エクステリア(門周り)
更新日:2019/10/16

《郵便ポスト》エクステリアに欠かせない郵便ポストの選び方と設置方法

《郵便ポスト》エクステリアに欠かせない郵便ポストの選び方と設置方法

郵便ポストは、エクステリアに欠かせないものの1つです。大切な個人情報が入った郵便物が届くため、セキュリティも必須です。今回は、理想的なエクステリア作りにおける郵便ポストの選び方や、設置方法や、費用について紹介します。

新しい家を建てる時や、古い自宅をリフォームする時にエクステリアにもこだわりたいですよね?

門扉や、ライトなど大きなものにばかり気がいきますが、郵便ポストもエクステリアの重要な一部です。

大切な郵便物を受け取る「郵便ポスト」だってこだわりたいですよね?
自分の家に合う郵便ポストを選んで、使いやすい場所に取り付けましょう。

今回は、エクステリアに欠かせない郵便ポストの種類や、人気の郵便ポストについて紹介します。
必要なセキュリティや、郵便ポストの設置場所についても合わせて紹介します。

>>プロのエクステリア(門周り)業者の一覧

エクステリアに欠かせない郵便ポストの種類

エクステリアに欠かせない郵便ポストの種類

「エクステリア」ってどういう意味か知っていますか?
わかっているようで、わかっていない言葉ってたくさんありますよね。

大まかに説明すると「インテリア」が家の内装を指すのに対し、「エクステリア」とは家の外装を指します。

門扉、ウッドデッキ、物置、表札、郵便ポストなど、家の外に設置するものをエクステリアと呼びます。

エクステリアは、家に来る人が最初に目にする部分なので、インテリアだけでなくエクステリアにもこだわりたいですよね。

さて、今回はエクステリアの中でも重要な郵便ポストがテーマです。
郵便ポストは大きく分けて4種類あるので紹介します。

埋め込みタイプの郵便ポスト

玄関や、塀、門柱などに埋め込んで設置する郵便ポストです。

独立型スタンドタイプの郵便ポスト

ポールの上に郵便ポストを乗せたスタンドタイプの郵便ポストです。

壁掛けタイプの郵便ポスト

家の外壁や、塀、門柱に掛けて設置する郵便ポストです。

据え置きタイプの郵便ポスト

家の外塀の上に乗せたり、門柱に取り付ける郵便ポストです。

  • モップ
    モップ

    自分好みの郵便ポストを選ぶには、「目立たせたいか」「目立たせたくないか」がポイントになるよ!

郵便ポストをエクステリアのポイントにするなら、独立型スタンドタイプの郵便ポストがオススメです。

例えばエントランスに北欧風のポールを立てて、郵便ポストを取り付けると家の外観がぐっとオシャレになります。

逆に、郵便ポストを目立たせたくないなら、埋め込みタイプがオススメです。

シンプルで他のエクステリアを邪魔しないデザインの郵便ポストが、たくさん販売されていますよ。

郵便ポストのセキュリティについて考えよう!

郵便ポストのセキュリティについて考えよう!
  • こまるちゃん
    こまる

    最近はなんだか物騒だから、郵便ポストにもセキュリティが必要かな~?


  • モップ

    そうだね~大きさも重視してロック機能はつけておくと安心だよね~♬

郵便ポストに投函された郵便物が盗まれる被害が多発しているニュースがありましたよね?

郵便ポストに届けられる郵便物には、大事な個人情報があるので、セキュリティについても考えてみましょう。

郵便物を守る適度な大きさの郵便ポストを選ぼう!

郵便ポストが小さいと当然、郵便物がはみ出してしまいます。

郵便ポストからはみ出している郵便物は、家の前を通る人から丸見えになり、自分に届いた郵便物を他人の目にさらしたくありませんよね?

新聞3日分または、A4サイズの封筒が数個すっぽり入る程度の大きさの郵便ポストを選びましょう。

しかし、郵便ポストの投函口が大きすぎると、手を入れて取り出すことが可能なので注意しましょう。

小さすぎず、大きすぎない適度な大きさの郵便ポストを選んでセキュリティ対策しましょう。

投函口と取り出し口が分かれている郵便ポストは鍵を取り付けられる

郵便ポストの投函口の種類は、大きく分けて2種類あります。

  • 前から投函し、前から取り出す郵便ポスト
  • 前から投函し、後ろから取りだす郵便ポスト

投函口と取り出し口が一緒の前面扉だと、防犯上はイマイチという印象です。

最近は投函口と取り出し口が、2つ分かれている郵便ポストが主流です。

箱形の郵便ポストの上部分が投函口になっており、取り出す時に前面の扉を開いて取り出すという形です。
このタイプの郵便ポストは、取り出し口の扉に鍵を取り付けられるので安心です。

鍵はダイヤルキーのような、家族の皆が簡単に使える鍵がオススメです。

考えよう!郵便ポストはどこに設定したらいいの?

考えよう!郵便ポストはどこに設定したらいいの?
  • こまるちゃん
    こまる

    エクステリアにこだわりたいけど、郵便ポストの使い勝手のいい設置場所ってあるかな~?


  • モップ

    郵便ポストを玄関に近い場所と、道路から近い場所に設置したらどちらが使いやすいかメリットとデメリットを紹介するよ~♪

新しい家のエクステリアを考える時、あらかじめどこに郵便ポストをどこに置くのか決めておくと工事がスムーズに進みますよ。

玄関に近い場所に郵便ポストを設置するメリットとデメリット

玄関に近いところに郵便ポストを設置すると、郵便物を取り出すのが便利なのがメリットです。

玄関に埋め込んである郵便ポストなら、雨の日でも外に出る必要がないので、濡れずにすみます。
たくさん荷物をかかえて帰宅した日でも、玄関に一度荷物を置いてから、郵便物をすぐ取り出せるので楽です。

玄関に近いところに郵便ポストを設置した時のデメリットは、郵便局の配達員や、チラシのポスティング者が門から玄関まで入って来ることです。

他人が敷地内に足を踏み入れるにに抵抗がある方は、デメリットになります。

また、玄関に埋め込んである郵便ポストは、郵便物が差し込まれると隙間風が入るので、冬は少し寒いです。

道路に近い場所に郵便ポストを設置するメリットとデメリット

道路に近いところに郵便ポストを設置すると、他人が敷地内に入って来ることがないので、不審者が心配な方は安心です。

可愛いおしゃれなデザインの郵便ポストを、街行く人に見せびらかすこともできちゃいます。

毎朝新聞を取りに行く時は、靴を履いて外に出なければならないのがデメリットでしょう。

髪の毛がぼさぼさのノーメイクに、パジャマ姿で外に行くのが恥ずかしい方は、きちんとした身なりを整えてから、外に出ないといけないのが面倒かもしれません。

郵便ポストを自分で設置する方法を知っておこう!

郵便ポストを自分で設置する方法を知っておこう!
  • こまるちゃん
    こまる

    郵便ポストって自分で設置できるのかな~?


  • モップ

    独立型スタンドタイプの郵便ポストなら、自分で設置しやすいよ~♫

新しく家を建てる時には、郵便ポストの設置はエクステリア工事の一環として依頼するのが一番簡単です。

しかし、郵便ポストの設置は自分でもできます。
エクステリアをなるべく自分の手で、作り上げたい人はそれもいいですね。

DIYが好きな方や、器用で何でも自分でやりたい方なら、郵便ポストの設置も自分ですれば愛着がわいていいと思います。

郵便ポストの種類の中で紹介した、独立型スタンドタイプの郵便ポストは、自分でも比較的手軽に設置できる郵便ポストです。

用意するもの

必須
スコップなど穴を掘る道具
独立型スタンドタイプの郵便ポスト
砂利
セメント
ゴム手袋
あると便利
ブロック(必要に応じて)
1

郵便ポストを設置する場所決めて穴を掘る

郵便ポストを設置する場所を決めたら、配管を傷つけないように注意しながらスコップなど穴を掘る道具を使って深さ50cm程度の穴を掘る。

2

郵便ポストのスタンドポールを立てる

スタンドの固定棒が付属している場合は、固定棒を利用する。(固定棒が無い場合は、ブロックで代用する。)スタンドポールを垂直に立てて、砂利などを入れ踏み固める。

3

ゴム手袋をはめてセメントを流し入れる

ゴム手袋を装着して、セメントを流し入れて固定する。

4

郵便ポストを取り付ける

セメントが固まり、スタンドポールが垂直に固定されたら、ポールに郵便ポストを取り付けて完成。

セメントは、インターネットやホームセンターで水を加えるだけで固まる速乾タイプが売られています。

郵便ポストの設置を業者に依頼した時の費用相場

郵便ポストの設置を業者に依頼した時の費用相場
  • こまるちゃん
    こまる

    やっぱり自分で郵便ポストを設置する自信ないな…(泣)


  • モップ

    そんな時は、業者に依頼するのが1番だよ!

自分で郵便ポストを取り付けられる自信がある方はいいのですが、取り付け方法がわかっていても自分でやる自信がない方もいますよね?

体力的に自信がない、不器用なので出来る気がしない、忙しくて時間がない、など理由は人それぞれだと思います。

新築の場合はエクステリア工事の一環として、郵便ポストの設置も依頼するのが一般的です。

10年くらい住んでいると郵便ポストの劣化が気になったり、今までの郵便ポストが小さくなったりなど、新しい郵便ポストの設置を検討する必要性もでてきます。

古い郵便ポストの撤去が必要になるため、作業の難易度も上がります。

郵便ポストの設置ができる業者は、外構工事専門業者や、リフォーム業者などです。

郵便ポストを購入したメーカーで工事を請け負っている場合もあります。
また、便利屋で郵便ポスト取り付けサービスを依頼できる業者もいます。

郵便ポストの設置にかかる費用は、次の3つの合計金額が必要です。

  • 郵便ポストの本体価格
  • 郵便ポストの設置工事費
  • 古い郵便ポストの撤去費用(必要な場合のみ)

郵便ポストの本体価格がかかります!

郵便ポストの本体価格は、デザインやメーカーなどによって差が出ます。

50,000円~90,000万円程度と開きがあるため、かけられる予算とデザインや機能性をどこまでこだわるのかで選びましょう。

郵便ポストの設置工事費がかかります

郵便ポストの設置工事費は、30,000円~20,000円程度が相場です。

今まで壁掛け郵便ポストと使っていて、壁に穴が既に開いているところに再設置するのであれば数千円ですみますが、新たに壁に穴を開けて設置するのなら数万円かかります。

古い郵便ポストの撤去工事費がかかります

古い郵便ポストの撤去工事費は、100,000円くらいを目安に考えておきましょう。

郵便ポストの設置はプロの業者に依頼しよう!

今回は、エクステリアに欠かせない郵便ポストの種類や、人気の郵便ポストについて紹介しました。

郵便ポストはエクステリアの中でも、表情を決める部分です。
デザインや機能性など様々な商品を比較して、自分好みのものを選びましょう。

郵便ポストの設置を自分でできないらな、無理せず業者に依頼すると安心です。

壁掛け郵便ポストのように比較的設置が楽だと言われている郵便ポストでも、壁に穴を開ける位置を正確に決めて(壁に穴を開けるのは一発勝負なので失敗は許されない!)壁の穴を雨漏りしないように、きちんとふさぐには技術が必要です。

エクステリア(門周り)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エクステリア(門周り)をプロに依頼するなら

エクステリア(門周り)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエクステリア(門周り)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
40 投票, 平均点: 4.98

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事