網戸張替え
更新日:2020/03/04

プリーツ網戸(アコーディオン)プリーツ網戸の特徴や取り付け方法

プリーツ網戸(アコーディオン)プリーツ網戸の特徴や取り付け方法

プリーツ網戸は、一般的な網戸がつけられない窓にも後付けできます。使う時だけ広げられるので、窓からの視界をスッキリさせられて便利ですよ。ほとんどの窓に取り付け可能ですが、一部対応できない窓もあります。今回は、プリーツ網戸の特徴や、取り付け方法について紹介します。

網戸は虫除けしながら換気できる便利なものですよね?
網戸は私たちの生活に欠かせません。

網戸のない小窓は、虫の侵入が心配で開けられませんよね?

また、網戸があるおかげでキレイな庭や、美しい風景が室内からスッキリ見えないと思っている人はいませんか?

網戸には色々な種類があり、その中でも「プリーツ網戸」を付けると、その悩みを解決できますよ。

プリーツ網戸は後付けできて、使用しないときは収納できる便利な網戸です。

そこで今回は、プリーツ網戸の特徴や、プリーツ網戸の取り付け方法や、お手入れする方法について紹介します。

>>プロの網戸張替え業者の一覧

【プリーツ網戸】プリーツ網戸の特徴について知っておこう!

【プリーツ網戸】プリーツ網戸の特徴について知っておこう!

家の窓には網戸が付いている箇所が多いですが、中にはどうしても網戸が付けられない窓や扉があります。

普通の引違い窓や、掃き出し窓には、アルミの外枠に囲まれた網戸が付いています。

しかし、縦長の外開き窓、バルコニーに出るためのテラスドア、和風建築によくある引違の玄関扉には、アルミ枠の網戸が設置できないんです。

これらに対応できるが「プリーツ網戸(アコーディオン網戸)」です。

大きな特徴は、必要な時だけ広げられることです。
使わないときは折りたたんで収納できます。

一般的な網戸がつけられない窓でも、この「プリーツ網戸」を付けること外部からの害虫や、飛来物の侵入を防げます。

プリーツ網戸を取り付けられる窓の種類も豊富です。

  • 縦長(あるいは横長)の開き窓
  • バルコニーに出る為に設けられているテラスドア
  • 玄関の引違い戸
  • ジャロジ(ルーバー状の窓)
  • 普通はアルミ枠に組まれている引違い窓

【プリーツ網戸】プリーツ網戸の「メリット」と「デメリット」

【プリーツ網戸】プリーツ網戸の「メリット」と「デメリット」

プリーツ網戸を取り付けるとメリットだけではなくて、もちろんデメリットもあります。

【プリーツ網戸】プリーツ網戸の「メリット」について知ろう!

  • プリーツ網戸は、窓の見た目がスッキリする
  • プリーツ網戸は、いろんな窓に後づけできる

アルミ枠に組まれた網戸が付けられている引違い窓は、どうしても片側に網が露出しているので、片側の眺望が遮られてしまいます。

プリーツ網戸は折りたためるので、眺望を損なうことがありません。

キレイに彩られた庭や、窓下に広がる夜景を窓越しに楽しめます。

また、プリーツ網戸は窓サッシの内側に設置するので、条件さえ合えば既存の窓に設置できます。

【プリーツ網戸】プリーツ網戸の「デメリット」について知ろう!

  • プリーツ網戸は、上下に隙間ができやすい製品がある
  • プリーツ網戸は、耐久性が低い製品がある
  • プリーツ網戸は、張替えできない

製品によっては上下に隙間ができてしまうので、虫やゴミの侵入が心配です。

折りたたみでジャバラの形状であるため、サイズがあっていないと網戸を広げ切っても折り目が残り、どうしても隙間ができてしまいます。

また、上下にレールが付いていない製品は、開け閉めを繰り返すことにより、上下の網の繊維がほつれやすいです。

さらに、アルミ枠で組まれた網戸は、破れても張替え可能ですが、プリーツ網戸は穴が開いたら原則網戸そのものを交換する必要があります。

【プリーツ網戸】プリーツ網戸が取り付けできない窓の種類

【プリーツ網戸】プリーツ網戸が取り付けできない窓の種類

プリーツ網戸は基本的に窓サッシの内側に取り付けるので、だいたいの窓に取り付けられます。

しかし、一部取り付けできない窓もあります。

プリーツ網戸が取り付けられない窓の種類

  • 窓が内開きの窓
  • オペレーターハンドルタイプの窓

オペレーターハンドルという、ハンドルをくるくる回して窓を開け閉めするタイプの窓の場合、ハンドルの出っ張りが大きな製品の場合は取り付けできません。

また、プリーツ網戸の収納部や、受けの役物、上下のレールを取り付ける時にビスが窓下地に打ち込めない場合は取り付けられません。

  • 窓まわりに木製の枠が付いていない窓
  • 窓サッシの下(窓台)、あるいは窓サッシの上、左右の部分に木枠が組み込まれていない窓

壁下地の石膏ボードに打ち付けただけでは強度不十分で、何度か開け閉めするだけですぐにビスが緩み簡単に外れてしまいます。

木下地が入っている場所にビスを打ち付けできない場合は、ボードアンカー等を打ち込み、ビスが緩まないようにしなければなりません。

【プリーツ網戸】自分でプリーツ網戸を取り付ける道具と方法

【プリーツ網戸】自分でプリーツ網戸を取り付ける道具と方法

プリーツ網戸を自分で取り付けできるのでしょうか?

網戸の寸法や、網戸を取り付ける下地に注意すれば、自分で簡単に取り付けられます。

最近は、取り付けが簡単な製品が数多く市販されています。
自分で取り付けできたら、費用がおさえられます。

用意するもの

必須
メジャー
差し金
ねじ回し
カッター
養生テープ
あると便利
ボードアンカー
1

寸法の確認してプリーツ網戸を固定する位置を決める

網戸が広がり切った状態での寸法を確認します。網戸が蛇腹状になったままの寸法で採寸してしまうと、上下に隙間ができるので要注意です。既存の窓まわりにプリーツ網戸のレール、網戸の戸袋、受けの役物を取り付けるのに十分な余白が必要です。

一般的な製品は、40mm以上の余白があれば取り付けできます。レール、戸袋、役物を取り付けるときは、窓サッシ本体の操作部(引違窓の場合はクレセント、オペレータハンドルがある場合はハンドルのバー、テラスドアの場合は開閉用のハンドルやドアクローザ等)に干渉しないよう、きちんと寸法を測って固定位置を決めます。

2

養生テープで仮止めしてからねじ止めして固定する

固定位置に養生テープで仮止めして、ねじ止めする。下地がねじで固定できない石膏ボード等の場合は、まずはねじで穴を開け、その穴にねじ回しなどを差し込みグルグル回して大きくします。そこにボードアンカーを差し込んでからねじで固定して完了。

※このとき、穴を大きくしすぎないように注意する。

取扱説明書をよく読んで作業すれば、1時間あれば取り付けできます。

しかし、寸法の測り方に自信が無かったり、ねじ止めが苦手な方は、業者に依頼するといいですね。

【プリーツ網戸】プリーツ網戸をお手入れする方法を知ろう!

【プリーツ網戸】プリーツ網戸をお手入れする方法を知ろう!

プリーツ網戸は、もちろんお手入れが必要です。

普通のアルミ枠に組まれた網戸なら、網戸を外してジャブジャブと水洗いできますが、取り外しできないプリーツ網戸はそうはいきません。

めんどくさいのは苦手という人も、安心して下さい。

プリーツ網戸の掃除は、基本的には非常にシンプルです。

用意するもの

必須
雑巾
掃除機
中性洗剤
1

掃除機を使ってプリーツ網戸のほこりやゴミを取り除く

まずは掃除機を使って、プリーツ網戸に付着しているほこりやゴミを取り除きます。

2

雑巾を使って両側から挟むようにプリーツ網戸を拭き掃除する

雑巾で両側から挟み込むように拭き掃除、それでも汚れが落ちない場合は雑巾に中性洗剤を染み込ませて汚れを落とします。

3

濡れ雑巾を使ってもう一度プリーツ網戸を拭き掃除する

最後にもう一度濡れ雑巾を使って、丁寧に拭き取り完了。この時に、蛇腹の横方向に拭かず、縦方向に拭き取るのがポイントです。横方向に力を入れてしまうと折り目が崩れて元に戻らなくなったり、中のワイヤーが折れることもあります。

プリーツ網戸が破れてしまった場合は、大体の製品は補修や張替えができません。
優しく取り扱いましょう。

プリーツ網戸についてわからないことは業者に相談しよう!

そこで今回は、プリーツ網戸の特徴や、プリーツ網戸の取り付け方法や、お手入れする方法について紹介しました。

網戸がついていない小窓の取り付ければ、虫の侵入を防いで換気でき、大きな窓の見た目をスッキリできます。

既設の窓やサッシに取り付けできるのが魅力です。

ほとんどの窓に対応できますが、一部取り付けができない場合があるため、購入する際は確認して下さいね。

自分で取り付けできる製品も市販されていますが、採寸や隙間なく取り付けできるか自信がない方は、業者に依頼しましょう。

まとめ

  1. プリーツ網戸は、使う時だけ広げられるアコーディオンのような網戸のこと
  2. 一般的な網戸を取り付けられない窓にも幅広く取り付けられる
  3. 既存の窓に後付け可能で、基本的には自分で取り付けできる
  4. プリーツ網戸の掃除は、ほこりを掃除機で吸い取って、雑巾で優しく拭くだけです

網戸張替え業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

網戸張替えをプロに依頼するなら

網戸張替えを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に網戸張替えの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
14 投票, 平均点: 4.20

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事