出張ビデオ撮影
更新日:2019/11/01

ビデオで背景をぼかして撮る方法を解説!ビデオと背景のぼかし方(一眼レフ・iPhoneも)

ビデオで背景をぼかして撮る方法を解説!ビデオと背景のぼかし方(一眼レフ・iPhoneも)

ビデオで背景をぼかして撮るのは難しそうに感じますよね。でも、ちょっとしたテクニックで誰でも簡単に撮影できるようになりますよ。今回は、ビデオで背景をぼかして撮る方法を3つご紹介します。一眼レフやiPhoneを使った撮影方法と、2019年おすすめの機種もご紹介!

ビデオカメラで撮影する時、背景をぼかして撮影すると主役の被写体がグッと引き立って見えますよね。

あれって一体、どうやって撮っているんだろう?と不思議に思ったことはありませんか?

一見難しそうなテクニックですが、いくつかのポイントを押さえれば誰でも簡単に撮影できます。

今回は、ビデオカメラ、一眼レフ、iPhoneを使って背景をぼかした動画を撮る方法をご紹介します。

秋冬はイベントも多い季節ですので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

>>プロの出張ビデオ撮影業者の一覧

【ビデオで背景をぼかした撮影方法1】被写体と背景の距離を離す

【ビデオで景をぼかした撮影方法1】被写体と背景の距離を離す

子どもの運動会や旅行など、大切な思い出を記録するために欠かせないのがビデオカメラですよね。

まずはビデオカメラを使った背景のぼかし方から解説します。

撮影テクニック1:被写体と背景の距離を離す

ビデオカメラで動画を撮影する際に背景をぼかすには、まず、被写体と背景の距離を離します。

被写体と背景の距離が近いと、被写体にピントを合わせた時、背景にもばっちりピントが合うのでくっきり撮影されてしまいます。

しかし、被写体と背景の距離が遠いと、ピントは手前にある被写体だけに合います。

すると、ピントが合わない後ろの背景はぼけます。

これを利用して背景をぼかした動画を撮影するというわけです。

撮影テクニック2:撮影者は出来るだけ被写体に近づく

撮影者は出来るだけ被写体に近づいて、しっかりと主役の人間や動物にピントを合わせます。

被写体にピントが合っていないと、後ろの背景にピントが合ってしまいます。

背景をぼかした動画を撮る時はピントが被写体に合っているか必ず確認してください。

ただ、あまりにもカメラと被写体が近いと、ピントが合わなくなってしまいます。

撮影出来るギリギリの距離まで近づいて撮るようにしましょう。

一眼レフカメラやiPhoneの動画機能を使う場合も同様のテクが使える

ピントを合わせたものとぼかしたいものの距離が離れていることで、ぼかした動画が撮影できます。

撮影者と被写体の距離が近ければ近いほど、そして被写体と背景の距離が遠ければ遠いほど背景はぼけます。

この撮影テクは、ビデオカメラだけでなく、一眼レフカメラやiPhoneの動画機能を使う場合も同様に撮影します。

ただ、iPhoneにはオートフォーカス機能がついています。

これは自動でピントを合わせてくれる便利な機能ですが、背景をぼかしたい場合は邪魔になります。

なので、手動でフォーカスを合わせられるように切り替えてから撮影します。

ビデオカメラや一眼レフカメラの場合も、オートフォーカスになっている場合はマニュアルモードに切り替えましょう。

こうすればカメラの明るさやフォーカス、絞り、シャッタースピード等を手動で設定することができます。

【ビデオで背景をぼかした撮影方法2】ズーム機能(望遠側)を使う

【ビデオで背景をぼかした撮影方法2】ズーム機能(望遠側)を使う

ズーム機能(望遠側)を使って背景をぼかす方法もあります。

撮影機器毎にご紹介していきます。

ビデオカメラで撮る場合

たいていのビデオカメラにはズーム機能がついています。

このズーム機能を使って背景をぼかすことができますよ。

ズーム機能には望遠側(Tと表示されている)とワイド側(Wと表示されている)の2つがあります。

背景をぼかす時は望遠側に切り替えて撮影します。

一眼レフカメラで撮る場合

一眼レフカメラには望遠レンズと広角レンズの2種類があります。

望遠レンズと広角レンズの違い

  • 望遠レンズ・・・遠くにあるものが大きく写る
  • 広角レンズ・・・広い範囲を写すことができる

背景をぼかす場合は、望遠レンズを使って撮影します。

望遠レンズで一番遠くを撮れる状態までズームしながら、主役の被写体にピントを合わせ、後ろの背景をぼかします。

iPhoneで撮る場合

まず、あなたのiPhoneは望遠レンズがついているかどうか確認してみましょう。

iPhone7plus、8plus、xなら望遠レンズがついています。

しかし、古い機種だと望遠レンズがついていない場合があります。

望遠レンズがついていない機種は、iPhone内部のデジタル処理で望遠効果を出しているだけですので、いくらズーム機能を使ったところで背景をばかす動画は撮れません。

その場合は、外付けの望遠レンズを購入するか、ズーム機能を使う方法ではない方法で背景ぼかしをします。

【ビデオで背景をぼかした撮影方法3】絞り(F値)を調整する

【ビデオで背景をぼかした撮影方法3】絞り(F値)を調整する

絞りというのは、光をカメラに取り入れる入り口の大きさのことです。

そして、絞りの値をF値といいます。F値は絞りを開くと小さくなります。

このF値が小さければ小さいほど、ピントの合う奥行きの値が小さくなっていきます。

そのため、ピントの合わない部分が増えます。

ピントの合わない場所はピンボケします、これを意図的に利用して背景をぼかした動画を撮影する方法です。

絞りを開いてF値が小さい状態で撮影する方法

まず、絞りを開いてF値が小さい状態で被写体に近づいて撮影します。

すると、ピントは手前の人物や動物だけに合って、後ろの背景はふわっとぼけて写ります。

F値の設定と聞くと難しそうですが、そんなに難しくありませんよ。

ビデオカメラや一眼レフカメラであれば、絞りを手動で調節できるモードにし、カメラのダイヤルを回してF値の数値を最小に設定するだけです。

iPhoneの場合は絞りを変えられるアプリをダウンロードすればF値を変更することが出来ます。

背景をぼかした撮影にはビデオカメラと一眼レフどちらがいい?

背景をぼかした撮影にはビデオカメラと一眼レフどちらがいい?

悩むのが、撮影する機器はどれがいいのかということですよね。

背景をぼかす場合は、一眼レフカメラのほうがきれいに撮影できます。

さまざまな種類のレンズがありますので、自分で工夫しながら雰囲気のある動画を撮影する楽しさがあります。

それに比べると、ビデオカメラはレンズの交換が出来ないため、どうしても画一的な動画になりがちです。

ただ、一眼レフで動画を撮れるのは30分程度と、非常に撮影時間が短いのがデメリットです。

ビデオカメラは一眼レフほどはきれいに撮れませんが、長時間撮影できるというメリットがあります。

また、ビデオカメラの方が軽くてコンパクトですし、手ブレ補正機能もありますので楽に撮影することができます。

ですから、例えば赤ちゃんの寝顔や子どもの発表会など、短時間の撮影は一眼レフカメラを使って美しい映像を残しましょう。

そして、運動会や旅行など長時間撮影する場合は、ビデオカメラを使いましょう。

このように一眼レフカメラとビデオカメラを使い分けてみてはいかがでしょうか。

2019年おすすめのビデオカメラと一眼レフを紹介

2019年おすすめのビデオカメラと一眼レフを紹介

ソニー/デジタルビデオカメラ/ハンディカムFDR-AX60

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX60 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX60 B
ソニー(SONY) (2018-02-09)
売り上げランキング: 42,895

4Kなので発色が美しい!とにかく画像がキレイです。しかも手ブレに強い!

内蔵メモリーが2倍になっているのも嬉しいですね。

ソニー/レンズ交換式デジタルビデオカメラ/ハンディカムNEX-VG30

ビデオカメラでありながら、一眼レフカメラのような写真を撮ることが出来ます。

背景をぼかした美しい映像を撮影するのにぴったり!

ただ、現在ソニーストアではレンズ交換式デジタルビデオカメラの販売は行っていません。

そのため、ネットや通販で探して購入することとなります。根気強く探してみましょう。

パナソニック/ミラーレス一眼レフカメラ/GH5S

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5S ボディ ブラック DC-GH5S-K
パナソニック(Panasonic) (2018-01-25)
売り上げランキング: 53,358

一眼レフカメラですが、動画画質が素晴らしい!

ビデオカメラとして購入する方も多いようです。

キャノン/デジタル一眼レフカメラ/EOS70D

写真も動画もキレイに撮れるうえ、Wi-Fiでスマホに繋げて使えるのが便利です。

他の機種に比べると価格が抑えめで、非常に人気の高いカメラです。

背景をぼかす撮影テクニックを使って思い出の動画を残そう

今回は、ビデオカメラ、一眼レフ、iPhoneを使って背景をぼかした動画を撮る方法をご紹介しました。

さまざまな撮影機器がありますが、どれも練習次第で背景をぼかすことができますね。

日頃からちょっとしたシーンを撮影して練習しておくと、子供の行事などを撮る時に役立ちそうです。

しかし、やはりちょっと自信が無い…と思う方、や機材を揃えると高額になる・・・と躊躇してしまう方は、出張ビデオ撮影サービスがおすすめです。

プロのカメラマンが、あなたが希望する場所まで撮影に来てくれますよ。

結婚式や七五三、サッカー等スポーツの大会など、特別な日だけに自分で撮影するのは難しそう…という時に依頼してみてはいかがでしょうか。

出張ビデオ撮影の料金の相場は1時間12,000円~30,000円です。

プロの技術で皆さんの笑顔を最高のかたちで残してくれますよ。

まとめ

  1. ビデオで背景をぼかして撮影するテクニックは大きく3つある。練習してみよう。
  2. 一眼レフやiPhoneでも、背景をぼかした動画撮影が可能!
  3. 背景をぼかした動画の撮影にはビデオカメラよりも一眼レフの方がむいている。撮影時間の長さによって使い分けるのがおすすめ。

出張ビデオ撮影業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張ビデオ撮影をプロに依頼するなら

出張ビデオ撮影を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張ビデオ撮影の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
13 投票, 平均点: 4.30

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事