【引き戸の鍵交換】自分で引き戸の鍵を交換する方法や料金相場を紹介

引き戸の鍵の取り付けや交換は、自分ですることも可能です。しかし、防犯面や仕上がりの面を考えると業者に依頼する方が安心です。今回は、引き戸の鍵の種類や、交換方法や料金相場について紹介します。安心な住まいづくりの参考にして下さい。

窓の防犯
更新
【引き戸の鍵交換】自分で引き戸の鍵を交換する方法や料金相場を紹介

引き戸の鍵の状態がよくないので「交換したい…」今まで鍵のついていなかった引き戸に「鍵をつけたい…」と悩んでいませんか?

自宅の引き戸に合う鍵をつけることは、安全に暮らすうえでとても大切ですよね。

そこで今回は、引き戸の鍵の種類や、自分で引き戸の鍵を交換する方法について紹介します。

【引き戸の鍵】引き戸の鍵の種類と料金相場を知ろう!

【引き戸の鍵】引き戸の鍵の種類と料金相場を知ろう!

今、鍵がついていない引き戸に新たに取り付けたい場合は、後付けできるのでしょうか?

引き戸の鍵の後付けはもちろん可能ですが、引き戸の形状や、鍵の種類によっても異なります。

取り付けたい引き戸の種類を確認する必要があります。

1枚引き戸と2枚引き戸とがあり、どちらに該当するか確認しましょう。

また、引き戸に穴を開けてもいいか、またどの程度の防犯性を求めるのかなどによって鍵の種類や取り付け方も違ってきます。

【引き戸の鍵】1枚の引き戸について知ろう!

1枚の引き戸は、場所が狭くても開け閉めしやすく、勝手口やキッチン周り、風呂場の脱衣所や個室などで使用されることが多いです。

このような1枚引き戸に合うのは「引っかけ式」という種類の鍵です。

引き戸につまみをつけて鍵をかけた時に、壁側にひっかかるので開かなくなる仕組みのものです。

このタイプは、扉の両側から鍵がかけられますが、防犯というよりも開かないようにするということが主な目的となります。

値段は6,000円程度が料金相場です。

【引き戸の鍵】引き違い戸について知ろう!

引き違い戸はレールが2本立てとなっており、2枚の戸が左右に動く仕組みです。

玄関に多く取り入れられていますが、それ以外にもふすまや障子などにも多いです。

防犯面から、玄関に鍵をつけたいという場合が多いでしょう。

古い家屋などでの引き戸には、鍵を内側や外側から自由にかけられないタイプのものがあります。

外側からは鍵がかけられず、鍵穴がない内締まり錠というネジタイプの錠です。

また外から鍵をかけられるが、内側からは開けられないプッシュ栓錠というものもあります。

どちらにしても不便で、鍵を取り替えたいと希望されることも多いものです。

鍵を内側や外側から自由にかけられ防犯効果を高められるのは「ディンプルキー」というものです。

ギザギザの溝がついている鍵もあるのですが、やや防犯性が低くなります。

ぽつぽつと穴が開いているような構造になっているものなら、ピッキングするのが困難ですので防犯性が高くなります。

ディンプルキーの料金相場は20,000円~25,000円です。

【引き戸の鍵】自分で引き戸の鍵を交換する方法

【引き戸の鍵】自分で引き戸の鍵を交換する方法

万能引違錠を自分で交換する方法について紹介します。

用意するもの

必須
プラスドライバー
マイナスドライバー
新しいWEST万能引違錠
あると便利
ヤスリ

【引き戸の鍵】既存の錠を取り外す方法

1

引き戸の部屋側の鍵を取り外す

引き戸の部屋側を開けて、扉を交差させる。上部のビスを外してから、下の部分のビスを外す。

2

引き戸の外扉の鍵を取り外す

部屋の内側にあるビスをゆるめて取り外す。

引違錠が取り外せたら、切り欠き穴の寸法を必ず確認しましょう。

下記の寸法であれば取り付けが可能です。

【引き戸の鍵】標準部品のみの切り欠き(穴)寸法

  • 縦110mm~125mm
  • 横21mm~23mm

【引き戸の鍵】標準部品に飾り座を使用する場合の切欠き(穴)寸法

  • 縦110mm~150mm
  • 横21mm~26mm

【引き戸の鍵】新しい錠を取り付ける方法

1

室外側のWEST万能引戸錠を取り付ける

ネジを取り外して、室外側本体が外部化粧座と外部ケースに分ける。取扱い説明書を見ながらドライバーを使って取り付ける。

2

室内側のWEST万能引戸錠を取り付ける

ネジを取り外して、室外側本体が内部化粧座と内部ケースに分ける。取扱い説明書を見ながらドライバーを使って取り付ける。

3

取り付け位置を確認する

同梱されている位置決めピンで、室内側と室外側の本体が適正位置であるかを確認する。室内側のツマミ、室外側の鍵が上手く開錠、施錠できるかを確認して完了。

DIYが得意な人が作業すると、1時間程度で作業できます。

【引き戸の鍵】業者に交換依頼した時の料金相場

【引き戸の鍵】業者に交換依頼した時の料金相場

引き戸の鍵は、鍵に合う穴を開けて取り付けしなければなりません。

自分で交換や取り付けするには、難易度が高いといえます。

交換だけなら自分ですることも可能ですが、DIYが苦手な人や、自分でするには不安な人も多いです。

そんな時は業者に依頼して、解決してもらいましょう。

業者に取り付け、交換を依頼する料金相場は10,000円~20,000円程度です。

取り付ける鍵の種類や、業者によって違いがあるので、何社か調べて比較してみましょう。

値段の安さだけに飛びつくのではなく、防犯面でも相談にのってくれる業者を選ぶと安心です。

自分で引き戸の鍵を交換できないなら業者に依頼しよう!

今回は、引き戸の鍵の種類や、自分で引き戸の鍵を交換する方法について紹介しました。

玄関の引き戸の鍵は早めにメンテナンスして、家を防犯対策しましょう。

自分ですると費用は安くすみますが、不安が残る場合はプロの力を借りることをオススメします。

まとめ

  1. 引き戸の鍵は、引き戸の種類によって取り付け可能なものが異なる
  2. 現在、鍵がついていない引き戸に鍵を付けることも可能です。しかし、穴をあけるなどの作業が必要なため業者に依頼する方が安心です
  3. 引き戸の種類や鍵の種類によって、料金相場が決まる。20,000円程度が料金相場です
  4. 引き戸の交換方法や注意点を把握し、自分では難しいと判断したら業者に依頼する

窓の防犯業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

窓の防犯をプロに依頼するなら

窓の防犯を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に窓の防犯の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事