おすすめのサービスがあります。今回は、英語対応の秘書代行サービスについて紹介します。

秘書の英語力はビジネスの頼れる存在!英語対応の秘書代行サービス

事業拡大のために「海外進出したい!」日本に進出している「企業と取引したい!」などビジネスチャンスを拡大するには、最低限英語が必要になっていますよね?

片言の英語では、上手く相手とコミュニケーションとれません。

外国人と上手くコミュニケーションがとれる、英語が話せる秘書がいてくれたら助かります。

しかし、秘書を雇うとなると大きな人件費を覚悟しなければなりませんね。

そこで今回は、英語が話せる秘書の役割や、英語を話せる秘書を雇う料金相場について紹介します。

小さな投資で大きなビジネスチャンス拡大にお役立てください。

>>プロの出張通訳業者の一覧

【秘書の英語力】秘書の役割を知っておこう!

【秘書の英語力】秘書の役割を知っておこう!

会社のは、様々な仕事があります。

大きな責任を持つポジションにつけばつくほど、仕事量が増えるのが一般的です。

そんな中、大きな責任を持つポジションについている人が雑務に追われていては、会社の現状を分析して正しい判断や、会社をいい方向に導くのは難しいでしょう。

本来の仕事に専念できるように、雑務を担い、負担を軽くするのが秘書の役割です。

仕事内容は多岐にわたります。

  • 上司のスケジュール管理
  • 来客、電話、メールの応対
  • 会議や商談の書類作成や準備
  • 出張の切符手配や宿泊予約
  • 経費の精算
  • その他お茶くみや、コピーなど

上司がいかに効率よく仕事ができるか常に考えながら、このような様々な業務をこなす秘書は、重大な役割を担っています。

【秘書の英語力】全ての秘書が英語を話せるの?

【秘書の英語力】全ての秘書が英語を話せるの?

英語が話せるという語学力は、必ずしも秘書に求められるスキルではありません。

このため、全ての秘書が英語を話せるのかというと、そうでもありません。

しかし近年、世界経済はグローバル化しており、会社を発展させるために海外進出したり、逆に海外の企業が日本に進出してきています。

海外からの来客や、日本在住の外国人に応対する機会は増え、電話、メール、各種書類、出張の手配する時も、世界共通語である英語を話せる語学力が求められているのも確かです。

秘書にとって、外国人と上手くコミュニケーションがとれるというスキルも重要になりつつあります。

会社の責任者が英語を苦手としているという場合は、なおさら秘書の語学力が重要です。

会社の責任者が今さら英語を勉強する暇はなく、電話やメールの応対、各種書類の作成は秘書の語学力に頼るしかありません。

英語を話せる秘書の存在は頼れる存在です。

逆にいえば、英語を得意とする責任者がいなくても、英語を話せる秘書を雇えば、ビジネスチャンスを広げられます。

海外展開したいものの、会社の責任者が英語を話せないからといって、指をくわえて見ていなくてもいいです。

【秘書の英語力】秘書に求められる英語以外のスキル

【秘書の英語力】秘書に求められる英語以外のスキル

秘書に求められるスキルは、英語以外にもたくさんあります。

  • 会計
  • 法律
  • 経済
  • 人事労務

これらの経営全般に関する幅広い専門知識や、経験も求められるでしょう。

  • 周囲に目を配り、相手の言動行動を推測できる洞察力
  • 建設的な意見を組み立てられる文章力
  • 相手の立場や判断の違いがもたらす結果を想像できる力
  • 積極的に情報を収集できる情報収集力や行動力
  • ストレスに耐える力
  • 与えられた指示が意に添わなくても、臨機応変に対応できる柔軟性
  • 高いコミュニケーション能力

秘書に求められるスキルは多いです。

海外との取引を考えている会社では、上記のスキルに加えて、国際的なビジネスマナー、礼儀、海外の人に説明する機会が多いであろう日本の習慣、文化についての知識なども求められます。

【秘書の英語力】英語を話せる秘書を雇う料金相場

【秘書の英語力】英語を話せる秘書を雇う料金相場

海外展開を考えている会社にとって、英語を話せる秘書は頼もしい存在です。

秘書に求められるスキルは多岐にわたり、高い能力を求められる秘書には、それなりの給料を覚悟しなくてはなりません。

英語を話せる秘書の給料は、年収にして400~800万円程度が相場といわれています。

場合によっては、1,000万円超になることもあるようです。

金額に幅がありますが、英語力や専門知識と経験、その他のスキルにより左右されます。

英語だけでいえば、日常会話程度の英語力と英語が堪能なバイリンガルとでは給料が高くなるのは当然です。

同じように、専門知識や経験、文章力、コミュニケーション能力などに応じて、給料も比例します。

能力が高い秘書であればある程、高い給料が必要になるという訳です。

【秘書の英語力】英語対応の秘書代行サービス

【秘書の英語力】英語対応の秘書代行サービス

英語を話せる秘書を雇うとなると、高い給料を覚悟しなければなりません。

経費予算が豊富にある大企業ならともかく、中小企業にとって400~800万円、ましてや1,000万円超の人件費は、非常に大きな負担になります。

海外の取引がメインなら仕方ありませんが、顧客の一部が海外の企業である場合や、これから海外の顧客を開拓したい場合などには、高い人件費を使って英語を話せる秘書を雇うのは、よくよく考えなくてはなりませんよね。

かといって、英語を話せる秘書を雇えないために、チャンスを逃すのももったいない話です。

そんな時に役立つのが、英語対応の秘書代行サービスです。

英語対応の秘書代行サービスなら、常勤の秘書に比べて、はるかに少ない人件費で秘書を確保できます。

任せたい業務を絞り込み、必要な時や、必要な時間だけ秘書業務してもらえるので無駄がありません。

英語対応の秘書代行サービスを利用して海外事業を展開して、海外事業が軌道にのったら常勤の秘書を雇う道も開けます。

会社が求める秘書業務をカスタマイズして、小さな投資で大きな成果が期待できる英語対応の秘書代行サービスは、海外事業を展開したい会社にとって頼もしい存在といえるでしょう。

秘書に英語力を任せてビジネスチャンスを拡大しよう!

今回は、英語が話せる秘書の役割や、英語を話せる秘書を雇う料金相場について紹介しました。

ただでさえ秘書の役割はとても重要で、業務内容は多岐にわたり、お給料もそれなりの金額を支払う必要があります。

英語を話せる秘書を雇うには、さらに高い人件費が必要です。

少ない投資で海外事業を展開しようとしている会社にとって、英語対応の秘書代行サービスはとても有難いものです。

会社に合ったサービスを提供してくれる業者を選びましょう。

まとめ

  1. 秘書の主な業務は、上司の効率よく仕事ができるよう、スケジュール管理、来客や電話、メールの対応、資料作成、出張手配などがある
  2. 優秀な秘書になるには、洞察力、文章力、想像力、行動力、コミュニケーション能力など、様々な能力が求められる
  3. 英語をはじめとする語学力は、今や秘書に求められるスキルのひとつです
  4. 企業にとって、英語を話せる秘書を雇うには、それなりの人件費が必要です

出張通訳業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張通訳ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った出張通訳の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す