出張整体
更新日:2020/04/16

整体とマッサージはどう違う?整体とマッサージで改善できる症状と使い分け方

整体とマッサージはどう違う?整体とマッサージで改善できる症状と使い分け方

肩こり・首こり・腰痛・頭痛などの改善は、整体やマッサージが効果的だと思いますよね。痛みをとってくれたらそれでいい!と思い立ちですが、実は目的や症状によって使い分ける必要があります。今回は、整体とマッサージの違いをご紹介します。あなたの不調にどちらが有効かがわかりますよ。

疲労回復や肩こり・筋肉の痛みを和らげるためにマッサージ店か整体院に行こうかと悩んでいるけど、どっちに行ったらいいかわからない。

既にどちらかに通っているけど、どうも効果があるように思えず、通う場所を変えようか迷っている。

そのような方も多いのではないでしょうか。

整体とマッサージは似て非なるもの、目的や施術内容にも違いがあります。

今回は、整体とマッサージの違いを解説します。

あなたの症状にはどちらが最適か、これを読めばきっとわかりますよ。

身体の調子が悪いと気分も沈みがちですが、自分にあった施術のできる先生を探して、軽い体と明るい気持ちを取り戻して下さいね。

>>出張整体業者の一覧

整体とマッサージはどう違うの?

整体とマッサージはどう違うの?

街のいたるところに整体院やマッサージ店を見かけますよね。

身体の痛みを取り除き、楽になる方法として、いずれも大して変わらないんじゃないの?と認識していらっしゃる方が多いようです。

実は、整体とマッサージは全然違うものなのです。

【整体とマッサージの違い】整体とは

主たる目的は「関節のゆがみ・骨格のずれ」を矯正するものといえます。

人間は、カバンを左右どちらかの肩にかけたり、椅子に腰かけたりしますよね。

これらの行動により、普段の生活の中で気づかないうちに身体の骨格が少しずつずれていき、身体の前後左右のバランスがずれていきます。

左右どちらかの足や肩、骨盤などに負担がかかるようになり、痛みを感じるようになってきます。

整体とは、この関節のゆがみ、骨格のずれを矯正してくれる施術のことです。

【整体とマッサージの違い】マッサージとは

主に「体内の血液やリンパの流れを良くすること」を目的としています。

身体の表面を揉み、押し、叩き、さすることにより身体の疲れを取り除き、痛みをやわらげることを主たる目的としています。

整体とマッサージではもっている資格が違う

整体とマッサージではもっている資格が違う

整体とマッサージでは、目的や施術内容が異なるため、当然もっている資格も違います。

ホームページなどで興味のある先生の自己紹介をみて、どんな資格をお持ちなのかもチェックしてからお試し施術を受けると安心ですね。

【整体とマッサージの違い】按摩(あんま)マッサージ指圧師

簡単に説明すると、按摩は「揉む」技術で、マッサージは「オイルなどを使って肌に擦る」技術、指圧は指で圧力をかける技術です。

国家資格ですが、実技はなく、筆記試験のみで資格が取得できます。

【整体とマッサージの違い】鍼(はり)師

いわゆる身体のツボに「鍼(はり)」を打つ施術であり、こちらも国家資格の一つです。

鍼師の試験に合格しないと、資格を取得できません。

こちらも按摩マッサージ師同様、筆記試験のみです。

【整体とマッサージの違い】灸(きゅう)師

きゅう師が行うきゅう治療は、身体のツボに薬草の「もぐさ」をすえて燃やし、その熱の刺激によって治癒作用を盛んにする、東洋医学の治療法です。

こちらも国家資格であり、試験方法は筆記試験です。

【整体とマッサージの違い】柔道整復師

文字通り、柔道によるケガを整復する施術をベースとし、俗に「ほねつぎ」「接骨」と言われる施術が柔道整復師の施術です。

柔道整復師は国家資格であり、学校教育法第90条に定める大学入学資格があり、かつ専門学校や大学・養成施設で3年間、専門的な知識や技術を学んだ者に受験資格が与えられます。

試験方法は筆記試験です。

【整体とマッサージの違い】整体師

整体師は、実は国家資格ではなく、民間の資格です。

民間団体でも何種類もありますが、提携するサロンの数が多く、登録する整体師の数が多い団体の資格を取得している方が多いようです。

【整体とマッサージの違い】カイロプラクター

アメリカ発祥の骨盤矯正術と言われている「カイロプラクティック」を施術する資格です。

アメリカでは医療行為と同様に認識されていますが、日本ではまだ認められておらず、民間資格となります。

どんな時にどちらに行く?整体とマッサージで改善できる症状

どんな時にどちらに行く?整体とマッサージで改善できる症状

整体とマッサージの違いはわかったけど、実際に自分が悩んでいる症状にはどちらがいいのか具体的に知りたいですよね。

よくある不調と効果的な使い分け方をみていきましょう。

【整体とマッサージの違い】整体で改善が期待できる症状

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首こり
  • 腰痛
  • 膝の痛み
  • 手足のしびれ
  • 自律神経の乱れ

これらの症状は、マッサージで上から揉むよりも整体で骨の歪みを治すことで、改善が期待できます。

特に骨盤の歪みは、身体のあらゆる場所に影響します。

膝が痛い!という悩みは「膝」にばかり意識がいきがちですが、実は骨盤が原因というケースも大変多いです。

【整体とマッサージの違い】マッサージで改善が期待できる症状

  • 疲労回復
  • ストレス緩和
  • 血行促進
  • 体の柔軟性

筋肉の疲労や緊張をほぐし、体の柔軟性を保つには、マッサージが効果的です。

プロのアスリートや激しいダンスでファンを魅了するアーティストなども、マッサージをうけていますよね。

マッサージは、ストレスの緩和にも有効で、体と心の両側のケアが期待できます。

整体とマッサージにかかる費用はどのくらい?

整体とマッサージにかかる費用はどのくらい?

整体もマッサージも、定期的に通うとなると気になるのが費用ですね。

施術内容や改善したい症状、通う回数により費用は全然異なってくるのですが、一般的にどのくらいの費用が掛かるか、目安として代表的な施術の費用をご紹介します。

【整体とマッサージの違い】整体の費用目安

  • 骨盤矯正:5,000円~8,000円(30~60分前後)
  • 全身整体:6,000円~8,000円(60分前後)
  • スポーツ整体:3,000円~4,000円(30分前後)
  • 姿勢矯正:3,000円~6,000円(30~60分前後)
  • 美容整体:3,000円~10,000円(30~60分前後)

スポーツ整体は、保険の適用ができる整体もありますが、それ以外は保険適用外の場合がほとんどです。

クーポンや回数券を利用すれば、少しお得になるお店が多いので、お近くの整体院を調べてみて下さい。

そんなにお安いものでもないので、月に1度は通えてもそれ以上は厳しいなぁという人も多いですよね。

肩こり、首こり、腰痛、頭痛などは日々の運動でかなり改善できるので、自分でも頑張ってみましょう。

【整体とマッサージの違い】マッサージの費用目安

  • 全身マッサージ:3,000円~10,000円(60分)
  • 部分マッサージ:2,000円~5,000円(20分~60分)

マッサージの場合、単なるもみほぐしだけであれば、そんなに高額な施術費用は掛からないようです。

ただ、サロンによっては実に様々なオプションメニューがあり、これらを組み合わせると、60分で10,000円を超える施術となる場合もあります。

アロマオイルやハチミツ、牛乳等ありとあらゆる種類の滑剤による全身マッサージ、エステティシャンの指名、ハーブを使ったものなど、女心を揺さぶる様々なメニューがあります。

一部に必要のないオプションメニューまで押し付けてくるサロンもあるようですので、そこまではいらないと少しでも思うようなメニューはきっぱりと断りましょう。

反対に、場合によっては健康保険が適用され、施術費が医療費として認められることもあります。

筋麻痺・関節拘縮等の異常な症状が認められ、制限されている関節の可動域の拡大と筋力増強を促し、症状の改善を目的として、マッサージの施術が必要と医師が同意している場合に限ります。

したがって、疲労回復や慰安目的などのマッサージは健康保険の対象となりません。

パートナーがいて、お互いにマッサージをしあえるという人は、それによって費用を抑え、円満な関係を継続できるのでいいですね。

そうでない場合でも、自分でできることは沢山あります。

特に女性の場合、セルライトやむくみが気になる方も多いですよね。

たまのご褒美にサロンでアロママッサージも素敵ですが、日常的に自分で自分メンテナンスをすれば、コスメや洋服、お友達とのランチに費用をまわすこともできますよ。

整体・マッサージでも症状が改善されない時の対処法

整体・マッサージでも症状が改善されない時の対処法

整体やマッサージでも関節の痛みや筋肉痛が取れない時もありますよね。

そんな時は、医療的な施術・治療が必要になる場合がほとんどです。

痛みを我慢したり、治療を後回しにせず、整形外科に行きましょう。

【整体やマッサージで改善しない時の対処法】関節の痛み

痛みの内容にもよりますが、関節炎や関節の周りについている軟骨が磨り減っている場合があります。

このような場合は、整形外科で診断を受ける必要があります。

また、関節の痛みが知られている症状として、痛風、膠原病いわゆるリュウマチがあります。

癌の一種である骨肉腫も関節の痛みを伴う症状が現れます。

【整体やマッサージで改善しない時の対処法】筋肉の痛み

筋肉痛にもマッサージでは治癒できないものがあります。

肉離れや筋繊維の炎症・断裂等の場合は、マッサージに通っても完治しません。

関節の痛みと同様に、整形外科を受診して、適切な処置を受けましょう。

整体とマッサージは症状と目的別で使い分けよう

今回は、整体とマッサージの違いについてご紹介しました。

あなたが今、悩んでいる身体の不調にどちらが最適かお分かりいただけましたでしょうか?

肩こり、首こり、腰痛などは放置していても良いことはひとつもありません。

自分でできる運動や体操をしたり、プロの施術を受けたりして、少しでも改善できれば体はもちろん心も楽になりますよ。

さまざまな整体院やサロンがありますので、自分にあった施術をしてくれる先生を探すことが大切ですよね。

育児や介護などがあり、なかなか家を開けられない方には、出張で自宅にきてくれる先生もいます。

あなたの不調に親身になって向き合ってくれる先生を見つけて下さいね。

まとめ

  1. 整体は「関節のゆがみ・骨格のずれ」を矯正する目的がある。
  2. マッサージは「体内の血液やリンパの流れを良くすること」が目的である。
  3. 整体とマッサージは、目的も施術も違うため、自分の症状に合わせて使い分けよう。
  4. 整体もマッサージも、基本的に健康保険適用外で、それなりに費用がかかる。定期的に通うにも回数を重ねると大きな負担になるので、自分でできる体操やマッサージなども組み合わせよう。
  5. 整体でもマッサージでも改善されない関節痛や筋肉の痛みは、整形外科で診察を受けて。

出張整体業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張整体をプロに依頼するなら

出張整体を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張整体の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
16 投票, 平均点: 4.30

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事