最終更新日:

アシナガバチの巣は放置すると危険!アシナガバチの特徴と駆除方法を紹介

アシナガバチは、住宅の近くに巣を作ります。スズメバチに比べると穏やかな性格をいわれていますが、人を襲うこともあり、毒性も強いので危険です。巣を放置するとどんどん大きくなり、その周辺を自分たちのテリトリーにします。今回はアシナガバチの特徴や、駆除方法について紹介します。

アシナガバチの巣は放置すると危険!アシナガバチの特徴と駆除方法を紹介

自宅の近くにアシナガバチの巣が、できてしまったことはありませんか?
アシナガバチの巣を見つけたら、早めに巣の場所を確認して駆除しましょう。
アシナガバチの拠点となっている巣を駆除することで、アシナガバチを丸ごと消去できます。

そこで今回は、アシナガバチの巣の特徴や、アシナガバチを駆除する方法について紹介します。

>>プロの蜂の巣駆除業者の一覧

毒性が強いアシナガバチは危険です

毒性が強いアシナガバチは危険です

アシナガバチは、とても危険性が高いハチです。
自治体が害虫として駆除対象にしていることは、その危険を排除するためです。

アシナガバチはスズメバチに並ぶほどの強い毒性がある

アシナガバチの毒は、スズメバチに引けを取らない強さです。
そのため刺された場合は、アナフィラキシーショックなどの深刻な影響があります。

アナフィラキシーショックとは、ハチの毒による体内の過剰反応です。
急激な血圧の低下などで命にかかわるため、早急に専門医の診察を受けましょう。
ハチに刺されると体に抗体が作られ、2回目から回数を重ねるほど危険性が増します。

普通に暮らしていてもアシナガバチに襲われる

ハチに所有権という概念はなく、他人の家に勝手に巣を作った挙句に住人を襲います。
アシナガバチなどのハチの主観では、自らのホームを守る自衛行動です。

アシナガバチは動くもの全てに攻撃するので、ペットや幼児にも群がります。
人間がアシナガバチの巣に刺激を与えた場合や、自然現象で枝などがアシナガバチの巣に当たっただけでも、アシナガバチたちが臨戦態勢に入るので注意しましょう。

スズメバチの襲撃に巻き込まれる可能性がある

スズメバチはアシナガバチの巣を攻撃して、蛹や幼虫をさらい餌にします。
大きくなったアシナガバチの巣は、それ自体がスズメバチをおびき寄せる撒き餌になります。
当然ながら、スズメバチの進行ルートの周辺にいる人間は襲われます。
アシナガバチだけでも面倒であるのに、そこに獰猛なスズメバチが襲撃してきます。
ハチ同士の抗争に巻き込まれないためにも、放置しない方が賢明です。

アシナガバチの巣の特徴と危険性

アシナガバチの巣の特徴と危険性

アシナガバチの巣は、住宅地から離れている場合に限って共存できます。
アシナガバチの巣を見つけたらすぐに駆除した方がいい理由は、アシナガバチが増えるからです。

アシナガバチの巣はどんどん大きくなる

アシナガバチの巣は数部屋から始まり、部屋を付け加えていくことで巨大になります。
数週間もあれば細枝からテニスボールぐらいの大きさに膨れ上がります。
1匹の女王蜂がどんどん卵を産み付け成虫になった働き蜂が世話するため、掛け算で数が増えていきます。

アシナガバチは巣の周囲をテリトリーにする

アシナガバチは、巣の周囲を自分たちのテリトリーにします。
巣の半径5mくらいが警戒エリアで、そこに近づいてきた対象を無差別に攻撃します。
接近してくる動物をいち早く察知するために、見張りのアシナガバチが飛んでいます。

警戒中のアシナガバチはホバリングしながら狙いをつけ、顎をカチカチと鳴らして威嚇します。
威嚇しても立ち去らない場合は、警戒しているアシナガバチがフェロモンを発します。フェロモンによって、巣にいる他のアシナガバチが一斉に襲ってきます。

アシナガバチの巣は住宅の軒下などに作られる

自然が少なくなったことでアシナガバチは住宅地に巣を作るようになりました。
少数のアシナガバチが飛んでいても、付近の住民はそれほど気にとめません。
その結果アシナガバチの巣があると判明した頃には、無視できないほどの大きさになっている事が多いです。

アシナガバチの巣を自分で駆除する方法

アシナガバチの巣を自分で駆除する方法

アシナガバチの巣は、専用のスプレーなどの薬剤を使って駆除できます。

しかし防護服を持っている人は少ないので、アシナガバチが近づく前に駆除するのがポイントです。

ハチ退治用のスプレーでアシナガバチを駆除する方法

ハチ退治のスプレーは噴射式なので近づいてくるアシナガバチに当てやすく、ポトポトと落とせます。
巣からアシナガバチが続々と出てくるので、自宅に迷い込んだ1匹を退治するのとは訳が違います。

こちらから仕掛けたら全てのアシナガバチが攻撃モードに入るので、軽々しくスプレーを使うのは危険です。
駆除に伴ってご近所に被害が出たら、賠償請求される可能性があるので気をつけて使いましょう。

アシナガバチの活動しない時間帯に巣を落とす方法

素人では難しいですが、アシナガバチの巣を叩き落とすことで駆除できます。
ハチも巣がなくなったら生きていけないので、全力で抵抗してくるので注意しましょう。
成功させるポイントは、アシナガバチが活動していない夕方~夜の時間帯に手早くすませることです。

落とした巣をどうやって処分するのかも問題で、ゴミ袋に入れた程度ではフェロモンで他のハチを刺激してしまう恐れがあるので注意が必要です。

巣を駆除した後にアシナガバチが戻ってくるかも

餌を探しに行っていたアシナガバチが、巣を駆除した後に戻ってきます。
数匹でも巣があった場所をうろつかれると危険なので、巣があった場所にもハチ退治用の薬剤を塗っておくのがオススメです。

駆除用の薬剤に触ったハチは、その時点で退治完了になります。
生き残りが再び巣を作り直すこともあるため、きっちりと駆除しておくことが大
切です。巣があった周辺にも「アシナガバチの巣を駆除した」と注意の呼びかけをしましょう。

アシナガバチの駆除を業者に依頼する料金相場

アシナガバチの駆除を業者に依頼する料金相場

害虫駆除の専門業者に依頼すれば、アシナガバチの巣を安全に取り除いてくれます。
アシナガバチの巣を駆除する時に使う全身を覆う防護服や、予備を含めたハチ退治用の機材も業者なら全て揃えています。専門の業者なら駆除後の処理まで万全です。

アシナガバチの駆除の費用は10,000円~15,000円程度で、現場で巣の大きさや状況を調べた後に正式な金額を出すのが普通です。
退治から巣の撤去まで任せられるのが大きなメリットで、自分や家族がやった場合のアシナガバチに刺されるリスクがなくなります。

ハチの駆除に免許や行政の許認可は必要なく、小規模の業者が活動しているのが現状です。
地元で評判がいい専門業者を選び駆除してもらいましょう。

市役所から補助金が出る場合もある

自治体としてもアシナガバチを早く駆除したいので、補助金制度を利用できる場合もあります。
補助金は正しく申請して承認された時に給付されるため、市役所の担当者に確認しましょう。
市役所のホームページには、住民のために様々なお知らせや情報を掲載しています。

害虫駆除の他にも色々な補助金や助成金があるので、一度読んでみることをオススメします。
その自治体の指定業者のリストや前に利用した人に聞くことで、優良業者を見つけることが可能です。

自分でアシナガバチの駆除ができないなら業者に依頼

回は、アシナガバチの巣の特徴や、アシナガバチを駆除する方法について紹介しました。

アシナガバチの巣は放置するとすぐに大きくななります。
刺されてアナフィラキシーショックを避けるために、アシナガバチの巣を発見したら専門業者に駆除を依頼しましょう。

蜂の巣駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

蜂の巣駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った蜂の巣駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す