【テラコッタ鉢の使い方】人気のテラコッタ鉢の使い方と注意点を紹介

テラコッタ鉢は、アンティークな雰囲気と豊富なサイズやデザインによって、ガーデニングが趣味の方から人気ですね。通気性が良く、丈夫なのも特徴です。今回は、テラコッタ鉢の使い方や注意点をまとめました。植物を上手に育てるために水はけをよくするポイントも紹介します。

鉢の植え替え
更新
【テラコッタ鉢の使い方】人気のテラコッタ鉢の使い方と注意点を紹介

おしゃれな見た目で、幅広い世代の方に人気があるのが「テテラコッタ鉢」です。

華やかな雰囲気を演出できるので、ガーデニングにピッタリです。

しかし、使用する時の注意点や、テラコッタ鉢に合う植物など知らない人も多いのではないでしょうか?

テラコッタ鉢について詳しく知っていると、テラコッタ鉢を活かして自分好みのガーデニングを演出できます。

そこで今回は、テラコッタ鉢の特徴や、テラコッタ鉢を使う時の注意点や、テラコッタ鉢に合う植物について紹介します。

ご自宅のガーデニングの参考にしてみてくださいね。

>>プロの鉢の植え替え業者の一覧

【テラコッタ鉢の特徴】テラコッタ鉢の特徴について知ろう!

【テラコッタ鉢の特徴】テラコッタ鉢の特徴について知ろう!

テラコッタ鉢は、イタリア語で「terra(土)」「cotta(焼いた)」という意味を持っています。

アンティークな雰囲気が魅力のテラコッタ鉢は、小さいものから大きなものや、表面に模様がついているものなどがあり、ガーデニングを楽しむ方にとても人気があります。

テラコッタ鉢があるだけで庭の雰囲気が華やかな印象になるので、ガーデニングをより楽しめますよ。

気になるテラコッタ鉢の相場は、3~4号サイズで1,500円~4,000円、6号サイズで3,000円~8,000円、8号サイズで10,000円以上、10号サイズで20,000円以上くらいです。

他の鉢よりも少し価格は高いですが、その分しっかりとした作りなので長く使えます。

テラコッタ鉢と、素焼き鉢は似ていますが、少し違います。

違いは、焼かれる時の温度です。

テラコッタ鉢の方が高温で焼かれるため、素焼き鉢よりも壊れにくいといわれています。

ただし、通気性と吸水性は素焼き鉢に比べるとやや劣ってしまうので、植える植物に合った鉢を選ぶといいでしょう。

【テラコッタ鉢のメリット】テラコッタ鉢の3つのメリット

【テラコッタ鉢のメリット】テラコッタ鉢の3つのメリット

テラコッタ鉢にはいいところがたくさんあるので、活かした使い方をしましょう。

【テラコッタ鉢のメリット】通気性がいい!

粘土を焼き固めて作られているので、テラコッタ鉢の表面には目で見えない無数の小さな穴があります。

穴があるからこそ水分や空気が通りやすく、通気性や排水性に優れているといわれています。

熱を放出しやすかったり、適度な温度を保ったり、植物にとって生長しやすい環境にしてくれます。

【テラコッタ鉢のメリット】丈夫で長持ちする!

丈夫な作りのテラコッタ鉢は、扱いに気を付ければ長く使えます。

使えば使うほど風合いに味が出るので、その変化を楽しむのもいいですね。

お値段は他の鉢に比べると少し高いですが、長く使えるので長い目で見ればコストパフォーマンスにも優れています。

【テラコッタ鉢のメリット】デザインが豊富でおしゃれ!

テラコッタ鉢はデザインが豊富で、お好みのサイズや、柄、模様を選べます。

和室にも洋室にも合うシンプルなデザインのものもあるので、ギフトとして大切な人に贈るのもいいですね。

また、重厚感や高級感があり、どんな場所に置いても様になります。

テラコッタ鉢を置くだけで、おしゃれな雰囲気を演出できますよ。

【テラコッタ鉢の注意点】テラコッタ鉢を使う時の3つの注意点

【テラコッタ鉢の注意点】テラコッタ鉢を使う時の3つの注意点

お気に入りのテラコッタ鉢は、長く使い続けたいですよね?

そのためにも、テラコッタ鉢を扱う時は3つの注意点に気を付けましょう。

【テラコッタ鉢の注意点】割れやすいので扱いに注意する!

テラコッタ鉢は、粘土を焼いて作られています。

振動を受けたり、落としたりすることで割れます。

割れることを避けるためには、高い位置に置くのを避けてもいいかもしれませんね。

テラコッタ鉢は見た目よりも重いので、移動や植え替えするのが大変です。

割れてしまわないように、移動や植え替えする時は扱いに注意しましょう。

【テラコッタ鉢の注意点】乾燥に注意する!

テラコッタ鉢は排水性や通気性に優れているため、土が早く乾燥しやすいです。

その分、根腐れの心配はありませんが、水分不足になってしまう可能性があります。

土が乾燥しているなと感じたら、早めに水を撒きましょう。

土の状態を日々チェックしておくと安心ですよ。

【テラコッタ鉢の注意点】サイズをしっかり確認する!

テラコッタ鉢を使う時は、植物の大きさや置くスペースに合うサイズのものを選ぶことが大切です。

植物の大きさに合っていないと、根腐れや生長しない原因になります。

また、置くスペースに合うサイズのものでないと「予想より大きくて置けなかった…」「小さくて植物とのバランスが悪い…」となる可能性もあります。

そうならないためにも、鉢のサイズは事前に確認しておくといいでしょう。

【テラコッタ鉢の植物】テラコッタ鉢に合う植物を知ろう!

【テラコッタ鉢の植物】テラコッタ鉢に合う植物を知ろう!

テラコッタ鉢には、ほとんどの植物を植えられます。

排水性と通気性に優れているため、過湿が苦手な植物や、乾燥を好む植物に特に合うでしょう。

ハーブ類や多肉植物などがオススメです。

また、1つの植物を植えるのはもちろん、寄せ植えにしたりすることで、よりガーデニングを楽しめるでしょう。

テラコッタ鉢をいくつか並べて、色々な植物を楽しむのもいいですね。

テラコッタ鉢にはヨーロッパのようなおしゃれな雰囲気があるので、日本的な植物よりもバラやイチゴ、ローズマリーなどが合うかもしれません。

大きなテラコッタ鉢には、オリーブなどの観葉植物も合います。

雑貨屋さんやカフェのような雰囲気が出せて、おしゃれな印象になりますよ。

植える植物によって印象が変わるので、どんな植物がテラコッタ鉢に合うかイメージしながら選んでみるといいですね。

どんな植物が合うか悩んだ場合は、フラワーショップやガーデニング専門店の店員さんに相談するのも1つの方法です。

植えるのであれば、少しこだわって植物を選んでみるのもいいでしょう。

【テラコッタ鉢の水はけ】テラコッタ鉢は水はけをよくする!

【テラコッタ鉢の水はけ】テラコッタ鉢は水はけをよくする!

テラコッタ鉢を使う時は、水はけをよくすることも大切です。

水はけをよくすると、植物が生長しやすい環境になり、根腐れなどのトラブルを防げます。

水はけをよくしたい時の2つの方法を紹介します。

【テラコッタ鉢の水はけ】鉢底の穴を大きくする!

水が抜ける程度の小さい穴だと、空気と水がスムーズに通らなくなってしまいます。

空気が乾燥しているヨーロッパやイタリアなどではいいですが、日本は高温多湿なのでNGです。

鉢底の穴が小さい時は、太い釘と金槌を使って穴を開けましょう。

テラコッタ鉢の底の厚さは一定ではないので、完全に丸く開けるのは難しいです。

鉢を置いてしまえば底は見えないので、キレイな丸にしなくても大丈夫です。

【テラコッタ鉢の水はけ】置く時は鉢底に空間を作る!

テラコッタ鉢の底は平べったく、すき間がほとんどありません。

そのまま置いてしまうと水はけできなくなり、根腐れなどのトラブルの原因になります。

そうならないためにも、テラコッタ鉢を置く時は底に空間を作りましょう。

テテラコッタ製のポットフィートの上に鉢を置いたり、レンガをいくつか並べた上に鉢を置いたりするのがオススメです。

テラコッタ鉢についてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、テラコッタ鉢の特徴や、テラコッタ鉢を使う時の注意点や、テラコッタ鉢に合う植物について紹介しました。

テラコッタ鉢の特徴を生かすことで、よりガーデニングを楽しめます。

しかし、仕事や家事で忙しかったり、自分だけでテラコッタ鉢に植物を植えるのが不安だったりする時もあると思います。

そんな時は、専門業者に依頼するといいでしょう。

専門業者はその道のプロなので、適切な鉢や植物を選んでもらえます。

また、準備や後片付けまで全てお願いできるので便利です。

鉢の植え替え業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

鉢の植え替えをプロに依頼するなら

鉢の植え替えを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に鉢の植え替えの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
33 投票, 平均点: 7.11

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください