車内清掃で車を綺麗に保つコツとは?自分で行うおすすめグッズもご紹介!

車内清掃
更新

皆さんはこまめに車内掃除していますか?家の中と同様にクルマも汚れます。そこで今回は、車内掃除する手順や、キレイに保つポイントについてまとめて紹介します。快適なカーライフを送りましょう。

車内清掃で車を綺麗に保つコツとは?自分で行うおすすめグッズもご紹介!

突然ですが、車内掃除していますか?洗車で車の外側はキレイにしていても、車内掃除はあまりしていないという人が多いのではないでしょうか?車内も家と同様に掃除が必要です。

そこで今回は、車内掃除する方法や、車内をキレイに保つポイントについて紹介します。車内掃除して、快適なカーライフを送りましょう。

>>プロの車内清掃の業者一覧

【車内掃除】車内掃除が必要な理由を知っておこう!

【車内掃除】車内掃除が必要な理由を知っておこう!

車の掃除といえば、洗車で外側だけキレイにすればいいと思っていませんか?家の中はまめに掃除しているのに「車内掃除はしていない…」という人が多いと思います。

車内掃除の頻度が少ない車内は、汚れているように見えませんが、汚れがたまっており「臭いが気になる…」という経験はありませんか?車内には、ホコリや泥、人やペットの汗、脂、毛、アカ、食べ物のカス、タバコのヤニなどの汚れがあります。

また、車内のダッシュボード周りの凹凸や、シートの隙間など汚れがたまりやすい場所も多く、サッとやる簡単な車内掃除だけでは取り除けない汚れが多いです。

密閉された車内でこれらの汚れを放置していると、雑菌が繁殖しやすく、カビや嫌な臭いの原因になります。定期的に車内掃除して、車内もキレイに保つ必要があります。

カーエアコンが汚れていると、当然車内の空気は汚れ、嫌な臭いにもつながります。

【車内掃除】自分で車内掃除する効率的な手順

【車内掃除】自分で車内掃除する効率的な手順

車内掃除は洗った物をよく乾かす必要があるため、天気のいい日にしましょう。

車内にある荷物などは、外に出しておきましょう。物がない方が掃除しやすく、いい機会ですので合わせて断捨離しましょう。また、車内掃除を効率的にするには、掃除する順番が重要です。基本は上~下ですが、まずはホコリを叩き出した後に上~下へと進めましょう。

準備物

  • マスク
  • ぞうきん2枚(車内の拭き掃除用、乾拭き用)
  • 掃除機
  • バケツ
  • 綿棒
  • つまようじ
  • たわしまたは、ブラシ
  • 古歯ブラシ
  • 布団たたきまたは、棒
  • 粘着クリーナーまたは、ガムテープ
  • 中性洗剤
  • 洗濯洗剤
  • ガラスクリーナー
  • 革製シートクリーナー(革製シートの場合のみ)
  • カーエアコン洗浄剤(カーエアコンを洗浄する時のみ)

手順

1

車内掃除の始めはフロアマットを掃除する

フロアマットを取りはずして、布団たたきまたは、棒を使って砂やホコリを落とす。その後たわしまたは、ブラシを使って水洗いする。汚れがひどい場合は、洗濯洗剤を使って洗い、よくすすぎましょう。洗い終わったフロアマットを乾かすため、日当たりや、風通しのいい場所に干しておく。

2

シートのホコリを叩き出す

全てのドアを開けたまま、布団たたきまたは、棒を使ってシートを叩きたまったホコリを叩き出す。革製シートの場合は、シートを傷める恐れがあるためやめましょう。

3

天井を掃除する

バケツに水と中性洗剤を各洗剤の用途・使用量に従って入れて、ぞうきんを浸す。ぞうきんを固くしぼり、変色しないか目立たない箇所で試してから天井を優しく拭く。水分が残っている場合は、乾いたぞうきんで乾拭きする。

4

ガラスを掃除する

ガラスクリーナーを使いフロントガラス、サイドガラス、バックガラスを拭いた後、乾拭きして仕上げる。

5

ダッシュボード周り、ハンドル、シフトノブ、ドアを掃除する

天井掃除同様に拭き掃除する。エアコンの吹き出し口などの細かい場所は、綿棒を使うと掃除しやすいです。ドリンクホルダーは、飲み物で汚れていることが多いため、念入りに掃除しましょう。

6

シート、フロアを掃除する

シートを掃除かけてからフロアも除機をかける。シートを動かして、隅々まで丁寧にする。細かい場所や、溝など掃除機では取りにくいゴミは、古歯ブラシやつまようじで掻き出しながら掃除機で吸い取る。最後に粘着クリーナーまたは、ガムテープを使い、掃除機で取れなかった髪の毛などを取りく。革製シートの場合は、革製シートクリーナーを使って仕上げる。

7

カーエアコンを掃除する

エアコンフィルターの掃除と、エバポレーターを洗浄する。グローブボックスを外す。(メーカー、車種により外し方が多少異なるため取扱説明書などで確認する。)グローブボックスを外すとエアコンフィルターがあります。エアコンフィルターを外して掃除機で吸った後、水洗いして乾かす。カーエアコンの吹き出しを「足元」に切り替える。エアコンフィルターを外した箇所からカーエアコン洗浄剤のノズルを差し込み、カーエアコン洗浄剤を噴射して、エバポレーターを洗浄する。カーエアコンを10~15分程、送風運転する。エアコンフィルターが乾いたら、エアコンフィルターを取り付けて、グローブボックスを取り付ける。カーエアコンの掃除は、車内掃除の度にする必要はありません。年に1~2回しましょう。

おすすめ

【車内掃除】車内をキレイに保つ5つのポイント

【車内掃除】車内をキレイに保つ5つのポイント

車内掃除は大変だと感じた人も多いのではないでしょうか?苦労してキレイにした車内をキレイに保てば、車内掃除の頻度を減らせますよ。

【車内掃除】ゴミをためない

車内にゴミ箱またはビニール袋を用意して、こまめに捨てましょう。

【車内掃除】車内で物を食べない

食べカスを防ぐため、なるべく車内で物を食べないようにしましょう。

【車内掃除】車内で喫煙しない

タバコのヤニを防ぐため、車内禁煙をオススメします。

【車内掃除】ペットの汗、脂、毛、アカを防ぐ

ペットを乗せる時はペットキャリーなどを使用して、直接シートに触れさせないようにしましょう。

【車内掃除】除菌スプレーを活用する

雑菌の繁殖を抑えるため、車を降りる時に除菌スプレーを噴霧しましょう。もちろん、車内をキレイにするには、やはり車内掃除が必要です。

【車内掃除】プロの車内掃除はココが違う!

【車内掃除】プロの車内掃除はココが違う!

自分で車内掃除するのは大変だと感じるのであれば、専門業者に依頼するという手もあります。やはり、プロの車内掃除は、私たち素人の車内掃除と一味違います。

水を噴射して、洗いながら真空状態で吸い出す「リンスクリーナー(リンサー)」や、高熱の蒸気で汚れを取り、殺菌する「スチームクリーナー」といった専門的な機材を使って車内掃除します。また、使っている洗剤も違います。

何といっても知識と経験が豊富で、パーツごとにキレイにするコツや、汚れの種類別に落としす方法を知り尽くしています。

車内をキレイに保つポイントを守っていれば、年に1~2回、専門業者に車内掃除とカーエアコンを掃除してもらうだけで十分かもしれません。

車内掃除が面倒なら業者に依頼しよう!

今回は、車内掃除する方法や、車内をキレイに保つポイントについて紹介しました。

自分でこまめに車内掃除していても年に1回、家の大掃除するような感覚で、専門業者に車内掃除を依頼するといいでしょう。

「自分でやる車内掃除する暇がない…」「自分でやるのが大変…」と感じる場合は、定期的に専門業者に車内掃除を依頼しましょう。

車内清掃をプロに依頼するなら

車内清掃を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に車内清掃の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事