外構工事の相場っていくらくらい?工事費全体の1割はとんでもない話

外構工事の相場っていくらくらい?工事費全体の1割はとんでもない話

あなたの家の印象を決める外構工事。それなりに費用が必要なことは想像できても、相場がわからず不安になりますよね。今回はエクステリア工事のプロが、外構工事の費用の相場や予算の組み方、知っておきたい外構工事の費用の基礎知識と業者選びの秘訣をご紹介します。

ご自宅の建物を引き立てる外構工事の費用、どのように予算を組めばよいかお悩みではありませんか?

どこにどのくらいの費用をかかるのか、業者さんにより多少の差はありますが、凡その相場を知ることで予算組がしやすくなります。

限られた予算の中で、あなたの希望にあった外構を実現したいですよね。

  • モップ
    モップ

    今回は外構工事の相場がわからず不安・・・と困っている人の助けになりたいと思っています!

今回はエクステリア工事のプロが、外構工事の費用や相場についてわかりやすくお教えします!

外構工事にかける費用

一般的な外構工事にかける費用
  • こまるちゃん
    こまる

    新しい家を建てるのに、外まわりにかける費用も高額だよねぇ。


  • モップ

    そうだね。外構工事にかかる費用もそれなりに高額だから、きちんと考えておく必要があるよ。実際にお家を立てた人の体験談から、費用のことも聞いてみよう!

ご自宅を新築する際、建物本体の建築費や土地代金にばかり目が行ってしまいがちですよね。

外構費用と外構の内容をしっかり考えている人って意外と少ないのではないでしょうか(恥ずかしながら筆者も最初はそうでした・苦笑)。

家を建てた業者さんに「外構費用をちゃんと見ておかなければダメだと思いますよ。相場としては、工事費全体の約1割くらいですかね。」と言われ、ふ~ん、そんなもんなのかと軽く考えていました。

ところが計算してみると、土地代以外の費用が建築費含め約3,000万円なので、外構費が約1割で300万円!?

敷地は50坪程度で建坪は30坪しかないのに、300万円もかけたらどれだけ無駄なんだ!と思い、建築業者さんから紹介された外構屋さんとの打ち合わせ時にも「とにかく予算がないので、できれば100万ちょっとでできる方法で提案して下さい」とお願いしました。

案の定、業者さんには最初は「その予算じゃコンクリートを打設しておしまいですよ」と渋い顔をされました。

ですが、筆者は仕事柄建築系の知識があったので「コンクリートの材料費と鉄筋工事費、打設手間なんかを考えても、いくら高くてもせいぜい50万円程度ですよね?もう一度計算してみて頂けませんか?」と切り返しました。

すると、業者さんもこちらがある程度詳しいと察したのか「すいません、計算間違いでした(苦笑)。もう一度提案させてください。」と出直すことに。

結果、予算130万円

  • 車寄せ部分のコンクリート舗装(約20㎡)
  • 玄関までのアプローチのインターロッキング
  • 玄関前の植栽
  • インターホン付き多機能ポスト2基(2世帯住宅で玄関も分かれている為)
  • エクステリア照明(ガーデンライト3本)
  • 敷地の奥は防草シート敷き&白い化粧砂利敷き

にしてもらいました。

つまり、外構工事費は全体の約4%に抑えることができました!

教訓として「業者さんの言いなりになってはいいように費用を取られる」ということが良く分かりました。

予算と希望する項目の照らし合わせ

外構工事の予算と希望する項目の照らし合わせ
  • こまるちゃん
    こまる

    どうやって予算や外構の内容を決めたらいいのかなぁ。


  • モップ

    外構工事にかけられる予算を決めるためには、希望の高額と一般的な費用を調べることが大切だよ。

外構工事は、お金をかけようと思えばいくらでもゴージャスにできます。

とはいえ、大企業の役員さんや資産家でもない限り、予算は青天井なんて方はまずいないですよね。

そこで、どのような外構にするか、まずは希望する項目をご家族でかき出してみましょう。

例えば

  • 芝生の大きな庭が欲しい
  • 車寄せスペースにはカーポートが欲しい
  • 庭の水やり用に外にも水道が欲しい
  • 泥棒が嫌だから立派な塀が欲しい
  • 門扉はモダンな感じの扉にしたい
  • 雰囲気のある木を植えたい
  • 庭にはガーデンライトが欲し
  • 玄関前のアプローチは石畳にしたい
  • 家の裏は雑草が生えないようにしたい

等々、希望する項目をまずは全部列挙してみて、スケッチブックにイメージを書いてみるといいと思います。

その上で、各項目にどのくらいの費用が掛かるのか、凡その金額を調べ、予算内に収めるには何を諦めるか、消去法で考えていくとよいと思います。

外構工事をDIYで行うことは可能?

外構工事をDIYで行うことは可能?
  • こまるちゃん
    こまる

    少しでも費用をおさえるために出来ることってない?


  • モップ

    出来る限り自分でできないか。と考える人もいるけど、DIYで外構工事を行える項目には限りがあるよ。

費用を抑えて自分の思い通りの外構にしたい!そのため、出来る限り自分でできないか・・・と考える方が結構いらっしゃいます。

果たして、DIYで外構工事を行うことは可能なのでしょうか?

結論として「全部は難しいがDIYで施工可能な項目も結構ある」と言えるのではないかと思います。

建て付けの調整が難しい門扉や、素人ではコンクリートすら入手が困難な塀や擁壁の工事、カーポートの工事もDIYでは極めて難しいでしょう。

とはいえ、ガーデニングの延長線上でできる項目が結構あります。

ちょっとした植栽や狭い面積のインターロッキング工事はホームセンターでも材料が入手できますし、庭のエクステリア照明はホームセンターでソーラー蓄電タイプで土に差し込むだけのライトも市販されています。

ウッドデッキも材料はホームセンターで入手可能、FRP製の組み立て簡単な製品も数多く市販されています。

物置も、動画サイトやメーカーホームページ、組立説明書を読めばできないことはありません。

時間の余裕があって、自信のある方は、できる範囲の外構工事はご自身で行ってみるのも良いかもしれません。

項目別・外構工事費用の相場

項目別・外構工事費用の相場
  • こまるちゃん
    こまる

    外構工事の費用の相場が知りたいなぁ。


  • モップ

    そこがわからないと、不安になるもんね。項目別にみていこう!

気になるのは、外構工事にかかる費用の相場ですよね。

インターネットで「外構費用 相場」と検索してみると、項目別に凡その費用の目安が掲載されているサイトに辿り着くことができます。

様々な条件があるので一概に正しいとは言えませんが、目安として参考にしてみる価値はあります。

ここで、項目別にみていきましょう。

門扉・門柱

郵便受けやインターホン、表札とセットで考える方が多いようです。

一般的には、15~30万円程度となります。

アプローチ

門扉から玄関ポーチまでの通路に飛び石&化粧砂利敷く、あるいはインターロッキングにて施工するケースが一般的です。

玄関ポーチまでの距離により金額は異なりますが、だいたい10~15万円程度でかかります。

使う材料を木製にするか、アルミ製にするか、コンクリート塀にするか、ブロック塀にするかによって、また、敷地の外周の長さにより金額は変わります。

一般的には、100万円以上とみている方が多いようです。外構工事の中でいちばん高額な工事となります。

フェンス

家の敷地をフェンスで囲うお宅も結構多いようです。これもまた塀の工事と同じく使用する材料や長さにより金額は変わります。

一般的には、50~60万円程度の予算を見ている方が多いようです。

カーポート

柱を片持ちにするか両側に柱を立てるか、また、カーポート自体の積雪荷重により金額は変わります。

どちらにしても、少なくとも50万円以上かけないと安心できるカーポートを設けるのは難しいでしょう。

植栽

植える樹種や本数により金額は変動しますが、一般的には10~15万円程度の予算で見ている方が多いようです。

外構工事の業者選びのポイント

外構工事の業者選びのポイント
  • こまるちゃん
    こまる

    業者はどうやって選べばいいの?


  • モップ

    業者選びは、とても重要だよね。失敗しない業者選びのポイントを教えるね。

外構工事をプロにお願いする際、どのような業者さんにお願いすればよいでしょうか?

  • 外構専門業者
  • 町の便利屋
  • 建設会社
  • 庭屋

このような業者にお願いするケースが一般的です。

どの業者さんにお願いするにしても、気を付けなければならない2つの重要なポイントがあります。

  • 見積明細をきちんと出してくれるかどうか
  • 見積項目を盛り込んだわかりやすい提案書を用意してくれるか

ここは、かなり大切です。

専門性と意匠性が高い工事ですので、それなりの知識と経験がなければ、満足のいく外構工事はできません。

費用面においても技術面においても納得のいく業者を選ぶために、この2つがいい加減な業者は避ける必要があります。

見た目の金額が異様に安い業者さんもいますが、はっきり言ってお薦めできません。

こちらから指定がなければ平気で最低ランクの再生砕石を敷き詰めたり、砂をばら撒くだけで床付けもまともに行わずにインターロッキング工事をしたり(間違いなくひと雨降れば下の砂が流れ石が沈みます!)・・・。

鉄筋も入れずにコンクリートを打設したり(車が乗り入れ続けると間違いなく割れます!)、ブロック塀を建てる際に鉄筋棒を差し込まなかったりetc…。

あり得ない話ですが本当にこういう無知な業者さんがいるのが現実なんです(泣)

少なくとも3社以上の相見積を取り、金額だけではなく、こちらを思わず唸らせるナイスな提案をしてくれる業者を探しましょう。

まとめ

今回は、外構工事の費用や相場、業者選びのポイントについてご紹介しました。

「家」と「庭」の2文字が組み合わさって「家庭」という単語になるくらいです。それだけ外構工事は重要です。

要望は限りないと思いますが、予算内で収める為に希望項目の中から優先順位をつけ取捨選択しましょう。

費用の相場は様々なケースがあり一概にはいえませんが、少しでも参考にしていただけると幸いです。

業者選びの際は、ただ金額だけで比較するのではなく、トータル提案力と施工実績の豊富さを重視しましょう。

今回の記事が、何かひとつでもあなたのお困りごとの解決につながりますように。

外構工事業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。

まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エクステリア(門周り)をプロに依頼するなら

エクステリア(門周り)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエクステリア(門周り)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
0 投票, 平均点: 0.00

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事