ゴキブリの種類は1000種類以上!家に出るゴキブリの種類のまとめ

ゴキブリ駆除
更新

ゴキブリに種類があるって知っていますか?なんと1,000以上も存在します。今回は家庭によく出るゴキブリの種類と特徴、発生しやすい条件について紹介します。苦手な人が多く、家にいたら気持ちが悪いですよね?定期的に駆除したり、早めに専門家に相談しましょう。

ゴキブリの種類は1000種類以上!家に出るゴキブリの種類のまとめ

見るのも名前を聞くのもイヤな「ゴキブリ…」見た目もさることながら、衛生的にもよくないので家の中で遭遇したくありませんね?

みんなが苦手なゴキブリは小さいものから大きいものまで生息しており、体の色も茶色や黒っぽいのまでいます。
これらのゴキブリは「同じ種類なの?」「それとも親子なの?」と気になるところです。

そこで今回は、ゴキブリの種類や、ゴキブリの活動期間や、ゴキブリが発生しやすい条件について紹介します。

>>プロのゴキブリ駆除業者の一覧

ゴキブリは世界には3500種類!日本では52種類

ゴキブリは世界には3500種類!日本では52種類

ゴキブリの種類は意外に多く、世界に約3500種類も存在するといわれています。
日本国内でも52種類ものゴキブリが生息しています。

これらすべての種類のゴキブリが家の中に入り住みつくわけではなく、一部の種類が家の中に入ってきて住みついてしまいます。
とはいえ日本は亜寒帯から亜熱帯まで様々な気候風土を持った国なので、南に行くほどその種類も増えます。

また、近年では輸入の荷物に紛れたり、ペットとして輸入されたゴキブリが逃げ出し繁殖してしまうなど外来種の話も耳にします。

なんでゴキブリは家に現れるの?

なんでゴキブリは家に現れるの?

ゴキブリは種類にもよりますが、大体1年丸々生きます。
その間に産卵もするため、簡単にはいなくなりません。

基本的に暖かいと活動し、寒いと暖かい所へ避難する習性があるため冬でも冷蔵庫の裏や、押し入れの奥に身を隠している可能性が高いです。

ゴキブリの好きな環境は「湿気がある」「食料がある」「暖かい」の3つです。
この条件を兼ね揃えている人の家は、ゴキブリにとって格好の住み家になります。

野外では敵に狙われてしまう危険性も高いために、人の家を好むようになったといわれています。
ゴキブリが好きなこの3つを絶つように対策を取れば、ゴキブリを駆除できます。

家でよく見かけるゴキブリはどんな種類?

家でよく見かけるゴキブリはどんな種類?

全ての種類のゴキブリについて紹介できないので、日本の家屋内に住みつく主なゴキブリについて紹介します。

チャバネゴキブリの特徴

チャバネゴキブリは成虫でも体長12mmと小さく茶色のゴキブリです。
成長期間が約2ヶ月と短く、他のゴキブリよりも早く成長するため数では1番多いゴキブリです。
寒さに弱く温かい所を好みます。

チャバネゴキブリは羽がありますが飛べません。

チャバネゴキブリは気温が-5℃の環境では24時間も耐えられません。
しかし、繁殖力が強く退治が難しいゴキブリといわれています。

クロゴキブリの特徴

クロゴキブリは大きさは約3cmと大きく、成虫は黒光りしています。
クロゴキブリの幼虫は赤茶色で、成長期間は2年と長めです。

主な生息場所は屋外のゴミ置き場や、マンホールの裏や、公園の樹木の隙間などにいます。
その大きさからよく目にするゴキブリで、湿ったジメジメした所を好みます。

日本に生息している5種類のゴキブリ

日本に生息している5種類のゴキブリ

代表的なチャバネゴキブリとクロゴキブリだけではなく、他の種類のゴキブリも日本に生息しています。

国内最大のワモンゴキブリの特徴

国内最大で4.5cmを超える、大型種のワモンゴキブリです。
寒さに弱く九州南部でしか見かけることは無かったですが、最近は地球温暖化の影響で生息地域がだんだん北上しているようです。

ゴツゴツしたヤマトゴキブリの特徴

青森から岡山にかけて生息する艶がなく、ゴツゴツした黒いヤマトゴキブリです。
クロゴキブリより一回り小さく、メスは羽が短く飛べません。

九州以降の南に生息するトビイロゴキブリの特徴

九州以降の南に住むトビイロゴキブリは、体長3cm程度です。
近年では飛行機や、船の貨物に紛れてやってきて北海道にまで広く生息しているようです。

輪紋があるコワモンゴキブリの特徴

背中の上部に輪紋(りんもん)という輪っかの模様が特徴です。
沖縄、小笠原などでは屋外に生息し近年は地球温暖化のせいか、都心でも真夏の深夜にゴミ置き場や繁華街などで見かけることがあります。

海外からやってきた外来種の特徴

外来種で関東でも捕獲されたハイイロゴキブリや、近年繁殖の報告があがっているトルキスタンゴキブリなどもいます。

ゴキブリの種類がわからない時は業者に相談

今回は、ゴキブリの種類や、ゴキブリの活動期間や、ゴキブリが発生しやすい条件について紹介しました。

ゴキブリは繁殖力が強く、動きが早い上に暗い高温多湿の隠れた所を好み、わずかな隙間からでも侵入してくるため、家の中に入ってくるのを防ぐのはなかなか難しいです。

定期的にゴキブリ退治することをオススメします。
あまりにも気になる場合は、1度プロの害虫駆除業者に依頼するのもいい手でしょう。

虫が苦手で自分でするのが不安な人は、業者に依頼することをオススメします。

ゴキブリ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ゴキブリ駆除をプロに依頼するなら

ゴキブリ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にゴキブリ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事