パソコン設定
更新日:2019/10/17

【2019年】おすすめのキーボード紹介!選び方とおすすめのキーボード(有線・無線)

【2019年】おすすめのキーボード紹介!選び方とおすすめのキーボード(有線・無線)

キーボードの使い勝手が悪いと、作業効率が下がって気分も落ちますよね。そこで、2019年のおすすめキーボード紹介と選び方のポイントをまとめました。買い替えをご検討の方は、ぜひおすすめのキーボードを参考に自分好みのものを選んでみて下さい。

パソコンのキーボードの使い心地、何気に重要だと思いませんか?

自分に馴染まないキーボードでは、なかなか効率よく作業ができないものですよね。

より使いやすいキーボードで、サクサクお仕事を進めたいと買い替えを検討されている方に、おすすめのキーボードや選び方のポイントをご紹介します。

消費税はあがってしまいましたが、ポイント還元などを使いこなせばお得に購入できるかもしれませんよね♪

ぜひ参考にしてみて下さい。

キーボードのおすすめ「用途によって有線か無線かを選ぶ」

キーボードのおすすめ「用途によって有線か無線かを選ぶ」

ご存知のとおり、パソコンのキーボードには「有線」と「無線」の2種類があります。

まずは、そのメリット・デメリットとおすすめのポイントをご紹介します。

有線キーボード

有線キーボードは、USBポートに直接差し込んで本体から電気を供給するキーボードです。

メリット

  • 本体と直接つないで操作を行うので快適に操作することができる。
  • 無線に比べて、反応の遅れがない分、ストレスフリーに操作可能。ネットゲームをされる方に人気
  • ハイスペックモデルは有線モデルが多く、機能性や快適性を求めるなら有線キーボードがおすすめ。

デメリット

  • 配線があるため、少し邪魔に感じてしまう。
  • 無線とは違って、モニターとキーボードを切り離して遠隔操作をすることが難しい。
  • パソコンと繋いでで操作することが必要なため、パソコンを利用するエリアが限られる。

無線キーボード

無線キーボードはワイヤレスイヤホンや無線マウスなどと同じく、コードを介さずにBluetoothなどで本体と接続できるキーボードのことをいいます。

また、無線キーボードはBluetoothとUSBレバーの2種類あります。

メリット

  • BluetoothやUSBレバーで接続できるため、パソコン周りがすっきりする。
  • 有線とは違い、線がないので狭いスペースにも置くことが可能。シーンを選ばない。
  • タブレットやノートパソコンにも接続可能なので外出先でキーボードを利用したい方は無線がおすすめ

デメリット

  • 接続状況によって異なるが、有線に比べて動きが遅くなったり鈍くなったりしやすい。
  • キーボードのバッテリーや電池切れに注意が必要。

キーボードのおすすめ「キーボード選びの3つのポイントを知ろう」

キーボードのおすすめ「キーボード選びの3つのポイントを知ろう」

パソコンのキーボード選びには、「有線」「無線」の他に、3つのポイントがあります。

キーボードの種類と特徴

大きく4つの方式があります。

メンブレン方式

  • 最も一般的でリーズナブルなキーボード。
  • 接点の部分にラバー素材が使われており、反発が強いので指への負担が高いため長時間の作業のときには不向き。
  • 価格重視でキーボードを選びたい人におすすめ。

パンタグラフ方式

  • 他のキーボードに比べて薄く、主にノートパソコンのキーボードに使われている。
  • 浅く打てるのでメンブレン方式に比べて反発が少なく、長時間パソコン作業するのに向いている。

メカニカル方式

  • キーが独立しているタイプのキーボード。
  • 複雑な構造なのでキーボードが重くなりがち。
  • 他のキーボードと比べて高価。

静電容量無接点方式

  • 静電容量の変化で入力を判断するキーボード。
  • 他のキーボードと比べてタイピング音が静か。
  • 非常に高価だが、静音性と耐久性に優れたキーボードを探している方におすすめ。

「キーストローク」「キーピッチ」って何?

キーストロークとは、キーボードを押したときに沈み込む深さを表しており、キーピッチはキーとキーの間の隙間を指しています。

タイピングをするときに、しっかりとキーを押したい方はキーストロークが深めのものを選びましょう。

キーピッチは、一般的なものを使用したい方はフルサイズの製品を選ぶのがおすすめです。

予算を決めておく

キーボードの価格は、安いものから高いものまで幅広くあります。

1,000円台で買えるものから、1万円するものや3万円弱するものまであるので、あらかじめ予算を決めておくことで選びやすくなります。

ほしい機能や条件なども考えながら、おおよその予算を考えましょう。

2019年おすすめのキーボード(有線キーボード)3選

2019年おすすめのキーボード(有線キーボード)3選

Amazonで購入できるキーボードの中から、有線キーボードのおすすめを3つご紹介します。

ロジクール/有線キーボードK120

薄型で使いやすいのが特徴の有線キーボードです。

最大1000万回の打鍵に耐える耐久性を備えていて、静音設計により音が気になりません。

また、液体が本体から排出される仕組みになっているため、万が一キーボードに飲み物をこぼしてしまっても安心です。

東プレ/R2-JP4-BK

キーの重量が45グラムと軽く、しっかりと入力できるので日ごろからパソコンをよく使う方におすすめです。

静音性も高いので、静かな場所で作業をしたいとにも利用できます。

安心の日本製で長く使えるのも特徴です。

ロジクール(Logicool)/メカニカルキーボードK840

抜群の耐久性があり、アルミニウムボディの見た目で機能面とおしゃれさを兼ね備えています。

キータッチの反応がよく、セットアップも簡単にできるので誰でも気軽に利用できるのが特徴です。

2019年おすすめのキーボード(無線キーボード)3選

2019年おすすめのキーボード(無線キーボード)3選

続いて、無線キーボードのおすすめも3つご紹介します。

ロジクール(Logicool) /ワイヤレスキーボード K270

小型のUSBレシーバー「ロジクールUnifyingレシーバー」で接続する無線キーボードです。

パソコンに挿したままでも邪魔にならないレシーバーです。

耐水加工がされているので水をこぼしても故障しにくくなっています。

また、消費電力が抑えられる自動スタンバイ機能があり電池が長持ちします。

ロジクール キーボード ワイヤレス 無線 フルサイズ 薄型 テンキー付 耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード Unifying対応レシーバー採用 K270
Logicool(ロジクール) (2011-04-28)
売り上げランキング: 38

iClever/折りたたみ式Bluetoothキーボード

折り畳み式で薄型のキーボードです。

軽量で185gなので、持ち運びが苦にならず、外出先でも気軽に使えます。

Windows、Android、iOS 、Mac、各OSに対応しており、タブレット、スマホ、pc、iphone、ipad、などのデバイスを素早く切り替えることができます。

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 ブラック シルバー IC-BK03
iClever
売り上げランキング: 988

Anker/ウルトラスリムBluetoothワイヤレスキーボード

iOS、およびAndroid、Mac、Windowsに使用可能です。

フルサイズのキーボードの3分の2くらいのコンパクトサイズで軽量なので、持ち運びに便利。

取替え可能な単4形電池と省電力モードで3か月以上使える長時間使用可能なところが嬉しいですね。

定期的なお手入れでキーボードを長持ちさせよう

定期的なお手入れでキーボードを長持ちさせよう

キーボードをお手入れすることで、より長く使うことができます。

キーボードの掃除に便利なグッズを使うと、あっという間に掃除ができますよ。

「エアダスター」でキーボードにたまったホコリを吹き飛ばす

キーボードの隙間に入り込んだほこりを吹き飛ばすのに使用します。

専用のノズルをキーボードの隙間に近づけ、エアーを噴射するだけなのでとても簡単ですよ。

エレコム エアダスター ECO 逆さ使用OK ノンフロンタイプ 3本セット AD-ECOMT
エレコム (2011-10-06)
売り上げランキング: 12

「専用ブラシ」でちょこちょこ掃除

パソコンのキーボードや画面の掃除専用のブラシで、日頃から軽く掃除をしておけば、ホコリを溜め込まずに済みます。

1,000円以下で購入できる商品が沢山でているので、探してみて下さい。

エレコム 除電ブラシ ほこりとり すきま用ブラシ付き 回転タイプ ブラック KBR-AM013AS
エレコム (2018-08-06)
売り上げランキング: 700

おすすめのキーボードを参考に自分好みを選んでみて

今回は、おすすめのキーボードや選び方についてご紹介しました。

キーボードが使いやすいと、タイピングが正確にできたり、作業効率が上がって助かりますよね。

毎日使うものだからこそ、自分に合うものを選ぶ必要があります。

機能、デザイン、値段、口コミなどをよく調べて、納得できるキーボードを選んで下さいね。

きっと毎日のお仕事が楽になりますよ。

まとめ

  1. キーボードには「有線」と「無線」がある。どちらが使いやすいか検討しよう。
  2. キーボードを選ぶ3つのポイントは「種類」「キーストローク・キーピッチ」「予算」
  3. 2019年おすすめのキーボード3選を参考に自分好みを選んでみて。
  4. キーボードの掃除は専用グッズを使えば簡単にできる。こまめに行おう。

パソコン設定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

パソコン設定をプロに依頼するなら

パソコン設定を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にパソコン設定の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
13 投票, 平均点: 4.30

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事