最終更新日:

「バルサン」でダニやゴキブリを駆除!引っ越しするなら「バルサン」

ゴキブリやダニなど家に潜んでいる害虫を駆除するには「バルサン」がオススメです。今回はバルサンを安全で効果的に使うために、使う前後にやるべきことやタイミングについて紹介します。引っ越しで新しい家に入居する時は特にオススメです。ぜひお試しください。

「バルサン」でダニやゴキブリを駆除!引っ越しするなら「バルサン」

家の中に潜む害虫といえばゴキブリとダニが有名ですよね?
触りたくもなければ、その姿を見るのもイヤですよね?

家に潜んでいる害虫を駆除するには「バルサン」がオススメです。

そこで今回は、バルサンの特徴や、バルサンを効果的に使うタイミングについて紹介します。

バルサンした後の対策についても、紹介しますので参考になれば嬉しいです。

>>プロのゴキブリ駆除業者の一覧

ゴキブリやダニを駆除したい時はバルサン

ゴキブリやダニを駆除したい時はバルサン

家の中の害虫といえばゴキブリとダニです。
どちらも繁殖力が旺盛で、大量発生してから駆除するのでは遅いかもしれません。
1匹のゴキブリを見かけたら、100匹のゴキブリがいるともいわれています。

また、小さくて姿を見るのが難しいダニは大量発生して気づくことが多く、ダニに刺されたり、アレルギー疾患などの被害が拡大しやすいです。

さらに厄介なことにゴキブリは暗い物陰に潜み、ダニは布団、カーペット、ぬいぐるみ、ほこりの中に潜んでいます。
このため、発見が遅れれしまいます。

潜んでいる害虫を駆除するには、部屋の隅々まで薬剤が届くバルサンがオススメです。
バルサンにもいろんな種類があるので紹介します。

第2類医薬品/バルサン6~8畳用

煙タイプのバルサンです。
強い噴射力が特徴で、部屋の隅々まで煙が拡散します。

第2類医薬品/バルサンプロEX6~8畳用

抵抗性チャバネゴキブリまで駆除できる、最強のバルサンです。

第2類医薬品/水ではじめるバルサン6~8畳用

水を入れて使うバルサンで臭いが少なく、灰が残らないのが特徴です。

水ではじめるバルサンプロEX6~8畳用12.5g

水を入れて使うバルサンで臭いが少なく灰が残らないのが特徴であり、抵抗性チャバネゴキブリまで駆除できる最強のバルサンです。

第2類医薬品/バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ6~10畳用

臭いが気にならない霧状のバルサンで、火災報知器に反応しないのが特徴です。
抵抗性チャバネゴキブリまで駆除できます。

第2類医薬品/バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ6~10畳用

カメムシ、ムカデ、ゲジ、アリなどの害虫に特化したバルサンです。

バルサンを使う前後にやるべき注意点

バルサンを使う前後にやるべき注意点

バルサンを使う時は部屋を出て待っているだけですが、使用前と後にやるべきことや注意点がいくつかあります。

「バルサン」を使う前にやるべきことと注意点

  • 部屋、窓、換気口なども閉め切る。戸棚、引き出し、押入れなどは開放する
  • 食品、食器、おもちゃなど直接口に触れるものや寝具、衣類など直接肌に触れるものは、ビニールシートや新聞紙で覆うか、部屋の外に出して煙がかからないようにする
  • テレビ、パソコン、オーディオ機器などの精密機器やピアノなどの楽器にはカバーし、ディスクやテープ類は付属のケースに入れるなどして、煙に触れないようにする
  • ペット、観賞魚、植物などは部屋の外に出す
  • バルサンの「こすって煙が出るタイプ」「水ではじめるタイプ」の場合は、火災警報器やガス警報器をビニール袋などで覆いガス警報器が鳴らないようにする
    「ノンスモーク霧タイプ」の場合は、ガス警報器をビニール袋などで覆い警報器が鳴らないようにする

「バルサン」を使った後にやるべきことと注意点

  • 所定の時間経過したら煙や霧を吸い込まないように注意して、窓や扉を開放し充分に換気してから中に入る
  • 警報器を覆っていたビニール袋などを忘れずに外す
  • 駆除した害虫を除去するため床や、畳、カーペットに掃除機をかける
  • 食器などが煙や霧に触れた場合はしっかり水洗い流す
  • 使い終わったバルサンは各自治体の廃棄方法に従って捨てる

春~夏はバルサンを使うオススメの季節

春~夏はバルサンを使うオススメの季節

ゴキブリは春(4~5月頃)に活動を開始し、ダニは梅雨(6月)に繁殖します。
夏の7~8月は害虫の活動が最も活発になる季節です。
ゴキブリは25℃を超えると活発に繁殖するため、夏は幼虫から成虫まで勢揃いするためゴキブリを駆除するにはいいタイミングです。

また、人を刺さないけれどアレルギーの原因になるヒョウヒダニは、気温が20℃を超えると発育が活発になるため、春から夏にかけて大量発生する可能性があります。
ヒョウヒダニが増えると、ヒョウヒダニを食べるツメダニが増える可能性があり注意が必要です。
ツメダニは人を刺します。

春から夏はバルサンで害虫を駆除して、掃除機をかけて害虫を吸い取りましょう。
直接肌に触れる布団はバルサンの使用は避けて、こまめに天日干してから掃除機をかけましょう。

また、クロゴキブリは卵や幼虫の状態で越冬するため秋に繁殖させなければ、翌春のゴキブリ発生率をかなりおさえられます。
翌年のことも考えると、秋の9~10月頃の害虫駆除も重要です。

引っ越しするならバルサンを使う絶好のタイミング

引っ越しするならバルサンを使う絶好のタイミング

引っ越しする予定があるのなら、バルサンを使うベストタイミングといえます。
新しい家に荷物を搬入する前は、荷物がないのでバルサンを使いやすいです。

引っ越し前なら火災報知器、精密機器、食器、食品、観賞魚、観葉植物などをビニール袋で覆う、外へ運び出すという面倒な作業しなくてすみます。
引っ越しの荷物を搬入する前にバルサンを使い、害虫駆除するのがオススメです。

引っ越し先が遠い場合や、スケジュールがタイトで荷物搬入の前にはできない場合は、荷解きする前にバルサンを使い害虫駆除しましょう。

バルサンを使った後も害虫対策が大切

バルサンを使った後も害虫対策が大切

バルサンを使っても油断禁物です。
ゴキブリやダニなどの害虫は、暖かく湿気がありエサがある環境を好みます。
バルサンを使って害虫を駆除した後も、害虫が好む環境を作らないことが肝心です。

高断熱の現代住宅において、暖かい環境を作らないのは難しいのでエサと湿気を防ぎましょう。

ゴキブリのエサが豊富にあるキッチン周りは要注意です。
こまめに掃除したり、ゴミをためずにこまめに捨てる事を徹底しましょう。
キッチン周り以外でもゴキブリが隠れやすい家電の裏側や、エアコン内の掃除を定期的にしましょう。

湿気を防ぐには、こまめに換気したり、除湿器やエアコンを使って除湿するよう心がけましょう。
湿気対策はダニ対策にもつながります。
ダニもまた湿気を好むため、湿度を下げることはダニ対策の上でも重要です。
布団やカーペットなどは定期的に天日干しして、掃除機をかけることを忘れずにしましょう。

定期的な掃除が害虫対策になりますが、もう1つ重要な対策があります。
それは定期的にバルサンを使うことです。

さすがのバルサンもゴキブリの卵には効果が期待できません。
1度バルサンを使って駆除したとしても、卵が残っていて孵化すれば再びゴキブリが増えることも考えられます。

バルサンで害虫駆除できない場合は業者に依頼

今回は、バルサンの特徴や、バルサンを効果的に使うタイミングについて紹介しました。

潜んでいる害虫を駆除できるバルサンは頼りになる存在ですが、ゴキブリの卵には効果がありません。
また、害虫はわずかな隙間があれば侵入してくるため、一度退治しただけでは駆除完了とはいきません。
定期的にバルサンを使って駆除する必要があります。

定期的に駆除するのが面倒な人や、自分でやってもなかなか結果が出ない時に味方になるのが害虫駆除業者です。
害虫に対する知識と害虫駆除の経験が豊富な専門業者に任せるのは得策といえるでしょう。

ゴキブリ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ゴキブリ駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったゴキブリ駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

目次

記事を探す