【盗聴を発見する方法】自分で盗聴を発見する方法と見つけた時の注意点

自分で盗聴を発見するには、コンセントやぬいぐるみの中、普段何気なく使っている日用品や事務用品を目視したりアプリやFMラジオを使って見つける方法があります。今回は、自分で盗聴を発見する方法と見つけた時の注意点、プロに依頼する場合の料金相場について紹介します。

盗聴器・盗撮器の確認
更新
【盗聴を発見する方法】自分で盗聴を発見する方法と見つけた時の注意点

テレビなどで盗聴に関するニュースを見ると、普段気にならなかったのに急に怖くなったことはありませんか?

または「うちは大丈夫でしょう~」とあまり身近に感じない人もいますよね?

しかし、盗聴器が誰でも買えてしまう現代では、他人事ではないかもしれません。

人間関係のトラブルが一見ないような一般の家庭でも、盗聴器が設置されていたというような例もあります。

自分の身を守ることを普段から意識する必要がありますね。

そこで今回は、自分で盗聴器を発見する方法や、盗聴を発見した時の注意点や、業者に依頼する時の料金相場について紹介します。

>>プロに盗聴器・盗撮器の確認業者の一覧

【盗聴器の発見】盗聴の実態を知っておこう!

【盗聴器の発見】盗聴の実態を知っておこう!

盗聴器は、年間で40万台ほどが販売されています。

売れているということは、必ず盗聴器が仕掛けられているということになります。

「別に聴かれても困るような内容はないな~」と考える方もいるかも知れませんが、何気ない会話から、どのような災いにつながるような事態が起きるかわかりません。

特に企業などでは、情報が流出することで膨大な損害が出ます。

そのため定期的な調査や、最新の盗聴器など対策する必要があります。

盗聴による情報の漏洩という点について、真剣に対処しなければならない時代となっています。

【盗聴器の発見】盗聴器を仕掛ける犯人の目的

【盗聴器の発見】盗聴器を仕掛ける犯人の目的

犯人は、何のために盗聴するのでしょうか?

知りたい情報を盗み取るためですよね。

具体的に狙われやすい情報について紹介します。

【盗聴器の発見】盗聴器を仕掛ける犯人の目的「個人の場合」

恋人が興味を持って盗聴したり、ストーカーが情報を知りたいからと盗聴するケースが多いです。

また、夫婦間などの浮気調査や、一人暮らしを始めた子供の監視が目的の場合もあります。

遺産相続などの問題で、関係者の情報を知りたがっているということがあります。

さらに犯罪に関係する空き巣や、誘拐のための情報収集ということも想定されます。

【盗聴器の発見】盗聴器を仕掛ける犯人の目的「企業の場合」

社員をリストラしたり、管理したりするために盗聴器を仕掛けて情報を収集するためが目的です。

また、個人情報をデータバンクに入れたり、新商品を開発するための情報収取が目的もあります。

土地を売買するための情報や、選挙等の情報とすることもあります。

【盗聴器の発見】身近な物を使って自分で盗聴器を発見する方法

【盗聴器の発見】身近な物を使って自分で盗聴器を発見する方法

盗聴器が仕掛けられる場所としてよく知られているのは、コンセントの中です

他にも以下の場所に仕掛けられるケースが多いです。

【盗聴器の発見】盗聴器が仕掛けられやすい場所

  • ぬいぐるみ
  • USBメモリー、充電器
  • 事務用品の電卓、ボールペン、時計など

普段何気なく使っている日用品や、事務用品に仕掛けられていることが多いです。

注意しておかないと、とてもわかりにくいです。

しかし、ご安心下さい!

自分で盗聴器を発見する方法を紹介します。

【盗聴器の発見】目視で探す(見慣れない品物がないか確認する)

自分で盗聴器を発見する簡単な方法は、自分が知らない物が置いてないか探すという方法です。

例えばフィギュアや、ぬいぐるみなどを集めるのが趣味の人は、その中に新しい物が増えていても気づきにくいと思いますが、それが盗聴器の場合があります。

特にプレゼントでもらったものは要注意です。

【盗聴器の発見】スマホアプリを使って盗聴器を発見する

スマホアプリの中に盗聴器を発見できる機能のものがあります。

アプリをダウンロードすることで、不正な電波をキャッチできます。

【盗聴器の発見】FMラジオで盗聴器を発見する

FMラジオと同じ周波数帯を持つ盗聴器の場合は、FMラジオを流すと流れる音の強弱ができます。

そして、その音が強く聞こえる場所に、盗聴器が仕掛けられている場合があります。

やり方は、まず音楽やテレビなどの音を流します。

そしてFMラジオの電源を入れて、周波数帯の低いMhzからゆっくりと上げていきます。

その時にFMラジオのスピーカーから今流している音楽や、テレビなどの音が出るという場合は、盗聴器がその部屋のどこかにあるということになります。

【盗聴器の発見】盗聴器発見機を使用して盗聴器を発見する方法

【盗聴器の発見】盗聴器発見機を使用して盗聴器を発見する方法

盗聴器を発見するための機器として、「盗聴器発見機」というものがあります。

盗聴器から出ている高周波の電波の電圧や電力などを受信することで、盗聴器を発見する仕組みです。

【盗聴器の発見】盗聴器発見機を購入する場合

盗聴器発見機は、通販サイトなどで購入できます。

価格には幅があり、高額の物は5万程度しますが、安い商品は数千円程度です。

値段によって性能が異なりますが、盗聴器の種類によっては発見するのが難しいことがあります。

やはり高額なものほど受信する感度はよくなっていますが、高額なものであっても全ての盗聴器を発見するのは難しいです。

というのも、盗聴器以外の電波を受信することがあるからです。

そのため、誤作動があり確実に盗聴器を見つけ出せないことがあるのを理解したうえで、購入を検討する必要があります。

盗聴器以外の電波を受信するものとしてテレビやスマホ、携帯の充電器、また電子レンジやLED型蛍光灯にも反応します。

【盗聴器の発見】レンタルの盗聴器もある

盗聴器発見器を一度試してみたいという方は、レンタルするという方法があります。

安価に利用できるのですが、一般的にレンタルされている機種は旧式のタイプが多くなります。

もちろんレンタルサービス店によっては、最新の盗聴器に対応できるメガヘルツを受信できるものをレンタルしているお店もあるので探してみましょう。

【盗聴器の発見】盗聴器を発見した時の注意点

【盗聴器の発見】盗聴器を発見した時の注意点

自分で盗聴器を発見した場合、いきなり取り外すのは大変危険です。

仕掛けた犯人に発見したことを悟られてしまい、コンセント、充電器、延長コードなどの中の盗聴器を自分で外すのは感電などの恐れもあります。

電気工事士などの資格を持つ専門の業者に、作業してもらう必要があります。

盗聴器を発見したことを犯人に悟られないように、一旦その場を離れて、専門の業者や警察に相談しましょう。

【盗聴器の発見】業者に盗聴器を発見してもらう料金相場

【盗聴器の発見】業者に盗聴器を発見してもらう料金相場

自分でできることを試してみても、なかなか盗聴器を見つけられないということもあります。

高額の盗聴器発見機を買うくらいなら、「業者に依頼する方が安心~」と考える人もいますよね?

業者はアナログ式の盗聴器や、他にも6000Mhz対応でより広帯域の受信機を活用して、最新の盗聴器であっても発見できる設備があります。

料金は、マンション等の集合住宅の場合や、一戸建ての住宅、また店舗などによって違ってきます。

参考までに、2社調べてみました。

【盗聴器の発見】盗聴器の調査依頼費(A社)

  • 集合住宅…20㎡までで約3万円、それよりも広くなると5㎡ごとに約4千円超過費用が必要
  • 一戸建て…20㎡までが5万円5㎡ごとに超過費用は4千円程度
  • 企業や店舗…20㎡までで3万円、それよりも広くなると5㎡ごとに4千円程度の超過費用

【盗聴器の発見】盗聴器の調査依頼費(B社)

  • 即日か翌日の対応…3万円~
  • 365日24時間対応…5万5千円~

業者によっても、かなり料金に違いがありますね。

着手金が必要であったり、盗聴器を発見した時の撤去費用などが別途に請求されたりすることがあります。

そのため一戸建てで依頼すると、総額で10万円程度になることもありますので、十分に依頼業者に詳細を聞いて比較・検討してください。

盗聴器の発見についてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、自分で盗聴器を発見する方法や、盗聴を発見した時の注意点や、業者に依頼する時の料金相場について紹介しました。

盗聴器は自分で発見することも可能です。

身近なものを使ったり、盗聴器発見機を使って発見できる場合があるので、「最近おかしいな…」「会話を聞かれている気がする…」という予感がある人は試してみましょう。

どの方法も絶対に見つけられるわけではないので、不安がある場合は業者に依頼しましょう。

業者に依頼する場合は、費用面や調査の成功率などを調べて比較してみてくださいね。

あなたの不安に寄り添い、身の安全を守る手助けを的確にしてくれる業者を選んで下さい。

まとめ

  1. 自分で盗聴器を発見するには、目視・スマホアプリ・FMラジオから試してみよう
  2. 盗聴器発見機を購入するのも良いが、値段や機能性に幅があることと、必ず発見できるとは限らない。レンタルで試してみる方法もあり
  3. もし自分で盗聴器を見つけた場合、いきなり外さずに専門業者や警察に相談しよう
  4. プロの専門業者に盗聴器の確認を依頼すると3万円~10万円ほど必要。業者の実績なども調べて、比較したうえで業者を選ぼう

盗聴器・盗撮器の確認業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

盗聴器・盗撮器の確認をプロに依頼するなら

盗聴器・盗撮器の確認を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に盗聴器・盗撮器の確認の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
15 投票, 平均点: 4.25

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事