【大手電気屋と近所の電気屋を比較】大手電気屋と近所の電気屋の違いは?

大手電気屋と近所の電気屋の違いって何だろう?お得に賢く家電を購入するにはどっちがいいの?と考えたことはありませんか?今回は、大手電気屋と近所の電気屋の違いを比較してみました。規模と経営方針でサービス内容が異なるため、自分にあったお店を探してみて下さいね。

コンセント増設・スイッチの修理
更新
【大手電気屋と近所の電気屋を比較】大手電気屋と近所の電気屋の違いは?

家電の新規購入や買い替えが必要になった時、大手電気屋と近所の電気屋の選択で迷いませんか?

「少しでも安く買いたい!」
「親身に相談にのってくれる方が安心!」
「取り付け工事も信頼してお任せできるお店がいい!」
「アフターサービスが充実している方がいい!」など、さまざまな希望がありますよね?

簡単にいうと、とにかく安く買いたいなら大手電気屋、相談に乗ってもらうには近所の電気屋がおすすめです。

規模と経営方針でサービス内容が全く異なります。

そこで今回は、大手電気屋と近所の電気屋の違いや、電気屋の選び方について紹介します。

あなたの希望にあったお店で家電を購入して下さいね。

>>プロのコンセント増設・スイッチの修理業者の一覧

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】大手電気屋の特徴を知ろう!

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】大手電気屋の特徴を知ろう!

大手電気屋と近所の電気屋の料金を見比べると、大手電気屋の方が安いですよね?

その秘密は、戦後の高度経済成長期から始まった大量仕入れにあります。

【大手電気屋の特徴】大量注文で1個あたりの単価が安い!

規格品はどれを選んでも同じで、1回に多く購入するほど単価が安くなります。

大手電気屋は、多くの店舗の仕入れ一括化によって、その効果を高めているのです。

小売業のキャッシュフローでは、消費者に販売してようやく利益を出せます。
大手は売れ筋を見極め、上手く仕入れるノウハウを持っています。

【大手電気屋の特徴】メーカーによるインセンティブがある!

家電メーカーは、販売促進として小売店にインセンティブを払っています。

インセンティブとは、一定のノルマ達成による特別ボーナスのことです。

察しのおい方はお気づきでしょうが、大手電気屋の値引きはインセンティブを計算しています。

メーカー希望小売価格より安く売っても、合計では黒字になるのです。

【大手電気屋の特徴】複数のメーカーを取り扱えるから豊富です!

特定のメーカーの資本が入っていない大手電気屋は、どのメーカーの家電でも扱えます。

海外のオシャレな家電を買えるのも、販売の制限がないからです。

大手電気屋と近所の電気屋の違いとして、店員の所属があります。

大手電気屋ではメーカー派遣のスタッフも売り場に混ざっていて、近所の電気屋は店長が雇った店員のみです。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】近所の電気屋の特徴

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】近所の電気屋の特徴

近所の電気屋は、地元で多くの人から親しまれている個人店です。

家電が広く普及する前からメーカーとの窓口になっており、その他の業務も請け負っています。

【近所の電気屋の特徴】設置から日常的な雑用までサポートしてくれる!

家族経営をしている近所の電気屋は、安い大手電気屋とは別の方向に進んでいます。

価格競争には参入せず、家電の設置から普段の用事までサポートしています。

近所の電気屋は、大手電気屋よりも1.5倍ぐらい高い値段という違いを修正していません。

しかし、女性や高齢者にとって顔馴染みは頼りになる存在で、安心できるサービスとして人気です。

【近所の電気屋の特徴】有資格者の電気工事士がいるから工事できる!

大手電気屋と近所の電気屋の違いは、電気工事に関する扱いです。

個人店では店長やその家族がベテランの電気工事士で、責任を持って施工します。

話題のソーラーパネルなどの設備の導入も、リフォーム業者まで段取りをつけてくれます。

近所の電気屋に頼む人は、手続きの代行や長期的なサポートが目当てです。

【近所の電気屋の特徴】特定のメーカーの家電がメインです!

仕入れルートは、いずれかの家電メーカーとの契約で確保しています。

原則的に1つのメーカーとの専属契約で、その代わりに手厚い支援を受けられます。

近所の電気屋には、家電メーカーからの最新情報と、発売したばかりの新型や、正規部品があります。

丸投げでも最適な選択肢になるため、近所の電気屋に相談する方が増えています。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】近所の電気屋の実態

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】近所の電気屋の実態

近所の電気屋は、客が来るまで暢気にお茶をすすっているわけではありません。

お世話になったことがない人は、「何だかあのお店、いつも暇そうだけど潰れないのが不思議…」と思ったことありませんか?

そこで、個人の電気屋の仕事ぶりを少し紹介します。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】朝から外回りでお得意様への訪問

早朝には従業員が集まり、ミーティングします。
当日のスケジュールの情報共有と、スタッフの意識を高めるのが目的です。

外回りの営業は、基本的に配線工事、家電の配達、または呼び出しへの対応です。

だいたい夕方ぐらいで終わり、店舗に帰ったら他の店員との打ち合わせや事務作業します。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】大規模なリフォームも配線で参加する!

近所の電気屋は地元に代々いるので、同じ地域のリフォーム会社や工務店にも顔が利きます。

そのため、個人宅の大規模なリフォームにだいたい参加します。

大手電気屋との規模の違いをカバーしているのが、リフォームの一部受注となります。

利益率を高めるために、給水やガスなどの関連資格を取得する店主が増えてきました。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】店舗は狭いながらも地域の休憩スポット

近所の電気屋は明るくて最適な温度のため、カフェ代わりの休憩場所になっていたりします。

たわいのない世間話も立派な営業で、「あそこのお宅で子どもが生まれた」などの情報が入ります。

家族経営のため、妻が店内の接客と帳簿作成を担当するケースがよく見られます。

客がいない時間帯に伝票や、帳簿の処理を進めて、残りは夜や休日に片付けているのが現状です。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】大手電気屋が事務的!?

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】大手電気屋が事務的!?

マニュアル化された大手電気屋は、お金を稼ぐために応募してきたスタッフで構成されています。

その地域を全く知らない人間が多く、戸別訪問もないのが、近所の電気屋との違いです。

家電が安く購入できるのは嬉しいけど、なんだか事務的だったり、高い方を売りたがる店員に遭遇すると、少し悲しい気持ちになりますが、仕方ないといえば仕方ないことなんですね。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】幹部だけ正社員で転勤あり!

テレビCMを出している大手電気屋は、幹部のみが正社員です。
常に1人は現場責任者がいる勤務シフトにするため、1店舗3人ぐらいになっています。

広く店舗を展開している関係で、正社員はよく転勤になります。

売り場にいる店員はバイトや、日雇い派遣で一時的に雇われているだけで専門知識はあまりありません。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】少人数だから陳列と接客だけで終わる!

各店舗は本社からのノルマが最優先で、顧客サービスは二の次になってしまいます。

コスト削減で最低限のスタッフしかおらず、店長ですら現場を回すだけで精一杯になっています。

大手電気屋はスタッフの入れ替わりが激しく、採用と教育で手間がかかるのも難点です。

1人を新たに現場に入れるだけでも、教育係として誰かをつけなければいけません。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】修理は下請けやメーカーが担当する!

家電の修理は、原則的に各メーカーに送付するだけです。

その場で修理する体制はなく、すぐに直してくれる近所の電気屋との違いがありす。

エアコンの取り付け工事などの専門的な作業は、全て下請けの会社がしています。

大手電気屋はIT機器の代行サービスなど、接客の有料化を進めている状態です。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】電気屋の3つの選び方

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】電気屋の3つの選び方

ここまで紹介した大手電気屋と近所の電気屋の違いを踏まえて、自分に合った電気屋を選びましょう。

あなたが家電を購入する上で、優先したいことが何かを考えてみて下さいね。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】大手電気屋に多くを求めすぎない!

大手電気屋の店員は、限られた範囲でサービスを提供しています。

例えば店員にお任せにすると、場合によっては高い売れ残りを押し付けられます。
様々なメーカーの家電を安く買うための小売店で、それ以外を求めてはいけません。

設置や取り付け、使用品の引き取りの別料金に注意しましょう。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】近所の電気屋と付き合う覚悟が必要

近所の電気屋と付き合うのならば、家族ぐるみと心得ておく必要があります。

相性が悪い店主とうっかり関わると、思いがけないご近所トラブルになる可能性もあるため注意しましょう。

評判がいい近所の電気屋は、遠くの親戚よりも頼りになります。

家電の料金が高いけれども、あらゆるお願いを聞いてくれることから一定の人気があるのも事実です。

【大手電気屋と近所の電気屋の違い】両者のいいところ取りは難しい!

  • 事務的でもいいからとにかく安く家電を買いたいなら「大手電気屋」
  • 家電料金は高くなるが設置や細かい相談にものってもらいたいなら「近所の電気屋」

簡単にまとめると、このような感じになります。

両方のいいところ取りをするのが「1番いいんじゃないの?」と考えるかもしれませんが、大手電気屋と近所の電気屋のいいところ取りは難しいです。

家電の購入は大手電気屋、作業を近所の電気屋に任せたら、結局は工事費が高くなります。
それだともったいないですよね?

自分が家電購入において何を求めるか優先順位を決めて、どちらかに絞る方がいいでしょう。

大手電気屋と近所の電気屋の違いを理解して希望のお店!

今回は、大手電気屋と近所の電気屋の違いや、電気屋の選び方について紹介しました。

大手電気屋は安く販売することに特化しており、マニュアル対応には不満が残ります。

一方、近所の電気屋は契約したメーカーの家電を定価販売の代わりに、手厚いサービスです。

その違いを正しく把握して、自分の要望に応えてくれる小売店を選びましょう。

まとめ

  1. 大手電気屋は家電が安く購入できるが、サービスが事務的・設置や修理は下請けが担当している
  2. 近所の電気屋は、大手に比べて家電は1.5倍ぐらい価格が高いが、設置・修理なども自社でしてくれる
  3. 大手電気屋と近所の電気屋の違いを理解して、自分にあうお店を探そう

コンセント増設・スイッチの修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

コンセント増設・スイッチの修理をプロに依頼するなら

コンセント増設・スイッチの修理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にコンセント増設・スイッチの修理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事