【中性洗剤の特徴】中性洗剤が得意な汚れや掃除に使う方法を知ろう!

掃除によく使われる「中性洗剤」ですが、その特徴をご存知でしょうか?汚れの種類によって薄めたり、原液のまま使い分けるとより効果的に使えますよ。今回は、中性洗剤が得意な汚れや苦手ね汚れ、掃除が楽になる活用方法を紹介します。

ハウスクリーニング
更新
【中性洗剤の特徴】中性洗剤が得意な汚れや掃除に使う方法を知ろう!

食器用洗剤や、洗濯用洗剤として使うのが「中性洗剤」です。

中性洗剤は毎日使うものですが、中性洗剤の特徴、正しい使用法、得意な汚れなどについて詳しく知ない人も多いのではないでしょうか?

中性洗剤は、特徴を知って正しく使うことが大切です。

掃除する場所に合わせて中性洗剤を原液のまま使ったり、薄めて使ったりすると掃除の仕上がりが変わります。

また、使用時の注意点を頭に入れておくと、掃除の失敗を予防できますよ。

そこで今回は、中性洗剤の特徴や、中性洗剤を正しく使って掃除する方法について紹介します。

>>プロのハウスクリーニング業者の一覧

【中性洗剤の特徴】中性洗剤はどんな洗剤?特徴を知ろう!

【中性洗剤の特徴】中性洗剤はどんな洗剤?特徴を知ろう!

食器用洗剤や台所用洗剤、洗濯用洗剤として使われている中性洗剤は、中性(PH6~8未満)の性質を持つ洗剤です。

中性洗剤洗浄力は低いですが、刺激が少なく、手肌が荒れにくく、素材を傷めにくいという特徴があります。

素手で使用できる洗剤なので、気軽に使用できます。

洗剤の液性の性質には他にも、酸性(PH0~3未満)、アルカリ性(PH11~14以下)があり、「酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤」「アルカリ性の汚れには酸性の洗剤」が適しています。

汚れがそんなにひどくない場合は、中性洗剤はどちらの性質の汚れも落とせます。

また、中性洗剤は安心して使えるというメリットもあります。

酸性の洗剤は塩素系漂白剤と混ざると有毒ガスを発生して危険ですが、中性洗剤は他の洗剤と混ぜてしまっても、有毒ガスが発生することはありません。

安心して使えるので、小さいお子さんやペットがいるご家庭にもオススメです。

【中性洗剤の特徴】中性洗剤が落とせる汚れや得意な汚れを知ろう!

【中性洗剤の特徴】中性洗剤が落とせる汚れや得意な汚れを知ろう!

中性洗剤には、「界面活性剤」という成分が含まれています。

界面活性剤は水と、油を混ぜ合わせられるので、油汚れを浮かせて水で洗い流せる力があります。

なので中性洗剤は、手垢や皮脂などのちょっとした油汚れや、軽い油汚れなどを落とすのが得意です。

しかし中性洗剤は、簡単に落とすことが難しい頑固な汚れは苦手です。

スポーツや泥遊びなどでついた頑固な汚れには、中性洗剤はオススメできません。

【中性洗剤の特徴】中性洗剤が得意な汚れについて知ろう!

  • 食器や鍋についた油汚れ
  • 水拭きでは落ちないフローリングの汚れ
  • 家具や家電についた手垢
  • お風呂場やトイレについた皮脂汚れ
  • 空気中に舞うホコリや花粉などの汚れ
  • 軽い汚れや付着したばかりの汚れ

【中性洗剤の特徴】中性洗剤が苦手な汚れについて知ろう!

  • しつこい泥汚れ
  • 頑固な油汚れ
  • 鍋の焦げ付き
  • トイレにこびりついた尿石
  • 衣服についた血液汚れ

軽い汚れであれば、中性洗剤でほとんど落とせます。

「どの洗剤を使ったらいいんだろう…」と迷った時は、まず中性洗剤を使ってみるといいでしょう。

中性洗剤を使っても落ちなかった時は、より強い洗浄力を持つ洗剤を使いましょう。

【中性洗剤で掃除】汚れがつきやすい場所は中性洗剤の原液で掃除

【中性洗剤で掃除】汚れがつきやすい場所は中性洗剤の原液で掃除

キッチンのシンクや、お風呂、トイレなど汚れがつきやすい場所は、中性洗剤を原液のまま使って掃除しましょう。

【中性洗剤で掃除】中性洗剤を原液のまま使ってシンクを掃除する方法

用意するもの

必須
中性洗剤
スポンジ
1

スポンジに中性洗剤を原液のままつけてこすり洗いする

スポンジに中性洗剤を原液のままつけ、円を描くようにシンク全体をこすり洗いする。

2

中性洗剤を水道水でしっかり洗い流す

中性洗剤が残っているとシミがついてしまうので、しっかり洗い流す。水垢汚れを防ぐためにも、掃除後はシンクについた水をしっかり拭き取る。

【中性洗剤で掃除】中性洗剤を原液のまま使ってお風呂を掃除する方法

用意するもの

必須
中性洗剤
スポンジ
あると便利
キッチンペーパー
1

スポンジに中性洗剤を原液のままつけてこすり洗いする

お風呂の床や壁などの汚れが気になる場合にも中性洗剤は活躍します。スポンジに中性洗剤を原液のままつけ、気になる汚れをこすり洗いする。れがひどい場合は、その後キッチンペーパーをかぶせて放置します。

2

中性洗剤を水道水でしっかり洗い流す

中性洗剤が残っているとシミがついてしまうので、しっかり洗い流す。

【中性洗剤で掃除】中性洗剤を原液のまま使ってトイレを掃除する方法

用意するもの

必須
中性洗剤
スポンジまたは、トイレブラシ
1

中性洗剤の原液を汚れに直接垂らして放置する

中性洗剤の原液を汚れに直接垂らして、数分そのまま放置する。

2

スポンジまたは、トイレブラシを使ってこすり洗いする

スポンジまたは、トイレブラシを使ってしっかりこすり洗いする。スポンジやブラシは柄のついたものだと、力を入れやすいのでオススメです。最後にトイレの水を流して完了。

紹介した場所だけでなく汚れがつきやすい場所や、頑固な汚れがある場所では、原液のまま中性洗剤を使うのがオススメです。

【中性洗剤で掃除】中性洗剤を薄めて掃除に使う方法を知ろう!

【中性洗剤で掃除】中性洗剤を薄めて掃除に使う方法を知ろう!

色々な場所の掃除に中性洗剤を使う時は、中性洗剤を薄めて使うといいでしょう。

バケツや洗面器にぬるま湯を入れて、中性洗剤を数滴垂らして使います。

洗剤を入れすぎると泡立ちがよくなってしまうので、入れすぎには注意しましょう。

雑巾を浸してもみ洗いをしても、泡立たない程度がちょうどいいです。

【中性洗剤で掃除】中性洗剤を薄めて床を掃除する方法

中性洗剤は素材を傷めにくいので、フローリングなどの床の掃除にも使えます。

用意するもの

必須
中性洗剤
バケツまたは、洗面器
雑巾
1

バケツまたは洗面器にぬるま湯を入れて、中性洗剤を数滴垂らす

バケツまたは、洗面器にぬるま湯を入れて、中性洗剤を数滴垂らす。薄めた中性洗剤に雑巾を浸して、軽く絞っていつもと同じようにフローリングを拭き掃除する。

2

キレイな雑巾を使って水拭きする

フローリング全体を拭き終わったら、最後にキレイな雑巾を使って水拭きしたら完了。

【中性洗剤で掃除】中性洗剤を薄めて食器洗いする方法

洗う食器が多い時やすぐに食器を洗えない時にも、中性洗剤を薄めて使うといいでしょう。

ボウルや小さな容器にお湯を張り、中性洗剤を数滴垂らして食器を浸けます。
その後、しっかりとすすぎます。

水よりもお湯の方が洗浄力が高いので、食器を洗う時はお湯を使うのがポイントです。

食器の種類によっては、長時間浸けると傷むこともあるので注意しましょう。

紹介した場所以外にも窓ガラス、玄関、天井、壁などの掃除にも中性洗剤は使えます。

シミや変色などの汚れを防ぐために、最後に水拭きすることを忘れないようにしましょう。

【中性洗剤の注意点】中性洗剤を使う時の4つの注意点を知ろう!

【中性洗剤の注意点】中性洗剤を使う時の4つの注意点を知ろう!

【中性洗剤の注意点】手荒れしやすい人はゴム手袋を着用しよう!

アルカリ性や、酸性の洗剤に比べたら中性洗剤は安全に使えるイメージがありますが、手荒れしやすい人は要注意です。

中性洗剤の主成分は「界面活性剤」なので、使用すると手肌の皮脂が荒れやすい状態になります。

また、中性洗剤に含まれている「防腐剤」も手荒れの原因になります。

手荒れしやすい人や肌が弱い人は、ゴム手袋を着用して使用するといいでしょう。

【中性洗剤の注意点】中性洗剤を使う場所に注意しよう!

中性洗剤は素材が傷む原因になることもあるので、使う場所には注意しましょう。

壁紙、布製品、塗装されていない木製品などに使用すると、シミや変色が起きる可能性があります。

使用できるかどうか確かめたい場合は、目立たない場所で中性洗剤を使ってみてから、素材に傷みが出ないか事前に確認しておくといいでしょう。

【中性洗剤の注意点】中性洗剤の拭き残しがないように注意しよう!

中性洗剤を使った後は必ず水拭きをして、洗剤分をしっかり拭き取ることが大切です。

少しでも洗剤分が残っていると、シミや変色などの傷みが発生する可能性があります。

拭き残しがないように中性洗剤を使った後は、水やお湯でしっかり洗い流しましょう。

【中性洗剤の注意点】中性洗剤はしつこい汚れが落ちないこともあります!

中性洗剤の洗浄力は、それほど高くありません。

しつこい汚れや、長年落ちない頑固な汚れなどは落ちにくいです。

そういった汚れを落としたい場合は、中性洗剤ではなくアルカリ性や酸性の洗剤を使うのがオススメです。

汚れに合った洗剤を使うことで、スムーズに掃除できます。

中性洗剤で落ちない汚れは専門業者に依頼しよう!

今回は、中性洗剤の特徴や、中性洗剤を正しく使って掃除する方法について紹介しました。

中性洗剤は色々な掃除に使えるのでとても便利です。

しかし、毎日忙しくて掃除をする時間がなかったり、掃除をしても汚れが取れなかったりする時もありますよね?

そんな時は、専門業者に掃除を依頼するといいでしょう。

専門業者はその道のプロなので、気になる汚れも徹底的にキレイにしてもらえますよ。

ハウスクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ハウスクリーニングをプロに依頼するなら

ハウスクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にハウスクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
27 投票, 平均点: 4.75

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事