最終更新日:

【業務用エアコンの電気代】家庭用との違いや業務用エアコンの電気代

オフィスなどに設置している業務用エアコンは、電気代もかかりそうなイメージがありませんか?気になる業務用エアコンの電気代について調べました。知らなかったエアコンの電気代のしくみがわかりますよ。エアコン設置の参考にして下さいね。

【業務用エアコンの電気代】家庭用との違いや業務用エアコンの電気代

業務用エアコンはお店やオフィスなどで必要不可欠な設備です。

人が多いところで稼働させたり、フル稼働していると心配なのは電気代ですよね。

結論から言えば、業務用エアコンの電気代は節約できます。

そこで今回は、業務用エアコンの電気代の計算方法や、つけっぱなしを防ぐコツ、光熱費を節約するためのポイントを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

エアコンをよく使うと電気代が気になりますよね?

新型の家庭用エアコンは省エネ対策が進み、旧式との比較で随分電気代もお得になっています。

そこで今回は、家庭用エアコンとの違いや、業務用エアコンの電気代について紹介します。

>>プロのエアコンクリーニング業者の一覧

【業務用エアコンの電気代】業務用エアコンの電気代の計算

【業務用エアコンの電気代】業務用エアコンの電気代の計算

業務用エアコンの電気代を計算する方法について紹介します。

【業務用エアコンの電気代】計算方法

業務用エアコンは、1馬力約2.8kWと言われています。

低圧動力で契約している会社が多く、計算方法は契約のときの料金です。

電気会社によっても電気代は違うので、あくまでも目安になりますが、業務用エアコンは単層200Vか3相200Vで動かしているため、どちらかの電気代となり単層200Vだと1kWhで25円、3相200Vだと1kWhで17円程度です。

業務用エアコンの電気代の計算方法は、馬力数をkWhに修正して、使用時間と1kWhあたりの電気代をかけます。

基本料金は含めず、また、寒暖の差も影響しますが、2馬力の業務用エアコンを5時間使用して、低圧動力で契約している場合は1kWh=17円で計算します。

5.6kw(2馬力分)×5×17=476円ということになります。

【業務用エアコンの電気代】業務用エアコンの種類と用途

【業務用エアコンの電気代】業務用エアコンの種類と用途

業務用エアコンは、導入する場所に適したエアコンを使いましょう。

  • 小規模ビルに適したパッケージエアコン
  • 病院やホテルなどの広かれた場所に最適なビルマルチエアコン

業務用エアコンには、APF値という省エネ能力を表すものがあります。

通年エネルギー消費効率のことで、APF値が大きければ大きいほど消費電力が少なくすみ、省エネ能力が高いといえます。

省エネ法での基準値にも使われていますので、選ぶ時の参考にしてみましょう。

使えば増える従量料金は、三相のほうが単位当たり8円ほどお得なので、基本料基の差額を帳消しにできるかがポイントです。

【業務用エアコンの電気代】機能面で電気代節約する方法

【業務用エアコンの電気代】機能面で電気代節約する方法

【業務用エアコンの電気代】機能を活用する!

節約方法としてまずあげられるのは機能です。

  • 自動運転
  • 設定温度機能
  • タイマー機能

エアコンに付いている機能を活用することで、節電につながります。

例えば頻繁にONとOFFを繰り返すと、電気代が高くなってしまいます。

それは、OFFの状態から設定温度へ近づけるまでが、一番電力を消耗するからです。

自動運転でつけっぱなしにした方が効率的という場合もあります。

他に設定温度機能では、一定時間が経つと自動で設定した温度に戻る機能で、人の多い職場で有効に使用することが期待できるほか、タイマー機能で消し忘れを防ぐことでムダな電気代を無くすことへつなげられます。

【業務用エアコンの電気代】冷房時の温度設定を上げる

業務用エアコンの設定温度は、冷房時28℃くらいが一番電力を消費せずにすみます。

暑いからと急激に温度を下げると、電気の消耗が大きいので気を付けましょう。

【業務用エアコンの電気代】最新機器で電気代節約する方法

【業務用エアコンの電気代】最新機器で電気代節約する方法

新しいエアコンの方が、省エネ性能が高いので消費電力がおさえられて効率的な節電になります。

業務用エアコンも電化製品であることには変わりありません。

新しい機器の方が省エネ性能から何から効率的に作られています。

特に10年以上前から同じもの運転させている場合は、省エネ効率が悪く、部品や本体の劣化も相まって、より電気代がかかってしまっている可能性があります。

例えば、同じ2馬力のもので新型と10年以上前の古い機種だと、年間で40,000円程度電気代の差が発生すると言われています。

さらに馬力が大きいほど差は広がっていくので、思い切って新しい業務用エアコンにすることを考慮してみてください。

15年前以上の業務用エアコンを最新のものにするだけで、半分くらい消費電力が減ることもあるといいます。

正直、古い製品を使い続けている会社やビルも多くあると思います。

新規購入すると性能によりますが、100万円前後することもあるので確認しましょう。

【業務用エアコンの電気代】メンテナンスで電気代節約する方法

【業務用エアコンの電気代】メンテナンスで電気代節約する方法

【業務用エアコンの電気代】エアコン掃除する

業務用エアコンのメンテナンスについては、フィルター掃除や本体内部掃除などがあります。

フィルター掃除は、その名のとおりフィルターのホコリ詰まりを掃除機や、水で洗い流してメンテナンスできます。

快適な空気とともに、電気代もおさえられます。

フィルターにホコリがあると、空気の吸い込みが不十分になります。

結果的に運転する力が強まり、場合によっては通常時より25%も余分に電力を消費することになってしまいます。

【業務用エアコンの電気代】室外機を冷やす

室外機を打ち水して、熱交換器を冷やすことで、冷房機能を向上させる方法があります。

室外機は外の空気を取り入れて、室内の空気と混ぜながら室内に空気を運んでいます。

外気の温度が高い状態より、少し低い状態の空気を取り入れた方が、少しの運転で室内温度が下がり、最初からある程度低い温度の空気を取りこむことで、冷房機能を向上させることへつながり、電気代も安くすむというわけです。

以上のようにメンテナンスによっても、効率化がはかれます。

業務用エアコンの購入が難しい場合は、まずフィルター清掃などを試してみるのがオススメです。

ビルで契約している清掃会社などに、一度確認してみましょう。

電気代を節約できるほか、点検などメンテナンスすることで機器の劣化などを把握、耐用年数を延ばすことにもつなげられます。

業務用エアコンの電気代をおさえよう!

今回は、家庭用エアコンとの違いや、業務用エアコンの電気代について紹介しました。

電気代をおさえたいが、最新型の業務用エアコンを購入できない場合は、掃除を上手く取り入れることで改善できる可能性があります。

エアコン清掃のプロなら、エアコン本体を分解清掃して、しっかりとキレイにします。

本業が忙しく掃除どころではない人や、電気代をおさえないとまずいと思っている人も、メンテナンスから見直してみましょう。

この記事が快適な生活へとつながる一助になれば幸いです。

エアコンクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったエアコンクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す