【グルーガンの使い方】グルーガンの正しい使い方と注意点のまとめ

コンセント増設・スイッチの修理
更新

グルーガンは接着するものにより、種類やタイプを変えることで効果的に使えます。また、短い時間で接着が可能で、DIYやハンドメイドに使い勝手がいいです。そこで今回は、グルーガンの正しい使い方や、使う時の注意点について紹介します。

【グルーガンの使い方】グルーガンの正しい使い方と注意点のまとめ

グルーガンは短い時間で接着が可能で、DIYやハンドメイドに使い勝手がいいです。

グルーとは樹脂のことで、100円ショップやホームセンターで購入できます。

グルーガンは接着するものにより、種類やタイプを変えることで効果的に使えます。

そこで今回は、グルーガンの正しい使い方や、グルーガンを使う時の注意点について紹介します。

>>プロのコンセント増設・スイッチの修理業者の一覧

【グルーガンの特長】グルーガンの特長と種類

【グルーガンの特長】グルーガンの特長と種類

グルーガンとは、棒状のプラスチックを溶かして接着や造型するアイテムです。

樹脂が熱で溶けて、冷えると固まる習性を利用して部分的な接着剤として活用されたり、溶かして型にはめることでオーナメントやシーリングスタンプを作れます。

DIYやハンドメイドが好きな人にはもってこいのアイテムですね。

別名ホットメルトなどの名前で呼ばれることもあります。

グルーガンの小型ならホームセンターやAmazonなどで1,000円程度で販売されています。
100円均一なら300円~700円程度で購入できます。

グルーガンの種類

スティックを溶かす温度は、低温と高温の2種類あります。

  • 低温タイプ…ノズルの温度が120~135℃程度
  • 高温タイプ…ノズルの温度が160~180℃程度

低温タイプは、高温タイプより接着力が弱くなりますが、発泡スチロールなどにも使えるなど、使用範囲も広く、価格も比較的安いです。

一方、高温タイプは、低温タイプよりも接着力が強く、価格も低温タイプより高い傾向にあります。

プラスチックや金属類をしっかりとくっつけることが可能です。

スティックの太さも2種類あります。

  • スティック径7mmタイプ…細いスティック
  • スティック径11mmタイプ…太いタイプ

7mmは先が細いスティックタイプで細かい作業に向いており、多く普及しています。

11mmの方は一度に出る接着剤が多いので、広い範囲に使用するときに向くタイプです。

電源のタイプも2種類あります。

  • 電源コードタイプ
  • 乾電池タイプ

コードタイプは、多くの機種が出回っていますが、コードの長さには注意しましょう。

乾電池タイプは、コードを気にせず作業ができます。

グルーガンを使うメリット

  • 接着力と1分ほどで固まるので使い勝手がいい
  • 布や木などの素材でも繊維の中へ浸透しない
  • グルーガンやグルースティックが臭わない
  • 瞬間接着剤のように手についても困らない
  • 水に強く濡れても強度が下がらない

【グルーガンの使い方】基本的な使い方

【グルーガンの使い方】基本的な使い方

グルーガンの基本的な使い方を紹介します。

1

グルーガン本体にグルースティックをセットする

グルースティックをルーガン本体の後の穴に入れる。

2

グルーガンをコンセントに繋ぐ

電源プラグをコンセントに差し込んで、5分程度待ち本体温度を上げる。逆流防止のため、先端ノズルを下に向けておく。

3

グルーガンのトリガーを引いて作業する

グルーガンのトリガーを引いて、溶けた接着剤を先端ノズルからゆっくりと出す。素材を接着する。作業後はスタンドに置き、プラグを抜いて本体温度を冷ます。

グルーは完全に固まるまでに1分程度かかりますが、数秒で固くなり始めるので、完成形をイメージして接着しましょう。

グルーガンの使い道

  • クリスマスのオーナメント作り
  • キーホルダーのチャームなどのグルーガンアート
  • 壊れたおもちゃの修理

小物やアクセサリー作りに使用する時は、熱に強い型やシリコンモールドを使えば、いろいろなアイデアを形にできます。

スティックの色も、黒、茶、白の他に、カラフルな色彩で種類も豊富です。

【グルーガンの使い方】グルーガンを使うポイント

【グルーガンの使い方】グルーガンを使うポイント

グルーガンを使う時は接着面の汚れを取る!

素材が接着できない時は、接着面の汚れやゴミなどを拭き取ってから作業し、グルーが熱いうちに素材をくっつけるようにしましょう。

また、くっつけたら5分以上は接着した部分に触らないしょうにしましょう。

また、安いグルーガンだとガラスやプラスチックは接着できない場合もあります。

その場合は接着剤を組み合わせて使うなど、上手く使い分けましょう。

グルーガンをはがす時は、ドライヤーの熱風やエタノールをつけた布を当ててみると剥がしやすくなります。

グルーガンの糸は円を描くようにして切る!

グルーガンを使っていて糸がうまく切れない時があると思います。

糸を切りやすくするには、グルーガン本体の温度が上がるのを待ち、グルーに近い箇所で円を描くようにして切りましょう。

グルーは接着面の影響を受けやすいため、接着する部分にヤスリでザラつきを作ることで強度が増します。

【グルーガンの注意点】グルーガンを使う時の注意点

【グルーガンの注意点】グルーガンを使う時の注意点

グルーガンの電源

グルーガンのほとんどは、本体に電源のスイッチはありません。
コンセントコードをつないだらONになり、抜いたらOFFになります。

つないだままにしておくと電源が入ったままの状態で危険なので、使い終わったらすぐにコンセントを抜きましょう。

また、グルーガンの先端は高温になっており、使う時は手袋するとより安全に作業できます。

グルーガンをスタンドに置く時は下向きにする!

グルーガンを使い終わった後スタンドに置く時は、先端のノズルを下向きに置いて冷ましましょう。

周りに燃えやすいものを置かないようにしましょう。
本体内のスティックは入れたままで問題ありません。

グルーガンは正しく使えば便利なアイテムです!

今回は、グルーガンの正しい使い方や、グルーガンを使う時の注意点について紹介しました。

接着やハンドメイドなど多彩に使えるグルーガンは便利なアイテムですが、高温になるなど危険です。

正しい使い方と、注意点を知って使いましょう。

コンセント増設・スイッチの修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

コンセント増設・スイッチの修理をプロに依頼するなら

コンセント増設・スイッチの修理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にコンセント増設・スイッチの修理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事