【着物の種類】場所にふさわしい着物の種類を選んで美しい和装を!

着物には種類があり、着ていく場所にふさわしい格のものを選ぶ必要があります。帯は着物の格に合わせて選び、小物の選びも美しい和装にはかかせません。冠婚葬祭などで恥をかかないように、着物の種類と合わせ方を学びましょう。

出張着付け
更新
【着物の種類】場所にふさわしい着物の種類を選んで美しい和装を!

着物にはいろいろな種類があり、いざ着るとなるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますね?

例えば、入学式にはどのような着物を着るべきなのでしょうか?

明るい方がいいとは思うけど、具体的にはよくわからないですよね?

着物には格があり、着ていく場所に合わせて、ふさわしい格の着物を選ばなければなりません。

また、帯や小物も、着物の格に合わせて揃えないと、ちぐはぐになってしまいます。

そこで今回は、着物の種類や、着物の格に合わせた帯や小物の種類について紹介します。

>>プロの出張着付け業者の一覧

【着物の種類】着物の「フォーマル」「セミフォーマル」

【着物の種類】着物の「フォーマル」「セミフォーマル」

着物には、大きく3つの種類があります。

  • フォーマルな場で着る格の高い着物
  • 少し格は落ちるがおしゃれ着や、外出着として着るセミフォーマルな着物
  • 街着や普段着として気楽に着るカジュアルな着物

まずは「、フォーマル」と「セミフォーマル」の着物について紹介していきます。

【着物の種類】最も格が高い着物「黒紋付」

フォーマルな着物のなかで、最も格が高い着物が「黒紋付」です。

黒地に背中、両胸、両袖の5箇所に家紋が入っている黒紋付は、最高礼装の着物とされています。

昔は婚礼の式でも着用されていましたが、現在では主に葬儀での喪服として着用されています。

【着物の種類】二番目に格が高い着物「黒留袖」

次に格が高い着物は「黒留袖」です。

既婚女性のみ着れる第一礼装で、主に結婚式や披露宴で着用されます。

裾に絵羽模様が入っており、背中、両胸、両袖の5箇所に家紋が入っています。

【着物の種類】第一礼装の「色留袖」「振袖」

既婚女性、未婚女性共に着用できる第一礼装が「色留袖」です。

黒色以外の地で、裾に絵羽模様が入っている着物を色留袖と呼びます。

未婚女性のみ着れる第一礼装が「振袖」です。

足元まである長い袖と、着物全体に華やかな絵羽模様が入っているのが特徴で、主に成人式で着用されます。

その他、友人の結婚式やフォーマルなパーティなどで独身女性が着る着物です。

【着物の種類】セミフォーマルな「訪問着」「付け下げ」を知ろう!

第一礼装ほど格は高くないものの、第二礼装としてセミフォーマルに着る着物は「訪問着」「付け下げ」です。

入学式には、訪問着を着ましょう。

訪問着は振袖と同じように、着物全体に絵羽模様が入っています。

しかし、袖が短く、未婚既婚問わず華やかな場で着用できます。

訪問着より格下になりますが、やはり第二礼装として正式な場へ着ていけるのが付け下げです。

柄が全て上向きになっているのが特徴で、お茶会やパーティ、年始の挨拶などかしこまった席に着用します。

そして柄のない「色無地」も、紋が入れば紋のない訪問着より格上になります。

ただ、色無地は柄がない分、地味な印象になりやすいです。

パーティへ参加する時は華やかな帯や、小物をプラスしましょう。

【着物の種類】カジュアルな3種類の着物について知ろう!

【着物の種類】カジュアルな3種類の着物について知ろう!

カジュアルな着物にも種類があるので、3つ紹介します。

【着物の種類】一番格が高い「江戸小紋」

カジュアルに着る着物のうち、一番格が高いのが「江戸小紋」です。

江戸小紋は遠くから見ると無地に見えるほど、細かな柄が全体に入っている着物です。

紋を入れれば訪問着と同じ扱いとなり、略礼装として着用できます。

【着物の種類】おしゃれ着物の代表「小紋」

全体に入っている柄が、遠くから見てもわかる着物が「小紋」です。

小紋は同じ形のパターン柄が全体に染めてあるのが特徴です。

しかも、小紋は柄の種類がとても豊富です。

例えば、清楚な花柄、カチッとした四角、菱形の柄、スタイリッシュな縞模様などさまざまな柄の中から、自分の好みや、行く場所に合わせて柄を選べます。

さらに、帯や小物を変えることで、いろいろなスタイルに着こなせます。

このようなことから、小紋はおしゃれ着物の代表だといわれています。

【着物の種類】気軽に着用できる「紬」

「紬」もカジュアルな着物の1つです。

フォーマルな着物の多くが白地に柄を染める「染めの着物」であるのに対し、紬は染めてある糸を織って柄を出す「織りの着物」です。

正式な場所へは着ていけませんが、街着や普段着用の着物として気軽に着用できます。

また、フォーマルな着物の多くは絹素材ですが、木綿素材の着物やデニム素材の着物もあります。

これらの着物も、普段着としてカジュアルに着る着物です。

夏になれば、浴衣もカジュアルに着る着物として活躍します。

【着物の種類】帯の「フォーマル」3種類を知ろう!

【着物の種類】帯の「フォーマル」3種類を知ろう!

着物の帯にも、さまざまな種類があります。

そして、着物の格に合わせて帯を選ばなければなりません。

少し難しいですが、この組み合わせを間違えると恥をかいてしまいます。

しっかり覚えておきたいですね。

【着物の帯の種類】最も格が高く花嫁が着用する「丸帯」

帯の中で最も格が高いのは「丸帯」です。

丸帯は錦織、金襴、緞子などの織物でつくられたきらびやかな帯です。

しかし、高級なため、今では花嫁の白無垢などの特別な時のみ着用されています。

【着物の帯の種類】2番目に格が高い「袋帯」

その次に格が高い帯は「袋帯」です。

黒留袖、色留袖、振袖に合わせる帯で、表生地と裏生地が袋状に縫ってある形状から袋帯と呼ばれています。

着物とは違い、帯は「染めの帯」より「織りの帯」の方が格上となります。

西陣織などの高級な織りでつくられた袋帯や、金糸銀糸をふんだんに使った袋帯は結婚式や披露宴、成人式などでの礼装用として着用されます。

【着物の帯の種類】訪問着、付け下げ、色無地に合わせる「洒落袋帯」

「訪問着」「付け下げ」「色無地」にも袋帯を合わせられます。

この場合は金糸銀糸が入っていない「洒落袋帯」を合わせるのが一般的です。

ちょっとした集まりや、お出かけ、習い事などであれば「名古屋帯」を合わせてもいいでしょう。

【着物の種類】帯の「カジュアル」2種類を知ろう!

【着物の種類】帯の「カジュアル」2種類を知ろう!

大きく分けてフォーマルな帯は「丸帯」「袋帯」「洒落袋帯」の3種類です。

丸帯は今では花嫁用にしか使われていないため、通常の礼装は袋帯と覚えておきましょう。

カジュアルな帯の種類も少なく「名古屋帯」と「半幅帯」の2種類です。

【着物の帯の種類】名古屋帯について知ろう!

名古屋帯は、袋帯の長さが4m30cmほどあるのに対し、長さ3m60cm程度少し短くなっており、気軽に締められる帯です。

普段着に用いられるのはもちろん、街着や外出着用として小紋や紬に合わせるのが定番です。

さらに、織りの名古屋帯や金糸銀糸を使った柄の名古屋帯であれば、略礼装の帯として付け下げや色無地に合わせられます。

【着物の帯の種類】半幅帯について知ろう!

半幅帯は、主に浴衣に合わせる帯です。

袋帯や名古屋帯に比べ幅が半分なので、さらに気軽に楽しめる帯です。

現在は、ポリエステル素材のものなどお手入れが簡単で、価格の安い半幅帯がたくさん販売されています。

【着物の種類】着物に合わせる小物の種類を知ろう!

【着物の種類】着物に合わせる小物の種類を知ろう!

着物だけでなく、小物にもフォーマル用とカジュアル用があります。

着物用小物とは下記のことをいいます。

  • 半衿
  • 伊達衿
  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 帯留め
  • 草履
  • バック
  • ショール
  • 扇子
  • 髪飾り

【着物の小物の種類】着物を着こなすポイントとの「半衿」

半衿とは襦袢に付ける替え衿のことで、顔の近くにあることから着こなしの重要ポイントになります。

礼装では、白の塩瀨羽二重を使います。

一方、カジュアルに着る時は色半衿、刺繍半衿などがおすすめです。

半衿のカラーバリエーションは多数あり、衿を変えるだけで印象が全然違ってきます。

【着物の小物の種類】帯は格に合わせて選びましょう!

帯にあしらう帯揚げ、帯締めも帯の格に合わせて選びます。

フォーマルな袋帯に合わせる帯揚げや帯締めは、淡い色のもの、金糸銀糸などが入っているものを選びます。

カジュアルな名古屋帯や半幅帯に合わせる帯揚げや、帯締めは金糸銀糸が入っていない濃い色のもの、カラフルなものを選びます。

【着物の小物の種類】草履の選び方について知ろう!

草履は、黒留袖や色留袖に合わせる場合、金色や銀色の草履を選ぶのがフォーマルな場にふさわしいとされています。

また、草履とバックは同じ素材のものを合わせます。

カジュアルな場所に履いていく草履には、特に決まりはありません。

デザイン重視で皮革や、合成皮革の草履を選ぶのもいいでしょう。

ウレタン素材など雨に強い素材を選んだりと自由です。

着物の種類を理解してTPOにあった着こなしをしよう!

今回は、着物の種類や、着物の格に合わせた帯や小物の種類について紹介しました。

やはり日本人として、着物の種類についての基本的な知識は身につけておきたいですよね。

TPOに合わせた着物の着こなしができるととても素敵です。

たまには着物でおしゃれを楽しんでみましょう。

まとめ

  1. 着物には大きくわけて3種類ある
  2. 着物を着ていく場所に合わせてふさわしい格の着物を選ぶ必要がある
  3. 帯は着物の格に合わせて選ぶ。組み合わせが大切です
  4. 着物に合わせる小物にも種類があり、着こなしのポイントにもなる

出張着付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張着付けをプロに依頼するなら

出張着付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張着付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事