最終更新日:

パソコンPCのマザーボード(メインボード)型番を確認する3つの方法

パソコンのマザーボードの確認には、大きく分けて3つの方法があります。型番を知ることで、メモリの増設などのパーツ交換などを正しくできるので大変便利です。今回はマザーボードの確認方法について紹介します。Windows(ウィンドウズ)とMac(マック)の違いや、注意点も合わせて紹介します。

パソコンPCのマザーボード(メインボード)型番を確認する3つの方法

パソコンのマザーボードとはどこの部分?

パソコンのマザーボードとはどこの部分?
パソコンのマザーボードとはどこの部分?

マザーボード(Motherboard)または、メインボード(Mainboard)とは簡単に言うと主要な電子回路がついている基盤のことです。

パソコンはマザーボードと、接続したハードディスクをまとめてケースに入っています。

マザーボードとは主要な電子回路がついている基盤

マザーボードは各パーツに電気を供給したり、お互いに情報のやり取りをするのを手助けする役割があります。人体に例えるなら脊髄の役割を果たす、パソコンの根幹を担う大切なパーツです。

初心者の方はパソコンの操作は全てマザーボードを通して行われることを覚えておくといいでしょう。

モニターと本体が別のデスクトップ型は、本体のケースを外すことでマザーボードを確認できます。一方ノート型はユーザーがケースを開けられないので、メーカーに任せるしかありません。

マザーボードはパソコンの性能や拡張性を左右する

マザーボードはパソコンの性能そのものです。古いパソコンのマザーボードは旧式になり、性能不足に陥ってしまいます。

パソコンを操作している時に「反応が遅い…」とイライラしたことはありませんか?それは全体を統括しているマザーボードや、各パーツが対応できていないからです。メモリなど交換ができるパーツもありますが、基盤に埋め込まれたものは交換不可です。

マザーボードは新型になるほど高性能になる

パソコンのマザーボードは新型になるほど高性能です。メーカーの研究開発によって、同じ価格帯でも省電力で高スピードの処理になります。

新商品は新しい規格のスロットや、コネクタが備わっているので高性能の部品に交換可能です。逆に昔のマザーボードにつけられる部品は、同じ時期に販売されたものだけということもあります。

マザーボードの確認はどんな時に必要になる?

マザーボードの確認はどんな時に必要になる?
マザーボードの確認はどんな時に必要になる?

マザーボードの正確な情報は型番を調べると判明します。型番とは製品の型を識別するためにつけられている番号のことです。

マザーボードを確認することで相性がいいCPUとメモリが分かる

パソコンのマザーボードには部品との相性があります。相性が悪いと仲が悪い人間同士が対立するように上手く機能しなくなります。

完成品のパソコンは買った状態のままで使う分には全く問題はありませんが、メモリを増設したりパーツ交換する場合は相性を確認する必要があります。

CPU(中央演算処理装置)やメモリは、マザーボードの専用スロット/ソケットに設置するのが一般的です。

マザーボードを確認することでパソコンの性能を正しく判断できる

パソコンの取扱説明書は最低限の解説です。マザーボードの型番を確認することで、下記の技術的な項目を正しく判断できます。

  • きちんと動作するCPUの種類
  • 搭載されているチップセット(CPUと連携する大規模集積回路)の種類
  • メモリのスロット数
  • 拡張スロットの種類と数
  • USBのバージョンと数
  • 外部出力などで使用できる端子の種類

具体的には自分のパソコンに接続する周辺機器の選択で役立ちます。パソコンの規格はけっこう頻繁に更新されるため、マザーボードの型番を知っておきましょう。

マザーボードを確認することでパソコンに適切な部品を選べる

「パソコンの画面をもっと美しくしたい!」「最新ゲームを遊びたい!」という理由で、今のパソコンでは性能不足と感じたら、マザーボードに機能追加の基盤を差し込む方法もあります。

描画性能をアップさせるグラフィックボードが有名で、その他の機能についてもマザーボードに用意されているスロットで対応させるのが普通です。

マザーボードを確認してメーカーの対応表を確認すれば、欲しい機能を確実に入手できます。

マザーボードの型番を確認する3つの方法

マザーボードの型番を確認する3つの方法
マザーボードの型番を確認する3つの方法

マザーボードの型番を確認する3つの方法があります。自分でできる方法を見つけて型番を確認してみましょう。

パソコンの商品名からマザーボードの型番を調べる

パソコンの商品名が分かる場合は、パソコンの型番を取扱説明書や本体から調べてメーカーの公式情報と照合できます。

パソコンの型番をインターネットで検索するだけで、ヒットする場合もあります。メーカーのサポート窓口に問い合わせて、マザーボードの型番を教えてもらう方法も効果的です。

完成品として販売されているパソコンならば、この方法で解決できます。

ケースを開けてマザーボードの型番を確認する

デスクトップ型のパソコンは、ケースの蓋を外すことで内部のマザーボードを確認できます。マザーボードの目立つ部分に型番の情報があるので、明るい場所で読み取りましょう。

CPU上のクーラーなどの大型のパーツで見えにくい場合は、他の方法に切り替えるのが得策です。一部マザーボードは基盤の見える部分に型番を記載していないこともあります。

コマンドやツールを使ってマザーボードの型番を調べる

パソコンには組み込まれている主要なパーツを知るための管理機能があります。コマンド入力の画面や診断ツールなどで、マザーボードの型番を調べることが可能です。

OSによって設計思想が異なるため、コマンドやツールで調べる人は注意しましょう。

WindowsとMacのマザーボードの違い

WindowsとMacのマザーボードの違い
WindowsとMacのマザーボードの違い

世界の2大OSである「Windows」と「Mac」は、各々が違う設計思想です。違いとマザーボードの確認方法を紹介します。

Windowsはマザーボードを確認するツールやコマンドがある

Windowsでマザーボードの型番を確認する時は、診断ツールやコマンドプロンプトが便利です。フリーソフトをパソコンにインストールすることで調べる方法もあります。

DirectX診断ツールを使ってマザーボードを確認する

  • デスクトップの検索フォームに「dxdiag」と入力する
  • コマンドの実行をクリックすると、DirectX診断ツールが起動する
  • システム欄のシステム製造元(メーカー)、システムモデル(型番)の2つがマザーボードの情報です

コマンドプロンプトを使ってマザーボードを確認する

  • デスクトップの検索フォームに「cmd」と入力する
  • 検索結果のコマンドプロンプトを右クリック「管理者として実行」を立ち上げる
  • コマンドプロンプトの黒い画面に「systeminfo」と入力しエンターキーを押す
  • DirectX診断ツールと同じ情報が表示される
  • マザーボードの型番の詳細を知りたい場合は「wmic baseboard get product」と入力する

この他にもフリーソフトを使う方法もあります。マザーボードなどのハードウェア情報が簡単に分かるソフトを2つ紹介します。

フリーソフトを使ってマザーボードを確認する

  • CPU-Z
  • Speccy

有料版もあるのでインストール時にはFreeと書かれていることを確認しましょう。これらのソフトについて、詳しく解説してくれているホームページもあります。

Macはシリアルナンバーからマザーボードが確認できる

Macはユーザーが自分でパーツ交換することを想定していません。そのためパソコンのシリアルナンバーから調べるか、マザーボードを直接見るのが一般的です。

シリアルナンバーはパソコンのシステム情報で分かります。判明したらインターネット上で「(調査結果のシリアルナンバー)motherboard」や、「mac motherboard serial number」などで検索して、その資料の中で当てはまるものを探しましょう。

マザーボードを確認する時の3つの注意点

マザーボードを確認する時の3つの注意点
マザーボードを確認する時の3つの注意点

パソコンのマザーボードはデリケートな電子機器です。人間でいう臓器のイメージです。誤った取り扱いをすると人体への被害や、あっさりと壊れてしまう恐れがあります。

パソコンケースを開ける時には電源を切る

デスクトップ型のケースを空ける時には、必ず電源を切っておくことが鉄則です。

全てのケーブルを外し、本体を横にして5分ぐらい経過してから開けることで感電事故を防げます。パソコンに電源ケーブルをつけたままの作業は、電気が通っているのでとても危険です。

静電気が発生する服装のままでマザーボードを触らない

冬場のセーターなどは、動くことで静電気が発生しやすくパソコンの作業時に厳禁です。静電気が触っているマザーボードに流れ込んだら高い確率で故障します。

故障したマザーボードは交換になるので、実質的にパソコンの買い替えです。どの季節でも、できるだけ素肌をさらした格好で作業しましょう。

マザーボードの端子を触る時は無理に着脱しない

マザーボードで交換できるパーツは、きちんとはまるように作られています。そのため正しい向きで適度な力を入れて着脱しましょう。

間違った向きで無理に押し込む、あるいは取扱説明書が意図していない操作するとポッキリと折れるので気をつけましょう。

マザーボードの確認ができない時は専門の業者に相談しよう

今回はマザーボードの確認が必要な時や、マザーボードを確認する3つの方法やについて紹介しました。専門的で難しく感じる方もいるかもしれませんが、正しい方法を知っていれば誰でもすぐに確認できます。

新しい部品を注文する前にマザーボードとの相性を確認しておけば、失敗することなく購入できます。また、パソコンに関するトラブルを専門家に相談する時も大変便利です。

まとめ

  1. マザーボードはパソコンの重要な部品がついている基盤です。新型になるほど高性能です
  2. マザーボードの型番から相性がいいCPUとメモリがわかる。型番を確認するとパソコンの環境をよくすることやトラブル対応ができる
  3. マザーボードの型番を確認する方法は3つある。自分にあった方法で確認してみよう
  4. WindowsとMacはマザーボードの確認方法が異なる。マザーボードを確認する時は3つの注意点を守ろう

関連記事

パソコン設定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

パソコン設定ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったパソコン設定の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す