【盗聴の証拠】浮気やパワハラの裁判で盗聴の証拠は有効?無効?

裁判において、相手の許可を得ない録音、つまり盗聴でも証拠能力を認められる事例が多いです。夫婦間や職場での人間関係での辛い悩みを解決するために、正しい知識を持ちましょう。今回は「盗聴と証拠」についてまとめました。

盗聴器・盗撮器の確認
更新
【盗聴の証拠】浮気やパワハラの裁判で盗聴の証拠は有効?無効?

不倫やDVなど、離婚、男女問題、パワハラなどにおいて、盗聴したデータでも証拠になるのでしょうか?。

結論から言うと、たとえ盗聴であってもほとんどの場合は、裁判で証拠として認められるといわれています。

客観的な証拠があれば、探偵事務所による調査結果と併せて、示談、裁判がスムーズになりますよ。

今回は、盗聴の証拠が裁判で認められるかや、盗聴が証拠の事例について紹介します。

正しい知識を身につけて、自分の身を守りましょう。

>>プロの盗聴器・盗撮器の確認業者の一覧

【盗聴の証拠】法律上の「盗聴」の定義について知ろう!

【盗聴の証拠】法律上の「盗聴」の定義について知ろう!

世間一般で認識されている盗聴と、法律上の盗聴は定義が多少違います。

具体的にどういう差異があるのかについて紹介します。

【盗聴の証拠】原則的に盗聴は違法ではない!

「盗聴」は、処罰される可能性が低い合法の行為です。

第三者がその発言をしている人物の許可なく聞いたら、それだけで盗聴になります。

盗聴が違法であると、意図せずにたまたま耳に入っただけで有罪になります。

普通に生活していて犯罪者になってしまうのは明らかにおかしいため、合法という扱いになります。

【盗聴の証拠】相手の許可を得ない録音も裁判では証拠能力がある!

相手の許可を得ない録音でも、裁判で証拠能力を認められる事例が多いです。

裁判で証拠として提出する場合には、誰もが確認できる状態にする必要があります。

盗聴によって録音した音声データを出すパターンが増えており、証拠能力の有無から判断されます。

警察が捜査する刑事事件では、盗聴による録音データは証拠になりません。

国家権力が証拠をでっち上げてしまうと、司法制度が崩壊するため厳密に定められています。

【盗聴の証拠】盗聴による犯罪については関連法案で対処

盗聴が通常の行為でないことは事実であり、犯罪につながる部分については処罰の対象です。

例えば、他人が所有する不動産への無断侵入は、刑事罰になる可能性があります。

電話などの有資格者のみが扱える部位における作業では、無免許による違法性を問われます。

つきまといが続いていればストーカー案件で、相手に何かを要求すれば脅迫と、盗聴そのものをクローズアップしなくても関連法案だけで対応できます。

【盗聴の証拠】盗聴による音声データの証拠能力

【盗聴の証拠】盗聴による音声データの証拠能力

相手から不当に虐げられている状態からの逆転では、盗聴による音声データが切り札となります。

証拠として認められる基準を正しく理解して、裁判官を味方につけましょう。

【盗聴の証拠】民事事件では比較的採用されやすい!

日本の民事事件では、盗聴による音声データがよく採用されています。

自分の主張を裏付ける証拠として、存分に活用しましょう。

【盗聴の証拠】裁判の流れ

  • 盗聴による音声データを証拠として提出する
  • 裁判官から証拠として認められる
  • 自分の主張が反映された判決

他人を脅して無理やり喋らせたなどの違法性がなければ、証拠の提出はまず通ります。

そして、裁判官から証拠として有用だと認められれば、自分に有利な判決になります。

【盗聴の証拠】別の犯罪になっている盗聴は却下される!

罪に問われる行為で獲得した音声データは、裁判の証拠として提出できません。

他人の家に盗聴器を仕掛けた場合は、完全にアウトです。

担当する裁判官の考え方によっては、「盗聴による音声データは全て無効」というケースもあります。

常識的な行動による盗聴だから必ず認められると考えるのは、早計ともいえます。

証拠能力の有無を決めるのは裁判官であることを忘れずに、冷静に行動しましょう。

【盗聴の証拠】損害賠償請求となる場合もある!

盗聴による録音では、相手が録音の事実を知らないことから、その発言を誘導することが容易です。

そのため、わざと暴言を吐かせて、相手の社会的な地位や信用を損なうパターンも見られます。

録音した内容によって個人の尊厳を傷つけた場合は、相手から訴えられる可能性があります。

相手からプライバシーの侵害や、名誉棄損で訴えられると大変なので注意しましょう。

【盗聴の証拠】裁判で「有効」となる可能性が高い事例

【盗聴の証拠】裁判で「有効」となる可能性が高い事例

裁判で証拠として認定される可能性が高い事例は、3パターンです。

他の法律に抵触せず、相手を含む他人に迷惑をかけていないことがポイントになります。

自宅や敷地内における秘密録音

自分が所有または正式に借りている不動産であれば、こっそり録音しても問題にはなりません。

相手の同意がないから秘密録音ですが、裁判において有効な証拠です。

室内ではテレビ等をつけなければ静かなので、聞き取りやすい音声として録音できます。

隠しマイクとして置き時計などに偽装されたガジェットを使える反面、相手を自宅に招く必要があるのがネックな場合もあります。

一般的な場での秘密録音

歩道や公園といった、一般的な場での秘密録音も、裁判の証拠として認められます。

誰でも自由に行き来できるエリアで、他の人にも聞こえる音量の会話をこっそり録音しても、そこに違法性はありません。

決定的な証拠とまではいかないものの、当時の会話を証言して、その裏付けにすることで裁判官の心証が良くなります。

周囲の騒音や話し声も入ってくるのがデメリットで、個人が目立たずに携行できる機材を上手く使わなければいけません。

当事者同士の話し合いの秘密録音

他人に聞かれたくない案件は、防音になっている応接室や会議室で話し合うことが多いです。

隠し持っているレコーダーで秘密録音をすると、後で水掛け論を防げます。

逆に言えば、会社との面談などの重要な話し合いでは、自分の発言が録音されている可能性を常に考えておくことが大切です。

当事者同士では示談で終わらせる結末もあり、その際にも秘密録音をした音声データが役立ちます。

【盗聴の証拠】裁判で「無効」となる可能性が高い事例

【盗聴の証拠】裁判で「無効」となる可能性が高い事例

裁判で証拠能力を否定されやすい事例についても、きちんと把握しておきましょう。

しかし、証拠能力の認定はケースバイケースで、法律の専門家に確認することが重要です。

【盗聴の証拠】相手の住居などに不法侵入した盗聴

明らかな犯罪行為ゆえ、法律上の「裁判で提出できる証拠」の定義から外れます。

所有者や賃借人に無断で入り込むことはやめましょう。

自分が不法侵入をした動かぬ証拠になってしまい、警察に事情聴取をされることになってしまいます。

【盗聴の証拠】電話回線に仕掛けた機器による盗聴

古典的な手段である電話機の盗聴は、スパイ映画でお馴染みの方法です。

しかし、日本では電気通信に関する規制が厳しく、無資格者が通信機器をいじることは許されていません。

電話回線に仕掛けた機器で盗聴した音声データは、原則的に証拠として不採用です。

無資格、無届出で工事を実施したことで、罰金や懲役の対象になる恐れがあります。

【盗聴の証拠】会議などの秘匿性が高い場の盗聴

勤務先で行われたパワハラやモラハラの証拠として、盗聴を選ぶことは珍しくありません。

しかし、社外秘の情報が入っている会議などの盗聴は、雇用契約を結んでいる立場としては好ましくない行動です。

訴えたい案件とは無関係の重要情報がよく出てくる場では、証拠にするための盗聴はやめておきましょう。

【盗聴の証拠】浮気やパワハラの確実な証拠は業者に依頼

【盗聴の証拠】浮気やパワハラの確実な証拠は業者に依頼

盗聴によって獲得した音声データで、一体何をしたいのか?

自分が望んでいる結果を得るためには、業者に助けてもらうのがいいでしょう。

【盗聴の証拠】法律のプロである弁護士の意見を聞こう

生兵法で大怪我をする前に、法律のプロである弁護士に相談しましょう。

盗聴によって解決したい問題があるのだったら、目的と方法を間違えてはいけませんよね。

盗聴によって目的の音声データを入手できる機会は、せいぜい1回です。

そのタイミングを逃したら、裁判で通用するレベルのやり取りを録音することは難しくなります。

秘密が守られる法律事務所で、信用できる弁護士から最善の方法を教えてもらうことが第一歩です。

【盗聴の証拠】浮気調査では探偵事務所が効果的

水掛け論になりやすい浮気調査は、尾行と張り込みに長けている探偵事務所に任せるべきです。

離婚協議や浮気相手への慰謝料の請求になるので、浮気に詳しい弁護士とセットで扱いましょう。

委任する法律事務所を決めてから、提携している探偵事務所に依頼することをオススメします。

盗聴による音声データでは浮気の証明が困難で、主に事実確認と示談交渉で使います。

【盗聴の証拠】音声データをどう扱うのかが問題

盗聴による音声データは、自分の説明が真実であることの証明になります。

「この人が私を侮辱したのです!」という証言で、その通りの会話が再生されれば説得力があります。

民事では裁判まで進むとは限らず、相手に要求を呑ませればそれで終了です。

弁護士が音声データなどの証拠を揃えてきたら、多くの人は早めに降参します。

裁判になったら勝ち目がないと分かれば、少ない支払いを選ぶのが一般的といえます。

盗聴の証拠についてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、盗聴の証拠が裁判で認められるかや、盗聴が証拠の事例について紹介しました。

弁護士の知恵を借りて、ムダに角を立てず、円満に解決できるように行動しましょう。

特定の人物の調査については、お金がかかってもプロの探偵に任せた方が確実です。

まとめ

  1. 日本の民事事件では、盗聴による音声データがよく採用されている
  2. 自分の主張を裏付ける証拠として、活用できる
  3. 他人の家に盗聴器をしかけるなど、他の罪に問われる行為は無効になる
  4. 困った時はプロに相談するのが1番です

盗聴器・盗撮器の確認業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

盗聴器・盗撮器の確認をプロに依頼するなら

盗聴器・盗撮器の確認を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に盗聴器・盗撮器の確認の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
16 投票, 平均点: 4.39

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事