最終更新日:

マザーボードの電池が切れると起こる症状から自分で電池交換する方法のまとめ

パソコンの心臓部とも言えるマザーボードには電池があり、使用しているうちに切れることがあります。自分のパソコンが動作不良になったらマザーボードの電池を交換してみましょう。機種にもよりますが、初心者でも簡単に交換できる場合が多いです。今回はマザーボードの電池を交換する方法を紹介します。

マザーボードの電池が切れると起こる症状から自分で電池交換する方法のまとめ

マザーボードに電池は必要なの?

マザーボードに電池は必要なの?
マザーボードに電池は必要なの?

マザーボードは文字通りにパソコンの中心部分で、キーボードやマウスなどは内部でマザーボードと繋がっています。それぞれのパーツに電気を供給した上で、情報の仲介役しています。マザーボードの性能によってパソコンを選んでいる人もいます。

マザーボードにはカバーに覆われているため気が付きませんが、内部ではマザーボードが一生懸命ユーザー操作をサポートしています。

マザーボードには100円玉ぐらいの大きさのボタン電池があります。このボタン電池はマザーボードが起動準備する時に必要となります。

ボタン電池そのものはパソコン用の特別製ではなく、市販されている通常の物が使われています。充電式ではないためパソコンに電源ケーブルをつないでいても、少しずつ消耗します。

マザーボード上の電池が空になった場合は、その電力を当てにしていた機能が停止します。

マザーボードの電池が切れると起こる症状

マザーボードの電池が切れると起こる症状
マザーボードの電池が切れると起こる症状

マザーボードの電池が切れるとパソコンに色々な異常が発生します。その中でインターネットに接続する時に、深刻な影響をもたらす可能性がある2点を紹介します。

アップデートなど機能しない

管理システムであるマザーボードが設定保存できないため、各種アップデートができません。パソコンの時計はマザーボードの電池で動いており、最新版かどうか判断ができないのが理由です。

また、暗号通信にも不具合が発生します。暗号通信が必須のサイトを閲覧するとエラーの原因となります。

パソコンが全く起動しない

マザーボードがBIOSというプログラムを実行できなくなり、OSが起動しない症状も出ます。電池が切れると途中でフリーズすることが多いです。

必ずしもマザーボードの電池切れが原因とは限りませんが、疑ってみる価値はあります。簡単な電池交換でパソコンが復活するのなら、数百円の出費と少しの手間ですみます。

自分でマザーボードの電池を交換する方法

自分でマザーボードの電池を交換する方法
自分でマザーボードの電池を交換する方法

マザーボードの電池は初心者でも簡単に交換できます。マザーボード用の電池はだいたい「CR2032」です。異なるケースもあるので電池の型番を確認しましょう。

準備物

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • 新しい電池

手順

1

パソコンの電源を落とす

マザーボードの電池交換する前にパソコンの電源を落として、電源ケーブルも抜いておく。

2

パソコンのケースを外す

電源を落として数分後にプラスドライバーやマイナスドライバーを使ってパソコンケースを外す。

3

マザーボードの電池を外す

マザーボードの電池を外して新しい電池と交換する。マザーボードの電池はノッチという取り外し用の部分を引っ張れば外れます。どうしても外れない場合は周辺を傷つけないようにマイナスドライバーで補助して取りましょう。ボタン電池の裏表はついている電池を参考にして、正しく取りつけて完了。

おすすめ

マザーボードの電池を交換する時の注意点

マザーボードの電池を交換する時の注意点
マザーボードの電池を交換する時の注意点

パソコンのマザーボードは繊細な電子部品です。電池交換そのものは一般的な家電と同じ方法ですが、以下の2点に注意しましょう。

摩擦による静電気に注意する

普段から人体は摩擦による静電気が発生します。マザーボードに触った指から静電気が流れ込むと故障する恐れがあります。

有効な対策は「セーターのように摩擦しやすい服を着ない」「予め金属に触ってから作業に入る」です。冬場は空気が乾燥しているため特に静電気に注意しましょう。

電池を抜いてから1時間待つ

マザーボードの電池を外したら1時間程度そのまま放置しましょう。なぜならCMOSクリアというマザーボードが初期化するからです。

このCMOSクリアにかかる時間は、説明者によって数分~1時間とかなりの幅があります。確実にマザーボードを初期化する意味でも、最長時間で見ておくことをオススメします。

手間をかけてマザーボードの電池交換するので、万全の状態にしておきましょう。

マザーボードの電池交換できないなら業者に依頼しよう

今回はマザーボードの電池が切れた時の症状や、電池交換する方法について紹介しました。マザーボードはパソコン全体の制御に重要な役割を果たしています。

パソコンの時計がおかしくなったらマザーボードの電池交換してみましょう。基本的にマザーボードが記憶している時計に基づいてアップデートなどされるため、切れかけたまま放置するのはあまりオススメできません。

関連記事

パソコン設定の業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

パソコン設定ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったパソコン設定の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

記事を探す