最終更新日:

【電気自動車の充電】EV車を購入したら電気自動車の充電設備を設置

公共のEVステーションの整備が徐々に進み、電気自動車の充電に心配がすくなくなりました。購入しようか悩んでいませんか?今回は、電気自動車の充電を自宅に設置工事について紹介します。自宅をEVステーションにする方法を考えてみましょう。

【電気自動車の充電】EV車を購入したら電気自動車の充電設備を設置

近年普及が進んでいる「電気自動車」を購入する人が増えました。

そこで、自宅に急速充電設備を付けたいと思っている人が多いようす。

公共のEVステーションの整備が徐々に進んできたり、電気自動車自体の航続距離も以前より伸びてきましたが、自宅でも充電できると楽になります。

また電気自動車は単なる移動手段としてだけではなく、停電などの緊急時に電源代わりに使えるので、自宅でバッテリーを満タンにしておきたいところです。

そこで今回は、電気自動車の種類や、電気自動車の充電設備工事についてご紹介します。

>>プロのコンセント増設・スイッチの修理業者の一覧

【電気自動車の充電】電気自動車の種類を知ろう!

【電気自動車の充電】電気自動車の種類を知ろう!

ここ数年、国内メーカーや海外メーカーからいろんな種類の電気自動車が発売されています。

実用性重視の軽自動車やコンパクトカーが最初は中心でしたが、近年は欧米の高級車メーカーが電気自動車の開発に本格的に参入しました。

ドイツのスポーツカーメーカーが高級電気自動車を発売したり、米国の電気自動車専門メーカーがプレミアム路線の電気自動車を販売しています。

現在、電気自動車は、大きく分けて4種類あります。

【電気自動車の充電】EV(100%電気で走る)

EVとは、100%電動モーターで走ります。
なので、エンジンはありません。

化石燃料を燃やすエンジンがないため排気ガスはゼロで、地球環境に非常に優しい車です。

【電気自動車の充電】FCV(燃料電池車)

FCVとは、液体水素と酸素の化学反応により発生した電気で、モーターを回して動力源とします。

FCVもまた化石燃料を燃やすエンジンがないため排気ガスはゼロ、地球環境に非常に優しい車です。

【電気自動車の充電】HV(ハイブリッド)

HVとは、ガソリンや軽油等の燃料で動くエンジンと、電動のモーターを両方備えています。

日本国内では一番普及しています。

メーカーにより方式は異なりますが、低速時はモーターの力でエンジンを使わず、高速走行時はエンジンの力とモーターの力を合わせて走行します。

搭載される蓄電池は、ブレーキを踏むなどの減速時に生じる抵抗を電気エネルギーとして回収したり、エンジンを動かしているときに充電します。

【電気自動車の充電】PHEV(プラグインハイブリッド)

PHEVとは、充電ステーションや家庭で専用のコンセントがあれば充電可能です。

プラグインハイブリッド、電気自動車とハイブリッド車のいいとこどりです。

【電気自動車の充電】EVステーションに必要な設備

【電気自動車の充電】EVステーションに必要な設備

電気自動車やプラグインハイブリッド車の充電に必要な設備は、最低限以下の設備が必要になります。

【電気自動車の充電】専用の外部コンセント

外部コンセントや、電気自動車のコネクターから電気を取り充電するには、専用の外部コンセントが必要になります。

よく一般家庭の屋外にあるコンセントではダメです。

【電気自動車の充電】200Vの電源

電気自動車の充電には、一般的な100Vの電源ではなく、200Vの電源が必要です。

200Vの電源は、オール電化住宅や大きなルームエアコンがついている家であれば既に引き込まれています。

そうでない場合は、電力会社と自宅に200Vの電源を引き込む契約に変更して、200Vの専用回路を設けなければなりません。

電源の取り出しを「ケーブル付き普通充電器」にするか「200Vコンセント」にするか決める必要があります。

予算がある場合は、ケーブル付き普通充電器の設置をオススメします。

ケーブル付き普通充電器の費用は200Vコンセント設置の3倍以上します。

ケーブル付き普通充電器は、家の壁にコンパクトにコードリールがついたもので、帰宅し駐車したらケーブルを伸ばしてソケットに差し込めます。

200Vコンセントの場合は、家側のコンセントと車のソケットにケーブルをつなぐ手間があります。

また、使わない時はケーブルを車に積み込んだり、どこかに置いておかないといけないので場所が必要になります。

【電気自動車の充電】充電の設置工事は自分でできない!

【電気自動車の充電】充電の設置工事は自分でできない!

電気自動車を購入して「得意の日曜大工で充電設備を付けよう!」と思う人もいるかもしれません。

しかし残念ながら、充電の設置工事は、日曜大工レベルでできるものではありません。

充電の設置工事には「第二種電気工事士」の資格が必要になります。

また、自宅に100V電源しかきていない場合は、電力会社に200V契約に変更する手続きを取らなければいけません。

ほとんどの家庭の電気引込は「単相3線」で、200Vへの変更手続き事態はそう難しいものではありませんが、まだ「単相2線式」で引き込まれている場合は、電源の引込そのものを単相3線に変更する作業が必要になります。

これは電力会社に依頼するしかありません。

自宅の分電盤から屋外まで200V電源を取り出すには、分電盤から屋外までの配線ルートを確保したり、漏電や電圧降下しないようにしたり、安全性の高い器具を選んだり、緻密に計算し工事する必要があります。

ここまでくると見様見真似でというわけにはいきません。

【電気自動車の充電】充電の設置工事を依頼するポイント

【電気自動車の充電】充電の設置工事を依頼するポイント

電気自動車の充電設置工事は、業者に依頼するしかありませんが、どんな業者に依頼すればいいのか悩みますよね?

リフォーム会社、町の電気屋、あるいはなんでもやってくれる便利屋さんなど、選択肢はありますが、注意しなければならないポイントがあります。

まず、資格があるかないかですが、中にはやり方がわかるからやってしまえと無資格で工事する業者がいます(無資格の便利屋にこのような方がよくいます)。

電気自動車の充電設置工事には、第2種電気工事士の資格は最低限必要です。

下手すると火災や感電などの危険性がある電気に関わる工事ですので、資格取り立ての未経験者よりも、工事実績が豊富な腕のいい業者に依頼したいですね。

最近は、比較サイトで電気工事屋を探せるようになりました。

作業代金の安さだけではなく、安全性、工事実績のある業者を選びましょう。

【電気自動車の充電】電気自動車を買う前に確認しよう!

【電気自動車の充電】電気自動車を買う前に確認しよう!

地球環境にやさしく燃料代が大きくおさえられる電気自動車ですが、車両価格も高額です。

生活環境や、使用する状況を考えて購入しなければ、購入後に「しまった…」ということになりかねません。

自宅に充電工事ができなかったり、行動範囲の中にEVステーションが充実していない場合は、電気自動車を購入を検討しましょう。

また、地方への遠出が多く、EVステーションがない地域に頻繁に出かけたりする人には不向きです。

僻地でバッテリー切れになってしまったら目も当てられません。

昔よりも電気自動車の航続距離は大きく伸びていますが、メーカー公称値よりも実際に航続距離は短いケースが大変多いようです。

公称300kmでも、実際は200kmも走らないケースはよくあるようです。

長距離を走る人は、訪問先のEVステーションの有無を必ず確認しましょう。

また、ランニングコストをおさえるという目的であれば、技術の向上により排気ガスがクリーンになった最新のクリーンディーゼル車を選択するという方法もあります。

燃料である軽油はガソリンより1リットル当たり20円程度安く、ディーゼルエンジンは低速トルクが部厚いのでそんなにアクセルを踏み込まなくてもすみ、そのぶんエコドライブになります。

自宅に充電設備を設置する必要もありません。

電気自動車の充電についてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、電気自動車の種類や、電気自動車の充電設備工事についてご紹介しました。

電気自動車の充電設備工事は、必ず有資格者による工事が必要です。

知識と経験がある業者を選ぶことが重要です。

また、電気自動車を買う前に、本当に電気自動車でなければいけないのか、場合によっては他の選択肢も検討しましょう。

まとめ

  1. 電気自動車は大きく分けて4種類ある
  2. 電気自動車の充電設置工事は自分でできません。第二種電気工事士」の資格が必要です
  3. 電気自動車の充電設置工事は、安全性、工事実績のある業者を選びましょう

コンセント増設・スイッチの修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。

コンセント増設・スイッチの修理ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったコンセント増設・スイッチの修理の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す